■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2014年12月02日

11月30日第5回カウカウボウル

 皆さん、こんにちは。お天気に恵まれた第3フィールドで皆さん待望の第5回カウカウボウルが開催されました。
 まずは松尾、上村、波止、北出の4人の代表をキャプテンとする4つのチームに抽選によるチーム分けを実施しました。そして、1回戦は松尾チーム対北出チーム、波止チーム対上村チームが対戦し、勝ったチーム同志と負けたチーム同士が2回戦を実施しました。
 フィールドは、これまで練習していたのと同じ縦53と1/3ヤード、横30ヤードとし、オフェンスはセンター無しの5人が小野ディレクターのプレーブックの中からオールフック、オールアウト、アクロス、カールフラット(アウト)、オールストリーク(フェイド)のみをプロ、ツイン、スーパーの隊形から繰り出します。また、ランニングプレイはダイブのみとしました。ディフェンスはいかなる状況下でもカバー2のみとし、スクリメージラインから7ヤード後方の1人だけがブリッツする事ができます。時間は前半、後半とも20分のランニングタイム、ハーフタイム5分、タイムアウトは無しとしました。
 1回戦、2回戦とも白熱した試合が繰り広げられ、皆さん楽しんでおられたようでした。1回戦と2回戦の間にはエリックさんが指導されているキッズチアのチャームスの皆さんとエリックさんたちのブルークィーンズの皆さんによるハーフタイムショーも実施され、大いに盛り上がりました。
 試合後は少し小さめなフィールドを4つ作り、各チームによるミニゲームを実施した後、「縦の取り上がり」で2014年シーズンを締めくくりました。
 そして、関学会館のポプラに場所を移して、打ち上げの懇親会と結果発表と個人表彰を実施しました。
 1回戦は山側コートが32対8で松尾チームが北出チームに勝利しました。浜側コートは波止チームと上村チームが0対0で引き分けましたが、キャプテン以下3名対決のじゃんけんにより、上村チームが優勝決定戦に駒を進めました。3位決定戦は浜側コートで実施され、16対6で北出チームが波止チームに勝利しました。山側コートで実施された優勝決定戦は20対8で松尾チームが上村チームに勝利し、第5回カウカウボウル優勝の栄冠に輝きました。
 優勝チームインタビューでは、なんと5回連続優勝の栄誉に輝かれた橋本さんが、「負ける悔しさが分からない」と発言され、皆さんの溜息を誘っておられました。きっと橋本さんはパンが無かったらお菓子を召し上がるのでしょうね。
 続いては各チームのMVPの発表です。波止チームは萬代ママ、北出チームは西原さん、上村チームは市川さん、松尾チームは前原さんがチームMVPに選出されました。
 また今シーズンからご一緒させていただいてストレッチや今日のハーフタイムで素晴らしい演技を披露いただいたブルークィーンズの皆さんと、いつも練習風景をYOU TUBEにアップロードいただいている中島さんに特別賞が贈られました。
 そして今シーズンから設けられた三浦杯と小野杯の発表です。三浦杯は一年間の集大成であるカウカウボウルの全チームの中からもっとも素晴らしい働きをされた選手に、小野杯は2014年シーズンを通してもっとも素晴らしい働きをされた選手に贈呈されます。
 今年の三浦杯は、優勝決定戦でアスリートぶりを発揮され、決定的なキャッチでチームを勝利に導かれた中畑さんが栄えある三浦杯に決定しました。なお昨年の最優秀選手であった藤山さんにも三浦杯が贈呈されました。
 続いていよいよ小野杯の発表です。今回の小野杯は最初という事もあり、これまでの8年間を通してもっともチームに貢献された方に贈られました。第1回小野杯は、いつも声を出して皆さんを鼓舞され、また、お二人のご子息も参加され、課外活動のフットサルも計画頂き、2度の遠征(東京・九州)いただいた寺田さんに決定しました。寺田さん、これからも我々を引っ張っていってください。
 そして三浦代表の「来年も個人の動きから集合体の動きにつながるような練習を考えていくので、楽しみにしてください、また、くれぐれも怪我のないようにしてください。」という挨拶と、「シニアファイターズ、フレー!フレー!フレー!」、「ブルークィーンズ、フレー!フレー!フレー!」のエールで2014年シーズンが終了しました。
 その後カウカウの二次会、鳥居での三次会も大いに盛り上がりましたがそれはまた別の話という事にして、このレポートを終了したいと思います。
 ではまた来シーズンも皆さんと第3フィールドでお目にかかるのを楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 01:23| Comment(9) | 2014 AUTUMN

2014年11月18日

11月23日立命館大学戦観戦/30日カウカウボウル

11月23日は現役FIGHTERSが立命館大学との全勝決戦に挑みます。
S☆FIGHTERSとしても精一杯FIGHTERSを応援しましょう!
集合時間:13時(キックオフ1時間前)
集合場所:キンチョウスタジアム(大阪市長居球技場)入口手前の関学テント前
※ブルー系統の服を必ず着用してください!

11月30日はシーズンを締めくくる恒例のカウカウボウルです。
 9:30 集合及びストレッチ開始
10:00 カウカウボウル開催

以上、よろしくお願いいたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 00:53| Comment(0) | 2014 AUTUMN

11月16日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は絶好の秋晴れの下開催されました。
 冒頭三浦代表から「今日は何の日か知っていますか?」との問いかけがありました。参加メンバーが首をかしげていると、実はブルークイーンズのエリックさんの誕生日との事でしたので、参加メンバー全員でエリックさんのためにハッピーバースデーを合唱しました。その後は、エリックさん指導のストレッチ、ハッピーバースデー効果で少しは手加減してもらえるかとの期待は、開始早々に打ち砕かれ、今日もフィールドのあちこちからうめき声が聞こえてきました。
 ランニングストレッチ、アジリティの後は、小野ディレクターからカバー2のディープゾーンを攻めるオールストリークの練習をご指導いただきました。側のレシーバー2人は外にふくらんで左右にストレッチをかけると同時に内側のレシーバーは少し遅めにブレイクして前後にもストレッチをかけます。
 そして実際に5人のユニットに別れてオールストリークの練習です。ディフェンスは最初、三浦代表と石田代表にSFの位置についていただきました。途中からは進戸代表も加わっていただき、SF2人とLB1人のディフェンスを攻略します。基本はストロングサイドの2人のレシーバーのうちSFの付かなかった方のレシーバーにパスを投げます。ポスト気味入るインサイドレシーバーにはライナーで投げ込み、アウトサイドレシーバーには少し浮かせ気味に投げる事が大切です。
 続いて5人のユニット同士でオフェンスとディフェンスに分かれてミニゲーム形練習を行いました・オフェンスのプレーはこれまでに練習したオールフック、オールアウト、カールフラット、フックアクロス、オールストリーク、そしてランニングプレーはダイブのみに限定しました。ディフェンスはスクリメージから7ヤード以上離れた1名のみがブリッツに入れるようにし、ファーストダウンもしくはタッチダウンをとるか、4回の攻撃でファーストダウンを更新できなかった時点でオフェンス、ディフェンスのユニットを交代する事としました。
 いやーなかなか楽しかったですね。ブリッツが入って思うように投げられなかったQB(すみません、私です)や、ブリッツをかわして冷静にその裏に投げ込むQB、きっちりゾーンを守ってインターセプトしたディフェンスユニット等いろいろでしたが、小野ディレクターのプレーブックのおかげか、どのユニットも結果にかかわらずこうしたいという意思を持ってプレーを遂行されていたように思います。
 最後はキックオフ(もしくはパント)とそのリターンの練習で今日の練習を締めくくりました。
 来週は大学のファイターズがいよいよ立命館大学との決戦に臨みます。みんなで応援に行きましょう!我々は再来週11月30日のカウカウボウルで今シーズンが終了いたします。11月30日は通常と違って10:00から試合を開始できるように9:30集合となりますので、ご注意願います。ではまた皆さんとキンチョウスタジアムおよび第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 00:48| Comment(1) | 2014 AUTUMN

2014年11月12日

11月9日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習はあいにくの雨でしたが、練習後の関西大学戦応援ツアーとの関係で事前に雨天決行と発表していたので、多くの方が第3フィールドに集合されました。
 結構強く降っていたために実際の練習は行いませんでしたが、そのかわり関西大学戦前のお忙しい時にもかかわらず小野ディレクターが講師を務めていただき、ミーティングを実施しました。
 小野ディレクター作成のプレーブックの隊形やポジション、コースをおさらいした後、いよいよ本題にうつります。今シーズンのテーマは「カバー2ディフェンスをいかにして攻略するか」です。基本は何度も教わったように、一人のディフェンスが担当するゾーンに複数のオフェンスを送り込む事により、ディフェンスの付かなかった方のオフェンスにパスを通す事です。小野ディレクターによると、「プレーを企画して、実現していくのがフットボールの面白さ」であり、プレーが通らなかった時に「なぜ通らなかったのか?」を分析し、改善する事=企業活動でも活用されているPDCAサイクルを回す事が大切だとの事です。
 また、ディフェンスとオフェンスの駆け引きの例として、ディフェンスはオフェンスのプレーが成功する確率と成功した場合の期待値を考慮してある程度捨てる部分を判断する、オフェンスは捨てられる部分が無いようにあえてそこを攻めるといった事が大学のファイターズのレベルでもある事をお話いただきました(例えばディープゾーンのサイドライン側のパスは通ればロングゲインもしくは一発タッチダウンだが、QBおよびレシーバーの力量からして成功する確率が低いのでSFはサイドライン側は捨てて中に詰める、オフェンスはそのゾーンにあえてパスを投げて中に詰められないようにするといった駆け引き)。
 今回のカウカウボウルに向けては、いろいろと自分たちで考えたプレーもやりたいかもしれませんが、あえてプレーブックのプレーに限定して、シチュエーションに応じてどうやればプレーが通るのか、ディフェンスであればどうやったら防ぐことができるのかを考えて欲しいとの事でした(実際にはもっと多くの事をお話いただいたのですが、私のつたない腕ではとても全てをお伝えする事ができませんので、ご了承願います)。
 また、ときおり「話はそれますが…」から始まるいろいろな裏話の数々も大変興味深く、もっとそれて欲しいと思われた方も多かったのではないでしょうか?
 次回はいよいよカウカウボウル前の最後の練習となります。今回と同様雨天の場合もミーティングを実施いたしますのでよろしくお願いいたします。2014年秋シーズンもいよいよ大詰めです。現役のファイターズの皆さんも関西大学戦に勝利し、いよいよ立命館大学との全勝対決を残すだけとなりました。練習およびカウカウボウル、そして現役の皆さんの応援にと、もうしばらくフットボール漬の日々が続きそうです。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 00:36| Comment(1) | 2014 AUTUMN

2014年11月03日

11月3日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習もお天気が心配されましたが、蓋を開けてみると曇りのち晴れの絶好のコンディションのもと無事開催されました。今回は三浦代表と石田代表がご都合により欠席されましたが、小野ディレクターにご指導いただきました。
 パスアップ、松尾代表による長めのストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後はランニングプレイのためのハンドオフの練習です。6人1組になりハンドオフを回して行きます。ボールを渡す責任はあくまでもハンドオフをするQBにあり、ハンドオフされるRBはボールを見ることなく、ハンドオフされた後にきっちりとボールをキープします。その後は実際にQBとRBの位置にセットして、ダイブとドローのハンドオフ、そして各々のフェイクの練習に取り組みました。まずはダイブ、これはQBの横2ヤード位にセットしたRBがコールとともにQBに向って行き、ハンドオフを受けるプレーです。対してドローはQBがまずパスを投げるようなふりをしてからQBがRBにハンドオフするプレーです。フェイクプレーもあるので、QBはRBにハンドオフしてからある程度RBの動きに沿ってボールを持つ(ライドする)事が肝心です。そしてRBにハンドオフせずにボールを抜いてパスするのがフェイクプレーです。肝心なのはQBの目線でハンドオフの際にRBばかり見ているとディフェンスはランニングプレーだとわかってしまい、ディフェンスばかり見ているとディフェンスはパスプレーだとわかってしまうので、ハンドオフの際にちらっとディフェンスを見るようにとご指導いただきました。
 ブレイクをはさんで、先週も取り組んだ、オールフック、オールアウト、カールフラット、オールストリークのパスコースの練習です。3人のレシーバーとRBに4人のQBが同時にパスを投げますが、今回はRBに対してはダイブフェイクを入れてから投げます(他のレシーバーに投げるQBもダイブフェイクのふりをしてからパスを投げます)。
 その後は5人1組のユニットを組んで実際にオフェンス、ディフェンスに分かれてプレーを実践しました。今回はディフェンスがスクリメージラインから7ヤード以上後方の1人だけがブリッツに入ってもOKとしました。結構ブリッツに入ったユニットも多かったようですが、QBもだいぶ慣れてきたのか冷静にブリッツの入った後のゾーンに投げてパスを成功させていたように思います。
 そして最後は恒例の縦の取り上がり、その後の進戸代表による短めのストレッチで今回の練習を締めくくりました。
 来週11月9日は練習の後、現役ファイターズの関大戦の応援ツアーを実施します。試合会場の神戸ユニバー記念競技場まで貸切バスを用意します。らくらく連絡網に登録いただいている方にはご案内を出していますが、ご希望される方は11月5日までに代表にご連絡ください。なお、11月9日の練習は雨天決行ですのでよろしくお願いいたします。
 ではまた皆さんと第3フィールドでお目にかかれる事を楽しみにしています。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:37| Comment(5) | 2014 AUTUMN

2014年11月02日

プレーブックver.2(小野ディレクター作製)

 小野ディレクター作製のプレーブックver.2を掲出します。

Play Book for 5on5 ver.2(PDFファイル/2014.11.3)

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 23:34| Comment(0) | 2014 AUTUMN

2014年10月30日

プレーブック(小野ディレクター作製)

 小野ディレクターが作製したプレーブックを掲出します。

Play Book for 5on5(PDFファイル/2014.10.19)

S☆FIGHTERS事務局

posted by S. FIGHTERS at 01:18| Comment(0) | 2014 AUTUMN

10月26日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も10月とは思えないほどの陽気の下開催されました。先週に引き続きキックアップの後は久しぶりに合流されたブルークィーンズのエリックさん指導のキツ目のストレッチから開始です。フィールドのあちこちにうめき声が響いていました。
 その後松尾さん指導のランニングストレッチ、アジリティと続いていよいよ練習本番開始です。先週は小野ディレクターお手製のプレーブックにより、カバー2のアンダーゾーンのコーナーバック(CB)とラインバッカー(LB)を攻めるために、7ヤードでブレイクする@オールフックAオールアウトBカールフックCアクロスの4つのパターンのオフェンスに取り組みましたが、今週はそれに加えてディープゾーンのセーフティー(S)を攻略するDオールストリークに取り組みました。基本的な考え方は同じで、ディフェンス1人に対して2人のオフェンスを同じゾーンに投入してディフェンスの付かなかった方のレシーバーに投げるという事です。オールストリークはレシーバー3人がすべて縦に上がります。この時の注意点としては我々のフィールドは横30ヤードと本物のフットボールに比べて狭いのでレシーバーがセットした位置からそのまままっすぐ上がってしまうと違うほうのレシーバーに付いたはずのSがパスを投げられてから反応しても間に合ってしまうため、両サイドのレシーバーは外側にふくらみながら上がって左右にストレッチする事です(インサイドのレシーバーは逆にポスト気味に中に入ります)。
 先週と同じようにQB4人がそれぞれのレシーバーに同時に投げます。指導いただいた小野ディレクターからは投げるタイミングをもっと早くするようにとの指示が多く出ていたように思います。またQBはどうしてもターゲットのレシーバーを最初から見てしまいがちなので、最初はまんべんなくディフェンスを見渡してから投げる練習にも取り組みました。
 その後はおさらいとして先週取り組んだ@〜CのコースもQB4人、左右にそれぞれQB1人ずつでディフェンスの付かない方に投げる、QB1人でLBの動きを見てからLBの付かなかった方のサイドに、ディフェンスの動きを見て投げる、という練習にも取り組みました。さすがにLBをみてから逆のサイドのディフェンスを見てから投げるのは難しかったように思いましたが、皆さんはどうだったでしょうか?
 いったんブレイクした後は全体を4つのチームに分けて2チームずつが海側、山側で15分ハーフの練習試合を行いました。小野ディレクター曰く「あれこれややこしい事をしなくてもアンダーゾーンを攻める@〜Cとディープゾーンを攻めるDの組み合わせで絶対にオフェンスは通るはず。」との事でしたが、ブレイクポイントのばらつきだったり、QBの判断ミス(空いているレシーバーに投げずにカバーされているレシーバーに投げたりする)もあり、なかなか通らない事も多かったように見えましたが、さすがに後半あたりになるときれいに通ったプレーが見受けられたように思いました。
 次回の練習はご案内しているように当初予定の11月2日から11月3日に変更となっています。皆さんと第3フィールドでお目にかかれるのを楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 01:11| Comment(2) | 2014 AUTUMN

2014年10月20日

10月19日練習レポート

こんにちは。今回の練習レポートは、いつもレポートを書いてくださっている北出さんからのご指名により、私、進戸が担当させていただきます。どうかよろしくお願いいたします。
さて、今週は悪天候による中止の心配も無く、暖かい陽気の中での練習となりました。
まず、いつもどおりならばストレッチ前にパスアップ、というところですが、今回、初の試みとしてキック練習も兼ねたキックアップを行いました。カバーチームは無しで、キッカーはプレースキックかパントキックを選択、いつもはリターンチームがキャッチできなければそこでボールデッドですが、今回は綺麗にキャッチできなかった場合でも、ボールを確保して最後までリターンすることとしました。キッカー1人に対してリターン5人ですので、結構リターンチームの回転が早かったですね。リターンチームの皆さん、お疲れ様でした。
 ストレッチ、ランニングストレッチは、いつもは三浦代表が指導してくださっているのですが、今回は三浦代表が足を痛められたとのことで、替わりに私がやらせてもらいました。三浦代表はスタンドから練習をしっかりと見守っておられましたね。
 今回はパスコースの練習も一味違っていました。小野ディレクターの指導のもと、通常のオフェンスフォーメーションから、QBを4人配置し、X、Y、Z、Rの各レシーバーに同時にパスを投げる、という試みです。今シーズンのテーマとして、誰でもQBが出来るようにしよう、ということがありますが、さすがにこの練習ではQB担当者を立候補制で8名に限定して行いました。そのためか、目立った混乱も無く消化できたように思います。今までの練習では、基本的にブレイクポイントは10ヤードでしたが、今回は7ヤードとしました。小野ディレクターの説明では、「10ヤードだとディープゾーンのディフェンスがカバーしてくるので、あくまで前のゾーンを崩すことを意識してもらう為にブレイクポイントを7ヤードとした」のだそうです。カバー2は浅いゾーンを3人で守るわけですが、そこに4人のレシーバーを投入するわけですから、必ずフリーのレシーバーが出来るので、そこにパスを投げよう、ということです。
 オフェンスのパターンは、
 @オールフック、A Aオールアウト、B Bカールフラット、C Cアクロスパターン
の4パターンで練習しました。
 QB4人同時投げの後は、QB2人で、それぞれ左右を担当し、ディフェンスがついていないほうのレシーバーに投げる練習をしました。
 最後に、5人一組でオフェンスユニットを組み、小野ディレクター、石田代表、波止代表の3人のディフェンス(出ずっぱりでお疲れ様でした)を相手に、上記4パターンのパス練習をしました。「真ん中のゾーンのディフェンスがどちらに動くかを見て、必然的に反対側はディフェンスが一人なのでどちらかのレシーバーはフリーになる」、「ディフェンスの動きを読むことも大事だが、QBの動きによって逆にディフェンスを動かしてフリーになるレシーバーを作ることも大事」など、小野ディレクターのご指導は理にかなっているのですが、いかんせん、なかなか我々のレベルでは簡単には実践できません。でも、そういう意識を持って練習することが大事ですね。練習日程はカウカウボウルまであと4回しかありません。少しでもレベルアップしてカウカウボウルを迎えたいです。
 今回は時間の都合で恒例の取り上がりはやりませんでした。
 毎度の事ながらの注意事項ですが、練習中の怪我にはくれぐれもご注意ください。8割ルールで自分が怪我しないことも大事ですが、仲間を怪我させないよう拝領した動きもお気遣いくださいますようお願いします。
 最後になりましたが、いつもレポートを書いてくださっている北出さんの有難さを改めて思い知りました。是非、来週は練習に来てください(笑)。
 そうそう、来週は練習の前日に西京極陸上競技場で京都大学戦の観戦企画があるのでした。ユニフォーム、または青色系の服装で是非スタジアムにお越しください。なお、11月2日(日)の練習は3日(月・祝)に変更となっています。ご注意くださいますようお願いいたします。

#不撓不屈封印中 進戸 大生
posted by S. FIGHTERS at 22:33| Comment(2) | 2014 AUTUMN

2014年10月15日

10月12日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今週の練習も先週に引き続き台風の接近により開催が危ぶまれましたが、皆さんの日頃のおこないがよっぽど良かったのか途中からは陽ざしにもめぐまれ、暑いくらいの天候のもと無事開催されました。
 まずはパスアップ、だんだんとQBに入られる方も増えてきました。ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は4か所にポイントを設けてパスコースの練習です。今回も中央のQBのコールに合わせて4か所同時にスタートします。コースはレシーバーがセットした段階で三浦代表が都度コールされます。ヒッチ、フック、ポスト等は今シーズンから参加された皆さんもよくご存じですが、今日はヒッチアンドゴー、コーナー、ポストコーナー等久しぶり(数シーズンぶり?)に走るコースもあり戸惑われた方も多かったのではないでしょうか(でも小野さんからゲスト参加いただいた萬代ママの息子さんへのポストコーナーは凄かったですね!)?
 その後セットアップを行いましたが、まだ声の出ていない方もいらっしゃるようです。恥ずかしがらずに「パース!右(もしくは左)!」と声を出しましょう。そして、ボールを取ると同時に「ビンゴ!」と大きな声を出しましょう。
 セットアップの後は先週同様5対5のミニゲーム形式の練習です。ディフェンスはカバー2で今回はスクリメージラインから7ヤード以上後ろのディフェンスが1人だけブリッツできるようにしました。オフェンスのプレーは先週同様三浦代表考案の「紙の上では絶対通る」プレーを実行します。ところがその「絶対通るプレー」がなかなか通りません。ひとつにはブリッツを入れた事でQBにプレッシャーがかかったのと、先週も指摘されたようにブレイクポイントがずれてしまっていた事があるように思います。
 でも練習中盤以降はうまく通ったり、結果として通らなかったけれどもレシーバーがフリーになっていたりしていたプレーも多く見受けられたようです(これって途中からプレーコールを出すのが三浦代表から小野さんに交代されたからではないですよね、松尾さん)。
 5対5の練習が終わり、メンバーの方々も「今日の練習はこれで終わりかな?」と思っていらっしゃったところで三浦代表から本日の最終メニューが発表されました。それは「縦の取り上がり」です。
 2か所のポイントで同時にスタートします、5対5の場合と同様にフィールドを横に取り、ボールをキャッチしてもサイドラインを割ってしまったらダメという事にしました。いやー久しぶりの取り上がりは盛り上がりましたねぇ!三浦代表はしきりに「手を振って!」とおっしゃっていましたが、見ているとボールを取るのに夢中になって、ボールの落下地点より随分前から手を振らない人が多く、スピードが落ちているのがてきめんに良く解りました。
 では次回も皆さんと第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています(と言いながら、私は次回の練習はやむを得ず参加できませんので、進戸さんレポートよろしくお願いいたします)。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 19:57| Comment(1) | 2014 AUTUMN

2014年10月07日

10月5日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は台風の接近により開催が危ぶまれましたが、皆さんの行いが良かったせいか開始から終了まで雨が降ることなく無事開催されました。
 まずはパスアップ、前回からできるだけたくさんの方に投げていただくように案内しましたが、今回はその効果が出ていたように感じました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティと続いた後はヒッチ、フック、5ヤードフックのパスコースのおさらいです。今回は4か所に分かれたのですが、すべて中央のQBのコールに合わせて一斉にスタートする事としました。その後はQBのコールに合わせてバックダッシュしながら左右どちらかのパスをインターセプトするセットアップに取り組みました。
 事前の予定では天気も悪いため、この後オフェンスのプレーについての講義をする予定でしたが、お天気も持ちそうでしたので、オフェンスとディフェンス5対5に分かれてのゲーム形式の練習に取り組みました。と言っても今回は特定のユニットを作るのではなく、ランダムに5人がフィールドに出る事にし、ディフェンスはカバー2でブリッツなし、オフェンスはあらかじめ三浦代表が考えたプレーを実行する事としました。三浦代表曰く「紙の上では絶対に通るプレー」ばかりです。
 ところが実際にやってみるとなかなかオフェンスのプレーが通りません。やはりQBが緊張して中々きっちり投げ込めなかった事も多かったようですが、練習後の三浦代表の講評ではレシーバーもブレイクポイントを守っていなかったり、コース取りがきっちりできていなかったりした事も多かったようです。三浦代表によれば関学の練習というのはまず個人の動きをきっちりと練習したあと、システムとして機能するようにされているようで、我々の練習もそのように組み立てていただいているとの事です。したがってシステムとして機能するためには個人の動きがきっちりとしている必要があるとの事です。本当にフットボールって奥が深いですね。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。ところでここで放送部長の中島さんからのお知らせです。いつも練習の様子を撮影いただき、Youtubeにアップしていただいているのですが、Youtubeのアドレスはこの練習レポートのコメント欄にリンクしていただいております。その事をご存じない方もいらっしゃるようですので、ご案内させていただきます。また皆さんからのコメントもお待ちしております。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:30| Comment(2) | 2014 AUTUMN

2014年09月22日

9月21日練習レポート

 皆さん、こんにちは。事前の天気予報では雨天も予想されたため、らくらく連絡網で雨天でもミーティングを実施する旨連絡していましが、予想を覆す好天となった第3フィールドには今日もたくさんのメンバーが集合されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティと続いたのですが、今日のパスアップから「みんなQBができるようになる」ためにパスを受けた人が次にQBの列に並んでパスを投げるようにしてみました。これまでパスを投げておられない方もなかなか良いパスを投げておられたように思います。
 その後5ヤードでブレイクするコースを2種類、ヒッチとポストに取り組んだ後、今日のメインメニューに取り組みました。
まず、5人1組のユニットに分かれてディフェンスはカバー2のゾーンの確認です(ゾーンにコーンを置いて自分の担当するゾーンを確認しました)。
そしてディフェンスの5人のうち1人だけがスクリメージラインを越えてQBにタッチしに行く「ブリッツ」ができるようにしました。ブリッツするディフェンスは最初はスクリメージラインから5ヤード後方にセットする事としましたが、途中から様子をみて7ヤード後方でないとブリッツできない事にしました。
 対するオフェンスはこれまでは横30ヤードで狭いサイドに1人、広いサイドに2人のWR、QB、RBというセットでしたが、今回からはRBの代わりに広いサイドにWRを3人置いたり、RBの位置からWRにシフトしたりできるようにしました。ただしブリッツが入ってもQBのランニングプレイはなしとしました。
 どのユニットもいろいろと工夫したオフェンスを展開されていましたが、セオリー通りにブリッツに入ったディフェンスのいたところに短めのパスを投げたり、カバー2の弱点である奥のサイドゾーンに長めのパスを投げたりされたユニットが多かったように思います。
 そして最後は同じ5人のユニットでキックオフとそのリターンの練習で今回の練習を締めくくりました。
 来週、練習はお休みですが、関西学院創立125周年の日です。関西学院創立の地に隣接する王子スタジアムで大学のチームが神戸大学と対戦するのでぜひ応援に行きましょう!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 16:12| Comment(3) | 2014 AUTUMN

2014年09月16日

9月14日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 シニアファイターズの2014年秋シーズンがいよいよ始まりました。快晴の第3フィールドには早くから大勢の皆さんが集合されました。
 三浦代表から今シーズンの方針として、「ディフェンスはカバー2を極める。」「ブリッツを導入する。」事が発表されました。ブリッツに対抗してランニングプレーをどうしていくかはこれから詰められるとの事です。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は、4か所に分かれてのワンハンドキャッチ、両手キャッチの練習。そしてその後、今回のメインメニューを実施しました。
 それは何とフットボールのボールを使ってのキックベースボールでした(以前にも一度やりましたね)。
 まず進戸・波止・細川・北出の4チームに分けた後、進戸チームVS波止チーム、細川チームVS北出チームで第一試合を実施しました。各チーム大体18名位ですが、守備はチーム全員が入りました。私なんかはなかなかうまくキックできず、ゴロになる事がほとんどでしたが、かえってその方がヒットになったりしました。きれいなキックはかえって守備にキャッチされやすかったようです。
 試合は5回制とし、第一試合は波止チームと北出チームが勝ちあがり、第二試合では波止チームと北出チーム、進戸チームと細川チームが対戦しました。時間の関係で第二試合は5回すべてを行う事はできませんでしたが、3回表で5−0とリードされていた北出チームが3回裏に怒涛の攻撃で6点を奪取し、4回表の波止チームの攻撃を0点に抑え、見事優勝(?)を勝ち取りました。
 最初はキックベースボール?という感じだった皆さんでしたが、終わってみれば大変盛り上がり楽しんでいただけたようでした。
 ではまた来週皆さんと第3フィールドでお会いできる事を楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:37| Comment(3) | 2014 AUTUMN

2014年08月31日

2014秋季シーズン練習スケジュール

 皆さんご無沙汰しております。8月も終わりになりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 大変お待たせいたしました。秋季シーズンのスケジュールをご案内します。今季も皆さん8割ルールで楽しくフットボールをしていきましょう。

◆開始はいずれも10:00〜
 9月14日(日)第1回
 9月21日(日)第2回
10月 5日(日)第3回
10月12日(日)第4回
10月19日(日)第5回
10月25日(土)京大戦観戦(西京極)
10月26日(日)第6回
11月 2日(日)第7回
11月 9日(日)第8回&関大戦観戦(神戸ユニバー)
11月16日(日)第9回
11月23日(日)立命戦観戦(キンチョウ(長居))
11月30日(日)カウカウボウル(雨天決行)
posted by S. FIGHTERS at 11:56| Comment(2) | 2014 AUTUMN