■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019春シーズン−

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E 9:30開始【NEW!!】
6月 9日(日) サバイバル登山【NEW!!】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合
※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。

2019年05月23日

6月9日 サバイバル登山のご案内

 ここ数年挙がっていた企画、サバイバル登山を6月9日に遂に開催いたします。皆さん、奮ってご参加ください。

日時:6月9日(日)11時集合 ※雨天の場合は中止。
場所:関学正門前
参加費:無料 ※参加者は中学生以上
企画名:サバイバル登山
コース:正門〜地すべり資料館前〜仁川渓谷〜仁川ピクニックセンター〜 森林植物園内〜第4フィールド〜第3フィールド〜正門(途中、昼食をとります)
持物:着替え(靴、靴下含む)、タオル、水着、弁当、水筒、お小遣 等々

※川に滑り落ちる可能性がありますので心構えが必要です。
※荷物は出来るだけ少ない方が、生還出来る可能性が高くなります。
※途中、離脱の場合は、個人の責任で帰還して頂きます。
※無事、正門まで生還した場合は、カウカウにて打上げを予定しています。 こちらは会費3,000円とさせて頂きます。

posted by S. FIGHTERS at 17:26| Comment(0) | 2019 SPRING

6月2日 練習開始時間

 6月2日は、練習開始を30分早めて9時30分スタートとします。宜しくお願いいたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 17:22| Comment(0) | 2019 SPRING

2019年05月22日

5月19日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習もたくさんのメンバーが参加されました。
 パスアップ(今回のパスアップでは背面キャッチ〜片手キャッチ〜両手キャッチを行ないました)、ストレッチ、ランニングストレッチの後はまずカムバックに取り組みました。これはQBの前方10ヤードくらいにレシーバーがセットして、QBに向かって戻りながらパスをキャッチする練習です。最初ははじめからQBのほうを向いて、続いてはQBに背を向けてコールとともにQBのほうに向きなおってから戻るようにしました。
 いったんブレイクした後は今シーズンのテーマである内側に入ってくるパスコースのうち、新しいコースである「スネイク」に取り組みました。この「スネイク」というコースはXもしくはZの走るコースでコールとともにまっすぐスタートしたレシーバーが1歩踏み出した段階でブレイクし、まっすぐ内側に走ってQBの前を通りすぎたあたりで斜め45度くらいに再度ブレイクするコースです。QBは必ずレシーバーにリードボールを投げ込む事が肝心ですが、レシーバーのスピードがまちまちなので、なかなかタイミングを合わせるのが難しかったようでした。最初はスネイク単独で、最終的にはレシーバー2人でサイドラインから5ヤードにセットしたレシーバーが「スネイク」、サイドラインから10ヤードにセットしたレシーバーが「アウト」のコースを走るコンビネーションプレイに取り組みました。その際ディフェンスはラインバッカー2人(Sam or Willy とMike)を付けました。
 基本的にSam(Willy)がアウトを走るレシーバーをマークしますが、スネイクを走るレシーバーをマークするMikeは(5対5の場合は)他のレシーバーもマークしないといけないので、スネイクが成功するとロングゲインが見込めます。またSam(Willy)がアウトを走るレシーバーに付いて、Mikeがスネイクを走るレシーバーに付いた場合は今シーズンのルールではスナップされた位置から5ヤード外側であればQBは自らのランニングプレイを選択できるので、こちらもかなりのゲインが見込めます。
 実際にディフェンスが付くとなかなか判断ができずにビンゴという場面もありましたが、見事な判断でQBランが決まる場合もありました。三浦代表はプレイ毎に投げるタイミングだったり、QBが走る場合の合図をされていました。
 今回は13時から第3フィールドで中学選手権が開催される関係で少し早めに練習を切り上げました。また放送部長の中島さんが欠席されたので、残念ながら今回の練習の映像はありませんので、ご了承願います。
 ではまた来週、第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之

20190522_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 14:09| Comment(1) | 2019 SPRING

2019年05月14日

5月12日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も快晴の第3フィールドにたくさんの方が参加されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後は今回の練習には小野ディレクターが参加されましたので、通常メニュー組と小野ディレクターにご指導いただく「初参加&もう一度ボールの投げ方、捕り方をおさらいしたい方」組に分かれて練習しました。
 通常メニュー組が背面キャッチ、片手キャッチ、両手キャッチの後に取り組んだのは「コーナー」のパスです。これまでもコーナーのパスには取り組んできましたが、投げる方も捕る方もなかなか難しいパスです。
 レシーバーはサイドラインから5ヤードにセットして、8歩(おおよそ10ヤード)でブレイクして、サイドライン側前方斜め45度の方向に向かいます。QBはレシーバーがブレイクした時点でしっかりとリードボールを投げ込みます。
 まずは前回練習したアウトと同様に、レシーバーが最終的にキャッチする地点にあらかじめセットするメニューから取り組み、続いてブレイク地点の1〜2歩前からスタートしてブレイクしてからキャッチするメニュー、最後は最初からスタートするメニューに取り組みました。コーナーはQBとレシーバーのタイミングを合わせるのが難しいのですが、これまで取り組んできた片手キャッチの練習が功を奏したのか、QBがしっかりとリードボールを投げられればうまくキャッチされる方が多かったようでした。
 次のメニューはレシーバーを2人セット(1人はサイドラインから5ヤード、もう1人はサイドラインから10ヤードにセット)して、外レシーバーはアウト、中レシーバーはコーナーのコースを走り、QBはどちらかに投げるメニューに取り組みました。
 しばらくこのメニューに取り組んだ後はディフェンスを2人つけました。前回同様ディフェンスはカバー2のSamとSS(ストロングセーフティー)です。Sam、SSともに自分の担当するゾーンの真ん中よりにセットします。外レシーバーが意識しないといけないのは、まっすぐ走ってしまうとサイドラインまで5ヤードしかないのでボールを受けられるゾーンが狭くなってしまうため、内側に切込んでSamを最初にセットした位置から動かさないようにして、できるだけボールを受けられるゾーンを広げる事です。QBが意識しないといけないのは、真ん中に投げてしまうとインターセプトされてしまう確率が高くなるので、できるだけレシーバーの外側に投げる事です。
 実際にディフェンスがつくとどうしても投げるタイミングが遅くなったり、コントロールが狂ってコーナーかアウトかどちらに投げたのかよく分からなかったりしましたが、次第にきっちりと決まるようになっていきました。
 ここで小野さん指導組に目をやると、なんと縦のロングパスのキャッチをされているではありませんか、しかもキャッチ地点はスタート地点から25ヤード位です。小野さんがパスを投げられていたので、うまくキャッチされる方が多かったようですが、通常メニュー組の顔負けなハードなメニューでした、まさしくスイッチが入った時の小野さんという感じでした。
 通常メニュー組も最後は縦の捕り上がりで取り組みました。といってもだいたい20ヤード位でキャッチするようにしたので、小野さん指導組には負けていましたね。
 そして三浦代表のご発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。
 次回の練習時も暑くなる事が予想されますので、帽子、タオル、飲み物等暑さ対策もお忘れないようにしてください。では、また来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之

20190512_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 20:00| Comment(2) | 2019 SPRING

2019年05月08日

4月28日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。10連休だった方も、そうでなかった方もこの連休期間はいかがお過ごしでしたでしょうか?少し遅くなり申し訳ありませんが、4月28日の練習レポートをお届けいたします。
 快晴の第3フィールドには連休期間中にもかかわらず大勢のメンバーが集合されました。ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は、いつもと同様に背面キャッチ、片手キャッチ、両手キャッチからスタートしました。
 いったんブレイクした後は今シーズン取り組むアウトのパスの練習です。レシーバーはサイドラインから5ヤードにセットし、8歩でサイドライン側にブレイクします、その際まっすぐサイドライン側に進むのではなく、スクリメージライン側に2ヤード位カムバックするようにします。QBはレシーバーに対してリードボールを投げ込む事が肝心です。
 いきなりアウトのパスは少しハードルが高いので、3段階に分けて練習しました。
@レシーバーが最終的にパスをキャッチする地点にセットしたままキャッチする。
Aレシーバーがブレイクポイントからサイドライン側に走りながらキャッチする。
Bスクリメージラインからスタートして8歩でブレイクしてサイドライン側に走りながらキャッチする。
の順に各々の段階で途中左右を入れ替えながら練習しました。@はともかくABとなるとQBとレシーバーの呼吸がなかなか合わなかったり、QBの投げたパスがターンボールになってしまったり、せっかくキャッチしてもサイドラインを割ってしまったりとした事が多かったようですが、だんだんとうまくキャッチできる回数が増えていったようでした。
 続いては先週のファイターズデイの際にゾーンディフェンスがうまくできていなかった反省に基づいて、QBとレシーバー1名、ディフェンス2名でゾーンを意識する練習に取り組みました。レシーバーはストロングサイドの外レシーバーという設定ですので、サイドラインから5ヤードにセットします。ディフェンスはカバー2のサム(ストロングサイドのラインバッカー)とストロングセーフティー(SS)で、SSはカバー2でも中央よりにセットします。レシーバーはフライ(フェイド)のみを走り、QBはレシーバーがサムの担当するゾーンを抜けたか抜けないかのタイミングでサイドライン側にパスを投げます。どうしても完全にレシーバーがサムを抜いて、フリーになった後でパスを投げがちなのですが、そうするとSSがレシーバーに追いついてしまうので、その前に投げる事が肝心です。
 この練習も途中左右を入れ替えて行いました。やはりQBの投げるタイミングが遅くなりがちだったり、パスのコントロールがうまくいかなかったりしがちでしたが、うまくキャッチできたときはあちこちで歓声があがっていました。
いざ試合になると自分の担当するゾーンをきっちりと意識する事は難しいのですが、我々S☆FIGHTERSのルールの肝心な部分ですので、これからの練習でもしっかりと取り組んでいきたいと思います。
 それでは次回、5月12日に第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:57| Comment(2) | 2019 SPRING

2019年04月23日

4月21日 FIGHTERS DAY レポート

 みなさん、こんにちは。4月21日は恒例のFIGHTERS DAYが開催されました。
午前10:00から大学の練習見学および午前11:00からの大学の紅白戦で今年のFIGHTERS DAYが始まりました。練習見学および紅白戦では、希望者はグラウンドに降りてマネージャーおよび選手の方から解説をしてもらう事ができました。紅白戦ではなんとハドルに参加して何を言っているのかを実際に聞く事ができました。大興奮です。
 用意していただいたケータリングによる昼食の後は13:00から中学部、高等部、大学フレッシュマン、OB、我々シニアファイターズによるタッチフットボール大会、ブルーナイツや初等部などの小学生によるフラッグフットボールとキャッチやキックのファイターズチャレンジが開催されました。
 タッチフットボール大会には中学部4チーム、高等部4チーム、フレッシュマン3チーム、OB1チーム、シニアファイターズ2チームの合計14チームが参加しました。
 ルールは下記の通りです。
・フィールドは縦30ヤード、横20ヤードとし、攻撃は自陣0ヤードから開始し、4回の攻撃で15ヤード進んだらもう4回の攻撃ができる(30ヤードを越えるとタッチダウン)。
・タッチダウンは6点、ポイントアフタータッチダウンは2点。
・前半12分、後半12分のランニングタイムで前後半の間は3分間のハーフタイムを設ける。
・ブリッツはOKだが、QBサックはなし、QBのランプレーもなし(これは途中からプレー開始から5秒経過するとQBサックおよびQBのランプレーともにOKと変更)。
・反則はすべて5ヤード罰退。
・インターセプトされた地点で攻守交代。
・反則はとらないが、レディフォープレーから60秒をめどにプレーを開始する。

 我々も中学生相手だとなんとか勝負になりましたが、フレッシュマン相手には歯が立たず、残念ながら1チームは初戦敗退、もう1チームは2回戦で敗退となってしまいました。 
 しかしながら表彰式で、フラッグフットボール大会のMVPとして我々のチームから大野さんが表彰されました。大野さんは2年連続のMVPではなかったでしょうか(もう1人のMVPはOBチームの埜下さんでした)。
 最後に全員で記念撮影をして、今年のFIGHTERS DAYも無事終了しました。このような楽しい催しを開催していただいた事を、FIGHTERSおよび関係者の皆様にあらためて感謝したいと思います。本当にありがとうございました。
 我々の反省としては、せっかく用意したディフェンスフォーメーションを実行するユニットが少なかった事や、必ず実施すると決めていたブリッツも入れていないユニットがあった事、横20ヤードと狭いのに普段と同じ感覚でセットしてうまくストレッチできなかった事、ゾーンディフェンスでセットしているが、いざプレーが開始すると自分のゾーンを守れていない方が多かった事等いろいろありましたが、来週以降の練習でまた三浦代表からお話があると思いますのでこのあたりでレポートを終了したいと思います。
 ではまた来週、第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之

20190423_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 21:49| Comment(2) | 2019 SPRING

2019年04月17日

4月14日 練習レポート

 みなさん、こんにちは。いよいよ待ちに待った2019年春シーズンが始まりました。
 第3フィールドの人工芝が新しく張り替えられたとの事で、みなさんこの日を楽しみにされていたようで、実際フィールドに入られたみなさんは写真を撮ったり、人工芝の感触を確かめておられたりしました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後はパスの練習に取り組みました。まずは背面キャッチです。QBとレシーバーが一直線上にセットして、QBはふわっとしたボールを投げ、レシーバーはボールの位置を確認したら前を向いたままキャッチします。背面キャッチはクリニックでも取り組みましたが、なかなか難しいですね。
 続いてはQBとレシーバーが5ヤード離れてセットして片手キャッチに取り組みました。
 その後両手キャッチに取り組んだあたりで練習開始あたりから降り始めた雨が強くなってきたので、練習はここで中止とし、事前に連絡していたようにミーティングを行ないました。
 ミーティングの内容は来週4月21日に開催されるファイターズデイでのタッチフットボール大会に向けての我々シニアファイターズとしての基本的な考え方についてで、主にディフェンスのフォーメーションについて三浦代表から説明がありました。具体的な内容についてはここで公開してしまうと効果が無くなってしまうため、このレポートでお伝えできないのが残念ですが、対戦相手をあっと驚かせるようなことを計画しているとだけ言っておきましょう。
 ではまた来週、ファイターズデイでお会いしましょう。

北出 敏之

20190414_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 22:01| Comment(2) | 2019 SPRING

2019年04月04日

2019年春シーズン予定について

春シーズンの予定が決まりましたのでお知らせします。
場所は第3フィールドの予定です。新しく張り替わった人工芝フィールドでフットボールを楽しみましょう。

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E
6月 9日(日) 練習F【中止】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合

※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。入会申込書は年度ごとに提出していただきますので、「こちら」からダウンロードしてご記入のうえ、ご持参ください。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 13:43| Comment(1) | 2019 SPRING

2019年03月12日

3月31日 練習&お花見のご案内

 皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 今回、ファイターズデイに向けた練習と会員の懇親を図るお花見を企画しましたのでお知らせいたします。

日時:3月31日(日)9:00〜11:00(集合8:30)
   その後お花見に参加される方は13時頃散会予定です。
場所:浜甲子園多目的グラウンド
    https://www.nishi.or.jp/access/sports/baseball/hamakoground.html
会費:無料(食事と飲み物は各自持参)

 今回もS☆FIGHTERSの入会受付はしません。お知り合いの方等、お誘いあわせの上ご参加いただけます(名簿への記名はお願いします)。なお、当たり前のことですが車で来られる方は飲酒厳禁です。

ご参考までに付近の桜の様子です。
https://bit.ly/2T0dvPy
当日、お天気になるといいですね。



posted by S. FIGHTERS at 22:16| Comment(0) | 2019 SPRING