■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2018年11月20日

「“Sports for All”の理想をめざして」(『10年史』より)

 「S☆FIGHTERS 10年史」の巻頭コラムをPDFにて掲載します。

 「“Sports for All”の理想をめざして――シニアファイターズ創設の由来」

 (S☆FIGHTERSファウンダー・小野宏)
posted by S. FIGHTERS at 12:56| Comment(0) | S☆FIGHTERS基本情報

2015年09月30日

ルール

「シニア流、試合ルール」(基本理念:皆で楽しく、ノーコンタクトフットボール)

(第5版:2015.09.30)
(第4版:2013.07.07)
(第3版:2012.12.09)
(第2版:2008.04.13)
(第1版:2007.10.21)

<定義>
フィールド:正式のフットボールグランドを横に使用し、縦53+1/3ヤード、横30ヤード内でプレーを行う。エンドゾーンは、縦53+1/3ヤード外の両端に10ヤードのスペースを設ける。ハッシュマークは、横30ヤードを3分割し、サイドラインから内10ヤードラインとする。【図1】
名称の略:オフェンス「O」、ディフェンス「D」、キックオフ「K」、キックカバー「KC」、キックオフリターン「KR」、パント「P」、パントカバー「PC」、パントリターン「PR」
ポジション名称及び略:【図2及び3】
「O」の場合:Quarterback「Q」、Wide-receiver「Z」「Y」と「X」、Runnig-back「R」、Center「C」、Kicker「K」、Punter「P」の種類とする。
「D」の場合:
<Cover-2>1線目のLinebackerは、ストロングサイドから「Sam、Mike、Willy」、2線目のSecondaryは、ストロングサイドから「S/S、F/S」 とする。
<Cover-3>1線目のLinebackerは、ストロングサイドから「Sam、Mike」2線目のSecondaryは、ストロングサイドから「S/C、S、W/C」とする。
その他の名称の略:タッチダウン「TD」、トライフォーポイント「TFP」、ファーストダウン〜フォースダウン「1DN」〜「4DN」、タッチバック「TB」、セーフティ「ST」
チーム構成:1チーム、5人で構成する【図1】。ただし、「O」の時「C」はボールを出すだけとし、プレーには参加できない。※「C」がボールを出す時、守備側から見て、背を向けボールを出す。
フォーメーション:「プロ」「ツイン」「スーパー」の3種類とする。この場合「R」は、「Q」の側にセットする【図2】。※ただし、「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。
ポジショニング:
「O」の場合【図2】
 「Z」:オープンサイドのサイドラインから内5ヤードにセット。
 「X」:ショートサイドのサイドラインから内5ヤードにセット。
 「Y」:オープンサイドの「Z」から内5ヤード、もしくは、10ヤードにセット。
 「Q」:各ダウンのスタート位置はサイドラインから内10ヤード地点のハッシュ右端、または、左端なので、その位置に「C」がセット。
 「Q」はその後方約5ヤードの位置にセット。
 「R」:「Q」の側(右、左、後ろ)、もしくは、「Z」や「Y」の内側にセット。※「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。
「D」の場合【図3】
  Linebacker:1線目の場合、スクリメージラインから約5ヤード離れてセット。
  Secondary:2線目の場合、スクリメージラインから約10ヤード離れてセット。
 ※ただし、ゴール前に攻め込まれた場合はこの間隔を詰めても構わない。
パスパターン:「Z」「X」「Y」「R」は、基本12種類とする。【図4】
ランニングプレー:「R」は、基本2種類(スィープはピッチもあり)とする。【図4】

【図1】
20150930rule_01.jpg
【図2】
20150930rule_02.jpg
【図3】
20150930rule_03.jpg
【図4】
20150930pattern.jpg

<運用ルール>
(1)練習試合の時間は、15分 or 20分/前後半、ランニングタイムとする。
(2)ハドルは25秒間とし(目安)、タイムアウトは「無」とする。
(3)フィールドを5分割し、10ヤードのブロックを5つ作り、ゲームを行う。
 ※ただし、真ん中のブロックだけ、13+1/3ヤードとする。
(4)1DN更新は、1ブロックを4回の攻撃で獲得し、次のブロックの攻撃権を得る。
 ※4回の攻撃で2〜4のブロックを獲得した場合も引き続き攻撃権を獲得できる。
 ※次の攻撃権を獲得した場合、1DNは必ずそのブロックの最初の地点とする。
 ※4回の攻撃でブロックを攻略できなかった場合はその地点で攻守交替。
 ※4回目の攻撃では、「P」を選択できるが、申告しなければならない。
(5)試合の開始・再開は、キックオフとする(オンサイドキックは無)。
 ※「K」のポジションは、自陣10ヤードから敵陣へ蹴りこむ。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手が「KR」を放棄した場合は、「TB」(相手自陣10ヤード)となる。
 ※ボールがサイドラインを割った場合は、その場所からの相手側攻撃とする。
 ※ただし、「O」がエンドゾーンで押さえるような事があれば「ST」となり、次の「K」(「ST」を取られたチーム)は、自陣0ヤードから蹴る。
(6)Pは4DNに選択することが出来、自陣を取り戻すことができる(申告する)。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手がボールに触れ(落とす含む)、エンドゾーンから出ることが出来なければ、「ST」と見なる。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手も全くボールに触れる事もなかった場合、「TB」(相手自陣10ヤード)となる。
(7)PRがボールを放置、静止した場合は、その地点から「O」の継続攻撃となる。
 ※この場合、PRの選手全員でボールを囲み、ボールが静止した場合は攻守交代。
(8)Pのボールがサイドラインを割った時は、その地点から攻守交替。
 ※PRのキャリアがダイレクトキャッチで落とした場合、もしくは、ワンバウンドしたボールをキャッチ出来なかった場合も同様にその地点から攻守交代。
 ※PRのキャリアはフェアーキャッチ、もしくは、 ブロッカーを使ってリターンできる。

(9)PCはPRのキャリア、3ヤード迄迫りプレッシャーを掛ける事ができる。
(10)ハッシュマークの右・左は、プレーが終了した近いサイドとなる(審判の判断による)。
(11)「O」の攻撃方向は前半・後半で変わる。

(12)TDすると自動的にエンドゾーン手前3ヤードからTFPを行うことができる。
(13)この場合、TFPのハッシュマークは「O」が右・左を選択権できる。
(14)TD:「6点」、TFP:「2点」、SF:「2点」が与えられる。
(15)プレーは審判の判断によって終了する。相手の体に触れることが無い様判断する。
(16)審判の判断は絶対で、判断に対して決して文句は言わない様にする。

<「O」>
(1)「Q」は必ずショットガンの位置にセットする。
(2)レシーバーは必ず5ヤード線上に位置する(中間点に立つと反則対象)。
(3)パスは約3秒以内(目安)に投げないと失敗とみなされる(審判の判断)。
(4)「O」は必ずハッシュマークの右・左からスタートする(中間は無)。
(5)プレースタートは「Q」のコールで一斉にプレーヤーがスタートし開始される。
(6)ハッシュの広いサイドをオープンサイド、狭いサイドをショートサイドとする。
 ※オープンサイド=ストロングサイド、ショートサイド=ウィークサイドと呼ぶこともある。
(7)「O」は必ずオープンサイドに「Z」と「Y」をおく(ショートサイドは「X」)。
(8)「R」は「Q」の側、もしくは、スーパーの場合は「Z」や「Y」の内側におく。
 ※スーパー場合でも「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。

(9)「R」のランは2種類しかない(ドロー、スウィープ)。
 ※フェイクは良い。その他のラン、特にダイブの様な早いランは反則とみする。
(10)「R」のランから「Q」へ戻すパスは認めない。
(11)ランニングプレー時には、他の選手が「D」をブロックする行為は反則とする。


<「D」>
(1)カバー「2」及び「3」のゾーンで守らなければならない(M to Mは禁止)。
(2)「O」の選手と衝突しそうな場合は、できるだけ「O」を優先する。
(3)「D」はスクリメージラインから7ヤード離れたLinebacker1人を「Q」に向かってブリッツさせることが出来る。
(4)「D」がインターセプトし、独走の場合でも審判がプレーを終了させる場合がある。

<プレーの終了>
(1)レシーバーがパスを受けることができなかった場合
(2)「Q」がパスを投げきれなかった場合(目安は3秒程度=ギブアップ)
(3)ボールキャリアが、ボールをファンブルした場合(その地点でボールデッド)
(4)プレー中に審判が笛を吹いた場合(その地点でボールデッド)

<罰則>
・5ヤード
 オフサイド(コールより早く「X」「Y」「Z」「R」がスタートした場合)
 オーバーハドル(ハドルに25秒以上を費やした場合)
 不正な前パス(スクリメージラインを越えてパスをする、指定無コースを走る等)
・10ヤード
 ホールディング(相手をつかんだ場合)
 インターフェアー(「Q」が投げる前に「Z」「Y」「X」「R」に当たった場合等)
 インテンショナル グランディング(ボールを投げたが味方が側にいない場合)
 ハードコンタクト(コンタクトの度合いにより、5,10ヤードの罰則あり)
 PCの時、PRのキャリア以外のブロッカーに触れた場合
posted by S. FIGHTERS at 10:10| Comment(3) | S☆FIGHTERS基本情報

2011年02月09日

活動方針等

(2011.2.9.改訂)

(別紙)

T 活動方針

 中高年のスポーツにおいては、傷害予防がもっとも重要であり、日常の生活に支障をきたすような怪我を避ける必要があります。このため、「S☆FIGHTERS」では、健康維持や増進を目的とし(対外試合を目的とはしません)、受付期間を設け、1年を通じて参加者の皆さんが、ある程度レベルが合うようなメニューを組み立て、練習できるよう心掛けます。また、春・秋シーズンの最終練習には、練習試合を設け、独自の試合ルールで簡易なフットボールを身近に体感して貰う工夫も行います。更には、体力的に練習量が多いと思った参加者の方には、途中休憩を適切に取りながら練習できる雰囲気作りにも心掛けます。
練習段階は、次のようなレベルのイメージで反復練習を行っていきます。

目安としては、

Aレベル:キャッチボールができる。
 基本的なボールの投げ方や受け方を勉強し、実際にグランドでキャッチボールができるようになる。また、真っ直ぐ走りながら、投げてきたボールを取れるよう目指します(期間的にはクリニックの4回が目安)。

Bレベル:簡易なパスコースを走れ、ボールがキャッチできる。
 上記のレベルも反復しながら、フットボールの基本的なパスコースを体で覚え、ボールが飛んできたらパスキャッチができるよう目指します(期間的には初回から4回が目安)。

Cレベル:複雑なパスコースも走れ、ディフェンスが付いてもパスキャッチができる。
 簡易なパスコースも反復しながら、複雑なパスコースも走ることができるよう目指します。また、ボールが飛んできたらパスキャッチができるレベルも目指します。更には、ディフェンスが付いても、パスコースが乱れない程度に走ることができ、パスキャッチができるよう目指します(期間的には5,6回目が目安)。

Dレベル:ユニットを組んでパスコースが走れ、ディフェンスの弱点も覚える。
 ユニットを組んでディフェンスの弱点スペースへパスコースが取れ、パスキャッチができるよう目指します。また、簡易なディフェンスの動きも知り、ユニットを組んでオフェンスのパスコースをきちんとカバーできることを目指します(期間的には7〜10回目が目安)。

Eレベル:オフェンス、ディフェンスともにユニットを組んで適切な動きが取れ、簡易なフッとボールの練習試合を楽しめる
 シーズン毎に独自のルールのもと、簡易なフットボールの練習試合ができるよう目指します。基本的なフットボールのルールも勉強して、試合観戦に行っても、だいたいの動きが見られるよう目指します(期間的には11,12回目が目安)。
春・秋のシーズンを通じて、上記のような目安で反復練習を行います。秋のシーズンはクリニックを設けていないので、秋シーズンから参加される方には、約12回の練習の中で、A、Bレベルから習得できる工夫を行います。

※ ユニット練習や練習試合のチームの編成は、長年参加されている方やフットボールを経験されていた方と本シーズン初参加されている方とを上手く振り分けて、運営できるよう心掛けます。

U 独自ルールの緩和措置等(例示)

(1)ボールを持って走っているプレーヤーにディフェンスが2ヤード以内に接近すれば、直接タッチしなくてもプレーが止まったものと見なす。
(2)ボールを持った人が独走態勢に入った場合は、その時点から最大で10ヤード迄しか走ることができない。

活動方針等(印刷用:PDFファイル)
posted by S. FIGHTERS at 17:58| Comment(0) | S☆FIGHTERS基本情報

2009年02月02日

趣意書

(2009.1.31改訂)

「趣意書」

T 目的
「シニア・ファイターズ」(以下、「S☆FIGHTERS」という。)は、タッチフットボールを気軽に楽しめる中高年のための地域スポーツクラブです。楽しく、明るい、地域型スポーツコミュニティーを目指し、競技性(勝敗)よりも、スポーツをする「楽しさ」や「健康の増進」を優先し、怪我をせずにタッチフットボールを楽しむことを目的とします。更には、生涯を通じてスポーツを生活の一部に取り入れながら、中高年が体力を徐々に取り戻し、より豊かな人生を実感できるような活動を心掛けることとします。

U 参加方法及び登録
(1)参加方法
参加希望者は出身校や居住地を問わず当ホームページから取得する「入会申込書」を持参して、関西学院大学アメリカンフットボール部の練習フィールド(第3フィールド=練習場へのアクセス参照)へ集合するだけです。基本的なルール(別途、「S☆FIGHTERS」流ルールをご参照ください。)は設けますが、集まったメンバーは、レベル・体力・運動量等に応じて、毎回、もっとも適切な方法でタッチフットボールを安全に楽しめるよう練習メニューを組み立てます(「別紙」をご参照ください)。参加者が相当数まで増えてきたら、レベルに応じてクラブ内にチームを編成して、チーム単位での練習メニューなども考えていきます。
(2)登録
参加希望者は、事前に上記ホームページの「入会申込書」と「同意書」をプリントアウトし、必要事項を記載して、各シーズンの初回・2回目の練習時にグランドへ持参してください。その際には、参加費(「Z 参加費」を参照)も合わせて徴収します。

V 練習日及び練習場所
1.練習日
 @1年にクリニック・春・秋の3シーズンを期間とします(クリニック:2月頃、春:4月〜7月、秋:9月〜12月)。
 A原則として毎週日曜日の午前中に活動します。
2.午前10時から正午程度までの約2時間を予定しています。活動時間はウォームアップを含めて2時間程度を想定しています。
3.練習場所
関西学院に2006年4月に新設された「人工芝フィールド」(第3フィールド)を使用します。
車での入構はできません。また、関西学院内にも駐車場はありません。お越しの際は、公共の交通機関をご利用いただくか、近辺のコインパーキングをご利用下さい。
※詳細こちら

W 運営
「S☆FIGHTERS」は、自主的な活動を基本として、参加者がお互いを助け合いながら、地域スポーツグラブとして運営していきます。入会申込書や同意書を含む書類管理等も担当します。一方、関西学院大学体育会アメリカンフットボール部(以下、「ファイターズ」)は、グラウンド提供を主に、必要品等の管理を担当します。また、運営面では「ファイターズ」のOB・OGメンバーに協力を頂き、活動のサポートを行って貰います。

X 服装
運動しやすい格好で参加して貰えれば結構です。
 ※汗を掻きますので着替え等が必要です。
 ※防具は一切使用しません。

Y 参加費
5,000円/1年間(保険料と用具代含む)
 ※1回でも参加すると必要になります。毎年クリニックが1年のスタート時です。
 ※参加初回時に徴収します。この費用は、1年を通じての費用になります。
 ※参加受付は各シーズンの初回・2回目の練習のみ(2回/各シーズン)とします。
 ※参加費の使用状況については、翌年はじめに会計報告します。

Z その他
練習に必要なボールは、「ファイターズ」の方で準備します。

以上

趣意書(印刷用:PDFファイル)
posted by S. FIGHTERS at 01:08| Comment(1) | S☆FIGHTERS基本情報

入会申込書

2009年シーズンより使用する入会申込書です。プリントアウトの上、必要事項を記入して初参加時に参加費とあわせてご持参ください。
なお、入会申込の受付は、クリニック、春シーズン、秋シーズン、各々の初回および2回目のみとさせていただきます。それ以降の入会申込はできません。

申込書(印刷用:PDFファイル)
posted by S. FIGHTERS at 00:50| Comment(1) | S☆FIGHTERS基本情報

2007年05月15日

練習場所へのアクセス

 練習場所である関西学院第3フィールドは関西学院西宮上ヶ原キャンパスにあります。
 第3フィールドには駐車場はなく、車両の乗入れもお断りさせていただいております。また関西学院構内にも駐車スペースはございません。
 参加者の方はできるだけ公共交通機関をご利用ください。やむなくお車で来られる場合は、周辺のコインパーキングをご利用願います。

西宮上ヶ原キャンパスへのアクセス<関西学院ホームページへのリンク(PCサイト)>
http://www.kwansei.ac.jp/Contents_4837_0_10_0_15.html
キャンパス周辺のマップ
coin-parking.jpg
posted by S. FIGHTERS at 18:23| Comment(1) | S☆FIGHTERS基本情報