■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2013年07月22日

7月20〜21日シニアフレンドシップ2013 in EXPO

 皆さん、こんにちは。
 昨年我々の有志が東京に遠征して実施した東西のシニアチームの交流が今年も実施されました。今年は、昨年お世話になった江戸川区のチームの方々に関西までお越しいただき、「シニアフレンドシップボウル2013 in Expo」として開催されました。
 まず、7月20日(土)に小林の鳥居で歓迎レセプションが開催されました。参加されたメンバーの紹介が終わる頃には東西のチームの皆さんも打ち解けてあちこちで熱いフットボール談義が行われていました。続いて会場を江戸川のチームの皆さんが宿泊される宝塚ホテルのビアケラーへ移し、更に交流を深めたのですが、次の日の試合に備えて早めに切り上げました(実際はそうでもなかったと聞いています(笑))。
 7月21日(日)は昨年と違って好天の下、エキスポフラッシュフィールドで東西のチームの交流試合が実施されました。
 チーム編成は全部で8チーム、江戸川区の皆さんがライン中心の重量チーム(仮にAチームと記載します)、バックス中心のスピードチーム(Bチームと記載します)の2チーム、そして我々と合同練習されているアルバトロスさんが1チーム、シニアファイターズが進戸、松尾、上村、波止、北出の各代表5チーム(どのチームも大体10名〜12名程度)でした。
 コートは先日の練習試合と同様に横30ヤード×縦54ヤードのコートを2面つくり、奥のコートは江戸川区A、進戸、松尾、上村の4チーム、手前のコートは江戸川区B、アルバトロス、波止、北出の4チームでそれぞれ交流試合を実施しました。
 トーナメント実施の有無等それぞれのコートで若干進行方法は異なりましたが、どのチームもそれぞれ単独で2試合、最後に混成チームで1試合の交流試合を実施し、どちらのコートでも白熱した試合が展開されていました。
 試合終了後は近くのホテル阪急エキスポパークで昼食会を実施し、2日間にわたる交流は終了しました。
 今後の実施方法は未定ですが、東西の交流は続けていく予定ですのでその際はまた皆さんの参加とご協力をお願い致します。小野ディレクターがおっしゃっていらしたように将来的に全国にシニアフットボールの輪が広がっていけば良いですね。
 それでは皆さん、秋のシーズンに第3フィールドでお会いできること、楽しみにしております。

#4 北出 敏之

20130722_EXPO.JPG
posted by S. FIGHTERS at 21:46| Comment(6) | 2013 SPRING

2013年07月16日

7月14日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 シニアファイターズの2013年春シーズンは先週で終了となりましたが、今年は昨年東京遠征でお世話になった江戸川区のチームの方々がこちらにお越しになり、「シニアフレンドシップボウル2013 in エキスポ」を来週7月21日に開催する事となったため、その事前練習が第3フィールドで開催されました。
 ルールは基本的に先週の練習試合と同様に、
「1チーム5人で、攻撃はプレーに参加しないセンターを1人設ける」
「コートは横30ヤード、縦54ヤードとし、縦を18ヤードの3ブロックに分割し4回の攻撃で1ブロックを攻略できれば攻撃権が更新される」
「オープンサイドに必ずレシーバーを2人、ショートサイドにレシーバーを1人、クォータバックの近くにランニングバックを配置」
としましたが、
「レシーバーのブレイクポイントは10ヤード以外でもOK」
「ディフェンスはカバー1〜4でマンツーマンは禁止」
「パントはなし」
としました。
 今回の練習には来週のフレンドシップボウルにも参加いただくアルバトロスさんにも合流いただきました。我々シニアファイターズは全体を4つのチームに分け、アルバトロスさんを加えた5チーム(1チームを2つのユニットに分けておられたチームが多かったように思います)で各チーム2プレイずつで交代しながらプレイの確認を行いました。
 各チームとも工夫をこらしたプレイの連続でサイドラインから見ていても楽しかったですね、来週も暑くなる事が予想されますが、熱中症や怪我に注意して江戸川区のチームの方々との交流を楽しみたいと思います。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:03| Comment(3) | 2013 SPRING

2013年07月10日

7月7日練習試合レポート

 7月7日、春シーズン最後という事で恒例の練習試合を行われました。練習試合とはいえ、いよいよ待ちに待った実戦です。当日は、大勢の方が第3フィールドに集結しました。
 当日、9時過ぎに第3フィールドに到着。眼下には、既に54×30のフィールドが2つ用意されており、フットボールを心から愛するものには、心躍るシチュエーションが目に飛び込んできました。
 まずはフィールド中央にて、ファイターズのイヤーブックに掲載いただくための集合写真を撮影、その後、全体でのウォームアップは行わず、A~Fの6チームに分かれ、即席のチームが構成されました。
 各チームに分かれ、ストレッチから始まり、その後、これまで通りパスアップからウォームアップを開始するチームがある一方、実戦形式のフォーメーションでプレーを確認するチームあり、入念に用意されたプレーを確認するチームあり、早くもそれぞれのチームの個性が垣間見れました。
 10時20分、いよいよ試合開始となりました。1試合20分のランニングタイムにて、各フィールド3チームの総当たりでの試合です(ルール詳細についてはこちらをご参照ください)。
 2つのフィールドでキックオフならぬセンターからのスナップにより試合が開始。ファーストプレーより両フィールドでは、熱い男(女)たちの戦いが始まりました。しかしながら、気持ちと足は空回り、当初は、思うようにダウンを更新できず得点に結びつきません。一進一退のこう着状態が続く中、徐々にオフェンスのパスが通りだし、ゲインを重ねるようになる。同時に、ディフェンスも素早い動きでゲイン阻止、プレーを読み切ったか、それとも偶然なのか、インターセプトにより攻撃権を奪取するなど、当日の暑さを忘れてしまうほど白熱したゲームが展開されました。勝ち負けに拘りつつも、これまでの練習の成果を確認しながらプレーを楽しみました。しかし、試合の中で2名の方が怪我をされてしまいました(その後、いかがでしょうか?)。
 両フィールドでの総当たりの試合終了後、フィールドを40(縦)×54(横)に拡げ、チーム編成を変え試合を再開しました。ワンプレー毎に攻撃・守備側のユニットが交替しエンドゾーンを目指しまた。フィールド幅が広がることで得点機会が増えるかと思われましたが、ゲインを重ねること、そして得点することの難しさを痛感しました。
 春の練習でのテーマの一つ「ブレイクポイント」。実戦では、出来ていませんね(反省)。
 2013年春シーズン最終日という事でその後関西学院会館に場所を移して打ち上げを実施しました。再度、私を含め、今シーズンより新たにS☆FIGHTERSの一員となった方々より自己紹介を頂き、協賛頂いたキリンTシャツ、タオルをジャンケンで争奪するなど楽しい2時間を過ごしました。
 懇親会の最後に、三浦代表より総括を頂きました。総括の中で、発足以来7年を経て、アメリカンフットボールの経験の有無を問わず約150名もの愛好者が集うチームとなったことに感謝されておりました。
 長くなってしまいましたが、今年は、梅雨明けも例年より2週間早く、猛暑が予想されています。くれぐれも、体調管理に気をつけてください。
 秋シーズンが開始される9月まではしばらく間お別れとなります。秋シーズンもまた第3フィールドでお会いできる日を楽しみにしております。同時に、スタジアムでのFIGTERSの応援で皆さんと楽しい時間を過ごせることが、今から待ち遠しくてなりません。

2013年度新人:筒井 康二

20130707_02.JPG
posted by S. FIGHTERS at 18:59| Comment(2) | 2013 SPRING

2013年07月03日

7月7日の練習試合ルール

 皆さん、こんにちは。
 次回の練習は、春の集大成と言う事で、練習試合を行います。パントがルールに入りましたので、少し複雑になっています。時間のある方は、熟読頂き、ご参加して頂けると助かります。

 春の練習では、オフェンスは10ヤードのパスを中心にブレイクポイントを重点的に練習しましたので、レシーバーは10ヤードのブレイクポイントのプレーのみ。ランニングバックは、ハッシュより外側を走れる事とします。
 ディフェンスは練習をしておりませんので、「カバー2」だけで守りきる事としたいと思います。
 チームは、10人/1チームで編成したいと思っています。

 詳細についてはこちらをご参照ください。

 それでは、第3フィールドで皆さんとお会いできる事、楽しみにしています。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:22| Comment(0) | 2013 SPRING

2013年07月01日

6月30日関西学院高等部vs慶応義塾高校定期戦観戦記

 皆さん、こんにちは。
 先日はお暑い中、第60回対慶應義塾高校定期をご観戦頂きありがとうございました。試合の方は、なんとか30−17で勝つことができました。
 少し試合を振り返りますと、慶応のディフェンスは、我々が練習試合で取り入れる「カバー2」が中心で、4−3の体型が多かったです。中でも、4メンラインのタックルがセンターの正面に付き、オフタックルがかなり空いているディフェンスが特徴的でした。一方、関学はキッキングが非常に不味く、パントやフィールドゴールをブロックされる場面がありました。キッカーの蹴るタイミングが少し遅く感じたのは私だけでしょうか。
 高校のフットボールは、近年も相当レベルが高くなって来ています。しかし、我々が参考にするのには丁度良く、選手の動きも大学程複雑ではありませんので、プレーを理解しやすいと思います。是非その様な機会がありましら、観戦に行かれては如何でしょうか。
 いよいよ私達の練習も最後になりました。怪我の無い様、楽しくフィールドで汗を流せたらと思います。もう少ししましたら、練習試合のルールを掲載しますので、熟読頂きたいと思います。
 では、皆さんと第3フィールドでお会いできる事楽しみにしております。

#35 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 12:50| Comment(0) | 2013 SPRING

2013年06月25日

6月23日練習レポート

 みなさんこんにちは。6月最後の練習は、曇天から小雨の中、60名以上の方が参加され行われました。
 練習内容は、以下の通りでした。
・三浦代表によるストレッチ
・ランニングストレッチ
・ワンハンドキャッチ
・10ヤード〜20ヤードパスキャッチ
・捕りあがり
・フック、イン、アウト各パターンパスキャッチ
・7月7日 練習試合の予行練習として1チーム6名編成でフォーメーションチェック
・続いてパント練習、その後リターンチームとのマッチ練習
・捕りあがり
・三浦代表によるストレッチ
 今回は、上述の様に7月7日の練習試合前の最後の練習であったため、普段にも増してみなさん緊張感をみなぎらせながらのフォーメーションチェック&パント&リターン練習でした。パントリターンでは蹴ったボールが予想より伸びて来ず、大学の試合やTVで見ると簡単に捕球していますが、実際にやってみると難しいことが実感できました。(今年新入部員の私にとっては、ボールの投げ方含むキャッチボールからパスキャッチ、またランニングストレッチ等何事も難しく先輩についていくのが精一杯です。ただ、毎回愛知県からですが、楽しく参加させていただいております。)
 練習後のハドルで小野ディレクターからパンターのボールの扱い方;ハンドリングコーチングがありました。お聞きして“なるほど!”と目から鱗でした。そういえばファイターズはじめ各大学チームの試合前練習を見ていると小野ディレクターが言われていたボールのバウンド練習をしていることを思い出し、何事も基本は大事であることを痛感した次第です。
 7月7日は普段の成果を発揮しましょう!!
 以上、今年度 新入部員の松本達彦でした。
posted by S. FIGHTERS at 23:24| Comment(2) | 2013 SPRING

2013年06月20日

6月16日練習レポート

 S☆FIGHTERSのみなさんこんばんわ。またお仕事中に眺めておられる方、お仕事は順調にすすんでいますか?
 報告が遅くなってすみません。活動に本格的に参加して3ヶ月目にもかかわらず、なんとも早、ブログデビューすることになってしまいました。いろいろ理由あって参加できない方にもわかっていただける報告書になればと思っています。
 16日は「父の日」でもあり、また前日15日にはラグビーの日本代表がウェールズ代表をはじめて破ったニュースや、早朝に行われたサッカーコンデレーネーション大会のブラジル代表に惨敗した話題が飛び交う中行われました。
 前日に雨が降り、人工芝が湿っており、 最初はどんよりした曇り空から各々がランニングやキャッチボールをする頃には、晴れ間が見え蒸し暑くなってくるなかパスアップが行われました。多数の仲間が参加の中、三浦代表から挨拶と水分補給やグランドが湿ってますので注意してくださいと諸連絡の後、今日は三浦代表による準備体操、久々の片山さんによる私にとって一番きついアジリティ・ドリルが行われました。
 いったんブレイク後、ワンハンドキャッチ→10ydぐらいのパスキャッチ→15から20ydのパスキャッチの練習。休憩を挟んで、4ヶ所でフックと90度インのブレイクを意識したパスキャッチの練習をしました。今度は2ヶ所でフック・90度イン・アウト・ポストのパス練習があり、QBはレシーバーがブレイクした後すぐ投げることを意識した練習でした。
 今回の目玉で、今年初めてのカバー3によるディフェンスの練習を取り組みました。レシーバーはコースを選択し、ディフェンス2人は声を掛け合ってカバーする練習です。いざディフェンス練習を始めると、ボールキャッチの際はディフェンスが視界に入るとあせったり、ディフェンスの際は、声をかけるのを忘れたり、見事にレシーバーのフェイントに釣られて大きくゲインされました。私自身ディフェンスの練習が初めてだったので新鮮でした。時間を見つけて経験者の方にコツを聞いてみたいです。
 最後に最近取り入れているパントリターンの練習を取り組みました。5人1チームのリターンチームに対して、「走りたくない」という理由もありのパントチームが蹴ってリターナーを止める練習です。パントチームのなかには「無回転」のパントはどう蹴るかが話題の中心になり、滞空時間の長いパントもあれば、特に私ですが、リターンの練習にもならなくて申し訳ないパントもありました。滞空時間の長いパントを蹴れば、運動が得意そうに見える方でも、日差しが眩しかったのでしょうか?ポロポロ落とされていました。
 最後に整理体操をして、今後の予定を連絡して今日の練習を終えました。
 今回はお子さん連れで仲睦ましい光景が見られました。また、練習で指や脚をけがをされる方もおられました。個人的な話ですが、S☆FIGHTERSに参加するに当たって危惧していたことがありました。それは、フットボールは大好きなんですが、無理して翌日以降に筋肉痛で仕事に支障が出ないかということでした。その心配もきちんとした準備運動や整理体操、そしてもっとも苦手なアジリティ・ドリルのおかげで筋肉痛もなく無事に翌日を過ごせてます。大変ありがたい練習メニューです。
 これからも7月7日の「練習試合」や7月21日の「第2回、シニア・フレンドシップ IN EXPO」にむけて、「勝ち負けではなく、けがをしないように楽しむ」を実践していきたいです。
 長々のお付き合いありがとうございました。おやすみなさい。

(文責・かたおか)
posted by S. FIGHTERS at 23:26| Comment(1) | 2013 SPRING

2013年06月10日

6月9日練習レポート

 みなさん、こんにちは。
 どんよりとした曇り空の下で第7回目の練習が実施されました。
 今回は三浦代表の予告通りサプライズゲストが参加してくださいました。三浦代表が学生時代に甲子園ボウルで対戦した明治大学アメリカンフットボール部OBの藤井さんです。

 練習内容は以下の通りでした。

・パスアップ
・三浦代表挨拶
・マダム松村さんによるストレッチ
・ランニングストレッチ
・ワンハンドキャッチ
・10ヤードパスキャッチ
・15〜20ヤードパスキャッチ
・ブレイクドリル
・新メニュー
・ストレート捕りあがり
・再びマダム松村さんによるストレッチ

 今回はブレイクドリルの後で、二つの新メニューが取り入れられました。一つ目は5ヤード走ってパスキャッチした後、外側に走り抜けるキャッチ&ゴードリル、二つ目は藤井さん率いるDBチームとの一対一の競合い、です。ディフェンスと競合いながらのパス練習はおそらく今シーズン初めてだったと思いますが、やはりこれまでのパス練習より捕る側も投げる側も緊張感がありましたし、ディフェンスを振り切るための駆け引きが見れて面白かったです。
 終わりの挨拶にて藤井さんが「久しぶりの運動で太ももがつってしまった」とのことでしたが、また是非ご指導頂きたいです。
 前述の通り今日は曇り空で日差しはありませんでしたが、少し動いただけで汗が噴き出すかなり不快指数の高い日でした。日差しの無い時でも油断せずこまめな水分補給をお願いします。

 以上、安永でした。
posted by S. FIGHTERS at 22:48| Comment(3) | 2013 SPRING

2013年06月05日

6月2日練習レポート

 みなさんこんにちは。
 6月最初の練習は、関西地区の梅雨入りを実感させる曇り空でのスタートとなりました。
 雨の心配をしつつグランドへ降りると、代表の方々がパント練習をしておられ、それを見守るメンバー約60名は、新しいメニューに胸躍らせながらの練習開始となりました。
 練習はいつも通りのパスアップからストレッチとランニングストレッチ。ストレッチでは今シーズンから新しく取り入れた、三浦代表の集中力アップトレーニングも交えながら楽しく体をほぐしました。
 その後はワンハンドキャッチ、ライナー性のパスと進み、今シーズンのテーマとなりつつある「ブレイクボイント」の練習。「ブレイクボイント」ではディフェンスに対してルートを見破られないように、顔は正面を向き、体が後傾しないようにフットボールスタンスを取ってブレイクするよう再確認があり、2ポイント、M字ポイントでの練習をしました。
 そしていよいよパント練習です。キッキングチームは7名でセット。パンターと、6名のカバーがそれぞれ5ydのゾーンを守りながらラッシュします(シニアファイターズ流ルールで、試合では横30ydを使用します)。リターナーは2名でセット。1名がリーダー役となり、キックされたボールの方向を判断して、どちらがキャッチするかを決める、“YOU or ME”コールを行い、キャッチしないリターナーがブロック役にまわります。
 実際に練習がスタートすれば、最初はなかなか上手くできませんでした。紫牟田さんから、キッキングチーム側は横一線でラッシュするのが重要だとアドバイスを頂きました。ラッシュした時にデコボコが出来ると、リターナーがそのギャップを利用してステップを切って抜きにくるので、それを防ぐためです。リターナー側で指導されていた三浦代表からは、捕球する時に膝をついてしまうとニーダウンでボールデット。バウンドしているボールに不用意に触れてしまうと、そのあと相手側に抑えられるとターンオーバーになるので、気をつけるようアドバイスを頂きました。
 私達の応援するFIGHTERSの試合でもパントのシチュエーションは少なからず見ていましたが、実際に体験してみて、キッキング/リターンの難しさを知ることができ、今後の試合観戦でもキッキングチームが出てくると、今までと違った見方ができそうな気がしました。
 今日の練習で手応えを感じられた三浦代表からは、春シーズン最後の練習試合では、パントも取り入れたルールを採用すると発表がありましたので、もっと練習しなくてはと感じながら本日の練習は終了しました。
 そして最後に三浦代表から、来週はサプライズゲストの登場予告がありましたので、皆さん来週の練習を楽しみにしてください。
 それではまた第3フィールドで皆さんと楽しくフットボールができるのを楽しみにしています。

#14 岩田 淳
posted by S. FIGHTERS at 00:18| Comment(4) | 2013 SPRING

2013年05月29日

5月26日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回のレポートは久しぶりに北出が担当させていただきます。
 好天の第3フィールドには大勢のメンバーが参加されました、パスアップの後のストレッチとランニングストレッチはマダム松村と片山さんが欠席されたので、三浦代表が少し苦労されながら指導されていました。
 その後はワンハンドキャッチ、ライナー性のパスと進んでいったのですが、ここでサプライズゲストが登場、昨年度学生日本一に輝いた2012年度ファイターズから、主将の梶原さんと、主務の鈴木さん、そしてエースQBの畑さんが我々の練習に参加していただいたのです!3名の方からご挨拶いただいた後、早速練習に合流いただきました。4箇所のポイントで練習したのですが、畑さんがQBに入られたポイントには長蛇の列ができていました。キャッチされた皆さんは「あの畑さんのボールをキャッチした!」と興奮ぎみに語っておられました。
 メニューはその後、2箇所のポイントで片方は10ヤードアウト、もう一方はポストのコースのパスキャッチの練習に移り、最後はそれぞれのコースでの、恒例の取り上がりで終了しました。三浦代表も畑さんに負けじとパスを投げておられましたが、はりきりすぎて腰を痛められたようで、今日は歩くのもままならないそうです。みなさん8割ルールを忘れないようにしましょうね。
 また、今回同様今後も暑い中での練習となりますので、帽子等の日よけ対策と十分に水分を補給する事にこころがけるようにしましょう。
 ではまた皆さんと第3フィールドでお会い出来ること楽しみにしております!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 00:42| Comment(5) | 2013 SPRING

2013年05月21日

5月19日ピクニックレポート

 皆さん、こんにちは。
 5月19日(日)は、午前中は晴れていたものの、午後からは予報通りの雨となりました。
 この日は第3フィールドが使えない為、もともと「アジュール舞子」でBBQの予定でしたが、午前6時39分に波止代表から、BBQは中止し明石界隈の散策に切り替えるとのメールが入りました。
 午前11時30分、JR舞子駅には、蔦谷さんのご令嬢ノンちゃんを含む5人の女性と17人のシニア戦士たちが集合しました。
 早速、波止代表を先頭に、そぼ降る雨の中を明石海峡大橋に向けて進軍です。傘をさしながらの行進ですが、傘もささずに黙々と歩く凛々しいお姿…鮮やかなオレンジ色のレインウエアに身を包むレスキュー隊員と思いきや、進戸代表のお姿でした。流石です。
 チケット売り場では、20名以上の団体割引が適用されて一人300円の入場料に超ラッキー!40円saveです。明石海峡大橋の麓から24人乗りの大型エレベーターで一気に50m上空の「舞子海上プロムナード」へ。高い!ガラス張りのホールからは、雨に煙る景色。眼下にはBBQが予定されていたアジュール舞子のホテルや三井アウトレット、波頭高く波打つ瀬戸内海、東西に往きかう船舶が見降ろせます。まさに天空の天守閣。
 いよいよ明石海峡大橋直下に設けられたプロムナードの順路に沿っての散策です。通路に沿って進みますが、通路の床にはところどころに透明な硬質プラスチックの板が設置されていて、海を真下に見下ろします。怖い!足を乗せるには相当な勇気が必要で、皆さんキャーキャー言いながら、へっぴり腰での行進です。高所恐怖症の人には、とてもお勧めできません。
 そんな中、透明なプラスチック板の上でピョンピョン飛び跳ねている御仁がいるではありませんか!みると石田副隊長です。流石の怖いもの知らず…と、思いきや、なんと彼は幅50cmx長さ150cmほどのその小さな透明な板の上に土下座して、額を床にこすりつけてしまいました!まるで、イスラム教徒がコーランのお祈りをする様です。視界に海だけを入れようというのでしょうか!?ついに高度50mでの変性意識状態を体験されているかのようで、近寄り難いオーラが。。。その一方では、どうしてもバンジージャンプがしたかった松尾代表はちょっと物足りなさそうでした。。。
 こわ〜いプロムナードデッキの散策を終えたら、丁度ランチタイムです。雨も降っていたので、「餃子の王将」への移動はあきらめ、プロムナード横の「Tom's Cafe」にて軽く生ビールとスナックで済ませようと。。。でも、皆さん、たこ揚げ、明石焼き、たこカレー、穴子丼、そばめし、などなど結構注文しておられました。レジで前払いをして注文するのですが、そこは天空のカフェ、普段22名もの注文が一挙に来る事はないのでしょう。一人ひとりのビールが出てくるのがとても遅かった〜。ビールグラスも形がまちまちで、他と違ってジョッキ型のグラスにラッキー!とはしゃぐ松尾代表。それとは裏腹に、最後にビールにありついた波止代表は、どーしてもすり切れ一杯の泡が欲しかったのか、グラスに9分目の量に不満たらたら。ここは、ビールもボールもぎりぎりまで追い詰めないS☆FIGHTERSの8割ルールを順守しまして乾杯と相成りました。
 お昼を終えて13時。大橋の麓に戻り、加藤さんの標準装備キャノンPowerShotで集合写真をパチリ。次の目的地「明石市立天文科学館」へと進軍です。山陽電車「舞子公園駅」発13時40分、「人丸前(ひとまるまえ)」駅下車、徒歩3分。1994年に向井千秋さんが宇宙に連れて行ったメダカの子孫の青い目にウインクをして、14階の展望台へ。。。三浦代表、細川、加藤、波止、上野、平谷、山崎の突撃隊員はエレベーターを使わずに237段の階段で登頂に成功。ハーハー云いながらの見学です。
 14時30分からの50分間はプラネタリウム体験です。星空を眺めながらのリラックスタイム。解説者:井上敦さんは、ジェットストリームの城達也さんを思わせる魅力的なお声。北斗七星から北極星へのほんのさわりの解説部分で、既に周りからはグースカいびきの合唱が…天空が南へ移動してオーストラリアの星空に南十字星が輝く頃には数人の御仁は夢の中を旅されていたご様子でした。。。
 「天文科学館」を後にした一行は、「人丸前駅」プラットホーム上を横切る東経135度の子午線上で記念写真をパチリ。乗車時間約47秒のお隣「明石駅」へ。明石駅に着いてびっくり!駅構内には、「セントクン」が!!平常遷都1300年を記念した奈良県のキャラクターで、頭に鹿の角を生やしたキューピーさんみたいな人形です。ビックリの訳は、今回の隊員の加藤さんのTシャツのお腹にもセントクンがプリントされていたのです!記念に、セントクンのツーショット!加藤さんの御顔も、どことなくセントクンのような…そしてセントクンのお人形と手を繋いでいた加藤さんは、子供さんを胸にまるでご家族の様でした。
 セントクンに別れを告げた一行は、明石駅前「魚の棚商店街」へ。居並ぶ魚屋さんを見ながら、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。遂に、三浦代表から、「入りますか!」と一声が。明石に来たからには、やっぱり「明石焼き」でしょう。(地元の方は「たまご焼き」と云うそうです)。16時10分「かねひで」に突入!ビール17本、明石焼き165個(15個/皿x11皿)をペロリ。ここで、上野さん、平谷さん、西本さんは早退です。
 17時丁度、雨も上がり、いよいよ本日のメインイベント!ITALIAN&SPANISH BAR 「Olive! Olive」へと場所を変え、ここから参加のSu−さん(奥村さん)を加えての再突入!タパス10種盛り、サラダ、パエリャ、お飲み物はと云えば、スパークリングワイン、赤・白ワインなど12本が空になったのでした。話の中身…???如何に事実のみを報告すべきレポーターではありますが、この2時間だけは、皆さんのご想像にお任せしたいと思います。
 つたない文章を長々とお読み頂きありがとうございました。
 本日レポーターを拝命しました#23山崎喜博でした。
posted by S. FIGHTERS at 20:36| Comment(3) | 2013 SPRING

2013年05月13日

5月12日練習レポート

 皆様こんにちわ。
 4月からなんとか無事2年生に進級しました(したつもりの)上野です。初めてレポートさせていただきます。
 五月晴れの第3フィールドに大勢の方が集まられました。今回は、クラブチーム「アルバトロス」さんとの合同練習です。
 まず、石田代表から(三浦代表は、諸般の事情で遅れられるとの事です)、朝の挨拶。そして軽く片手、両手パスアップ、お久しぶりのマダム松村さんのエアロビ&ストレッチ、片山さんのランニングストレッチで連休明けのなまった身体を徐々にほぐしていきました。気温もぐんぐん上がり、もうこの時点で汗だく状態です。
 軽くブレイク後、本格的にバスアップに入りましたが、さすがは皆さん日頃の練習の成果か、「ナイスキャッチ」「ナイスバス」の連続でした。
 ここでいよいよ三浦代表の登場です。今日のテーマは、「ブレイクボイント」ですと、そして結構ハードな練習になるとの激が飛びました。「ブレイクボイント」とは、攻撃時にいかに敵に対してどこに進むのかを見破られないようにするかが肝で、顔も目線も常に正面を向き、足幅は肩幅に開き、体重移動は後ろに傾かないなど細かな指示もいただきました。
 「ブレイクボイント」を3箇所やM字に取り入れたパスアップ後、10ヤードフック、インそしてポストと続きました。三浦代表からは、「ブレイクボイント」をキッチリ意識して、決して下を向かない、正面向いて敵に自分の進む方向がばれないようにと何度も指示をいただきました。
 そして最後は、最近恒例になった全員での取り上がりです。
 特にブルーナイツの方の投げ、走り、捕球の素晴らしさ、アルバトロスさんの肩の強さには一同感心致しました。
 そして、再びマダム松村さんによるストレッチ&クールダウンにてあっという間に2時間が過ぎました。かなり充実した練習内容でケガをされた方もなく、楽しい1日でした。改めて三浦代表以下各代表方々には御礼申し上げます。
 なお、波止代表から、来週(5/19)は、第3フィールドが利用できないため、アジュール舞子にてBBQとフットボールゴッコの予定なのでお間違いないようにと、案内がありました(詳しくはらくらく連絡網にて連絡有ります)。
 三浦代表からは、ブレイクボイントは、パスを通すための重要なテクニックなので、しっかりと身につけて欲しい事と、7月21日エキスポフラッシュフィールドにて昨年お世話になった東京チームと対戦しますと発表がありました。
 最後に、石田代表からは、熱射病対策で練習時は、帽子を着用してくださいと指示がありました。

 今年度入部の方が皆さん非常に優秀なので、かなりあせって、個人練習の時間を大幅に増やしている、、、♯51 上野 和彦でした。
posted by S. FIGHTERS at 23:49| Comment(3) | 2013 SPRING

2013年04月22日

4月21日練習レポート

 みなさんこんにちは。今回のレポートは 重田 が報告させて頂きます。
 今シーズンの本格的な練習は本日が初日となり、昨夜よりの雨を心配していましたが,少し肌寒い小春日和の第3フィールドに 約50名の方が参加され無事開催されました。
 練習開始を楽しみにされておられた方、体がなまって来た方も、シーズン中大きな怪我の無い様 8割ルールを意識し、体力・健康を増進させましょう。
 先ず、ストレッチ前にパスキャッチの練習を行い、その後、三浦代表の指導による柔軟体操、ランニングストレッチ後、本日の メニューの説明を頂きました。
 メインメニューは 「10ヤードフック」「10ヤードアウト」でのキャッチです。
 それに向け、下記の練習を行いました。
 @ワンハンドキャッチ。
  三浦代表より「ボールの先端を見て、ボールを握る様なイメージを意識して下さい。」との指摘。
 A5ヤードでの振り向きざまのキャッチ。
 B10ヤード先での山なりのキャッチ。
  ここでは「最後迄ボールを良く見る。」との指摘を頂く。
 ブレイク後、本日のメインメニューです。 改めて、代表よりレシーブは「ボールから目を離さず、掌を開いた両手の親指と人指し指をつけて輪をつくり、ボールを輪に入れる。下部のボールは掌を広げた両手の小指をつけキャッチ。」が基本である説明を頂く。
 CQBより8ヤード離れた場所所よりスタート。2ヤードランを行い、フック。
 Dその後、2ヤードランを行いアウト。
 E引き続き、10ヤードフルラインでフック。
 F10ヤードフルラインでのアウト。を行いました。
  EFでの注意点は「ランニング後のフック時、弧を描いて曲がるのでは無く、曲がる方向の外側の足を軸として、鋭角に方向転換。又、アウトの走行時、体をQB側に向け無い様。」との説明を頂く。   
 G最後は 久しぶりの《取り上がり》を行いました。
 本日の練習は以上でしたが、今回のレポートの下準備用に 自ら6割ルールを適用し、皆様の練習を いつも以上に意識して見学させて頂いた所、ずいぶん勉強をさせて頂きました。
 特に、パスキャッチが上手な方は、 
 ・体は進行方向へ向け、手を伸ばしたまま走らず、パスされたボールのキャッチ付近で初めて手を伸ばされる(私は、代表が注意された様に 体がQB側に向いている気がします)。
 ・地面付近の捕球は、屈むのでは無く、腰を落とし、両脇をしっかり締め捕球される(私は、腰を落としているとは思うが、脇はしっかり締めていない)。
 ・両手で確実に捕球される(私は、何度かは、胸で抱きかかえキャッチをしてしまう)。
等です。
 又、本日は 強風(甲山下ろし?) だった為、QBの方々の パスタイミングを把握する難しさを、十分感じさせて頂きました。
 いつも以上に苦労されておられ、特に、最後の《取り上がり》時には、レシーバーの走行速度・風の方向・強さを 考慮され投球時の角度・力・軌道等をかなり意識されているのが、ひしひしと伝わりました。本当に、本日のQBの方々 ありがとうございました。
 本日の練習で、私の様に QBの楽しさ/難しさを理解され、改めて「QBをやってみたい。」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
 次回、ぜひ挑戦してみて下さい(ちなみに、私は 四捨五入の60肩で遠投はもう無理です)。
 最後に 三浦代表より 今シーズンに 『パント・パントリターンの 練習を取り入れるかもしれない。』との報告がありました。又、楽しみが増えそうです。
 それでは次回(5月12日) 第3フィールドでお会いしましょう。

重田 史生
posted by S. FIGHTERS at 23:26| Comment(5) | 2013 SPRING

2013年04月17日

4月14日 FIGHTERS DAY レポート

 皆さん、こんにちは。
 春真ん中の絶好の日和の中、ファイターズデイが実施されました。大学選手以外に高等部・中学部・初等部・OB・ブルーナイツ・ファンクラブ・近隣小学校の皆さん。そして我々シニアファイターズの参加でファイターズファミリーが集結しました。

 結論から申し上げます。

 昨年度学生日本一に輝いた関西学院大学ファターズは、試合以外でも日本一だという事を改めて思い知らされた素晴らしい一日でした。審判・チェーンクルー・受付・ゴミの後始末・コーディネーターに、関学選手・マネージャー・トレーナーの方々が裏方に徹して丸一日サポートいただきました。信じられない気持ちです。改めてお礼申し上げます。

 さて、その素晴らしい一日を恐縮ですが、記載させていただきます。

【10:00】ファイターズ選手によるパート別練習(我々はもちろん見学)
 個人的にはパスの捕球の仕方を中心に見学しました。選手の皆さんは、まさに基本どおり胸の前に両手でやわらかくキャッチしていたのが印象的で、シニアでは、捕球時に良く耳にする、鈍い「ゴン」と肋骨に響く不協和音や、あきらかに突き指したと思われる痛々しい音は殆ど聞こえません。

【10:30】選手による紅白戦(我々はグランドに降りて特別に見学)
 身内同士の紅白戦とは言え、気合の入ったプレーと声援で、圧倒されました。なにより、てきぱきとしたハドルとプレーを目の当たりにできた事は貴重な経験でした。ハドルの時間は、約7秒。シニアファイターズが誇るエースQBのH川さんの実に100分の1の時間で次のプレーが始まります。又、真後ろで分析チームの皆さんが活躍されている姿も初めてで大変印象的でした。

【12:00】紅白戦終了。
 ここで、もう一つ特筆すべき素晴らしい出来事がありました。
 ファイターズOBの亀井直樹さん(2010年卒)と婚約者の方(実はシニアファイターズ部員のご令嬢)が、ご成婚前の写真撮影の為に思い出深い第三フィールドに立ち寄りました。実は、お二人は、当初中央広場のみの撮影で、第三フィールドへの立ち寄りはご遠慮していましたが、我々シニアが半ば強引に第三Fまで連行してきたのでありました。
 突然の出来事にもかかわらず、ファイターズの選手・関係者が、グランドに二列に整列し、その間を二人が通り拍手で迎えられました。鳥内監督・小野ディレクターも祝福され、最後に新郎新婦も観客席に向かって挨拶され、見学者からの暖かい拍手で祝福ムード満載でした。
 大変印象的なシーンで、ここでも改めてファイターズファミリーの凄さを体感しました。

【12:30】いよいよ、タッチフットボール・フラッグフットボールのゲームの始まりです。
 フィールドを3つに区切り、Div.Aは、OBチーム、大学生チーム、高校生チーム。Div.Bに、中学部vsシニア、Div.Cでは、ブルーナイツや初等部、近隣の小学生が試合を行いました。
 ここからは、Div.B中心のレポートです。
 中学部が3チーム。シニアは、代表が各リーダを務める形で、進戸チーム/松尾チーム/波止チーム/北出チーム/細川チームの5チームが総当り戦で参戦しました。先月まで中学1年2年生と、未だあどけなさの残る中学部選手に対し、80%ルールとは口先だけの、大人気ない大人の集団が力の限りを尽くして襲いかかります。体のキレと走力の速さに勝る中学部と、Cへのショートパスやショベルパスを多用するシニア。引き分けが多く互いに譲りません。
 後半になると、中学部のランを多用した作戦が我々の脚力を確実に消耗させられましたが、シニアのメンバーも、伊達に仕事をサボってプレイコールを練り上げてません。随所に小野ディレクターも唸る秘策を繰り広げ、対抗。ほぼ互角の勝負を繰り広げました。
 結局、頭一つ抜け出したチームが現れず、唯一勝ち星に恵まれなかった細川チームを除く7チームによる華麗なるジャンケン大会に姿を変え、激戦による激戦の末、最後まで大人気なかった波止チームが強奪して終了しました。

【16:00】最後に全チームが集まり結果発表。
 優勝チームは、Div.A:ハドルズ、Div.B:波止チーム、Div.C:B Team、との事でした。
 集合写真で皆仲良く写真に収まり、素晴らしいファイターズデイが終了となりました。何より負傷者・退場者がでなかった(と思っています)事がとても良かったと思います。
 これも最初に申し上げましたが、ファイターズの皆様のサポートのおかげです。

 我々の拙い熱戦の中で、ふと目を移すと、チェーンクルーとして健気に立っている選手の皆様に気づき、イベント終了後に黙々とゴミ箱を整理しているマネージャーさんを目撃し、つまらんおやじギャグにも軽く笑顔で聞き流してくれた選手方に感動し、ボールペンを快く貸してくれた受付の皆様に感謝し・・・。どのように感謝を表現して良いかわかりません。
 本当にありがとうございました。

以上、唯一勝ち星に恵まれず惨敗した細川チーム所属の橋本#80 でした。
posted by S. FIGHTERS at 20:09| Comment(6) | 2013 SPRING

2013年04月10日

4月14日「FIGHTERS DAY」について

みなさんこんにちは。
今週末14日(日)は「FIGHTERS DAY」となっております。
イベントの詳細についてはメーリングリストでご案内いたしますので、ご確認ください。
メールが届いていらっしゃらない場合は、コメント欄にお寄せください。
日曜日、第3フィールドでお会いできることを楽しみにしております。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 08:58| Comment(0) | 2013 SPRING

2013年04月06日

4月7日練習中止のお知らせ

みなさんこんばんは。

明日4月7日は春のシーズン初日の予定でしたが、強い低気圧発生による悪天候が予想されますので、中止とさせていただきます。
悪しからずご了解ください。

次回は14日の FIGHTERS DAY です。
第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 19:29| Comment(0) | 2013 SPRING