■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019春シーズン−

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E 9:30開始【NEW!!】
6月 9日(日) サバイバル登山【NEW!!】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合
※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。

2019年03月08日

2月24日 クリニックレポート

※管理人が更新作業を怠っており、掲載が遅くなってしまいました。深くお詫び申し上げます。

 みなさん、こんにちは。2月24日に実施された3回目のクリニックのレポートをお届けいたします。
 今回のクリニックは1回目と同様に西宮聖和キャンパスのグラウンドで実施されました。1回目に比べるとかなり暖かくなり、動きやすくなりました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は前回同様に4人1組になって@前向きにセットしたセンターからのスナップをしっかりとキャッチする。A前向きにセットしたセンターからのスナップをしっかりとキャッチした後にパスを投げる。
というメニューに取り組みました。やはり前向きにセットしてスナップを投げるのはなかなか難しかったですね。
 いったんブレイクした後は3箇所のポイントを設けてパスキャッチの練習です。今回のパスキャッチの練習は小野ディレクターにご指導いただきました。今回も熱血指導でしたね。
 まずはワンハンドキャッチです。レシーバーはほとんど歩く感じのスピードでスタートして、ボールの先をよく見ながら「掴む」ようにキャッチします。これがパスキャッチの基本との事です。手キャッチの場合も両手でボールをはさんでキャッチするのではなく、左右の手でそれぞれ「掴んだ」結果、ボールがキャッチしているとの事です。
 ワンハンドキャッチでボールを「掴む」感覚をみがいた後は両手キャッチに取り組みました。こころなしかパスキャッチがうまくなったように感じたのは気のせいでしょうか。
 そして次のメニューは背面キャッチです。最初はQBのすぐ横にセットし、最後にはQBの前にセットしてボールをキャッチします。背面キャッチは難しいだけにうまくキャッチできた時の喜びはひとしおでしたね。
 最後に簡単にストレッチして、2019年シーズン開始前のクリニックは無事終了しました。
 第3フィールドの人工芝の張替の都合で、春シーズン開始は今のところ4月21日を予定していますが、詳細についてはまたブログおよびらくらく連絡網でお知らせしますのでよろしくお願いいたします。
 では次回は新装なった第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 22:01| Comment(1) | 2019 WINTER

2月17日 クリニックレポート

※管理人が更新作業を怠っており、掲載が遅くなってしまいました。深くお詫び申し上げます。

 皆さん、こんにちは。2回目のクリニックは西宮中央運動公園陸上競技場で開催されました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後、今回は特別メニューから始まりました。というのも一緒に練習している上ヶ原ブルーナイツが卒業生送別試合のため、光藤前キャプテンをはじめとするファイターズの4年生の方々が来られていたので、小野さんからお願いしてもらって我々の練習にも加わっていただける事になったからです。 
 そこで4ヶ所のポイントからパスキャッチをするメニューに取り組みました。光藤前キャプテンがパスを投げてくれるポイントは長い列ができていました。そういう私も光藤前キャプテンのパスをキャッチしたくて行列に並んだ口ですが…おじさん達にお付き合いいただいた4年生の皆さん、ありがとうございました。
 特別メニューの後は通常メニューです。まずは4人1組になってセンターがスナップしたボールをしっかりとキャッチする練習に取り組みました。これまでは我々のスナップはセンターが後ろを向いてスナップしていたのですが、今回は前を向いて(つまりQBを見ないで)スナップする事にしました。これは中々むつかしかったですね。私は最初の方はゴロになったりして全然スナップになっていませんでした。皆さんも苦労されていたようでしたが、それでも途中からは見事にいいボールをスナップできるようになった方が多かったようです。QBは最初、スナップを受けるだけにしていましたが、途中からはスナップを受けたボールをパスする練習に取り組みました。QBはいずれにせよスナップされたボールをしっかりとキャッチする事を意識するようにします。
 いったんブレイクした後は前回同様に長方形の対角にQBを配置して最初はレシーバーを時計回り、続いて反時計回りに回していくパス回しの練習に取り組みました。こちらも前回と同様に最後は取り上がりで締めくくりました。
 来週はいよいよ最後のクリニックです。場所は1回目と同様 西宮聖和キャンパス内のグラウンドで午前9:30開始ですのでこぞって参加いただきますようお願いいたします。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:59| Comment(1) | 2019 WINTER

2019年02月17日

2月10日 クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。我々シニアファイターズの2019年シーズンは4月下旬からスタートする予定ですが、シーズン開始に先立ち、今年も恒例のクリニックが開催されました。今回のクリニックはオープンクリニックとして、特に入会申し込みをされていない方でも参加可能としています。
 第3フィールドが人工芝張替のために使用できないので、今回2月10日のクリニックは西宮聖和キャンパス内のグラウンドで開催されました、お天気は晴れときどき曇りと申し分のないお天気でしたが、強烈に寒かったですね。
 三浦代表からクリニックの概要説明、ストレッチ、ランニングストレッチの後にいよいよクリニック開始です。まずは三浦代表からボールの持ち方(手をしっかり広げてボールの上1/3位を持ち、小指と薬指を縫い目にかける)、取り方(上半身のボールは親指と親指をつけた状態でキャッチ、下半身のボールは小指と子指をつけた状態でキャッチ、自分の左からくるボールは右手をのばしてキャッチ、自分の右からくるボールは左手をのばしてキャッチ、どんな時もボールの先を見てボールから目を離さない等)の説明があった後、4人1組で、@キャッチボールAセンター役がスナップしたボールをキャッチするBセンター役がスナップしたボールをキャッチしてから投げるというメニューに取り組みました。
Bまで終えた段階で三浦代表から、「ボールを投げるには腰の回転と腕の回転(動き)を連動させないといけないが、それができておらず、バラバラの動きをされている方がいらっしゃいます。」との指摘があり、Cセンター役がスナップしたボールをキャッチして投げるが、腰の回転を意識するために、投げる人は正面を向いて、足を肩幅に広げたままで投げるDセンター役がスナップしたボールをキャッチして投げるが、投げる人はCの状態から右足を一歩前に出して投げる(⇒Cより投げにくくなるので、より腰の回転を意識しないといけない)Eセンター役がスナップしたボールをキャッチして投げるが、今度は左足を一歩前に出して投げる(⇒CDに比べてあらかじめ腰が回転した状態なので投げやすい)といったメニューに取り組みました。
 ブレイクした後は現役のファイターズも試合前のアップに取り入れているパス回しに取り組みました。イメージとして長方形の短辺の対角2箇所にQBがセットして、QBの外側5〜7ヤードにレシーバーがセットして、QBが投げたボールをレシーバーがキャッチします。QBは特にレシーバーが取りやすいボールを投げる必要はなく、ターンボールでもOKです。レシーバーはボールをキャッチした後は長方形を回り込んで最初とは対角の位置にいるQBにボールを渡して、そこからまたレシーバーの位置にセットします。最初QBは左下と右上の位置にセットしたので、レシーバーの動きは時計回りになります。途中でQBの位置を左上と右下に入れ替えたので、レシーバーの動きは反時計回りになります。
クリニックとは言え、途中からだんだんヒートアップして、厳しい球を投げ込むシーンも見受けられるようになりました。最後は反時計回りの状態で取り上がりをしてクリニック1回目は無事終了しました。
 来週2月17日および2月24日とあと2回クリニックはありますが、2月17日は今回と場所、開始時間が異なります。場所は西宮中央運動公園陸上競技場 https://www.nishi.or.jp/access/sports/kyogijo/rikujo.html
開始時間は午前9:00ですので、ご注意ください。
なお、2月24日は今回と同じ西宮聖和キャンパス内グラウンドで、午前9:30の開始です。
 ではまた来週お会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 08:04| Comment(2) | 2019 WINTER