■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2009年07月15日

7月12日練習レポート

 皆さん、こんにちは。#27の小笠原が春シーズン最後のレポートをさせていただきます。
 梅雨明けと思わせる晴天に恵まれた日曜日、約50人の参加者で練習がスタートしました。
 歌いすぎ?で少々のどを痛めているという山田さんにいつものストレッチをしていただき、片山さんのランニングストレッチへと続きます。片山さんも二日酔い?のためいつもよりは軽めで短め(バックダッシュ、キャリオカ、もも上げなど)であったように思いました。一旦ここでブレイク&水分補給。
 前回のレポートのコメントにありましたが、年齢・経験などでクラス分けてはどうかという件ですが、とりあえず今回は、あまり自信のない方のみ分けるという試みがあり、約10名程度の方が手上げされました。が、皆さん普通に取り組まれており、結果的には何も変わっていなかったように思ったのは、私だけでしょうか・・・。
 さて本題の練習ですが、ウォーミングアップとしては、10ヤード程度のパスキャッチとセットアップ(守備インターセプトの練習です。)のこれまでのメニューに加え、セットアップのバージョンアップ版として2人ペアで行いました。バレーボールの前衛後衛って感じでしょうか?QBが投げるのは同じですが、QBからのボールを前衛が故意に後衛にバックトスをして、後衛はこれを受け取りビンゴするといった内容で、皆さん結構楽しく取り組んでいました。ここでブレイク&水分補給の後、先週に引き続き3人一組となってのオフェンス&ゾーンディフェンス(カバー3)で実践をイメージした内容です。本来今回は、三浦代表の前回レポートにもありましたとおり、2人一組での練習を予定されていましたが、当日急遽変更ということで、先週同様にディフェンス(DF)は、LB、SF、CBの3人、オフェンス(OF)はQB、WR2人の計3人で行いました。急な変更のためプレイブックが用意されておらず、各OFチームで好きにコースを決めるということになりました。
 今週はブルーナイツのちびっこたちが、フィールド半面を使用しているので、いつものフィールド奥側半面を左右のエリアに分かれて使用します。各エリアでOFはOFだけ、DFはDFだけ10分間行い、10分間経ったところで攻守交替し、これを左右のエリアで入れ替えるといった形式です。先週参加された方は、半面使用ということで少し余裕があったのではないでしょうか?
 練習では、皆さんゾーンディフェンスの練習効果がでてきており、うまくOFをカバーできていたのではないでしょうか。DFはどこのチームもSFとCBのカバーで、いかに後ろにWRをやらないかをすごく意識してできていたと思います。そんな中、DFを振り切ってエンドゾーンへのTDパスをスーパーキャッチした光景もありました。いずれにせよ、楽しくでき、けが人もなく無事に終えられたのが大きな成果であったように思います。
 なお、今回は西嶋さんのご好意で練習風景をビデオ撮影していただいています。秋のシーズン中、雨天のときに鑑賞する予定とのことです。観たい半面、自分のプレーを客観的に観るのは非常に恐い気もします、よね?
 最後にフィールド中央にてみんなで記念撮影し、練習は終了いたしました。
 練習後の打ち上げには、30名程度の方が参加され大いに盛り上がりました。なお、「みんなでプレーを考えてみようキャンペーン」で当選した進戸さん、北出さんと私にご褒美(外国産ビール)を頂戴いたしましたのでご報告させていただきます。
 4月5日から始まった春シーズンも今日で終了し、秋シーズンが待ち遠しいところですが、この場をお借りして、三浦代表を初めとするスタッフの皆様、参加された皆さんに感謝と御礼を申し上げます。秋はKGファイターズ、ブルーナイツの応援も合わせて、また、みんなで楽しみましょう。ありがとうございました。

20090715_02.jpg

#27 小笠原
posted by S. FIGHTERS at 00:38| Comment(8) | 2009 SPRING

2009年07月07日

7月5日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 先日は蒸し暑い中、50名強の皆さんでグラウンド一面を使えたこと、大変嬉しく思っています。また、ゲーム形式でカバー3の練習ができましたので、随分と頭の整理ができたのではないでしょうか。それぞれのチームでリーダーをして頂いた17名の皆さん、ありがとうございました。
 私達が練習をしていた頃、いつも浜側半分で元気な練習をしているブルーナイツの子供達は、フレンドシップゲームで随分健闘したようです。ジュニアとミゼットともに得点を入れることができたようで、きっと秋に繋がる試合になったと思います。私達も同じグランドで練習をしているファミリーですので、秋には一度私達のユニフォームを着用して、大声援を送りに試合観戦へ行きましょう。私の方で調整を取り、企画してみたいと思います。
 さて、春のシーズンも本当に(笑)残るところ1回となりました。物足りない方もいらっしゃるかもしれませんが、最後の練習、怪我には十分注意して、大いに楽しみたいと思います。
 練習内容は次のようなことを考えています。2人1組になって貰って、オフェンスはレシーバー1人でゾーンディフェンスの切れ目を狙ってコースを走ります。一方、ディフェンスはカバー3の「SFとCB」「LBとCB」の2人での組合せ(またグラウンドで説明します)で、対応して貰いたいと思います。オフェンスはディフェンスがどちらの組合せでくるか分かりませんので、対応が大変かもしれませんね。ディフェンスはレシーバーにどちらの組合せで守っているのか分からないようポジションを工夫して対応してみてください。しかし、ゾーンエリアは、カバー3を崩してはいけませんよ。それが理解できているかどうかの最終練習ですから…。こんな感じの練習を中心にして、汗を流したいと思っています。
 そして、場所を変えて「打ち上げ」会場(ご案内は前回参加された方へお聞きください)へ。春のシーズンの反省と秋のシーズンへの意気込みを皆さんで共有したいと思います。
 では、最後の練習日に雨が降らないことだけを祈りまして、本日のレポートといたします。(いつもレポートを依頼するのを忘れてしまって・・・(笑)。)

(注)次回の最終練習日は雨天決行ですので、よろしくお願いいたします。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 14:04| Comment(7) | 2009 SPRING

2009年06月30日

6月28日高等部vs慶應義塾高観戦レポート

 皆さん、こんにちは。
 先日は「高等部vs慶応義塾高 第56回定期戦」観戦ツアーにご参加頂きありがとうございました。天気予報では、曇り時々雨でしたが、なんと後半は雲一つ無い晴天となり、私の足は完全に丸焦げ、ソックスと半ズボンの線がくっきりと・・・。皆さんも相当日焼けしたのではないでしょうか。
 試合の方は、思いの外点差がつき、33−3で関学高等部(KG)が勝利しましたが、慶応高校(KO)も今春は神奈川県大会で優勝しており、体のサイズも大きいので、皆さんには勝敗予想として、「良い勝負をするのでは」と情報を提供させて頂きました。
 さて、では勝敗の行方はどこで差が着いたのか・・・。そのポイントを少し説明したいと思います。私達は、今ゾーンディフェンスを練習しています。KGは、正にそのゾーンの弱点を突いた、お手本のようなオフェンスだったのです。参加されていた皆さんには、ホワイトボードを使いながら説明させて貰いましたが、その皆さんは復習のつもりで、参加できなかった方は、図を見ながら想像して読んで頂ければと思います。
 KOは、図1のようにディフェンスが「4−3、カバー2」を基本に守っていました。それに対し、KGのオフェンスは「プロ・アイフォーメーション」で攻撃を開始しました。KGは、KOのディフェンスがどの様なフォーメーションを使えば、どの様なディフェンスで対応してくるのかを探るため、図2のように「ツイン・アイフォーメーション」を使ってみました。ところが、KOは、「4−3、カバー2」を変えてきませんでした。するとどういう戦略を選択すれば良いか、皆さんにもお分かり頂けるはずです。Xのレシーバーの前には最初から大きな空間があります。そこが、まず目を付けなければならない攻撃のゾーンです。二つ目には、カバー2の弱点のゾーンですよね。KGとしては、そのゾーンにディフェンスを配置されないように、最後までこっそりと守っておいたのです。KGはパスだけでなく、外のLBがそのゾーンを守るようなことが無いようランニングプレーを使ったり、一人のSが上がってきてそのゾーンを守ってほしくないため、Xがフェードやコーナーを走ったり、Zがポストを走ったりで、そのゾーンを最後まで守りました。また、逆サイドのSがどんどん、ツインサイドを気にしだすと、KGは図3のように、「ツイン・プロアイフォーメーション」を使って、反対側のゾーンも大きく空ける工夫をしました。また、「カバー2」は基本的に後ろへ抜かれないよう守備していますので、「カバー2」の内側は、LBが後ろへ下がれない環境を創れば(随時、ランニングプレーを折り混ぜる)、大きな空間ができやすいのです(KOはこのカバーを昔、アンブレラ(傘)と読んでいました(図4)。皆さん想像してください。つまり、傘の内側には空間がありますよね)。おそらくKOは、KGが春のシーズン、ランニングプレー主体であったので、今回のようにパスの比率を高めるとは思っていなかったかもしれません。しかし、KOはKGの「ツイン・アイフォーメーション」にディフェンスが後半対応しておけば、これだけの点差は着かなかったと思います。この駆け引きこそが、組織力で試合前や試合中に対応しなければならない部分であり、フットボールの醍醐味の一つなのです。
 さあ、私達の練習も残り少なくなりました。ゾーンディフェンスは、どのような弱点を持っており、「カバー」の種類によって、そのゾーンがどう変化するのかを理解して貰うことで、練習でのパスコースの組み合わせや試合観戦が益々面白くなることと思います。ですので、ざっくりとでも良いので、春のシーズンで頭を整理してくださいね。
 それでは、次の練習日が晴れることを祈りまして、本日のレポートを終了したいと思います。皆さん、お元気でお過ごしください。さようなら。

20090630_01.gif

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 23:45| Comment(6) | 2009 SPRING

2009年06月22日

「高等部vs慶応義塾高 第56回定期戦」観戦ツアー

 皆さん、こんにちは。
 昨日は雨天の為、練習が中止になったこと、大変残念に思います。皆さんの中には、前日天候が気になって、寝ることができなかった方もいたのではないでしょうか(笑)。
 さて、標題の件、練習はできませんが、第3フィールドで行われることもあり、なかなか高校の試合(しかも名門の関東チーム)を観戦する機会も少ないと思いますので、勉強も兼ねて声援に行きたいと思います。是非、S☆FIGHTERSのユニフォームを着用して、声援を送ろうではありませんか。
 高等部は、残念ながら第39回関西高校アメリカンフットボール選手権大会の2回戦で立命館宇治高校に敗れてしましたが、慶応高校との定期戦は伝統もあり(おそらく、高校レベルで定期戦が56回も続いている競技はないのでは?)、ユニコーンズ(チーム名称)は品のあるひと味違った雰囲気がありますので、楽しんで頂けるのではないでしょうか。ただ、高等部は前日、プリンスボウル(王子スタジアム:17時〜)へ出場しておりますので、選手諸君の体調が少し気になります・・・。
 慶応高校との定期戦は、11時〜開催されますので、10時30分頃に観客席(いつも受付している側)に集合としたいと思います。構内ですので、アルコール類は一切持ち込み禁止でお願いいたします。お昼時間を挟みますので、お弁当ご持参の方は、遠慮なくお持ちください。もちろん、お友達や子供さんとご一緒に観戦して頂いても結構です(雨天でも私は観戦に行きますので、一応雨天決行にしたいと思います)。
 それでは、皆さんと第3フィールドでお会いできること、楽しみにしております。

代表:三浦智
posted by S. FIGHTERS at 17:41| Comment(4) | 2009 SPRING

2009年06月16日

6月14日練習レポート

 今回の練習は#91馬渕がリポートします。
 2週間ぶりの練習日、今日は朝から晴れて暑くなりそうな予感。暑さ対策として今日は水が生温くならないようペットボトルから魔法瓶に変更、日焼け止めも露出部全体にたっぷり塗ってイザ出陣。
 グラウンドに着くと予想通り日差しがきつく夏本番近しと思わせる天気でしたが、練習途中には雲が出て陰ったり、心地よい風も吹き救われました。
 まずは「みんなでプレーを考えてみようキャンペーン」の優秀案の発表の後、練習開始。今日はS☆FIGHTERSの元気印山田IRが欠席のため三浦代表のリードでウォームアップストレッチ開始。続いて片山さんのウォームアップRUN&アジリティ。今回新しく2種類のアジリティが登場。1つはビーチフラッグス風にうつ伏せに寝た状態から素早く立ち上がってダッシュするもの。もう1つは胡座をかいた状態から手を使わずに立ち上がってダッシュするもの。ウーンしかしこれが手を使わない分なかなか素早く立ち上がれません。脚、腹筋、背筋など体幹全体の筋力を必要とし、結構負荷が大きそうなので余り無理はしない方がいいかもしれません。
 そしてここからはフットボールアワーです。まずは縦パスのレシーブ、セットアップで慣らし運転の後、今日のメインメニューであるカバー3(浅いゾーンを1人、深いゾーンを2人で守る。オフェンスはQB+レシーバ2人)の練習に入っていきます。4人1組となって3人がプレー、1人はお休みで仲間のプレーを観察して気付き点を他の3人に伝える形で回していく。
 浅いゾーンはLB1人のため横にかなり広い範囲を守ることになります。中央側のDBはセンターの対面ぐらいに位置し反対側からのレシーバ(実際には左右片側での練習のためレシーバはいませんが)をケアしながらセーフティとしてカバーします。
 オフェンスのルートは今回、カール-アウト、ポスト-フックに限定(実際には若干のバリエーションあり)です。途中、ダブルフックも入りましたが・・・。
 QBにとってカールを走るレシーバは近づいてくるので比較的パスを投げ易いのですが、アウトを走るレシーバは遠ざかっていくため遠くなる程難しくなります。最初からカールのレシーバに投げようと考えていると、投げられなくなった後でアウトのレシーバに投げようとしてもその時点ではなかなか投げ難くなってしまう。基本的にはまず早い段階でアウトを走るレシーバに投げられる場合には投げることを第一に考え、それが難しい場合にカールのレシーバに投げるのがよいそうです。
 実際の試合では浅いゾーンに短いパスを何回か通すことでディフェンスを焦らさせて前におびき出し、出てきたその裏にパスを通すといった駆け引きをしながら進めていきます。
 クールダウンストレッチの後、小野コーチより今日の練習についてのおさらい&作戦の考え方などについてボードを使って解説があり、一同しばし現役選手になった気分で真剣に聞き入っていました。小野コーチにはこれからまた時間の取れる時にたっぷりと作戦面の解説をお願いできればいいなと思います。
 練習終了後今日参加されたKAU-KAU(関学正門前スパゲティハウス)のオーナーさんの紹介があり、KAU-KAUでのビール・チューハイ・ワイン半額券(毎回用意しておくとのことです)を頂きました。今日はS☆FIGHTERSの練習に参加のために店を休みにされたとかで、KAU-KAU(ユニフォーム名)さんが練習に参加されていない日は営業(第3日曜は定休)していますので、練習後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 春のシーズンも残すところあと2回となりました。今シーズン取り組んでいるゾーンディフェンスをきっちりできるようまた来週も楽しく練習しましょう。
Let’s enjoy football in UEGAHARA.

#91 馬渕好正
posted by S. FIGHTERS at 23:40| Comment(6) | 2009 SPRING

2009年06月10日

キャンペーン応募結果報告

 皆さん、こんにちは。
 西嶋さん、早々のレポートありがとうございました。とても爽やかなレポートで、大変楽しく拝読させて頂きました。
 実は、前回の練習が雨の為中止になったなら、1ヶ月間も休むことになりますので、皆さんにお叱りを受けるのではないかとヒヤヒヤしていました。また、起きてみると日差しはなく、空は重たい雲に覆われていまし、何かいやな予感もありました。すると、そこに1本の電話とメールが・・・。内容は「・・・今石橋は雨降っていますよ。甲山が見えません・・・。」。「・・・高槻の方はかなり雨が降り出しました・・・。」。(誰からの連絡か分かってしまう(笑))。う〜〜ん。いい加減な私は「雨降っても集まって貰いましょ。」と・・・。こんな裏話がありました。結果は良かったのですが・・・(笑)。
 さて、キャンペーンは先月末の金曜日に締め切らせて頂きました。なんと、20種類のプレーがエントリーされ、実に様々な考え方を教えて頂きました。本当にありがとうございました。また、中間報告後にエントリーされた方々も、中間報告のプレーリストに追記しておりますのでご確認ください。そしていよいよ、6月14日の練習時に優秀プレーを「3つ」発表させて頂きたいと思います。勝手ながら選考の方は、加藤代表と私の方で決めさせて頂きたいと思います。せっかくの機会ですので、皆さんからのプレーは、細川さんに頂いたホワイトボードに1日だけになりますが、展示させて頂きたいと思っています(ブログには残りますのでお許しくださいね)。
 それとご報告です。S☆FIGHTERSにアンテナショップ?が誕生しました。高木さんに制作して頂きましたグッズがなんと添付している写真の様に石黒さんのご協力で展示されています。是非、皆さん時間を作って立ち寄ってあげてくださいね。ここでも、グッズは申込み可能です。お店のアドレスは、http://www.s-pays.com です。
 それでは、皆さん、次回の練習時にお会いできること、楽しみにしております。

20090610_01.jpg

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 00:01| Comment(0) | 2009 SPRING

2009年06月01日

5月31日練習レポート

 今回は、#29西嶋がお届けします。
 現役ファイターズが今シーズン初黒星を機したその翌日、未明まで降っていた雨が夜明けとともに上がり、やや湿気の残る程度のコンディションで練習がスタート、50名を超える皆さんが第3フィールドに集いました。練習終了間際には青空も顔を覗かせ、今後のファイターズを照らすかの様でした。
 まずは、曇天を吹き飛ばす山田さんの澄んだ声の元、イタキモのストレッチ。そして片山さんのランニングストレッチへと展開。ランニングストレッチの中で、アジリティーはその名の通り俊敏さのトレーニング。しかし通り一遍では終わらず、身体をグランドに伏せる動作も加わったハードなアジリティーで、片山さんの本気モードが伝わってきます。練習前半で、すでに息も上がってきます。そこで、すかさずブレイク&水分補給。
 心身のモチベーションもリフレッシュした所で、DBの基礎練習のセットアップ。QBの左右に指し示すモーションに合わせて、DBが「みぎ〜、ひだり〜」と声を出してバックペダルを踏みながら下り、最後に投じられたボールを「ビンゴ」。過去にDBが左右にステップを切る際、肉離れなどの負傷者を出した練習とあって、皆の意識も集中しているのが感じられました。
 そして、これからが今シーズンの最大の取り組みのゾーンディフェンス練習の始まりです。
 今回はDB2名がペアとなり、ゾーンもしくはマンツーマンの守備体系のいずれかをチョイスして、2名のレシーバーに立ち向かいます。レシーバーの方は、用意された中からパスコースを選びQBのコールと共にプレイスタート。最初は、ゾーンをクロスして走るレシーバーにDBが釣られて行ってしまい、自分のゾーンを守りきれなかった光景も目立ちました。が、徐々にDBがレシーバーをカバーするシーンが増え、結果、小野さん紫牟田さんを擁するQB陣のパスタイミングを迷わせ、更にはインターセプトというシーンも見受けられました。まるで本物みたいです。いえ、本物です。
 反対に、エンドゾーンへ投げ込まれたボールをレシーバーがぴったりとマークするDBと競い合い、見事にTDレシーブというシーンも。もう、カッコいいです。ユニホームの背番号が輝いて見えます。昨日の現役ファイターズの試合で萬代選手があげた唯一のTDレシーブを彷彿とさせます。
 この練習の大切な事の一つに、ゾーンとマンツーマンの守備体系の頭の切り替えのバランス感覚。例えば、自分のゾーンを意識したフィールド勘に慣れて来た所へ、マンツーマンに変えた途端、思わぬ落とし穴がある事に気付きます。それは、頭にゾーンの意識が残っていて、すぐにマンツーマンに対応してくれない自分の身体があることです。この身体が厄介です。いったい誰の身体でしょう??
 こんなシーンもありました。
 DBを上手くかわしたレシーバーが、フックパスを受けたのは良かったのですが、そのまま自陣へ逆走、あわやセーフティーです。身体がDBモードだったのでしょうか??ナイスビンゴになってしまいました(笑)。恐るべし頭と身体の関係です。
 さて次回は、DB3人の本格的なカバー3の練習には入って行くそうです。さらに「みんなでプレーを考えてみようキャンペーン」の優秀作品の結果発表もあるとの事。頑張れボクらの頭と身体!!
 最後になりましたが、今回の練習に現役から森谷トレーナー、河野トレーナー、豊田マネージャーに参加頂きました。試合翌日にも関わらず、本当にありがとうございました。そして、上ケ原というフィールドに感謝です!

#29 西嶋航司
posted by S. FIGHTERS at 10:17| Comment(8) | 2009 SPRING

2009年05月27日

キャンペーン中間報告

 皆さん、こんにちは。
 先週の日曜日はいかがお過ごしでしたでしょうか。新型インフルエンザの影響で子供さんがいらっしゃるご家庭では、せっかくの晴天でも外出ができなかったのではないでしょうか。
 さて、皆さんから今回のキャンペーンに多数応募があり、とても嬉しく思っています。また、色々な考え方ができるのだなぁ、と今更ながらフットボールの奥深さを感じています。参考になるか分かりませんが、皆さんのプレーを具体的に紙に落としてみました。そして、QBが投げるタイミングに、だいたいディフェンスがどの当たりに位置しているかも書き込んでみました。皆さんならどうディフェンスを想定しますか。

20090527_01.gif 20090527_02.gif
20090527_03.gif 20090527_04.gif
20090527_05.gif 20090527_06.gif
20090527_07.gif 20090527_08.gif
<↓6月2日追加↓>
20090527_09.gif 20090527_10.gif


 「カバー3」は、基本的に二人(本来なら三人。私達は今片方だけで練習しているので二人)がディープゾーンを守るディフェンスです。ディフェンスの図面では、アンダーゾーンを1人が守る訳ですから、パスルートとしては、小林さんがご指摘のように、アンダーゾーンとディープゾーンを組合せることが、このディフェンスを崩すのには効果的だと思います。また、ディープゾーンに二人のレシーバーを送り込むなら、ゾーンを広げるようなパスルートの組合せが良いのではないでしょうか。
 QBは、だいたいCからボールを貰うのに約0.5秒、投げるのに約2.5秒、合わせて約3秒以内に投げ終わります。そして、その間にディフェンスのキーマンが、どのレシーバーに付いているかを判断して、反対側のレシーバーに投げるのです。オフェンスのパスプレーは、時間的に3秒以上掛かってしまうとデザインされたプレーが崩れてしまいます。小林さんの提案されているQBがロールした場合は、その時間に少し余裕ができますので、縦に長目のパス、横に長目のバスは可能となってきます。
 その他、諸々の要素を考慮する必要があるのですが、ここでは難しい話は抜きにして、前述しました内容を踏まえ、皆さんのプレーを今一度眺めてみてください。また、それぞれのポジションを自分が任された時のイメージで、改めて眺めて頂くと、「ちょっとこのプレーには無理があるな」とか、「そうだ!ツインをワイドにしてプレーをすれば、パスが通りそうだな」とか、「このパスコースを短くすれば、ゾーンが広く取れそうだな」とか、色々と感じて頂けるのではないでしょうか。応募された皆さん、自分がデザインされたプレーは、「パス・コンプリート」と審判にコールされそうですか?
 このキャンペーン期間は、今週の金曜日迄とさせて頂き、発表は次々回の練習前に行いたいと思います。そして、企画案どおり、今春のシーズンでは、優秀作品を3プレー選ばせて頂き、「○○スペシャル」と命名したいと思います。
 それでは皆さん、もう少し申込み期間がありますので、ドシドシと応募くださいね。次回の練習で皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 07:10| Comment(4) | 2009 SPRING

2009年05月20日

「みんなでプレーを考えてみようキャンペーン」

 皆さん、こんにちは。
 新型インフルエンザが世間を騒がせておりますが、皆さんマスク着用等の対策は万全でしょうか。皆さんには残念なお知らせをしなければいけません。事務局より既報のとおり、関西学院が今月24日迄休校を発表した関係上、先週に続き次回の練習も中止とさせて頂きくことになりました。ゾーンディフェンスを取り入れた矢先のことなので、非常に残念なのですが、さすがに我々もウィルスには勝てませんね(笑)。
 そこで、この期間何も無いというのは、あまりにも寂しいので、「みんなでプレーを考えてみようキャンペーン」を企画してみました。体を動かすことは皆さんの自主トレにお任せするとして、頭の方は少し先に進んでみたいと思います(次回の練習はお知らせしたように、復習も兼ねまして、ディープ(10ヤード以上)エリアのゾーンとマン・ツー・マンを混ぜたディフェンスを取り入れたいと思っています。)。
 このキャンペーンでは、皆さんに「カバー3」のディフェンスに対するオフェンスのパスプレーを考えて頂き、そのプレーをモデルにして、実際に次々回以降の練習へ取り入れてみよう、と言う企画です。プレー名はその方の名前を付けさせて頂き、今春のシーズンは「○○スペシャル」でコールを統一したいと思います。あまり沢山作りますと覚えにくいので、優秀な「3プレー」だけを選択させて頂きたいと思います。企画内容はご理解頂けましたでしょうか(笑)。
 次に、「カバー3」というディフェンスは、どんな守り方かを説明します。だいたい想像は付くと思うのですが、簡単に言えば現在3人対2人でゾーンディフェンスの練習をしていますが、それが3人対3人になると言うことです。逆に言えば、レシーバーは2人で3人のゾーンディフェンスをかいくぐって、ボールをキャッチしないといけなくなると言う訳です。ディフェンスの「カバー3」という名称は、アンダー(3〜10ヤード)ゾーンを2〜4名で、ディープ(10ヤード以上)ゾーンを3名で守る、そのディープゾーンを守る人数を取って「カバー3」としています。勘の良い方は、「カバー1」「カバー2」もあることに気が付かれるでしょう(現在、練習中のディフェンスは「カバー4」です。)。これらは、今後練習していきたいと思っています。私達は現在片方(右側・左側)だけで練習していますので、実際にディープゾーンに3名はいませんが、「別紙」のようなゾーンを守ることを「カバー3」と呼びたいと思います。

<別紙>
20090520.gif

 では、このように守るディフェンスをレシーバーはどんなコースを走ることによって崩すことができるのでしょうか。レシーバーは2人しかいません。これを考えることこそが、今回の企画内容そのものです。皆さん良く考えてくださいね。
 プレーの表現は、外のレシーバーからコース名を付けてください。また、レシーバーのセットする間隔が狭いことを「ツイン」、広いことを「ワイド」と言う呼び方にします。この間隔もプレーによっては非常に効果がありますので、このセットの位置も合わせて優秀作品の選択判断とさせて頂きます。どんなプレーが開発されるか楽しみですね(笑)。
 <例>「右ワイド、カール・フラット」(これは定番プレーです)
 (注)レシーバーのコース名は過去のブログをご参照ください。復習にもなります。
 それでは皆さん、関学第3フィールドで体を動かすことはできませんが、頭のストレッチを十分して、どしどしブログへ応募くださいね。ちなみに、応募は「お一人、一プレー」に限らせて頂きます。プレーの説明を付けられる方は、メッセージも合わせて書いてくださいね。皆さんの中でもプレーを厳選して応募してください。
 変なプレー等が応募されると、たまに指導が入るかもしれませんよ(笑)。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 19:05| Comment(17) | 2009 SPRING

2009年05月11日

5月10日練習レポート

 皆様 いつもありがとうございます。
 5月10日の練習レポートは、#33大岡がお届けさせて頂きます。
 早いことに春の11回の練習のうち、なんともう5回も過ぎてしまいました。気温26℃、湿度60%の夏日を彷彿とさせる大変素晴らしい五月晴れの中今回も70名以上のメンバーの方が参加され、練習スタートとなりました。
 まずは、春の練習のメインテーマのゾーンディフェンスに関して、紫牟田さんよりホワイトボードを使って、大変分かりやすい説明をして戴きました。 紫牟田さんの説明では、ゾーンディフェンスとは、マンツーマン・ディフェンスとは違い、対面のレシーバーだけに付かず、自陣の受け持つエリアを各ゾーン毎に別けて、それぞれが各ゾーンをカバーし、自分の受け持つゾーン内に入ってきたレシーバーに対してディフェンスを行うといった内容でした(もっと的確に、ご教授して戴きましたが、この程度しか頭に残っておらず、申し訳ありません)。
 紫牟田さんのレクチャーの後、山田さんの久しぶりの入念なストレッチ&少々お酒の残った三浦代表のランニングストレッチにて身体を動かし、練習に入りました。
 ディフェンス練習「セットアップ」からのスタートでしたが、左右にバックダッシュして、ボールキャッチしていくのですが、声も大きく出され、ビンゴの後もすばやいダッシュをされておられる方が多くいらっしゃいました。
 「セットアップ」の練習後、ゾーンディフェンス実践練習に入り、小野コーチと紫牟田さんのS☆FIGHTERS最強の両QBの2班に分かれ、レシーバー2名、ディフェンス2名の構成でディープ・ゾーンディフェンスを4コース(ポスト&アウト、ダブルフェード、カール&コーナー、ダブルロングフック)の実践形式でそれぞれのチームで練習を行いました。最初のうちは、先週練習したマンツーマン・ディフェンス時の癖が抜けきれず、ゾーンディフェンスになっていない方もいらっしゃいましたが、練習を重ねるにつれて、ディフェンス間でも声を掛け合ったりして、オフェンスのクロスプレーにも柔軟に対応されておられる方が多く見受けられました。
 紫牟田さんのレクチャーにあった「視野」を、念頭にディフェンス練習に入りましたが、なかなか実践では難しいと感じましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか?
 本日の練習は以上ですが、5月に入り気温もかなり上がってきておりますので、熱中症を避けるためにも、水分補給と帽子持参と80%ルールで自己防衛していきましょう。山田さんも練習に参加できるようにご配慮戴いたそうで、練習前後の十分なストレッチを改めてご指導宜しくお願い致します。
最後に、このような素晴らしいメンバーの方と一緒にフットボールをできる喜びと恵まれた環境を与えていただいております関西学院ならびにS☆FIGHTERSに心より感謝致します。

#33 大岡功次郎
posted by S. FIGHTERS at 09:51| Comment(8) | 2009 SPRING

2009年05月07日

5月6日練習レポート

 皆さんこんにちは、アラ還の#16河合です。
 天気予報では昨日からの雨が続くとのことでしたが、何という事でしょう(どこかで聞いたことのあるフレーズ)!!雨が降るどころか、練習が始まる頃には薄日もさすスポーツ日和となりました。ラッキーとばかり準備運動のランニングを終え、パス練習を始めようとしたとき、三浦代表に呼び止められ、もしや練習レポートを仰せつかるのでは、との予感が的中してしまいました。(実は、甲東園駅から第3フィールドに歩いている時いやな予感があったのです)
 で今日は、レポートのために練習の様子をよく見ていなければと思っていたのですが、いざ練習が始まるとそのことをすっかり忘れてしまい自分自身のことだけでいっぱいで、まわりを見る余裕がなくなり練習全体のレポートができなくて申し訳ありません。
 前置きが長くなりましたが、今日も不安定な天気にも関わらず約60名の方が集まり、三浦代表のストレッチ、片山さんのランニングストレッチの後、ディフェンス練習の「セットアップ」を行いました。右・左とバックダッシュしてボールキャッチするのですが、3回ターンすると足がもつれそうになりアップアップ状態で、ビンゴキャッチした後のダッシュがいま一つできませんでした。日常生活で後ろ向きに走ることがないのでバランスをとるのが難しいですね。特に私は、メタボで体が硬いので苦労しました。次に3対3のマン・ツー・マンのディフェンス練習を行いました。この練習は、オフェンスの3名は、QBとレシーバー2名が準備され9パターンのパスプレイのうちからプレイを決め、これに対しディフェンスは2名がマン・ツー・マンで付き、1名がFSになってパスディフェンスを行います。より実戦形式となりタッチフットを実感でき楽しいのですが、QBはディフェンスのマークを見ながらレシーバーを決めなければなりません。また、レシーバーはマークを外しながらパスコースを走らなければなりません。この様にディフェンスが付くことによって、プレイの難易度は一挙に上がりますが、それだけにパスが通った時は楽しさもひとしおです。
 本日の練習は以上ですが、次回からはいよいよゾーンディフェンスの練習が始まるそうです。また、山田さんのストレッチも再開されるとのことです。皆さん次回をお楽しみに。なお、本日は不幸にして1名の方が怪我をされました。一日も早い全快を祈念いたします。皆さんくれぐれも怪我の無いよう、80%ルールを忘れず楽しく練習しましょう。

#16 河合啓司
posted by S. FIGHTERS at 10:52| Comment(8) | 2009 SPRING

2009年04月27日

4月26日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 今回の練習レポートは、先週末の健康診断で練習の甲斐なくメタボ判定間違いなしの#3北出が担当させていただきます。
 皆さんの思いが通じて雨は上がったものの、曇り空で肌寒く感じた第3フィールドでしたが、60名程の皆さんが練習に参加されました。
 また、お忙しい中参加いただいた現役の#64DL藤本さん、#69OL福間さん、どうもありがとうございました。
 山田さんがいらっしゃらないので少しさびしく感じるストレッチ、ランニングストレッチの後、ディフェンス最初の練習メニューは「セットアップ」(QBの合図に合わせて左、右と声を出しながらバックダッシュでボールをキャッチ)、私は久しぶりだったので足がもつれたり、うまく声が出せなかったりでしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?片山さんからは「ボールキャッチの際は後ろに下がって待ってしまうと相手に取られてしまうので、意識して前に出て高い位置でキャッチする事。」とのアドバイスをいただきました。続いてのメニューはオフェンス、ディフェンス1対1でのマン・ツー・マンの練習。三浦代表からも指摘がありましたが、ディフェンスがつく事により、意識しすぎてうまくキャッチできなかったり、きちんとコースを走れなかったりした場合もありましたが、やはりディフェンスがつくと「フットボールらしさ」が格段にUPするように感じました。
 今回のメニューは以上でしたが、最後に練習後のストレッチでのTシャツ屋のおじさんことS☆FIGHTERSデザイン担当の高木さんとナイスガイ☆松村さんのパフォーマンスはストレッチ世界選手権男子ペア(90kg超級)の部があれば優勝まちがいなしであった事を報告させていただいて今回のレポートを締めくくらせていただきます。

(追記)
@5月9日(土)の日大戦@王子、5月16日(土)の京大戦@EXPOに応援に行かれる皆さんは、チケットを道上マネージャーから購入できます、次回の練習の際に申し出ましょう。
ATシャツ、スウェットパンツに加えて短パン、キャップの申し込みが来週から始まります、希望者は高木さんまで。

#3 北出敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:35| Comment(5) | 2009 SPRING

2009年04月20日

4月12日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 間もなく会社の健康診断で身長測定が待ち受けている(#86)上村です。1回目を欠席しましたので、今回が春シーズン初でしたが、いきなり「リーダー腕章」をもらっての練習となりました!!私の班では、段取りが所々悪くて申し訳ございませんでした。とても暑い日で既にもう日焼け止めが必要な程でしたね。
 さて練習は、4班に分かれてパスコースを中心とした基本の確認でした。春のクリニックから初めて参加された方々にとってはパスコースを確認しながら具体的に走ってみる期間になって良かったですね!
 上村班では、少し地道でしたが、10ヤード前後のパスコースを「確実に走る」・「確実に捕る」ことの練習に、わざとこだわらせて頂きました。きちんと5ヤード、10ヤードを毎回同じように走るのは意外と難しい、と改めて感じて頂けた方もおられたのではないでしょうか。ただ、練習の終盤には曲がり方、コース取り、キャッチの時の手の出し方や形(ポケット)が、男性・女性・年齢問わず皆さん見違える程上手になっておられたのが、とても嬉しかったです!!毎回カットやターンの仕方を工夫されたり、他の人の真似にチャレンジされている方もおられましたね!パスキャッチの練習では、ともすれば、捕ったか捕らなかったか、の結論だけを見てしまいがちですが、そこに至るまでのコース取りや身のこなし方、足の運び方など、途中経過を見てみると色々新しい発見があると思います。そういう意味では現役の柴田さんが私たちの班に入って下さったのはとても有り難く、そのソフトな身のこなしと爽やかな笑顔に感動しました!貴重なお時間、本当にありがとうございました。QB役をお願いしました方には、ずっと投げて頂くことになってしまいました。これも私の配慮が至らず申し訳ございませんでした(一定のコースに投げ込む練習になった!・・・ということで許して頂けますか??m(_ _)m)。やや、カットの瞬間に足を取られ気味な方もおられましたがたくさん観察してヒントを得ることで、すぐに解消できるかもしれませんよ!あと、いつもよりも靴紐を少しキュッとしっかり結んでみては如何でしょう。足底と靴とが今までよりも一体になって、もっとカットが切り易いかも?
 これからは益々暖かく、暑くなってきます。体が軽く動いているような錯覚を起こしやすいですが、事前のストレッチには十分に気を配って、これからも一緒に楽しみましょう♪

#86 上村眞康
posted by S. FIGHTERS at 23:52| Comment(8) | 2009 SPRING

2009年04月08日

4月5日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 4月5日は桜満開の日曜日となり、春のシーズン開始に相応しい、暖かい日和であったと思います。そして何よりも、多くの方が元気に集まり、気持ちの良いスタートを切ることができたことが一番嬉しく思っています。また、高木さんの制作されたTシャツとスウェットが出来上がり、さっそく上下とも着用して練習を楽しまれている姿を見ますと、グランドに新しい息吹が加わったな、と感じました。私の方で作成した携帯ストラップはいかがでしたでしょうか。皆さん携帯にぶら下げて頂けていますか。町歩く人の携帯ストラップを思わず見てしまいます。緑の下地にゴールドの文字、アンマッチでしたか(笑)。いつも、緑豊かな第3フィールドを思い出して頂けるよう、その色にしたのですが・・・。今年参加の皆さんには、全員お配りしていますので、いやでも受け取ってくださいね(笑笑)。
 さて、前回の練習では、4人のリーダーにお願いして、レシーバーのルート確認を行いました。それぞれのリーダーが個性溢れる指導を丁寧にされていたのがとても印象的でした。目的は、5月中旬にゾーンディフェンスを導入するため、誰もが同じルートを確実に走れるための練習です。ボールを取るよりも、むしろきちんとしたルートが走れるよう意識して頂くと、ディフェンスの練習がとても捗ります。一方で、きちんとしたルートを走ることは、ボールを取るタイミングも分かってくるはずですので、しっかりと各パスルートを走れるよう頑張ってくださいね。
 次回の練習は、前回とほぼ同じ内容を行いますが、3回目からはいよいよディフェンスを付けた練習に取り組みます。昨年、秋に練習したマン・ツー・マンのディフェンスから入って行きたいと思っています。同年秋の皆さんのレポートを復習して頂くとイメージが沸いてくるのではないでしょうか。少しキーワードを並べてみましょう。バックダッシュ、ビンゴ、声、腰、キャリオカ等。皆さんイメージが沸いてきましたか。はじめての方も、ディフェンスの楽しさに触れるとやみつきになるかもしれませんよ。
 それでは、次回第3フィールドでお会いできること楽しみにしております。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:22| Comment(4) | 2009 SPRING

2009年03月25日

2009春シーズンのお知らせ

 皆さん、こんにちは。
 4回のクリニック及び懇親会本当にご苦労様でした。千里ファイティングビーのパパビーの皆さん、本当にありがとうございました。山中さんのレポートにも気持ちがこもっていて、とても良かったですね。
 さて、皆さん、クリニックの成果はいかがでしたでしょうか。今まで参加されていた方は、ご自分の投げ方・取り方を修正できましたでしょうか。また、初心者の方は、上手い投げ方・取り方の要領を習得することができましたでしょうか。私が見ている限りかなり上達されたのではないかと感じました。今回、皆さんに話をしませんでしたが、私は投げる方は取る方の気持ちを思い、取る方は投げる方の気持ちを思う、そんな気持ちがベースになければ、キャッチボールは単なるボール投げになってしまうと思っています。レシーバーに取りやすいボールを投げること、クォーターバックが投げやすいように走ること、それぞれが思いやる気持ちを持つことでパスの成功率は上がると思っています。ですから、練習前のキャッチボールではできるだけ違う方と、また、練習中順番を待っている時には他の人が走っているスピードや癖を観察することで、その部分を補うことができるのではないでしょうか。技術面だけではなく、メンタル面でも学んで貰えると練習に厚みが出てくると思います。是非、意識して練習してみてくださいね。
 いよいよ桜も開花する時期を迎えました。私たちも同時期に春のシーズンに入りたいと思います。一部の皆さんには、4月12日(日)をスタートとお伝えしましたが、グラウンドの使用状況等を鑑みまして、1週間早い4月5日(日)をシーズンインにしたいと思います。スケジュールも下記へ記載しておきますので、皆さんの手帳に書き込んでおいてくださいね。
 シーズンの大まかな流れは、オフェンスのコースの復習、マンツーマンディフェンスの動きの復習を経て、5月にはゾーンディフェンスを勉強したいと思います。オフェンスのコースは、別に掲載しておきますので、初めて参加される皆さんも、名前を覚えてきてくださいね。心配ご無用、覚えきれなくてもグランドの方にカンニング用紙を用意しておきますのでご安心ください。
 それでは、4月5日(日)10時、多くの皆さんと関学第3フィールドでお会いできることを楽しみにしております。

■オフェンスのパスルート
20090323_02.gif

■練習予定日
第1回:4月 5日(日)
第2回:4月12日(日)
第3回:4月26日(日)
第4回:5月 6日(祝)
第5回:5月10日(日)
第6回:5月17日(日)
第7回:5月24日(日)
第8回:5月31日(日)
第9回:6月14日(日)
第10回:6月21日(日)
<観戦予定:6月28日(日)関学高vs慶応義塾高>
第11回:7月 5日(日)

※いずれも、午前10時〜2時間程度を考えております。
※雨天中止の場合は、当日午前7時前後にホームページでご案内致します。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:54| Comment(3) | 2009 SPRING