■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2008年12月02日

11月30日観戦レポート

■11月30日神戸ユニバー記念競技場。
 とっても気持ちのいい天気。メインスタンド中段あたりに陣取ったKGブルーのユニフォーム。S☆FIGHTERSの仲間たちが、見るからにドキドキしながら、その時の始まりを待っていました。
 特に、今年は特別。花園ではKGラグビーが51年ぶりのリーグ優勝がかかった1戦やってるんですもの。ひょっとしたら、KG体育会史上稀にみる、いや初めて?とりあえず、すごい快挙、一大事、なんせ物凄いこと。だれもが、ダブルでやってもらいましょうって思っているに違いない。

■そんなこんなの関西学生アメリカンフットボールリーグ最終戦KG-RITS観戦レポート。
 こんな大事なレポート、“ど”がつく素人のあたしが書いていいんですかぁ〜?あたしは、無類のKG好きで、FIGHTERS好き、でもってS☆FIGHTERS好き!でも、ルールも戦術めいたものも、毎週教えてもらってる割には覚えが悪くて・・・。S☆FIGHTERSのみんななんか、観戦中めっちゃ解説できて・・・尊敬の眼差し。ほんとにいいんですかぁ〜?と思いつつも、なんとか高木流に、見たまんまをレポートしてみますね。
 恥ずかしながら、あたしとあたしの小学校2年生になる娘との観戦中の会話(抜粋)形式です(笑)

△試合前:
 「パパ、向こうの赤い人たちもいっぱいいるね・・・。今からKGが試合するんでしょ?勝てばいいね・・・なんかドキドキするね」
 小さいながら、競技場の空気を感じていたのでしょう。
 「パパもドキドキよぉ〜はるちゃん!」
△第1Q:RITS,いきなりTD。その後もFGで10点。
 「パパぁ〜何で白いユニフォームの人たちしか攻撃しないの?赤いヘルメットの人たち、真ん中をビューっといくね!」
 「KGはどこに入れたら点が入るの?」
 「あっちの方にボール持って入ったら、点が入るんねんけど、なかなか向こうまでいけへんね・・・」
 RITSの攻撃は、なんかすごい。まさにゴリゴリ・・・。執念が形になってる気がする。
△第2Q:KGもTDを決めた瞬間立ち上がって喜ぶパパ。7-10とし、反撃開始。
 「パパ、なんかKGが前より攻撃し始めたね・・・」
 「うんうんそんな感じがする。なんとなくKGに流れがきているような気がすんねん、パパも・・・」
 「それにしても、KGの14番の人、すごく活躍してるね・・・」
△第3Q:KGがずっと暖めてきたスペシャルロングパス!がしかしぃ〜「あ〜」メインスタンドにあふれるため息・・・。その直後、またもやRITSがTD・・・
 「ねえパパ〜KG勝つの?」
△第4Q:
 「あのさあパパ〜白い方の攻撃ばっかりだね・・・」
 RITSの“ゴリゴリ”ラン攻撃で、時間がどんどん過ぎていく。
 「ねえ、あっちのスタンドに、黄色い服着た人と黄緑色の服着た人が喜んで抱き合ってるよ!」
 バックスタンドでカウントダウンが始まった。
 「パパ、KG負けるの?」
 「そうやね・・・」
 結果は7-17。地味に続いていた、あたくし高木のFIGHTERS観戦不敗伝説はこれでピリオド。いやこれはピリオドではなく、新たな不敗伝説へ向かってリセット&ゴー!。
△付記:我が家のお風呂場にて・・・
 「今日何が印象に残った?」
 「ん〜とぉ〜KGの14番の人・・・」
 やっぱ子供の嗅覚ってすごい。明日のFIGHTERSのヒーローをすでに予感。

■スポーツに“たら”&“れば”はありません。
 途中、KGにきかけていた流れを引き寄せられなかったのも、RITSの執念、勝ちたいと思う気持ちが、強かったんじゃないかなと思います・・・今年はね。
 来年、またS☆FIGHTERSのユニフォーム着て、FIGHTERS応援しましょ!今度こそ万歳しましょ!ねっ!みなさん!
 あ!忘れたらいけません。あたしたちも、タッチフットボール上手くなりましょうね!

■これで、S☆FIGHTERSの年内予定は終了。
 みなさん、お疲れ様でした。みなさんと共に過ごす時間はとても楽しい。みなさんもそう思っているはず。いろんな人に感謝しながらも、来年もいい時間が過ごせますように・・・って心から思っている#20なのでした。

#20 高木伯之
posted by S. FIGHTERS at 09:41| Comment(6) | 2008 AUTUMN

2008年11月24日

11月23日練習レポート

 みなさん、こんにちは。2007年の秋シーズンから参加させて頂いています#17吉田です。本日、練習後、突然のレポート指名にビックリ!文章構成力欠乏症の小生にとっては大きなプレッシャー(今シーズン最後の練習レポートですよ)、何を書いたらよいのやら、取りあえずがんばりますのでよろしくお願いいたします。
 本日、今シーズンの最後になる練習は、AM9:30開始にもかかわらず、9時頃にはおおぜいのメンバーが第3フィールドに集合されていました。皆様の日頃の行いが良い証拠に、天候にも恵まれ、晴天の中、各人グランドを軽く2周、ランニングストレッチで練習開始。その後、ボールを使った、コーナー、ポストのパス&レシーブの練習、ディフェンスを付けて(2対2)のパス&レシーブの練習を行いました。今シーズン春の練習や秋前半の練習と較べると皆さんのレシーブ時のパスコースを走るコース取りも安定してきたのではないでしょうか。また、キャッチング(以前は、OO代表に脇が甘いと、よく注意されていましたが)に関しても、キャッチミスの回数も随分減っているように思います。(小生のガメラパスをキャッチしていただいた時はうれしいです!)皆さんの日頃の練習の成果だと思います。元気と活気に満ちて第3フィールドを駆けていると、三浦代表の笛の音。8割ルールの遵守で怪我人も無く今年最後の練習も終了となりました。
 来春、第3フィールドお会いできることを楽しみにしています。

追記
1)11月30日(日)は、FIGHTERSに熱き声援を送りましょう。
2)FIGHTERSのチームスローガンは「OVER THE LIMIT」(限界を超えて)ですよね。我がS☆FIGHTERSのチームスローガンは「EIGHTY THE LIMIT」(8割(80%)を限度に!)で如何でしょうか。

 最後に、この1年間 お世話いただきました、FIGHTERSマネジャーをはじめ関係者の皆様、三浦代表、加藤様ご夫妻、チームの皆様、本当にお世話になりました。この場をおかりしまして、厚く御礼申し上げます。
 来年も、よろしくおねがいいたします。

吉田 周平
posted by S. FIGHTERS at 13:43| Comment(11) | 2008 AUTUMN

2008年11月20日

11月16日練習レポート?

 みなさん、こんにちは。#18萬代裕彦です。
 実は先日の加藤さんのレポートの最終行に困惑・・・(前もって、打診してくださいよ〜)。その前までのレポーターの方が書かれているような専門的なレポートは書けませんよ〜、私たち二人ド素人なんですから(*_*)〜。それから、不運にも16日の練習会に参加できなくなってしまいました。
 16日の練習会は、ビデオ学習と第3フィールドでの練習と、豪華2本立てで行われたと聞きました。
 そこで、練習レポートが無理なら、せめて遅ればせながら私一人で参加させていただいた『打ち上げ』(懇親会)のレポートでも書かせてもらおうと思ったのですが(^_^)。それはそれは大盛り上がりのうちにめっちゃ楽しい時間が過ぎていきました。私も「8割ルール??」なんかとっくに忘れてしまい、ヘロヘロ状態でなんとか無事に帰宅していたようです(みなさまご迷惑をおかけしました(-_-))。
 翌朝、『打ち上げ』のレポート資料をと、頭の中を探しまくったのですがどこにも見あたりません・・・。かすかに、記憶の片隅に残っていたことがありました。
⇒数名の方から、「練習中の奥さんは気持ちが入っていて、怖いですよ(@_@)〜。絡むときはプレッシャーかかります(-_-;)〜」(私は四六時中そうなんですよ〜?!?!) 
 そこでここからは、いつも十分な気合いと向上心で練習に取り組んでいる、#91萬代知永子さんに登場してもらいます。

−《S☆FIGHTERS》に参加しようと決めた動機は何ですか?
「実はその昔、まだ二人の息子が高等部のFightersでプレイしていたころ、私は週2回、堺くんだりから二人のきたない&くさい下宿を掃除、片付け、洗濯しに来ていました。その頃、Fightersは旧グラウンドで練習しており、てきぱきと下宿での作業を終わらせて、グラウンド西側の観覧席⇒夕日を背に練習の終盤⇒Fightersのかけ声⇒居残り練習での息子たちの明るい話し声・・・を時間一杯まで見て帰るのが大きな楽しみでした。ところが新しく第3フィールドが練習場所になってから【一般の立入、見学をおことわりします。】の看板に阻まれて、思うように練習を見れなくなったのです。あんなきれいなグラウンドになったのに・・・。高度で多彩な戦術を駆使するFightersのシーズン中は仕方ない事なのだとあきらめていたのです。ところがなんと、あの第3フィールドの美しいグラウンドに足を踏み入れるチャンスが来たのです。私は即、入会を決めました。」

−女性として参加するのに、何か体力的なことや怪我に対する不安はないですか?
「スポーツは何でも大好きで、ママさんになってからもバレーボール、テニス、バドミントンなどを楽しんでおりました。 左足の骨折、右膝前十字靱帯断裂、左右のアキレス腱断裂と四度の外科手術からもみごとリハビリしておりますので(家族にはその都度多大な迷惑をかけておりますが・・・)、心がけだけは十分にしています。日常の生活の中で できる限りのストレッチと軽い筋トレを習慣づけています。スポーツを楽しむという世界では、女性であることや高齢であることは個性のひとつだと考えます。《S☆FIGHTERS》は、いろんな方がいろんな形で参加して、楽しみを共有していて素晴らしい地域のコミュニティだと思います。」

−練習内容について思うことは?
「パスキャッチ・・・長男がプレゼントしてくれたグローブのおかげでハンドキャッチは大好きです。グローブがなければこわくてできませんけど(実はこの春、長男が「これをつけて《S☆FIGHTERS》がんばりや〜!!」と初月給でオトンとオカンにグローブをプレゼントしてくれ、オトンとオカンはたいそう喜びました)。コーナーは特に難しいです。外側に首をひねりながらボールを見つけて走り続けるのは、至難の業です。
 パスのスローイング・・・短・中距離は何とか美しく?!できますが、長距離はフォームも乱れてガメります(ガメる・・・ボールにスパイラルがかからず、ガメラが飛ぶときのような状況になること)。
 ディフェンス・・・オフェンス・ディフェンス絡みながらの練習はゲームに近づいたようで楽しいです。もともとバレーボールの癖で声は不必要な声までよく出ます(右・左は途中でわからなくなります)。」

−最後に一言
「説明べたで、だらだらと長くなってスミマセン。多くのありがたい幸運が重なって、この様な楽しい活動に参加させていただけました。お世話してくださっている多くの方々に心から感謝しております。」

 今後とも、萬代夫婦をよろしくお願いします。
posted by S. FIGHTERS at 11:30| Comment(9) | 2008 AUTUMN

2008年11月10日

11月9日練習レポート

 皆さん、こんにちわ。
 第6回目の練習は、暦の立冬を感じさせる寒さとあいにくの厚い雲に覆われ厳しい条件での練習になりましたね。
 さて、秋のシーズンから本格的に取り組んできたディフェンスの練習も回を重ねるごとに皆さんの動きもさまになってきた様に感じられます。私達が取り組んでいるタッチフットにはラインがないので、レシーバーとディフェンスが大事になってくる訳です。三浦代表の前回のレポートにもありましたが、ディフェンスはあくまでもパスを封じることが一番大事な仕事ですよね。マンツーマンでレシーバーに着くことも基本ですが、レシーバーの前に入る事も大事な動きのひとつです。ディフェンスの練習の中で、「COME TO」「MERRY」等はインターセプトを意識した練習です。試合等でもレシーバーをフリーにしてQBが投げる瞬間にレシーバーの前に飛び込むプレー。昨年の関立戦の第4Q、自陣25ヤード付近でのインターセプト。記憶に残っている方も多いのでは・・・決まれば本当にチームを救うプレーですよね。 
 今秋も残す所1回となってしまいました。当初の予定では、ゾーンディフェンスまで練習に組み込む予定をしていましたが、諸事情により練習も予定より2回ほど減ってしまった事、申し訳ございませんでした。11月16日の練習内容は三浦代表と最後に皆さんに楽しんで頂ける様な事を思案中です。多くの方々の参加お待ちしております。
 ここで練習レポートは終了させていただき、試合観戦企画をご案内したいと思います。来る11月30日「関立戦」、S.FIGHTERSチーム観戦を企画しております。昨年発足のS.FIGHTERSのチーム観戦は2戦全勝です。今年も皆様の熱い声援でFIGHTERSを甲子園ボウル(長居競技場)に出場させようではありませんか。試合観戦の中でレシーバー、ディフェンスの動きを追いかけるのも今後の自分のプレーに生かされますよ。多数の参加者をお待ちしております。(11月15日「関関戦」の方も応援宜しくお願い致します。)
 また、今後もこのチームを永遠に存続させていく為に、色々な事を考えておりますが、まだまだ未熟な点も多く、ご迷惑をお掛けしている点も多々あると思います。皆様からも色々な意見を今後頂戴しながら、より素晴らしいS.FIGHTERSにしていきたいと考える次第です。宜しくお願い致します。
 次回レポートは、萬代ご夫妻にお願いしたいと思います。

#19 加藤 貴之
posted by S. FIGHTERS at 17:37| Comment(11) | 2008 AUTUMN

2008年11月05日

11月2日練習レポート

 皆さん、こんにちわ。
 第5回目の練習は、秋晴れに恵まれ、良い汗が流せましたね。「スポーツの秋」と言われますが、正にそれを肌で感じることができた1日であったように思います。
 さて、秋のシーズンから本格的に取り組んできたディフェンスの練習も、残すところ2回となってしまいました。しかし、最初はぎこちなかった皆さんの動きも、回を重ねるごとに、体がスムーズに動くようになってきたと思います。ここで今一度、何を学んできたかを復習してみましょう。
 まず、ディフェンスの基本であるバックペダル。きちんとフットボールポジションが取れていますか。両足を肩幅程度に開き、おへそを両足の中心より少し前へ重心を置くようにして、背筋をしっかり張りましょう。そして、地面を蹴るようにして後ろへ進みます。両腕は前後にしっかり振れていますか。腕が振り子のように左右に振れていませんか。人は手を前後に振れば必ず自然と足が出ます。その原理を後ろ向きに活用してください。
 それが出来れば、今度は腰を捻る運動でしたね。これは、レシーバーがパスコースに入った際に、左右縦のコースへ付いて行くために必要です。このポイントの時に、体が反ってしまったり、反対に体が反応してしまうと、トップスピードで走ってくるレシーバーに差を付けられます。ポストやストリークで差を付けられると、結果は一目瞭然。レシーバーがボールを確保できない場合を除き、TDパスになってしまうことは明らかです。しっかりと、キャリオカ、アジリティー、セットアップと言った練習を思い出してください。腰の捻りを意識して、しっかり最初の一歩を踏み出すことを身に付けましょう。
 それからもう一つのポイント。レシーバーの腰をしっかり見て、パスコースを見極めることでしたね。人の腰は走っている際に最も揺れが少ない部分です。顔、肩を見てしまうと振られてしまいます。マンツーマンの場合、QBを見る必要はありません。QBを見ているその瞬間にレシーバーがトップスピードに入ってしまうと、追い付くことは不可能です。むしろ、レシーバーに離されないよう付いていくことに重きを置きましょう。
 そして、ここからがフットボールの醍醐味。レシーバーは、左右縦のパスコースに入れば後はボールを取るのに必死です。レシーバーの目、顔の角度、手の出し方、パスのタイミング、走るスピード等を一瞬で判断して、QBの球筋を察知しましょう。ボールを捕球されないことが最大の目的ですから、カットできれば充分です。インターセプトを格好良くしようと思う、その下心がレシーバーに振り切られる最大の原因となるのです。とにかく、レシーバーの動向を「臭う」ことが大切。ディフェンスは、レシーバーがセットした時から「臭う」という行為が発生します。レシーバーは、QBから見て外目・内目にセット、足の引きは右・左どっち、右利き・左利き、等々。う〜ん、皆さんは後どれだけ「臭う」ことができますか。グランドで戦っている選手達は、プレーコールにおいても駆け引きを行っていますが、もっと細かな一対一での駆け引きも行っているのです。ビッグプレーが生まれた陰には、必ずそれらの駆け引きが存在していますので、試合観戦時には見つけて褒めてやってくださいね。私達もこれらの様々な駆け引きを楽しめるよう、残された練習で基本を習得しましょう。
 それでは、次回も第3フィールドでお会いできることを楽しみにしています。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 17:29| Comment(10) | 2008 AUTUMN

2008年10月30日

10月26日練習レポート

 皆さんこんにちわ!
 怪?速レシーバー並さんのご指名を受けましたので、今では伝説となってしまったチームで、これまた語り部によって「センターをやっていたそうな・・・」と語り継がれている#55の宗安が、僭越ながらレポートさせていただきます。
 10月26日は、雲ひとつ無い秋晴れ・・・と下書きでは書いていたのですが、あいにくの雨模様の中、しかも気温は先週とうって変わって、20度にも届かない11月上旬の気温という悪条件の中で練習が始まりました。練習があるのかどうか心配された方も多かったと思いますが、ブルーナイツが試合で不在のため、第3フィールドが全面使えるということもあって、三浦代表、加藤さんが練習決行の決断をしていただきました。このような悪条件の中でしたが、いつもと変わらない人数が集まり、また2名の新人の方、またKGの香港からの留学生も加えて、悪天候も吹き飛ぶような活気が、第3フィールド上に満ち溢れていました。ただ、大槻さんがブルーナイツとともに長浜に遠征されていましたので練習中の声が若干少ないような気がしました。
 練習内容は、
 @山田さんのストレッチ
 Aランニング・ストレッチ
 Bバック・ダッシュ
 Cキャリオカ
 Dパス(受ける側は最初は後ろ向き)
 Eハッシュマーク
 Fキャッチング・ドリル
 Gセット・アップ
 Hストリーク・パスvsDB
 I山田さんのストレッチ
というメニューでした。
 このように書き出してみますと、1時間半という時間の中でとても中身の濃い練習をしていることが改めて実感できました。今シーズンはディフェンスの練習ということで、初めは戸惑われた方も多いと思いますが、練習も4回目ともなると皆さん非常に板に付いてきていると思います。私自身「バック・ダッシュ?確かやったことがある・・・キャリオカ??何か聞き覚えがあるなぁ・・・」というレベルですので、ついていくのがやっとです。身体はなかなか動いてくれませんが、私がディフェンスの練習で心がけていることがあります。1つは、ボールをキャッチすると少しでも前に走るということです。インターセプトをして、それで終わりではありません。少しでもヤードを稼ぎましょう。もう1つはできる限り、声を出すということです。前回の並さんのレポートにもありましたが、ディフェンスの中ではコミュニケーションが大切ということです。三浦代表がボールを取ったときに「ビンゴ!」と言いましょう、といわれていましたが、これもコミュニケーションの一つです。大倉さんも言われておりましたが、インターセプトしたときに「ビンゴ!」ということで、自分よりも前にいる味方に知らせるという重要な役割を果たします。それを聞いた味方は、自分たちがオフェンスになったことを察知し、敵をブロックしにいきます。「右!」「左!」というのも、例えば「右!」という声を聞いたら、左側にいる味方は右側へ動いてディフェンスの層を厚くします。このように声を出すということは、試合中に非常に大きな役割があります。
 タッチフットでは、なかなかそこまでの場面は無いかもしれませんが、そうすることでアメフトの奥深さや醍醐味を少しでも感じられると思います。瞬間的に言葉が出ずに「ひぎ〜」、「みだり!」とどこの国の言葉かわからない言葉を発してしまう自分が情けなく感じるときがありますが・・・。今シーズンも残すところ、あと3回となりました。また、11月に入ると寒さも増してくることと思います。けがの無いように、8割ルールを守りながら、ディフェンスを完成させていきましょう。
 我らがファイターズも11月1日には、宿敵京都大学との一戦です。こちらもシーズン大詰めとなって来ておりますので、絶大なる声援を送っていきましょう。

宗安 一磨
posted by S. FIGHTERS at 12:11| Comment(11) | 2008 AUTUMN

2008年10月22日

10月19日練習レポート

 10月19日の練習レポートは、#3の並がお届けさせていただきます。
 気温26度、グラウンドのグリーンと青空のコントラストが素晴らしい秋晴れの中で、いつもどおり10時から練習は始まりました。加藤さんから、「今日は練習はそこそこにして、レポートがんばってや!」と、あたたかいプレッシャーを頂く中で、私のレポート作成の緊張感も最高潮をむかえることとなりました。
 今期は、ディフェンスの動きをマスターすることが目標。「ディフェンスはコミュニケーションが何より大切。声を出しあってがんばっていきましょう!」と三浦代表からのアドバイスもあり、上村さん(190cm)が意味を調べた「カリオカ」、バックペダルをメニューに加えたストレッチランを、最近お約束の“大槻コール”も含め、元気いっぱいの声を出して行いました。この日は「夏がかえってきたの?」というくらいの陽気で、ブレイクでは皆さん久しぶりにしっかり水分補給をされていました。
 小休止の後、前回もやった「ディフェンス・パスキャッチ」を行いました。ここで取材。うまくできている方にインタビューしてみると、コツは、捕球の前後に力を入れすぎないこと(できるだけリラックスした状態でキャッチ)、つま先重心の動きで左右の対応力を高めることなどがあげられていました。あまり調子にのって手帳を片手に取材をしていると、松尾先輩から「お前もやらんかい!」とのご指摘も頂きました。
 気を取り直し、次は三浦代表もやっと名前を思い出すことができた「カム・トゥ」という練習にも挑戦しました。QBとDBが20yds離れて向き合い、コールとともにQBめがけてダッシュをかけ、QBの動作に応じて左右にステップしてインターセプトをするという練習です。実践に近い動きなので、楽しくやれましたが、ボールを見て足が止まってしまう、「ビンゴ!」の声を忘れてしまうことも。。。インターセプトは敵にとっても見方にとっても、「意外な出来事」なので、やはり声=コミュニケーションが重要となります。
 最後の練習はまさに実践、「マン・ツー・マン」のパスカバーを行いました。この頃になると、想定どおり皆さんの目の色も明らかに変わってきておりました。このタイミングで「8割ルールを忘れずに」と声を掛け合うことが大切ですね。バックステップのスピード、レシーバーの動きへの素早い対応、DBの難しさを改めて痛感する練習となったのではないでしょうか。三浦代表からは、しっかり基礎を固めてからもう一度やりましょうというアドバイスも頂きました。
 11:45 S.FIGHTERSのみんなが一週間楽しみにしていた練習も終了しました。
 最後に。。。我らの希望の星「藤原君」のお母様もこの練習レポートをお読みなられているとのことで、今回のレポートはやや張り切りすぎの感も否めませんが、レポート作成を通じ(アフターも含め)、皆さんのS.FIGHTERSに寄せる“熱い思い”と、このチームで自分がプレーできる喜びを改めて実感させていただきました。このような機会を頂いたことにも感謝している次第です。
 さて、来週の練習レポートですが、同志社「ハンバーガーズ」の伝説のセンター、宗安さんをご指名させていただいております。見識の高い、臨場感あふれるレポートを皆さんも是非ご期待くださいませ。
 それでは皆様、それぞれの第3フィールドへの想いを胸に、よい一週間をお過ごしください。

並 司
posted by S. FIGHTERS at 13:26| Comment(10) | 2008 AUTUMN

2008年10月13日

10月12日練習レポート

 皆さん、こんにちは。♯5松尾です。
 昨年の秋から参加させて頂いております。前回の190センチ(実測)上村さんより御指名戴きましたので、12日の練習レポートを担当させて頂きます。宜しくお願い致します。
 秋晴れの中、新しく来られた方4名を含め70人程のメンバーで、前回に引き続きディフェスを中心に練習しました。バックペダルも、回数重ねる毎に皆さん、かなり様になってきてるように見えたのは気のせいではないでしょう。DBの左右にレシーバー2人つけてのハッシュマークという練習では、QBの投げるタイミングを読んでのレシーバーとの間合いの取り方など、少しずつ本格的な動きになってくるようでワクワクしながら練習していました。最後のストリークパスへのカバーの練習は、もちろんDBの練習なのですが、まずQBとレシーバーとのタイミングが合わず苦労しました。DBなしでは普段簡単に通る(と思える)ストリークパスでも、DBが着いた途端タイミングを合わせる事が難しくなりました。私はQB、DB、レシーバーと全部のポジションに入らせてもらったのですが、QB目線でこのタイミングで、ここに落とせばいいだろうと思って投げても、レシーバーの方がボールの方を見ていないという事が何度かありました。その後、自分がレシーバーに入ってわかったのですか、前のDBを抜く事を先に考えてしまい、QBの方を見るのが遅くなりパスに反応できませんでした。これはやはり練習を重ねてタイミングをつかんでいくしかないのでしょうが、同じ練習でも、QB、DB、レシーバーとそれぞれの目線では感じることが違うという事にあらためて気づきました。次回の練習では先にレシーバーに入ってから、QBに入ればもう少しうまく投げられると思います。皆さん、宜しくお願い致します。
 さて、現役のFIGHTERSの皆さんのリーグ戦も中盤に差し掛かってきました。前回の友金さんのコメントにもありましたが、19日の神大戦は、S.FIGHTERSの練習後に王子スタジアムでありますので、皆さんで一緒に応援できればと思います。毎週楽しい時間を提供して頂いているFIGHTERSへの恩返しに少しでもなればと思います。
 最後になりましたが、皆さん、今一度8割ルールを思い出し、それぞれの方の体力に応じた楽しみ方で怪我なく安全にフットボールを楽しみましょう。フットボールを生涯スポーツと出来る様、皆さんで一緒に頑張りましょう。(こういう事を書くと、加藤さんから、お前が一番アブナいとツッコまれそうですが。。。)
 さてお待ちかね、次回の練習レポート当番ですが、春のクリニックの時に萬代(兄)さんから、「あの人速いですね!」と言われたという快速レシーバーの並さんにお願いします。並さん、ホットライン頑張ろね。仕事忙しいやろけど、徹夜で練習来たらアカンよ!

松尾 耕介
posted by S. FIGHTERS at 22:27| Comment(13) | 2008 AUTUMN

2008年10月07日

10月5日練習レポート

 皆さんこんにちは!
 一生懸命頑張ってナイスキャッチしても、落球した時の印象ばかりが皆さんに強いようで、とっても悲しい気持ちな、188cm−上村(うえむら)です。(←この説明でメンバーの中でどれが私か分かって頂けるでしょうか。)
 08年春の初めから参加しています。秋のシーズンが始まり、思い切って前回の練習のレポートを書いてみることにしました!
 スポーツの秋近し、最高の晴れた空の下、、、となって欲しかったのですが、あいにく朝から雨。若干の不安を抱えつつも、しっかり家でストレッチしてから8:00には電車に乗っていました(笑)。雨にも関わらず、フィールドに着いてみると、普段通り当然のことのように20名程の方が集合されていたことにびっくりしました!
 前半は室内で、ディフェンスの隊形や動きの基礎を学びながら小雨になるのを待ちました。天候も少し回復気味か?となったところでフィールドに向かい着替えてみると、そこからどんどん雨が。。。こんな雨の中で体を動かすなんて、まるで学生時代の部活以来で懐かしいな〜と思いつつ(着替えている時、エアーサロンパスの匂いが漂ってきて、さらに懐かしさ満点に!(笑))、1時間ほどでしたが初めての本格的なディフェンスの練習に入りました。ディフェンスは、後ろ向きに走る動き(バックペダル)が基本、とのこと。今秋、数試合大学チームの試合を見に行っているだけに、頭では自分も一流のディフェンス選手のつもりで動き始めたもののやっぱりなかなか難しかったですね!ただ、レシーバー役とディフェンス役に分かれて、「バックペダルをしながらレシーバーの動きに反応する」という練習がありましたが、今までのオフェンスだけの練習とは違い、途端に『1対1で対戦する』という色合いが濃くなって本格的だなぁ!!と感じることが出来ました!パスを取る為に順番待ちをしている時のドキドキ感とはまた少し違って、どうやってディフェンスをかわそうか(ディフェンス役の時は、どうやったらレシーバーに付いて行けるか)、色々考えをめぐらせながら並んでいたように思います。今までとはまた全然違った楽しみがありとても新鮮で、次回以降が楽しみですね!
 さて、FIGHTERSも着実に勝ちつづけていますね。選手・スタッフ・マネージャーの皆さん、1月3日まで頑張って下さい!スタンドではたくさんのS.FIGHTERSの皆さんともお会いします。S.FIGHTERSは、やっぱり素晴らしい大学生チームの存在があってこそなんだなぁ、といつも感じています。
 秋の終わりに向けて、練習も観戦も頑張りましょう!
 では次回は、、、勝手に決めてしまいましたが、松尾さん!よろしくお願いします!

上村 眞康
posted by S. FIGHTERS at 10:50| Comment(6) | 2008 AUTUMN

2008年09月24日

9月23日クリニックレポート

 皆さん、こんにちわ。
 昨日のクリニックはとても気持ちの良い秋晴れもとで実施できました。久しぶりに体を動かした方が多かったのか、ハッスルされた方も多かったように思います。声も良く出ていましたし、活気のあるクリニックができたと嬉しく思います。それに、新しいメンバーも8名、また、中学生の友達も3名参加してくださいました。あの第3フィールドが狭く感じたぐらいです。皆さんはどう感じられましたか。
 さて、10月5日(日)からシーズンの開始を予定していますが、いよいよディフェンスの練習を取り入れていきたいと思います。まずは、バックペダルの練習をしなければいけませんね。昨日のクリニック時にランニングストレッチの最後のメニューに取り入れていた内容です。次には、しっかりとレシーバーの腰を見て、前後左右に振られないよう、きちんとマークをしましょう。その次には・・・、と色々とディフェンスに必要な練習に取り組まなければいけません。ひょっとすると、オフェンスより練習内容が充実したものになるかもしれません。楽しみにしていてくださいね。
 一方で、前にもお伝えしたように、ディフェンスの練習をするためには、オフェンスのレシーバーがきちんとしたコースを走れること。また、クォーターバックが正確にパスを投げられることが求められます。その点ももう一度確認しながら、ディフェンスの練習に取り組みましょう。
 それでは次回、関学第3フィールドでお会いできることを楽しみにしております。
 少し時間がありますので、オフェンスの復習をお願いしておきます。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 00:01| Comment(4) | 2008 AUTUMN

2008年09月01日

「秋のシーズン」への思い

 S.FIGHTERSの皆様こんにちわ!ご無沙汰しております。
 今年の夏は暑かったですね。それにも増して、S.FIGHTERSの「春のシーズン」も熱かった!(笑)。
 先日、「秋のシーズン」の練習日程がUPされ、少しの不安と緊張感があいまった気持ちを 抱かえつつも待ち遠しく思っている私です。S.FIGHTERSにお世話になって早一年、回を重ねるごとに「ワクワク」感が膨らんで、「今朝は身体が重い!」と思う日も関学第3フィールドを前にすると、「ドキドキ」心拍数UPで心のスイッチONになります(身体のスイッチはもう少しかかる・・・)。まったくフットボールを見たこともなく、ボールをさわったこともなかったので、これまでは、ただただ楕円のボールを投げる・追いかける・キャッチする等。今までできなかったことが、少しずつでもできるようになることへの喜びに終始していましたが、これからは、個人的喜びもさることながらチームの一員として、「オフェンス」そして「ディフェンス」での自分なりの「キャッチアップ」を少し考えて参加したいと思います。前回一度、「ディフェンス」をさせていただく機会がありました。目からウロコ・・・、面白いですよね。ますます、「秋のシーズン」が待ち遠しいです。
 以上、「超」私的投稿でした。どうぞご容赦ください。
 では、9月6日(土)、関学第3フィールドで、皆様のお顔が拝見できることを心から楽しみにしております。
 S.FIGHTERSの練習に参加できる環境や状況に感謝しつつ頑張りま〜す!

匿名希望:楕円のボール大好き
posted by S. FIGHTERS at 00:00| Comment(2) | 2008 AUTUMN

2008年08月17日

秋のシーズンスケジュール

 皆さん、こんにちわ。
 暑い毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。7月末に春のシーズンが終了し、早2週間以上が経ちます。そろそろ体が鈍ってきている頃ではないでしょうか。また、食欲が落ちずに若干太られた方もいるのではないでしょうか(私の場合は違った意味で太りました)。
 そんな皆さんに、待望の「秋のシーズン」日程を発表させて頂きたいと思います。
 まず、9月6日(土)をプレシーズンとして、皆さんとグランドで遊びたいと思います。キャッチボールを中心に、鈍っている体を呼び起こすイメージで集まってみませんか。お友達やお子さん達も是非さそってお越しください。
 そして、待望の「秋のシーズン」は、9月14日(日)〜11月16日(日)迄の土日祝、合計「10回」の練習を行いたいと思います。さっそく手帳を広げ、練習予定日を書き込んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。その日には、「関3F」マークとか「KG3」マークとか、最優先で付けてくださいね(笑)。練習内容は、ディフェンスの基本的な動きを中心に、3対3ぐらいの守り方が理解して貰えればと思っています。そのためには、オフェンスもきちんとパスパターンを走らなければいけませんので、引き続きオフェンスの勉強も行いたいと思います。
 また、昨年大好評でした「ファイターズ応援ツアー」。これも実施したいと思っています。席取りの方も頑張りましょう(冷汗)。今年は、我々のユニフォームを着用して、グランウドと応援席が一体となった「ブルー軍団」として、観戦できればと考えております。現役諸君、期待を裏切らないよう頑張ってくださぁ〜い。
 それでは皆さん、「秋のシーズン」に備え、今暫く各人各様に体調管理を行ってくださいね。関学第3フィールドでお会いできること、楽しみにしております。

<秋のシーズン日程>
9月6日(土)プレシーズン
9月14日(日)第1回目
9月23日(火・祝)第2回目
9月27日(土)第3回目
10月5日(日)第4回目
10月13日(月・祝)第5回目
10月19日(日)第6回目
10月26日(日)第7回目
11月2日(日)第8回目
11月9日(日)第9回目
11月16日(日)第10回目
 ※すべての日程で10時〜練習開始(練習時間は約1時間半を予定)

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 20:22| Comment(0) | 2008 AUTUMN