■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2018年09月04日

2018秋シーズンの予定について

 皆さんお変わりありませんでしょうか。
 遅くなりましたが、秋シーズンの予定が確定いたしましたのでお知らせいたします。

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜関学会館にて決起集会(下記参照)
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日)10:00〜練習H
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル

※スケジュールは現役優先ですので、練習の中止や観戦に変更する場合がありますのでご了承ください。

9月23日(日)決起集会について
 以下の内容で開催しますので皆さんお誘い合せの上、ご参加ください。参加申し込みについては別途ご案内します。
時間:11:30〜13:30(2時間)
場所:関西学院会館
会費:5,000円(お弁当形式+飲み放題)
   ※20日以降のキャンセルはご負担頂きます。
内容:秋シーズンの目標及び新システム導入
   ※中島さん作成の動画もご覧頂けます。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 15:11| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年07月17日

7月15日 練習試合レポート

 皆さん、こんにちは。今回、練習試合のレポートを担当します進戸です。
 先週の豪雨から一転して暑すぎるぐらいの、いや明確にかなり暑い第3フィールドで行われました春シーズン締めくくりの練習試合。この日も多くの参加者が集まって熱戦を繰り広げました。今回特別に「山本昌&鳥谷キリンカップ」と名付けて、練習試合終了後、表彰式を行いました。
 今回の練習試合のフィールドは、横幅30ヤード、縦はハッシュマーク間の13ヤード1/3の1ブロックとその手前に7ヤードのブロックを作って7ヤードのブロックを3rdダウンから開始、1stダウンを取れば(エンドゾーンまでボールを運べれば勿論タッチダウン)改めてハッシュマーク間のブロックを攻撃できるという、この春シーズンの練習で何回か採用されている形式で行われました。使えるプレーは5つ、@オールフックAカールフラットBフェードCポストコーナーDオプション、というこれまでの練習で取り組んできたプレーです。各プレーはそれぞれ独立で、フェードとカールフラットを混ぜるプレーは出来ません。QBドローは使えませんが、オプションはフレッシュダウンの間に1回という制限はなく何回使ってもかまいません。ディフェンスはカバー2のみで、ブリッツは出来ません。タッチダウンすれば1点獲得、インターセプトされると1点減点となります。6人のユニットが11ユニット出来ましたので順番にオフェンスに入ります。ディフェンスは空いているユニットが立候補制で入ることとなりました。
 最初は三浦代表も、各ユニット4回ずつぐらい攻撃出来るのでは、と言っておられましたが、あっさりと攻撃終了となるユニットが思いのほか少なかったのか、結局時間内では各ユニット3回ずつの攻撃となりました。11ユニット3回ずつの攻撃で、結局12回のタッチダウンが達成されました。攻撃成功が3分の1強というのは多いのか少ないのか・・・実際、全体的にディフェンスがきっちりと出来ていたのか、パスが投げられずオーバータイムでダウンを失うということも何回かありました。
 各ユニット1回ずつの攻撃が終了した時点でユニットリーダーが集められました。何せ暑すぎる気候の所為かディフェンスを積極的にやりたがらないユニットもあるようだ、とのことで、「ディフェンスでインターセプトしたユニットにも1点あげましょう。」ということになりました。途端にモチベーションの上がったディフェンス陣は以後積極的にインターセプトを狙いに行くこととなります。2巡目以降は、明らかに1巡目よりディフェンスの動きが鋭さを増しているように思います。「フットボールごっこ」の精神からすると4thダウンはインターセプトせずにパスカットするのが本道かと思いますが、何せ目の前に1点がぶら下がっているので構わずにインターセプトを狙いに行きます。被インターセプトによる失点は全体で合計10点あったのですが、インターセプトによる得点(2巡目以降のインターセプト)は9点ありました。つまり、1巡目に1回しかなかったインターセプトが、2巡目、3巡目で9回あったということです。欲に駆られた人間のあさましさを見るような・・・いやモチベーション次第で普段以上の力が出せる、ということでしょうか。
 最終的に得点上位のユニットは、吉本さんのユニットが5点獲得で第1位、阿部さんのユニットが3点で第2位、西原さん、長尾さんのユニットが各2点で第3位となりました。
 1週予定がずれて参加できなかった方には残念でしたが、参加された会員の方にはフットボールの楽しさを満喫できた締めくくり練習になったのではないかと思います。これからしばらくの間オフシーズンとなります。厳しい暑さが続きますが、お体に気をつけて秋のシーズンもまた第3フィールドで元気にフットボールを楽しみましょう。

#不撓不屈 進戸 大生
posted by S. FIGHTERS at 16:15| Comment(3) | 2018 SPRING

2018年07月12日

6月30日〜7月1日 合宿レポート

 皆さん、こんにちは。6月30日から7月1日の1泊2日でシニアファイターズでは2016年7月に続いて2回目となる合宿が行いましたので、その様子をレポートさせていただきます。
 場所はもちろん前回と同様現役の高等部、大学のファイターズが夏合宿を行う「東鉢伏ロッジかねいちや」さんです。

(1日目)
 前回の合宿はバスを仕立てましたが、今回は基本的に現地集合、現地解散としました。集合時間は午前11時30分ですが、私は少し早めの10時30分頃に着いたのですが、突然雨が降り出してきました。どうなる事かと心配しましたが、全員集合して、部屋割りをすませて最初の行事である山登りを始める頃には雨もやんだので、予定通り山登りに出発しました。
 今回の目標は前回到達した地点よりも上に行く事です。隊列よりも先に行く人、隊列から遅れる人とさまざまでしたが、最終的には全員無事目標地点に到達し、記念写真を撮って下山しました。かねいちやさんに戻るか戻らないかのタイミングでまた雨が降り出しました。練習開始までにやめばよいのですが…。
 13:00からは予定通り昼食です、前回は三浦代表から「現役と同じ盛りで」との指示があったので、すごい盛りの丼ものが食卓に並んでいたので、今回はどうなる事かとドキドキしながら食堂に入ってみると、さすがに三浦代表も現役と同じ盛りは我々シニアには無理があると思われたのか、今回は親子丼をご飯も具も各個人が食べられるだけよそう形式にしていただきました。もちろん現役並みに大盛り、かつ、お替りされていた方も少なからずいらっしゃいました。
 合宿初日の練習は15:00からの予定でしたが、なかなか雨がやんでくれません。参加者がやきもきしているとどうでしょう、14:30頃に雨がやんだのです。いかに我々の日頃の行いが良いという事ですね(という事にしておきましょう)。
 まず、三浦代表から2018年シーズンはカバー2のディフェンスを@カール・フラットAオールフックBフェイドの3つのオフェンスで攻略する事がテーマなので、この合宿でしっかりとマスターして、通常の練習の際には合宿メンバーが他のメンバーをリードできるようにしましょう、というお話がありました。
 ストレッチの後は4チームに分かれてパスコースの練習です。まずはプロ隊形のYのフックからです。プロ隊形のYですので、QBから5ヤード離れています。7歩でブレイクしてQBにカムバック、QBはYがカムバックしてからパスを投げます。キャッチボールと同じ要領できっちりと投げ込む事が肝心です。またプロ隊形からのYのフックではディフェンスにストレッチをかけるためにサイドライン側にふくらむ事も忘れてはいけません。
 続いては同じYのフックですが、ツイン隊形からのYのフックです。7歩でブレイクしてカムバックするところはプロ隊形のYのフックと同じですが、ツイン隊形のYのフックはほぼまっすぐに進むところがプロ隊形とは違います。
 次はプロ隊形のYとYのセットする側にRを置いて同時にフックのコースを走ります。Yは先ほどと同様にサイドライン側に、RはYとは逆側にふくらみます。これはカバー2の真ん中のラインバッカーM(マイク)をどちらかに引きつけるためです。YとRがどちらもまっすぐ行ってしまうとせっかくオフェンス2に対してディフェンス1の数的優位を作っているのに、ディフェンス1人でオフェンス2人をカバーできてしまいますからね。
 これまでの練習および今後の練習は基本的に同じコースを途中で左右逆にして行いました。
 続いてはZのカールです、Zはプロ、ツインのいずれの場合もQBから15ヤード離れてセットします。7歩進んでブレイクして4歩でQBにカムバック、QBはフックと同様Zがカムバックしてからキャッチボールと同じ要領でしっかりとしたボールを投げ込みます。
 次はZのカールと組み合わせる事になるプロ隊形のYのフラットです。サイドライン側に斜め前に2歩進んでからさらにサイドライン側に進んでいくのですが、Zのカールとタイミングを合わせるために、ゆっくりと進むのがポイントです。
 プロ隊形のYのフラットのメニューが終了した時点で時間は16:15位です。そろそろ最後のメニューかなと思っていた頃に三浦代表から最後のメニューが発表されました。そうメンバーもうすうすそうではないかと思っていた「ピーポン(パントリターンの取り上がり)」です。5人のユニットが6つできました。さあ、今回は何巡目で取り上がりできるでしょうか?メンバーの顔には緊張の色が浮かんでいます。1巡目、1ユニット、2ユニット、6ユニットが失敗しました。2巡目、2ユニット、3ユニットが失敗しました。3巡目、1ユニットだけが失敗しました。そして4巡目、1ユニットから5ユニットが成功、6ユニットが成功すれば練習終了ですが、失敗すればまた最初からやり直しです。6ユニットのメンバーにはかなりのプレッシャーがかかっています。そして三浦代表の蹴ったパントを無事キャッチ!今回のピーポンは4巡目で無事取り上がりが終了しました。
 お風呂、シャワーの後はお待ちかねの夕食です。前回は小野さんのリクエストで鴨鍋でしたが、今回はかねいちやさんのもう一つの名物の焼き肉です。ここで三浦代表から「アルコールは懇親会まで禁止です!と言おうと思いましたが、それではあまりにもかわいそうなので、350mℓ缶1缶のみOKとします!」というお言葉が…三浦さんのお言葉は絶対です。私もあんなに350mℓ缶をゆっくり飲んだのは生まれて初めてといっても過言ではありません。
 美味しい夕食の後は多目的室に場所を移してのミーティングです。今まで参加された方はよくご存知でも、昨シーズンや今シーズンから参加された方はあまり把握されていないと思われますので、横30ヤード、縦53と1/3ヤードの我々のフィールドの使い方や、プロ、ツイン、デュース、スーパーといった隊形やC、QB、R、X、Y、Zのポジショニングの説明を行いました。
 続いては今シーズンずっと取り組んでいるディフェンスのホリゾンタルストレッチ(水平方向のストレッチ)について説明していただきました。オールフックも、カール・フラットも構造は同じで、この2つのプレーでカバー2のアンダーゾーンは必ず攻略できるのですが、我々がなぜ攻略できていないかを中島さんのYOU TUBEを見ながら解説していただきました。うまく攻略できているユニットは横30ヤードをうまく使っているのですが、失敗したユニットは固まってしまっていてレシーバーとランニングバックの4人が20ヤード、へたすれば15ヤードの間にすべている事がよくわかりました。
 ミーティングの後は懇親会です。先ほどお預けをいただいたアルコールも解禁です。初日の練習には渦中の小野ディレクターも参加されましたので、途中からは「あの事件について小野さんに聞いてみよう!」コーナーになっていましたが、その内容についてはもちろんこのレポートでお伝えする事はできませんので、悪しからずご了承願います。
 懇親会はいったんお開きにしましたが、有志による二次会は夜遅くまで続きました…。

(2日目)
 6:00に起床の後、散歩の予定でしたが、私が外に出ると既に散歩メンバーは出発していた後でしたので、少しだけ自主散歩して宿に戻りました。
 7:00の朝食の後、部屋の片づけをした後、8:30から2回目の練習です。天候は雨も降らず、かといって晴れて暑すぎる事のない絶妙のコンディションです。
 ブラジリアン体操のウォーミングアップの後、昨日は4チームに分けましたが、少し回転が速かったので、2チームに分かれてメニューに取り組みました。
 最初はZのカール、続いてプロ隊形のYのフラットに取り組み、カール・フラットのコンビネーションにも取り組みました。カール・フラットのコンビネーションの際にはストロングサイドのラインバッカーS(サム)と真ん中のラインバッカーM(マイク)をつけました。
 続いてはフェイドです。フェイドはカバー2のディープゾーンを攻略するためのプレーですが、レシーバーとランニングバック4人がすべてディープゾーンに入ってしまうとオフェンス優位になりすぎるので、かならずだれか1人はフックのコースを走る事にしました。フェイドで肝心なのはレシーバーがディフェンスバックを抜いてからではなく、抜くか抜かないかの時点でQBがパスを投げ込む事が肝心です。もちろんレシーバーはディフェンスにホリゾンタルストレッチをかけるためにまっすぐ走るのではなく、外側にふくらんで走ります。
 そろそろお昼が近付いてきました。フェイドの後発表されて午前の練習最後のメニューは…やっぱりピーポンでした。詳細は省略しますが、この合宿2回目のピーポンは4巡目で無事終了しました。
 かねいちやさん名物のカレーライスの昼食(こちらも個人の食べたい量を食べたいだけよそう形式にしていただきました)の後、13:30からいよいよ合宿最後のメニューの練習試合です。2チームに分かれてそれぞれ4ユニット構成での練習試合です。横30ヤードは我々の公式(?)ルールに準じますが、縦は10ヤード3ブロックのみとしました。攻撃、守備とも一進一退でしたが、さすがに2日にわたってホリゾンタルストレッチについて練習とミーティングを行ったせいが、攻撃が失敗した場合もパスが悪かったり、キャッチミスしたりがほとんどで、レシーバーが空いていない事はほとんどありませんでした。
 結果は最後のプレーでタッチダウンとトライフォーポイントが成功して見事引き分け、両チーム優勝(?)で2日間にわたる合宿は無事終了しました…はずが三浦代表から「最後ピーポンで締めくくりますよ!」とのお言葉が…。
 1ユニット5人の6ユニットでの挑戦はこれまでと同じです。まず1巡め、1ユニットが見事失敗(ごめんなさい、私です)、それ以外のユニットは成功していたので、私がキャッチしていれば1回で終わっていたのですが…2巡目は3ユニットが失敗しました。そして3巡目、見事全てのユニットが成功し、今度こそ本当に合宿が無事終了しました。
 ピーポンが3巡目で終了したので、予定より30分ほど早い15:30頃に現地解散する事ができました。合宿に参加された皆さん、お疲れ様でした。参加できなかった皆さんもこのつたないレポートで少しでもその雰囲気を感じていただければ幸いです。
 ではまた第3フィールドでお会いしましょう!

(なぜか初日の夜の記憶が曖昧な)#3 北出 敏之

20180713_01.jpeg

20180713_02.jpeg

20180713_03.jpeg
posted by S. FIGHTERS at 12:58| Comment(1) | 2018 SPRING

2018年07月07日

7月8日 練習試合延期(⇒15日)、打ち上げ中止のお知らせ

 先日からの大雨の影響により、7月7日(土)、8日(日)とも、関西学院の施設が使えなくなりました。 これに伴いまして、練習試合の日程を7月15日に延期いたします。

日時:7月15日(日) 9:30 集合 10:00より試合開始
場所:関西学院第3フィールド

 当日は中学部とブルーナイツも第3フィールドで練習が予定されておりますので、使用できるグラウンドがいつもより狭くなります。

 また、8日(日)に予定しておりました打ち上げについては、残念ながら今回は開催を見送らせていただきます。皆さんから多数の出席の回答を頂いておりましたが、申し訳ありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 11:20| Comment(0) | 2018 SPRING

2018年07月02日

7月8日 練習開始時間の変更について

 みなさん、こんにちは。6月30日〜7月1日の合宿に参加された方はお疲れ様でした。
 さて、7月8日開催の練習試合は例年通り、
 ・ 9時30分集合
 ・10時00分開始
とします。通常の練習より早い開始となっておりますのでご注意下さい。
 先週あたりから暑さが厳しくなってきました。体調管理、水分補給には十分注意して、安全第一で取り組んでいきましょう。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 19:05| Comment(0) | 2018 SPRING

2018年06月30日

7月8日 打ち上げのご案内

 恒例の打ち上げを練習試合終了後に行います。是非ともご参加くださいますようお願いいたします。

日時:7月8日(日)13:00
場所:関西学院会館
会費:5千円(女性、小学生以下 2千円)
   ※会費に若干の変更があります。

 準備の都合上、出欠の回答は7月1日(日)までに、らくらく連絡網でお知らせしているところからお願いいたします。
 なお、今回の打ち上げの食事は弁当形式を予定しております。 申し訳ありませんが、直前で参加したいとなっても対応が出来ません。どうしても、という方は食事なし、お飲み物のみとなってしまいます。
 これらも踏まえて、参加のお申し出は7月1日までにお願いいたします。
posted by S. FIGHTERS at 00:26| Comment(1) | 2018 SPRING

2018年06月28日

6月24日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も好天に恵まれた第3フィールドで、たくさんのメンバーが参加されて実施する事ができました。
 パスアップの後のストレッチは夜半に振った雨の影響でグラウンドが若干湿っていたため、立ったままできるメニューにして、そのかわりランニングストレッチとアジリティを長めに実施しました。
 今回の練習は前回の予告通りにランニングプレイの練習です。いったんブレイクした後は6人のユニットに分かれてハンドオフのチェインの練習、6人のうち、1人を扇の要の位置に配置するトスの練習を行いました。その後はいよいよメインのメニューに移ります。
 まずはセンターとQBがサイドラインから10ヤードにセット、レシーバーがサイドラインから5ヤードにセットし、(ウィークサイドのレシーバーですので、我々の呼び方ではXですね)、ランニングバック(R)はQBの斜め後ろ、サイドラインの方に位置にセットします(ボールがハッシュ右に置かれていると、左プロ、R右のXサイド)。そしてXがカール、Rがスウィングを走るカール・スウィングの練習に取り組みました。今回はランニングプレイの練習ですので、QBはRのスウィングにのみパスを投げます。Rはサイドラインまで距離がないので、サイドラインを割らないように気を付けないといけません。続いてはQBとRのみを同じ位置に配置してQBは5ヤードのポイントを目掛けて、Rはスイングと同じコースを走り、QBがRにピッチするオプションプレーの練習に取り組みました。この練習ではディフェンスを1人つけました。カバー2のウィークサイド側のラインバッカーですので、我々の呼び方ではウィリー(W)ですね。オプションですから本来はWがQにアタックしてきたらQはRにピッチ、WがRにアタックしてきたらQはそのままボールをキープするのですが、今回はQに必ずRへピッチするようにしました。我々のルールではQのランニングプレイはボールのセットした位置から左右5ヤードの外側しか走れないので、必ず5ヤードより外側の位置を走らないといけないのですが、あまりサイドラインに近づきすぎると今度はピッチした時点でRがサイドラインを割ってしまうので、そのあたりの距離感とタイミングが難しかったですね。難しいからこそQとRの呼吸が合ってどんぴしゃりのタイミングでピッチが成功した時は皆さんから思わず「ナイス!」という掛け声が掛っていました。
 続いてはオプションピッチの裏プレイの練習です。QとRは途中までは同じコースを走りますが、途中でQが斜め後ろに下がり、サイドライン際を駆け上がるRにパスを投げるというプレイです。このプレイの練習の時は、あえてディフェンス(W)は付けませんでした。このプレイはQがオプションと見せかけることが少し難しかったですね。Qはランと見せかけてからRへコントロールされたリードボールを投げなければいけないので、上手く投げられた時は皆さんから「ナイス!」の声が掛っていました。
 これまでのカール・スウィング、オプションピッチとその裏プレイの練習は全てセンターを付けて、途中で左右が反対になるように位置を変えて行いました。
 そして最後のメニューは三浦代表から、合宿前最後の練習だからという訳が分かったのか分からないのかよく分からない理由で、パント取り上がりのピーポンを実施する事になりました。ユニット毎に三浦代表の蹴るパントをキャッチしていき、全てのユニットが連続ノーミスで取り上がるまで終わらないという緊張感あふれるメニューですが、さすがに時間の関係で2巡目からはミスしたユニットだけがキャッチに成功するまでの取り上がりに変更しました。
 最後は三浦代表の発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。いよいよ来週は合宿、7月8日は春シーズンを締めくくる練習試合です。7月8日は練習試合後、関学会館にて打上げも開催しますので、是非ご参加ください。合宿に参加される皆さんとは「東鉢伏高原ロッジかねいちや」で、その他の皆さんとは7月8日に第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:58| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年06月20日

6月17日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も快晴の第3フィールドでたくさんのメンバーが集まって開催されました。
 今回は久々に小野さんが練習に参加され、冒頭に一言だけ挨拶されました。その後三浦代表から我々シニアとブルーナイツの担当マネージャーは3年生の三浦さんにお世話になっていたのですが、三浦さんに加えて1年生の小野さんが担当いただく事になったので、三浦代表からあらためて三浦マネージャー、小野マネージャーをご紹介いただきました.そうです、我々シニアファイターズは小野・三浦コンビで立ち上げられたのですが、今年度お世話いただくマネージャーは三浦・小野コンビなのですね。これからもよろしくお願いいたします。
 さて、練習の方はパスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は前回の練習の際の予告通り試合形式の練習に取り組みました。
 6人1組のユニットが12個できましたので、ユニットNo1〜12まで番号をつけてまずは奇数Noのユニットがディフェンスを、偶数Noのユニットがオフェンスをする事にしました。フィールドは我々の通常ルールでは横30ヤード、縦53と1/3ヤードでチェーンクルーをなくすために、縦は手前から10ヤード、10ヤード、13と1/3ヤード、10ヤード、10ヤードの5つのブロックに分けてそれぞれのブロックを4回の攻撃で攻略できれば次の攻撃は次のブロックの手前から始める事にしていますが、今回は10ヤードとそれに続く13と1/3ヤードの2つのブロックを使って、最初のブロックの3rdダウン残り7ヤードという設定にして攻撃を開始します。2回の攻撃で7ヤード以上進めれば次のブロックの最初から4回の攻撃をする事ができます。もちろん7ヤード進めなければ次のユニットに攻撃をゆずらないといけません。4回で13と1/3ヤード以上進めればタッチダウンです。エンドゾーンは10ヤードですので、パスが通ってもエンドゾーンの10ヤードを超えてしまうとアウトオブバウンズになり、攻撃失敗になります。
 オフェンスの隊形はこれまで練習してきたカバー2のアンダーゾーンを攻略するオールフック、カール・フラット、ディープゾーンを攻略するフェイド、ポストコーナーの4つの隊形のみで、ストロングサイドはオールフックだが、ウィークサイドはカール・フラットといった組み合わせはできません。また練習の時と同様にフェイドの場合は4人のレシーバーのうち1人は必ずフックにとどまらないといけません。ポストコーナーの場合、2人はポストコーナーのコースを走りますが、残り2人はポストカールのコースを走ります。またパス以外にも各シリーズに1回だけQBのランプレイもOKとしましたが、その際は必ずボールがセットされた位置の左右5ヤードのゾーンの外側を走らないといけません。
 ディフェンスの隊形はカバー2のみです。
 攻撃を開始する最初のプレイはボールを真ん中にセットしますが、2プレイ目からはプレイが終了した位置に合わせてボールをセットします。
 実際に始めてみると最初のシリーズはまずファーストダウンを獲得する事が肝心なので、オールフックもしくはカール・フラットを選択されたユニットがほとんどでした。その場合3人のディフェンスに対して4人のレシーバーがいるので理論上は必ずプレイが通るはずなのですが、フリーのレシーバーへのパスが悪かったり、パスを落球してしまったり、ディフェンスのついているレシーバーに投げてしまったりというシーンが見受けられました。これはディープゾーンを攻略するフェイド、ポストコーナーの時も同じ事が見受けられました。やはりディフェンスが付くととっさの判断ができなくなるのですね。
 とはいえQBのランでタッチダウンをとったり、1シリーズはアンダーゾーンの攻略だろうというディフェンスの予想の裏をかいて1プレイ目からフェイドを通したりするユニット、少しずつきざんで行ってタッチダウンを取ったユニットもありました。
 練習後の三浦代表の講評では「かなりフットボールごっこらしくなってきたが、プレイが通らなかったユニットは、カール・フラットならレシーバーがディフェンスを十分ストレッチしてない時点、例えばカールで戻ってくる前にQBがボールを投げてしまう事が見受けられたので、そのあたりを注意しましょう。」との事でした。
 最後は三浦代表の発声によるエールで今回の練習をしめくくり、今回の練習は無事終了しました。次回の練習はランニングプレイとの事です。そして6月30日、7月1日の合宿をはさんで7月8日は春シーズンを締めくくる練習試合です。いまから楽しみですね。ではまた来週、第3フィールドでお会いしましょう。

(最後に小野Dからのタッチダウンパスを落球してしまった)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:01| Comment(4) | 2018 SPRING

2018年06月06日

6月3日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も好天の第3フィールドでたくさんのメンバーが参加されて実施されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後はポイント6箇所に分かれて背面キャッチ〜QBの横5ヤードにセットしたレシーバーにライナー性のボールを投げる〜5ヤード離れたレシーバーがフェイドのコースを走るメニューに取り組みました、ライナー性のボールおよびフェイドのメニューは途中でレシーバーのセットする位置を左右入れ替えました。フェイドの場合はQBがふわっと浮かせたボールを投げないといけませんが、最初はなかなかタイミングが合わないのか投げ込んでしまったり、落とすところがうまくいかずにターンボールになってしまう事も多かったようです。
 さて、ブレイクのあとは先週の予告通り、カバー2のディープゾーンにホリゾンタルストレッチをかける2つのパスコースに取り組みました。まずはポストコーナーです。通常のポストはまっすぐ出たレシーバーが7歩で内側に45度にブレイクして進みますが、そこから3歩もしくは5歩で外側に45度にブレイクして進みます。ポストのコースから逆のコーナーのコースを走るコースです。この場合QBはレシーバーが2度目のブレイクをしたタイミングでふわっと浮かせたボールを投げます。こちらも最初はなかなかタイミングがあわなかったようですが、次第にナイスパス、ナイスキャッチが増えていきました。
 続いてはポストカール、こちらも7歩でブレイクしたレシーバーがポストのコースを走りながらブレイクしてから8歩でQBを振り返ります。QBはレシーバーが振り向いてからしっかりとしたボールを投げ込みます。三浦代表は「キャッチボールと一緒ですよ!」と何度もお声掛けされていました。
 今回の練習最後のメニューは6人1組になってのフォーメーションダッシュです。センターとQBが真ん中にセットするデュースのフォーメーションです。4人いるレシーバーのうち、外側の2人はポストコーナーを、内側の2人は1人がポストカールを、もう1人がフックを走ります。すべてのユニットが1回フォーメーションダッシュに取り組んで、2巡目になった段階で、三浦代表から「さあ、ここからは取り上がりですよ!」との発言がありました。三浦代表もおっしゃっていましたが、1巡目ではポストコーナーに投げるユニットが多かったのですが、取り上がりになったとたんにポストカールやフックに投げるユニットが増えたようですが、責められませんよね。でもしっかりとポストコーナーに投げ込んで見事キャッチされたユニットもあった事を付け加えさせていただきます。
 今回は長いコースを走ったので、皆さんの体力を考慮して早めに練習を切り上げました。
来週は都合により、練習はお休みですが、再来週はこれまで取り組んできたオールフック、カール・フラット、フェイド、ポストコーナー、ポストカールを使った試合形式の練習との事です。今回もそうでしたが、今後は強い日差しと高い気温の下での練習になりますので、帽子等の対策とこまめな水分補給を常にこころがけるようにしてください。ではまた再来週第3フィールドでお会いしましょう。

(今週は見学でした)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:20| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年06月04日

6月10日 活動中止のお知らせ

 申し訳ございませんが、6月10日のS☆FIGHTERSの活動はお休みとさせていただきます。
 次回練習は6月17日となりますので、宜しくお願いいたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 08:52| Comment(0) | 2018 SPRING

2018年05月30日

5月27日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習もまるで真夏のような天候の下、無事開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後はまず7人のユニットを組む事から始まりました。前回の予告通り、今日は練習試合形式で、これまで取り組んできたカバー2のアンダーゾーン攻略のオールフック、カール・フラットおよびディープゾーン攻略のフェイドの3通りのコースでディフェンスを攻略します。
 7人ユニットにしたのは、センター、QB、レシーバー4人(もしくはレシーバー3人+RB)の6人に加えて、フィールドの外から自分のユニットの攻撃を見て、うまくいったところ、いかなかったところを指摘するコーディネーターを1人設けたからです。
 まずはディフェンスをつけずに、センター、QBがちょうど15ヤードの位置にセットするデュースの位置からフォーメーションダッシュを実施しました。三浦代表は各ユニットのレシーバーがきっちりディフェンスをストレッチできている位置につけているかをチェックされて、都度コメントされていました。
 フォーメーションダッシュを各ユニット3回位実施したところで、いよいよ練習試合形式に移行しました。
各ユニットには数字を割り振っていましたので、まずは奇数ユニットがオフェンス、偶数ユニットがディフェンスになり、途中でオフェンスとディフェンスを交代しました。こちらも各ユニット3回位で交代したようです。
 ルールは基本的に我々シニアファイターズのルールに則りますが、今回の特別ルールとして、フィールドは横30ヤードですが、縦は17ヤード+エンドゾーン10ヤードとし、オフェンスはデュースの位置にセットして、3rd down 7から始めます。2回の攻撃で7ヤード進めれば1st down獲得なので、もう4回攻撃できます。そして2回目のシリーズで10ヤード進めば(実際には1回目のシリーズが終了した時点から2回目のシリーズを開始する。)タッチダウンです。また2回目のシリーズ以降は1回目のシリーズが終了した位置により、ボールのセットする位置を変えました。コースは先ほど述べたようにオールフック、カール・フラット、フェイドのみで、片面がカール・フラット、片面がオールフックといった組み合わせは禁止です。またQBは1シリーズに1回だけ、パスフェイクをした後で最初にボールがセットした位置から5ヤード外側を走る事ができます。ただし1回パスフェイクをした後でパスを投げる事はできません。また、フェイドの場合は4人のレシーバーの内1人はフックのコースを走らないといけません。もちろんディフェンスの隊形はカバー2のみです。
 実際にこの形式でやってみると最初のうちはやはりディフェンスがつくとQBが緊張してしまうのか、1プレー目でインターセプトされたり、明らかに空いてないレシーバーに投げてしまうユニットが多かったようでしたが、徐々に慣れてくるときっちりとディフェンスにストレッチをかけてうまくパスを通してタッチダウンに結び付けているユニットが増えてきました(三浦代表はホリゾンタルストレッチと表現されていました。といいう事は当然ヴァーティカルストレッチもあるはずですが、今後そのようなコースの練習があるのでしょうか?)。個人的にはセーフティーに入った際に絶対に抜かれてはいけないのに、ボールに気をとられて抜かれてしまい、あわやタッチダウンパスを通されそうになったのが反省点です(幸いにレシーバーが落球されて事なきを得ましたが)。
 こうして今回の練習も無事終了、三浦代表からは来週はカバー2のディープゾーンを攻略するルートに取り組み、その次の練習ではまた今回のように練習試合形式でコースのおさらいをする予定である事が発表されました。
 なお、6月30日(土)、7月1日(日)の両日、現役のファイターズも合宿で使用している「東鉢伏高原ロッジかねいちや」でシニアファイターズとしては2回目となる合宿を予定しています。らくらく連絡網で出欠をとっていますので、出席を予定されている方はらくらく連絡網から回答願います。らくらく連絡網の登録ができてない方、登録はしているがうまく連絡できない方はこのブログのコメント欄に記入いただくか、練習の際に代表に直接連絡いただいても結構です。回答期限は6月16日(土)とさせていただいております。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。
                 
(ふくらはぎが肉離れしてしまった)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 15:04| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年05月23日

5月20日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。5月13日の練習は残念ながら雨で中止になってしまいましたが、今回は打って変わって晴天の第3フィールドで無事開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後に6人1組のユニットになってユニット毎にハンドオフのチェイン〜真ん中の人を中心としたトス〜背面キャッチ〜QBから5ヤード離れたレシーバーに早めのパスを出すメニューまでは前回と同様です。
 その後、前回まではカバー2のアンダーゾーンを攻略するためのオールフック、カール・フラットに取り組んでいましたが、今回はカバー2のディープゾーンを攻略するフェイドに取り組みました。フェイドというコースは基本まっすぐですが、ディフェンスにストレッチをかけるために、外側のレシーバーはサイドライン側に3〜4ヤードふくらんだコース取りをします。
 まずセンターとQBがサイドラインから10ヤードにセット、レシーバーがサイドラインから5ヤードにセットしたプロ、もしくはツインのウィークサイドの設定で、オフェンスはセンター、QB、Z(フランカー、ウィークサイドのレシーバー)の3人、ディフェンスはW(ウィリー、ウィークサイド側のラインバッカー)とFS(フリーセーフティー、ウィークサイド側のセーフティー)の2人をつけてオフェンスはZがフェイドのコースを走るメニューに取り組みました。あくまでもゾーンディフェンスなので、Wは5歩位下がったらそれ以上レシーバーを追いかけてはいけません。QBはFSがZに追いつくまでにスクリメージラインから15〜20ヤード位のふわっとした山なりのボールを投げます。
 実際にやってみるQBとレシーバーのタイミングが合わなかったり、Wがレシーバーについて行ってしまったりする場面もありましたが、次第にうまく決まる事が多くなっていったように感じました。
 続いてオフェンスは、センターが真ん中にセットするデュースの位置からレシーバーを4人セットし、ディフェンスはセーフティー2人を付けて、レシーバーがフェイドのコースを走るメニューに取り組みました。レシーバーが4人ともフェイドを走ってしまうとディフェンスが不利になってしまうので、事前にオフェンスは打合せして、4人のうち1人だけはスタートせず、3人がフェイドのコースを走る事にしました。この場合でも2人がカバーするディープゾーンを3人で攻略するので、QBのボールが悪かったり、レシーバーがキャッチミスをしなければ理論的には必ずパスが通るはずなのですが、実際に取り組んでみるとうまくパスが通るユニットと通らないユニットに分かれました。三浦代表の解説によるとうまくパスが通るユニットはレシーバー3人が固まらずにうまくディフェンスをストレッチしていたのに対して、うまくパスが通らないユニットはレシーバー同志が同じところに行ってしまい、ディフェンスをストレッチできていなかったとの事でした。
 最後はフェイドと言えば恒例のパスの取り上がりに取り組みました。やはり取り上がりは盛り上がりましたね。私も5回目くらいで何とかキャッチできてほっとしました。
 最後は三浦代表の発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。来週の練習はオールフック、カール・フラット、フェイドを組み合わせた試合形式の練習を行うとの事です。今から楽しみですね。ではまた来週 第3フィールドでお会いしましょう。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:26| Comment(1) | 2018 SPRING

2018年05月13日

5月13日 雨天中止のお知らせ

 おはようございます。
 本日5月13日の練習は雨天のため中止いたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 07:40| Comment(0) | 2018 SPRING

2018年05月07日

5月6日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も前回と同様に夏を思わせる天候の下で開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は前回同様に6人1組のユニットになって、ユニット毎にメニューに取り組みました。
 前回同様、ハンドオフのチェイン〜真ん中の人を中心としたトス〜背面キャッチ〜QBから5ヤード離れたレシーバーに早めのパスを出すメニューに取り組みました、背面キャッチは難しいですね。
 その後は前回の予告通り、試合形式での練習です。6人1組のユニットを2つに分けて時間で区切って(約30分)、オフェンスはオフェンスばかり、ディフェンスはディフェンスばかりを行います。フィールドは横30ヤードですが、縦はハッシュマークとハッシュマークの間の13と1/3ヤードを4回の攻撃で進めばタッチダウンです、またエンドゾーンは10ヤードとしました。
 オフェンスの隊形はオールフックとカール・フラットのみ、ディフェンスの隊形はカバー2のみとし、ランニングプレイとブリッツは無しです。ただしオールフックとカール・フラットのみではディフェンスの後ろ2人がどうしても前よりになってしまってカバー2のアンダーゾーンの攻略という大前提が崩れてしまいますので、4回の攻撃のうち1回に限り、1人だけがフックアンドゴーやフラットアンドゴー、カールと見せかけてのポストに出られるようにしました。
 やはり試合形式は楽しかったですね。個人的にはQBに入った攻撃で、フラットアンドゴーへのタッチダウンパスが成功したかと思いきや、アウトオブバウンズとなったプレーが残念でした。そうです、13と1/3ヤード+エンドゾーン10ヤードですので、意外と奥行きが無いのです。
 順調に進んでタッチダウンを量産するユニット、なかなか攻撃が進まなかったユニットとさまざまでしたが、練習後の三浦代表による総括では、うまく進んだユニットはきっちりとコース取りができているためにストレッチがきっちりかかっている一方で、進まなかったユニットはコース取りがうまくできていない。たとえばカール、フックが7ヤードではなく5ヤードでブレイクしたり、カールがディフェンスの後ろでなく前を通ってしまい、結局レシーバーが重なってしまったりしてうまくディフェンスをストレッチできていないとの事でした。
 来週以降はまた違うコースにも取り組むとの事です。いまから楽しみですね。
 それではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 22:02| Comment(3) | 2018 SPRING

2018年05月02日

4月29日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は雲一つない快晴の下で、大型連休中にもかかわらず、大勢のメンバーが集合されて開催されました。
 パスアップの後、練習の冒頭に三浦代表から角井理嘉子さんがシニアファイターズのマネージャーに就任された事が発表されました、角井さん、これからもよろしくお願いいたします。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットになって、まずはオフハンドオフのチェインの練習です、ボールを渡すのはQBの責任なので、RBはボールを見ずにまっすぐ前方を見ます。チェインの後は1人が真ん中になり、真ん中の人を中心にトスを繰り返す練習を行いました。トスを出すときは胸の位置から片足を踏み出しながら出しましょう。その後は背面キャッチ、QBから5ヤード離れた位置からスタートするレシーバーに早めのパスを出す練習を行いました。やはり背面キャッチは難しいですね。私は結局1回もキャッチできませんでした。
 ブレイクの後は先週行ったフォーメーションダッシュを今回はカール・フラットで行いました。ストロングサイドの外側のレシーバーがカール、内側のレシーバーがフラットをウィークサイドはレシーバーがカール、RBがフラットを走ります。
 前回の練習では横30ヤードのフィールドに4人のレシーバー、RBがかたまらないように散らばる事を意識しましたが、今回も同様にカールを走るレシーバーがQBを振り向いた時にフラットを走るレシーバーがサイドライン際に来ているように意識します。具体的にはストロングサイドの内側レシーバーはプロ隊形の場合は2歩でブレイクしますが、ツイン隊形の場合は2歩だと早くなるので4歩ぐらいでブレイクします。ウィークサイドの場合、RBがレシーバーと反対側にセットするとレシーバーがQBを振り向いたときにまだサイドライン際まで来ていない場合があるので、レシーバー側にセットするようにします。
 このフォーメーションダッシュはセンターのセットする位置を右、真ん中(デュースの位置ですね)、左と交換しながら行いました。途中から小野さんの意図を忖度した三浦代表がディフェンスを付けようと提案され、小野さん、三浦代表他固定メンバーで3人のラインバッカーを付けて行いました。QBはまず真ん中のラインバッカーであるマイク(M)がストロングサイドに行くか、ウィークサイドに行くかを見て、Mが行ったのと逆のサイドを見ます。Mがウィークサイドに行けばストロングサイドのラインバッカーであるサム(S)が付いたのと逆のレシーバーにパスを投げます。Mがストロングサイドに行けば、ウィークサイドのラインバッカーであるウィリー(W)を見てWが付いたのと逆のレシーバーにパスを投げます。こうして3人しかいないラインバッカーに対して4人のレシーバーを出しているので、理論上は必ずパスが通るのですが、なかなかうまくいかないユニットがあったのも事実です、理由はいくつかあるのですが、カールを走るレシーバーが本来はラインバッカーの後ろを通らないといけないのに、前を通ってしまって、うまくストレッチできていなかったり、フラットを走るレシーバーがサイドライン際まで行けてなかったり、またQBがMのストロングサイドへ動いているにも関わらす、ストロングサイドに投げてしまったりといったケースが多かったようです。それでも何度かディフェンスを付けた練習を続けているうちにきっちりとストレッチがかかったユニットが増えていったように思います。
 三浦代表のエールで今回の練習も締めくくりました、来週は前回練習したオールフックと、今回練習したカール・フラットにプレーを限定しての試合形式の練習です。ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 07:21| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年04月27日

4月22日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回は先週とは違って快晴の夏のような天候の下で開催されました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットを結成してまずはオフェンスのフォーメーションの確認です。プロ、ツイン、トリプル(スーパー)といった今まで実施していた隊形に加えて、今シーズンからはセンターの位置を今までのようにどちらかのサイドラインから10ヤードに置くのではなく、中央(サイドラインから15ヤード)に置く隊形もOKという事になりました。今まではQBのランプレイはサイドラインから10ヤード以内のみOKでしたので、必然的にオープンサイドにしか走れませんでしたが、この隊形からなら左右どちらのサイドにも走れる事になります。この隊形を「デュース」と呼ぶ事にしました。
 隊形の確認の後は6人組のユニットで、2人ずつ10ヤード離れた位置からラインに沿ってトスしながらフィールドの端から端まで(53と1/3ヤード)走る練習を行いました。トスはしっかりと両手で胸の位置から繰り出すのが肝心です。
 その後は2人ずつ5ヤード離れた位置でボールを持っていない方が7ヤード前まで進んでボールを持っている方を振り返り、そこにパスをしてキャッチした後で、投げた方がボールを持っている方の7ヤード前まで進んで同じ事を繰り返すフックの練習に取り組みました。
 ブレイクの後は6人1組のユニットで、オールフックのフォーメーションダッシュに取り組みました。オフェンスはできるだけディフェンスにストレッチをかけるために、外側のレシーバーはまっすぐ走るのではなく、外側に膨らんで走ります。内側のレシーバーもまっすぐ走るのではなく、外側に膨らんで走ったり、逆に内側に膨らんで走ったりします。ランニングバックは内側のレシーバーが走っていった位置と逆の位置に走ります。QBはレシーバーもしくはランニングバックのいずれか1人にパスを投げ込みます。フックですので、レシーバーはしっかりQBの方にカムバックする事が肝心です。
 こうしたフォーメーションダッシュを繰り返して、最後にはフォーメーションダッシュの取り上がりで練習を締めくくりました。
 練習の最後に三浦代表から4月29日の練習はカール・フラットのフォーメーションダッシュを行う事、5月6日の練習はオールフックとカール・フラットにプレイを限定して練習試合を行う事が発表されました。今から楽しみですね。
 皆さんにお知らせが2つあります。今シーズンの入会記念品としてポロシャツを作りましたので、まだ受け取られていない方は次回以降の受付で申し出てください。サイズはLL、L、Mです(残念ながらSはなくなってしまいました)。
 もうひとつのお知らせは進戸代表かららくらく連絡網でも連絡されていましたが、受付時に必ず名簿に記入してください。名簿に記入されなかった場合、練習で怪我をされても保険の適用ができなくなりますので、ご注意ください。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:46| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年04月24日

4月15日 FIGHTERS DAY レポート

 皆さんこんにちは。今回は4月15日に開催されたファイターズデイのレポートをお届けいたします。
 ファイターズデイというのは毎年1回この時期に、初等部から大学までのファイターズと、ブルーナイツ、我々シニアファイターズ、OBの方々、ファイターズがフラッグフットボールの出前授業を行っている近隣の小学生が第3フィールドに一同に会して一日フットボールを楽しむという行事です。
 当日は朝からあいにくの雨で、紅白戦のキックオフの11:00近くになってもなかなかやまずにどうなる事かと気をもみましたが、紅白戦が始まる頃にはなんとかやみ、午後からはときどき薄日もさすようになり、無事ファイターズデイが実施されました。
 光藤キャプテンの挨拶の後は、前述したように、まずは大学のファイターズの紅白戦からスタートです、青のユニフォームが攻撃、白のユニフォームが防御に専念して、前半、後半各25分ずつのランニングタイムで試合を行います。何といってもファイターズデイの紅白戦のすごいところは、希望者はグラウンドに降りて観戦できるだけでなく、ハドルの様子もすぐ近くで見学できる事です。また昨年まで試合にでていなかったメンバーの活躍する様子から、今年のVメンバーを予想される方もいらっしゃった事でしょう。
 正門前のスパゲティハウス・カウカウによる美味しいケータリングをいただいた後は、小学生たちはフットボールの要素を取り入れたゲームでポイントを競うファイターズチャレンジに挑戦、中学部、高等部、大学、シニアファイターズ、OBチームはタッチフットボール大会に挑戦しました。
 我々が普段絶対対戦する事のない相手と同じフィールド、同じルールで戦う年に1度の恒例行事です、我々はシニア1〜4までの4チームで参加しました。
 ルールは1チーム6人制、センターもスナップ後にパスコースに出る事ができます。フィールドは縦25ヤード、横20ヤードで攻撃はまず自陣エンドゾーンから攻撃を開始し、4回の攻撃で15ヤード進めればゴール前10ヤードから攻撃をします。攻撃の方向は常に一定で、攻守交代すればフィールドを交代します。ブリッツはスクリメージライン7ヤード以上後方からであれば何人入ってもかまいません。対する攻撃はQBランは禁止、QBはスナップ後7秒をめどにプレーを開始しないといけません。ゴール前7ヤードからはブリッツおよびランプレーは禁止、1試合は15分のランニングタイムでタイムアウトはありません。こうして始まったタッチフットボール大会、とても楽しかったですね。元気な中学生が3人もブリッツに入ってきておろおろしたり、あっと言う間にエンドゾーンに入られてワンプレーでタッチダウンをとられたりした場面もありましたが、我々もなかなか検討して、大学のチームに勝ったり、中学部やOBチームと引き分けたり(トーナメントの都合上、代表者のじゃんけんで勝ち負けはきめましたが)して、我々のこれまでの練習の成果が表れていたように思います。
 優勝チームは中学部Aでしたが、我々のチームではシニア1が準決勝まで勝ち残り、見事ベスト4になりました。というより3位決定戦が行われなかったので、堂々の同率3位という事にしておきましょう。また、全体を通じてのMVPにはシニア3チームの竹本さんが選出されました。竹本さん、おめでとうございます。
 記念撮影で今年のファイターズデイは無事終了しました。本当に楽しい一日でした。このような催しを企画いただきました大学のファイターズおよび関係者の皆さんに感謝をささげてこのレポートを終了したいと思います。

(張り切りすぎて筋肉痛がひどい)#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 06:28| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年03月27日

3月25日 クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。3月25日に実施された3回目のクリニックのレポートをお届けいたします。
 快晴の第3フィールドには今回もたくさんのメンバーが集合されました。ストレッチ、ランニングストレッチの後は恒例の4人1組になってのトスの練習です。まずは3ヤード位のスクエアになってのトス練習、その後は中央に1名をおいてのトス回しの練習、こちらは2周の取り上がりで実施しました。続いては2人1組で5ヤード離れて、サイドラインからヤード表示のラインの上をグランド中央付近まで走りながらトスして往復する練習に取り組みました。結構な距離を走ったので、疲れましたね。
 ブレイクの後はパスコースの練習です。今回はQBから10ヤード離れたWRが3ヤードで斜め前にブレイクするスタントのコースに取り組みました、WRはブレイクした後3歩くらいでQBの方に振り向いてストップします。QBはWRがストップしてからボールを投げ込みます。しばらくスラントのコースを練習した後、今度はRBをつけて、スラントのコースを走ってパスをキャッチしたWRがRBにトスをする練習(これは数年前に一度練習した事のあるヒッチ&ラテラルに似た練習ですね)に取り組みました。
RBはWRがキャッチしたタイミングでWRがトスしやすい位置にいないといけないので、大きく回り込みながらスピードを調整しないといけません。早く走りすぎてWRより前に出てしまうとトスではなく、前パスになってしまうので要注意です、この練習は@QBがしっかりボールを投げ込むAWRはキャッチミスをしないBRBがちょうど良い位置にいるCWRがトスをミスしないDRBはキャッチミスをしないという@〜Dまでの条件を全てクリアしないといけないので、なかなか大変です。最初はなかなかWRとRBのタイミングが合わなかったり、QBがしっかりと投げ込めなかったり、キャッチミスやトスミスが出たりとなかなかうまくいきませんでしたが、最後の方はだんだんとタイミングも合ってきて、うまくできたプレーに対する拍手があちこちでおこっていました。スラントとヒッチ&ラテラルは隊形を左右両方できるようにして実施しました。
 続いては同じ隊形から、パスを受けたWRがRBではなく、QBにトスをして、トスを受けたQBは右にロールアウトして、走りながらRBにパスをする練習に取り組みました。これは前パスを2回するので、ルール違反では?との声も上がりましたが、三浦代表曰く「ボールに慣れるための練習なので、固い事は言わない!」との事でした(笑)。
さすがに右利きのQBが左にロールアウトして投げるのは難しいのでこの練習は右にロールアウトする隊形のみで実施しました。この練習もRBがキャッチする位置に付くタイミングが難しかったようです。それに加えてロールアウトからのパスもとても難しかったですね。
 その後今回は、グラウンドが全面使えたので、4つのチームを作って、2箇所のフィールドで5対5の試合形式での練習を実施しました。基本的なルールは我々の今まで実施してきた練習試合のルールに準拠し、危険防止のため、ディフェンスはマンツーマン禁止にしましたが、それ以外の細かいルールは対戦するチーム同士で打合せして決めました。やはり試合形式の練習になると皆さんいきいきと練習に取り組まれていました。
 さて、今回でクリニックは終了、4月からいよいよ本格的な練習が始まります。次回は4月15日のFIGHTERS DAYです。初等部から大学までのファイターズファミリーとブルーナイツ、シニアファイターズが一堂に会して第3フィールドでフットボールを楽しむイベントです。皆さんふるってご参加ください、FIGHTERS DAY当日も新規入会の申し込みは受け付けていますので、まだ入会申し込みをされていない方は入会申込書に必要事項を記入の上、お持ちください。ではまた第3フィールドでお会いしましょう!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 17:26| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年03月26日

3月11日 クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。今回は先週に比べると若干肌寒いながらも快晴の第3フィールドで2回目のクリニックが開催されました。
 三浦代表が都合で少し遅れての参加になりましたので、松尾代表によるストレッチ、ランニングストレッチから始まりました、ストレッチが終わるころには三浦代表も合流され、いよいよクリニックの開始です。まずは前回同様4人1組のユニットを作って、正方形を作ってトスの練習から始めました。続いて一人が中央に出てのトスの練習、アタックの練習、アタックからのトス、ディフェンスの動きでトスするかキープするかの練習と前回同様のメニューに取り組みました。
 なお、今シーズンから参加された方は小野ディレクターの指導によるボールの投げ方教室に参加されていました。
 その後はパスの練習です。こちらも前回と同様にライン上に並んでのキャッチボールです。相手の肩めがけてしっかりと投げ込みます。続いては新しく、走りながらのキャッチボールに取り組みました。投げる方と受ける方はサイドラインとハッシュマークあたりの距離を取り、投げる方はまっすぐ走って半分位の距離でボールを投げ込みます。これはなかなか難しい練習でした。なかなかタイミングが合わずに苦労されていた方が多かったように思います。
 続いてはポイントを6箇所くらい作って、センター(C)、QB、タイトエンド(Y)に分かれてYへの5ヤードヒッチに取り組みました。QBはCから5ヤード位下がった位置でスナップを受け、Cの5ヤード横にセットしたYが5歩でQBの方に振り返ります。QBはYが振り返ってからしっかりとボールを投げ込みます。途中でYの位置を左右入れ替えて取り組みました。三浦代表からは「QBはキャッチボールと同じ要領でまっすぐYの方を向いて投げ込む、Yは振り返ったらQBが目標を定められるように変な動きをせずにじっとしている事。」というアドバイスをいただきました。
 その次はこれまでの要素を全て取りいれた練習に取り組みました。C、QB、Yにランニングバック(R)を加えました、RはYと同じ側、QBの横2〜3ヤードにセットします。Yは5ヤードヒッチです。YはQBが投げ込んだボールをキャッチした後にYの横を走ってくるRにトスします、Rはトスを受ける時にトップスピードになるように最初はゆっくり横にふくらみながらスタートし、徐々にスピードを上げていきます。と書いてみるとそんなに難しくないように思いますが、Rがスピードを出しすぎてYがキャッチした時点でYを追い越してしまい、トスが前パスになってしまったり、Yがキャッチミスをしたりなかなかうまくいきませんでした。この練習もYとRのセットする位置を途中で左右入れ替えました。練習も後半になってくると皆さんのタイミングもだんだん合うようになり、Qが投げ込んだパスをしっかりとキャッチしたYがトップスピードで駆け抜けるRにきれいなトスを決めるといったシーンも度々見られるようになりました。
 最後はもう一度4人1組のユニットでのキャッチボールでクールダウンして今回のクリニックも無事終了しました。
 クリニック終了後に小野ディレクターから関学の女子タッチフットボールチームである「Venus Fighters」のコーチの吉田さんと佐藤さんをご紹介いただきました。以前関学にはクレセンツという女子タッチフットボールチームがあったのですが、諸般の事情により無くなってしまったのを社会人のチームでプレーをされていいる吉田さんと佐藤さんが選手集めから始められ、ようやく今年5人の選手がそろって「Venus Fighters」として発足されたという事です。今後は我々とも合同練習といった交流の場も設けていただけるようですので、みなさん楽しみにしていてください。
 クリニックもいよいよあと1回です。ではまた第3フィールドでお会いしましょう。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 17:57| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年03月09日

3月4日 クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。皆さんが心待ちにされていた2018年シーズンがいよいよ3月4日のクリニックで始まりました。
 快晴で暑いくらいの第3フィールドには早い時間からメンバーの方が集合されていました、三浦代表からあらためて我々のチームの方針(体調に気を付けて無理をしないでフットボールを楽しむ)の説明があった後はいつものようにストレッチ(今回は久しぶりですので、長めに時間をとりました)、ランニングストレッチ、アジリティを行って、いったんブレイクした後はいよいよクリニックの開始です。
 まずは4人1組になり、3ヤードくらいの距離で正方形を作って、ボールをトスするメニューに取り組みました。胸の前から両手でボールを押し出してしっかりとボールに回転をかけてトスします。その後は同じ4人で一人が中央に出ます、中央の人をAさん、その他をB〜DさんとするとA→B→A→C→A→D→Aという順にトスしていきます。そして中央の人も途中で交代していきました。
 続いては胸の前にボールをかざして左右に小刻みに揺らしながらまっすぐディフェンスの人間めがけて進むアタックの練習です。その後はランニングバック(RB)をつけて並走しながら実際にディフェンスの直前でRBにトスしたり、ディフェンスが動いたらトスせずにキープしたりする練習に取り組みました。このあたりからあちこちで「今年はオプションに取り組むのかな?」といった声があがっていました。
 その後は8人1組でオフェンスはセンター、QB、RBの3人、ディフェンスはセンターの前に1人、RBのいる側に1人の計2人で実際にゲーム形式での練習に取り組みました。 
センターからのスナップを受けたQBはRB側のディフェンスめがけてアタックしていき、ディフェンスがRBの方に行けばそのままキープし、QBの方に来ればRBにトスします。
 この練習はトスのタイミングがなかなか合わない事が多かったようですが、初めて取り組む練習なのでしかたがないですね。
 オプションの練習はいったんここで終了。引き続きパスの練習です。先ほどの8人1組で4人ずつに分かれてライン上に1列に並んでキャッチボールを繰り返しました。
 その後はいったん8人1組を解消して、4箇所に分かれてセンターからスナップを受けたQBがセンターから10ヤード離れた位置にセットした後、3歩進んでQBに振り替えるヒッチのコースを走るレシーバーに向かってボールを投げ込む練習に取り組みました。この練習は途中で位置を入れ替えてレシーバーは左右どちらにもセットするようにしました。
 三浦代表いわくQBの投げる距離は先ほどの8人1組のキャッチボールと変わらないが、この型式にすると急にパスの成功率が落ちるので、QBはきっちりレシーバーの方を向いて投げるようにすると良いとの事でした。最後にもう一度8人1組のキャッチボールで今回のクリニックのメニューは終了、三浦代表の発声によるエールで今回のクリニックを締めくくりました。
 最後に念のためのお知らせです。シニアファイターズは昨年まで入会されていた方も毎年入会申し込みが必要です。今シーズンの入会申し込みは4月29日まで受け付けていますので、事前にホームページから入会申込書をプリントアウトして、必要事項を記入の上、年会費とともに提出願います(今回のクリニックに参加した6人の代表のうち事前に申込書を持参したのは2人だけだったというのは内緒の話です)。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 11:43| Comment(2) | 2018 SPRING