■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2012年07月17日

7月15日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は春シーズン最後という事で恒例の練習試合を行いました。
 まずファイターズのイヤーブックに掲載いただくための集合写真を撮影した後、チーム分けを行いました、6チームに分けたのですが今日は三浦代表と石田代表が審判を務められるので残りの松尾、進戸、上村、波止、北出の各代表に加えて三浦代表からの指名を受けた細川さんをチームキャプテンとしました(1チーム12〜14人程度)。
 Aチーム(細川)、Bチーム(松尾)、Cチーム(北出)、Dチーム(上村)、Eチーム(波止)、Fチーム(進戸)としA・D・EチームをAブロック、B・C・FをBブロックに割り振りそれぞれのブロック内で総当たりで試合をし、各々のブロックの勝者による決勝戦を行う事にしました。
 ルールは下記の通りとしました。

 ・フィールドを横にとり縦54ヤード、横30ヤードのフィールドでゲームを行う。
 ・ハッシュは10ヤード間隔とし、その間でボールを移動させる。
 ・キックオフ、パントはせず、攻撃はハッシュマークから始める。
 ・1試合20分のランニングタイムで1試合に1回だけタイムアウト(1分間)が取れる(その間時計は止まる)。
 ・タッチダウンは6点、タッチダウンした後はエンドゾーン3ヤード手前からTFPを行い、成功すれば2点が与えられる。
 ・タッチは基本的に行わず、ボールデッドは審判が判断する。
 ・ハドルは正式に25秒の計時は行わないが、あまりにも遅い場合は審判の判断でディレイオブゲームを取る(罰退5ヤード)。
 ・オフェンスはQB、WR3人、RBの5人で別に攻撃に参加しないセンターを付ける(今回Aブロックは児玉さん、Bブロックは鳥谷さんに務めていただきました)。
 ・WRの配置は必ず広いサイドに2人、狭いサイドに1人とし、ボールオンが中央の場合はWRが2人のサイドを広いサイドと判断する。
 ・RBはQBの近くにセットし、ランニングプレーを展開する場合は必ずサイドラインから5ヤード以内のオープンサイドにしか展開できない(ただしスクリメージラインを越えた場合はカットバックできる)。
 ・RBがボールを持って走り、パスを投げても構わない。
 ・WRのモーションは禁止。
 ・QBのスクランブルは禁止、プレーが崩れて投げられないと審判が判断した場合はそこでプレーが終了する。
 ・WRはLBやSをブロックしてはいけない。
 ・ディフェンスは5人でカバー1〜カバー3の隊形で守る。
 ・ディフェンスは最初にセットした隊形からシフトしてはいけない。
 ・カバー1のみマンツーマン、カバー2、カバー3は必ずゾーンで守る。
 ・ディフェンスのスクリメージラインを越えてのブリッツは禁止。

ルール説明の後は各チームに分かれてストレッチや練習を行いました、そしていよいよ
試合開始です。
AブロックはAチーム対Dチームが0−16、Aチーム対Eチームが6−8、Dチーム対Eチームが8−6で2勝0敗のEチームが決勝に進出しました。
BブロックはBチーム対Cチームが6−6、Bチーム対Fチームが14−0、Cチーム対
Fチームが0−6で1勝1分けのBチームが決勝に進出しました。

 決勝戦はじゃんけんに勝ったDチームの先攻で始まりました。
 4thダウンでQB紫牟田さんから上村さんへのロングパスが成功し一気にゴール前まで進みましたが、続くシリーズはエンドゾーン内でのタッチダウンパスが失敗。パス成功と思われるもエンドゾーンを越えてしましアウトオブバウンズでパス失敗。3rdダウンのパスも失敗し4thダウンとなりますが、ハドルが解けるのが遅くディレイオブゲームを取られてしまい5ヤード罰退。QB紫牟田さんが放ったパスは成功しましたが1stダウンには届かず攻守交代となりました(この時点で試合時間は残り14分)。
 Bチームの攻撃はまずQB田中さんからのパス成功で8ヤード前進した後、QB松尾さんから高橋さんへのロングパスが成功しゴール前」10ヤードまで進みます。続くプレーでQB田中さんから鷺野さんへのコーナーのパスが決まりタッチダウン。TFPのパスは失敗しましたが、Bチームが6−0と先制します(この時点で残り10分)。
 返しのDチームの攻撃はQB吉田さんのアウトのパスが成功し7ヤード前進しますがその後の攻撃が続かず攻守交代となります。
 Bチームの攻撃はQB田中さんから鷺野さんへのロングパスはオーバースローとなり失敗、続くQB松尾さんから高橋さんへのパスを大岡さんが見事にインターセプト!攻撃権は再びDチームに移ります(この時点で残り5分)。
 自陣3ヤードからの1stダウンの攻撃はQB紫牟田さんから西岡さんへのロングパスが成功し一気にゴール前20ヤードまで迫ります。QB吉田さんのパスは失敗しましたが、2ndダウンのQB小林さんから山本さんへのフックパス、QB紫牟田さんのパスが立て続けに成功し1stダウンを獲得します(この時点で残り3分)。次のプレーでQB吉田さんの選択したプレーはランニングプレー。このプレーコールが的中し見事タッチダウン!スコアはこの時点で6−6の同点となりました。TFPでQB吉田さんが投げたパスは成功するかに思えましたが、鷺野さんがこのパスをカットしDチームがリードを奪う事はできませんでした。
 返しの攻撃でタッチダウンを奪って勝利に結び付けたいBチームですが、この時点で残り時間はあと1分。あまり時間をかけていられません。QB松尾さんの選択したプレーは高橋さんへのロングパスですが、これは成功せず残り30秒となった時点でBチームがタイムアウトを要求します。
タイムアウト後の2ndダウンの攻撃はQB田中さんがまたロングパスを投げますが惜しくも失敗。ここで審判から次のプレーがラストプレーである旨コールされました。
 QB松尾さんの選択したプレーは当然エンドゾーンめがけてのロングパスです。フィールドのみんなが固唾を飲んで見守るなかきれいな放物線を描いたパスは惜しくも失敗。決勝戦は6−6の引き分けに終わりました。

 2012年春シーズン最終日という事でその後関西学院会館のポプラに場所を移して打ち上げを実施しました。
 お忙しい中出席いただいた小野コーチからは先週の東京遠征の報告や、今後シニアチームの交流を全国に広げていきたいといったお話をいただきました。
 今シーズンから参加いただいた方々に自己紹介いただいた後、ブログ大賞の発表を行いました。これはブログを盛り上げるためにブログにコメントいただいた方の中から投稿回数、内容等を考慮し選定させていただきました。
 まず特別賞をYOU TUBEに練習風景をUPしていただいた放送部 中島さんと、バレーボール練習の爆笑コメントを投稿いただいたワイルドな萬代パパに進呈させていただきました。
 そして第1回ブログ大賞は投稿回数の多さと一部読者からは判読が難しかったと評判だった内容から元杉さんに進呈させていただきました。副賞は「正しい日本語の書き方」です(というわけはなく、大賞、特別賞とも豪華ファイターズグッズを贈らせていただきました)。また来シーズンからは練習レポートに関しては以前のように指名されたメンバーによる持ち回り制にさせていただく事も合わせて発表させていただきました、指名された方はご協力お願いいたします。
 最後に三浦代表に総括をいただきました。総括で三浦代表もお話されていらっしゃいましたが、この5年間でS☆FIHTERSが本当に素晴らしいチームになった事は皆さんも実感されていると思います。そして今後もますますフットボールの輪を地域、年代を越え広げていくために皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。
 長くなってしまいましたがこの秋にまた皆さんと第3フィールドでお目にかかれるのを楽しみにしています。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:38| Comment(8) | 2012 SPRING

2012年07月10日

7月7日〜8日東京遠征レポート

 皆さんこんにちは。
 7月7日(土)8日(日)の2日間は、有志による東京遠征が「シニアフレンドシップボウル2012 in EDOGAWA」として実施されましたので、以下簡単にレポートさせていただきます。
 この東京遠征は、我々S☆FIGHTERSの生みの親である小野コーチが、同期の日本大学OB石井様(江戸川区アメリカンフットボール連盟副会長)を中心に色々と交流されるなかで、東京にもシニアのチームがある事、ただしそのチームはフルスタイルのアメリカンフットボールをされている事、等々のお話が出て、東西のシニアチームの交流を図りたいという事がきっかけで実施されました。
 7日(土)午前7時45分に梅田のハービスエントバス乗り場に集合した三浦代表以下20名のメンバーは、一路東京めざして特別手配の阪神バス(3列シート29名乗り、ほぼ新車)に乗り込みます。途中伊勢湾岸道刈谷PAで1名ピックアップし、宿泊場所であるホテルシーサイド江戸川に到着したのは午後4時30分頃でした。
 小野コーチや上村代表他も合流されて午後6時から同ホテルにて歓迎レセプションを開催していただきました。レセプションには、江戸川区副区長の山ア様や江戸川区アメリカンフットボール連盟会長の川瀬様、理事長の逆井様をはじめ、今回交流させていただくUNDER59ers、OVER39ers の方々にもご出席いただきました。会場内では1981年の甲子園ボウルの映像も流され、小野コーチの現役時代の雄姿に歓声が上がっていました。
 大変盛り上がったレセプションの後は宿泊する部屋に戻ってミーティングを実施しましたが、明日に備えて早めに就寝しました。
 翌日は生憎の雨でしたが、会場の江戸川区臨海球技場に着くころには小降りになり、途中からはすっかり良い天気になりました。
 午前9時の開会式の後は、先ほどご紹介したUNDER59ers、OVER39ersの方々によるスクリメージのデモンストレーションです。スタイルされているととてもシニアと思えない若々しさでしたね。
 そして今回実施するS☆FIGHTERS流ルールによるタッチフットボールの競技説明の後は交流試合の開始です。
 グラウンド(最新式の人工芝の立派なグラウンドでアメリカンフットボールのラインも引かれていました)を横に使用し、縦54ヤード、横30ヤードのフィールドでゲームを行いました。
 UNDER59ers、OVER39ers、S☆FIGHTERSをそれぞれ2チームに分けて、まずAブロック、Bブロックそれぞれ3チームによる総当たりでブロック優勝を決めて、ブロック優勝のチーム同士で決勝戦を行いました。
 1チームは5名でオフェンスはQB、WR3人、RB1人(これと別に攻撃参加できないCを1人つけました)。WRは必ず広いサイドに2人配置し、QBのランはできない事、RBが走る場合は目安として置かれたコーンの外側しか走れない事としました。
 試合時間はランニングタイムの20分間です。
 ディフェンスはカバー1〜カバー3とし、スクリメージラインを越えてのブリッツはできない事としました。我々S☆FIGHTERSは当日参加されたメンバーも含めて31名(+数名のゲスト参加)でしたのでAブロック、Bブロックとも3ユニットずつで回していきました。
 Aブロックは3チームとも1勝1敗ずつとなりましたが、得失点差で見事我々S☆FIGHTERSがブロック優勝を飾る事ができました。
 Bブロックは残念ながらS☆FIGHTERSは0勝2敗で、2勝0敗のOVER39ersがブロック優勝となり、決勝に駒を進められました。
 決勝戦はコイントスに勝ち先攻のOVER39ersに最初のシリーズでタッチダウンを奪われ、その後のTFPも決められ8−0とリードされましたが、返しのシリーズで小野コーチからゲスト参加いただいた萬代亮さんへのタッチダウンパスが見事成功。TFPも決まって8−8の同点に追いつきました。
 次のシリーズはOVER39ersのパスを見事インターセプトし、ゴール前まで迫るものの逆にインターセプトされてしまい攻守交代。そのシリーズでタッチダウン、TFPを決められ16−8とリードされてしまいました。
 返しのシリーズではパス2本を続けて成功した後、QB大倉さんからのピッチを受けた平谷さんのランニングプレイで大きく前進。その後のプレイで見事タッチダウンパスが決まって16−14としますが、同点を狙ったTFPは残念ながら失敗して追いつく事ができません。
 ここで試合時間は残り1分程度となり逆転するにはOVER39ersからインターセプトを奪って早めに攻撃を取り戻すしかありませんが残り時間は刻一刻と少なくなっていき試合終了となりました。
 表彰式の後は全員で記念撮影をして2日間にわたった東京遠征は無事終了しました。
 今回の遠征では江戸川区アメリカンフットボール連盟および関係者、UNDER59ers、OVER39ersの方々、協賛いただいた企業の方々やその他大勢の方々に大変お世話になりました。この場を借りてお礼を述べさせていただきます。本当にありがとうございました。
 また、どのような形になるかは具体化されていませんが、このような交流は今後も続けていきたいと思いますので、その際はS☆FIGHTERSの皆さんもぜひ参加とご協力をお願いいたします。
 もちろん往復のバスの中では愉快なエピソードやちょっと泣ける話などいろいろあったのですが、それはまたの機会とさせていただきます。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:42| Comment(5) | 2012 SPRING

2012年07月05日

7月1日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は晴れ男の松尾代表の神通力もおよばなかったようで、残念ながら雨となりましたが、事前にご案内していたように雨天決行としていたため50名弱のメンバーが参加されて実施されました(前回のレポートに松尾代表がコメントされていたように雨が降ったので三浦代表と松尾代表は頭を丸めておられました、お二人の責任感の強さには頭が下がりますね(笑))。
 グラウンドの状態が良くなかったので、最初は講義棟で三浦代表による講義です。
 まずは三浦代表の現役時代のFIGHTERSの練習メニューを解説いただき、現在S☆FIGHTERSでやっている練習メニューは基本的にはFIGHTERSの練習メニューをもとに我々に合わせてフットボールの基本的な事を理解できるように構成いただいている事を説明していただきました、したがってその時々の練習の目的を理解するように意識してくださいとの事でした(練習メニューのお話のウエイトトレーニングのメニューの「自衛隊」「人間団扇」のくだりはとてもおもしろかったですね)。
 続いては今回のメインメニューである「プレーのナンバリング」の解説です。
 フットボールでは25秒のハドルの間に次のプレーを決める必要があるのですが、それを可能にするのがこのナンバリングなのです。チームによって独自な呼び方をしているようですが、関学のシステムをもとにしている我々はブレイクポイントを10ヤードとし、パスコースにそれぞれ数字を割り振ります。その法則はQBから見て内側は奇数、外側は偶数として、QBから見て右側のレシーバーの場合フックは1、インは3、ポストは5、外側のフックは2、アウトは4、コーナーは6、そしてまっすぐのストリーク(もしくはフェイド)は8とします(QBからみて左側のレシーバーの場合は逆になるのでフックが2、インが4、ポストが6、外側のフックが1、アウトが3、コーナーが5となります)。そしてそれに各々の隊形と組み合わせたコールをする事により、複雑な打ち合わせを一瞬にすませる事ができるのです。例えば、右サイドにレシーバーを2人、左サイドに1人配置し、ランニングバックは右サイドに配置。レシーバーのコースは右からポスト、アウト、コーナーといった事を「右プロ、(ランニングバック)右、5、4、5」といえばすむのです(もちろんすべてナンバリングでやっているではないようですが、そのあたりの詳細についてはまたの機会という事にさせていただきます。)。
 プレーコールのナンバリングの解説の後は、実際に三浦代表がコールされたプレーを指名されたメンバーがホワイトボードに書いてみる事をやってみました、最初は同じ数字でもQBから見て内側、外側が違うと逆のプレーになる事がわかりにくかったようですが、2〜3回続けると皆さんしっかり理解されたようですね。
 こういった講義を一時間ほどやった後で雨もおちついたようなので、グラウンドに出て、実際にナンバリングによるプレーコールを体験してみました。
 5人1組のチーム(QB、WR3人、RB1人)に分かれて最初は三浦代表がコールされる通りにセットしてからレシーバーがそれぞれのコースをちゃんと走れているかをチェックします。その後は各々のチームでプレーを決めてレシーバーがちゃんと走れているかをチェックしました。途中雨が強くなる事もありましたが、本格的なフットボールごっこをやっている我々はそんな事もおかまいなしでプレーの打ち合わせに夢中になっていました。
 早いものでS☆FIGHTERSの2012年春シーズンも残りわずか。来週の有志による東京遠征、そして7月15日の練習試合と打ち上げで終了となります!すでにご案内していますが、打ち上げ参加ご希望でまだ申込みされていない方は当ブログのコメント欄にご記入いただきますようお願いたします。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 06:58| Comment(5) | 2012 SPRING

2012年06月25日

6月24日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は前回のレポートでもお知らせしたように、グラウンドが使用できないために前々回、前回に進戸代表が撮影いただいたビデオ映像でディフェンスについて勉強するミーティングを実施しました。

 まずはカバー1(これはまだ今シーズンは練習していませんが)、カバー2、カバー3の隊形についてホワイトボードで確認しました。
 三浦代表から、ゾーンディフェンスで注意するポイントとして以下の事をアドバイスいただきました。
@ 各々の担当するゾーンを意識して、ディフェンス全体としてどこが弱いかを把握する。
A レシーバーが自分の担当するゾーンから他の人の担当するゾーンに出て行った場合は声を掛けあって連携する。
B QBがボールを投げるまでは自分のゾーンを離れてはいけない。
C ディープゾーンを守る人はレシーバーに抜かれないように。
D カバー3のラインバッカー、カバー2のセーフティー等自分の担当するゾーンが広い場合はまっすぐ下がるのではなく、広い視野を保ってななめ後ろにさがる。
E ランニングのオープンプレーを止めるにはインサイドアウトに動く事。ランニングバックに中にカットバックされるとロングゲインにつながるので、ラインバッカーは真横に動いてはいけない。外肩(サイドライン側の肩)をとられないように守る事→ここは文章ではわかりにくいと思います。ミーティングでは三浦代表、石田代表、紫牟田さんに実演していただきました。今回参加できなかった方も次回の練習でこの3人の方を見かけたらもう一度実演していただくようお願いしてみてください。

 そしていよいよビデオ観賞です。全体を見渡せるアングルからの映像は各々の動きが良く解って勉強になりましたね。ナイスプレーも残念だったプレーもこれからの参考になります。
今日はディフェンスに主眼をおいたミーティングでしたが、オフェンスに関しても三浦代表からは、
@ ゾーンを縦に開ける(広げる)のか横に開けるのかを意識してプレーを選択する事。
A QBはレシーバーが空いてから投げるのではなく、パスコースにブレイクした時点で投げる事。
といったアドバイスをいただきました。

 いよいよ春シーズンの練習も7月1日と15日のあと2回となりました。また、第3フィールドでお目にかかれるのを楽しみにしています。
(自分の映っている場面では自分が気になって他は見ていなかった)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:23| Comment(1) | 2012 SPRING

2012年06月18日

6月17日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習はお天気が非常に心配でしたが、全国数千万人のS☆FIGHTERSメンバーの祈りが通じたのか、好天の第3フィールドで60名強のメンバーが参加されて無事実施する事ができました。
 パスアップ、久しぶりのマダム山田の指導によるストレッチ、三浦代表の指導によるランニングストレッチ、アジリティの後に、先週と同じくセットアップ〜ディフェンスを2人付けて前の人が弾いたボールを後ろの人がキャッチするセットアップと続けた後、いよいよ本日のメインメニューである「カバー2」のディフェンスに取り組みました。
 先週は「カバー3」だったので一列目に2人、二列目に3人がセットしましたが、今日は一列目に3人、2列目に2人がセットします(本当のフットボールと違って我々は隊形を理解しやすくするために一列目はスクリメージラインから5ヤード、二列目はスクリメージラインから10ヤードの位置にセットします)。
 カバー2は後ろのゾーンを2人で守るためにどうしても左右のサイドライン際が手薄になりがちです、今日はそのあたりを実感してもらうためにオフェンスのパスコースは「フック」「アウト」「ポスト」「コーナー」に絞りました。
 まずは5人1組のチーム分けをした後(全部で12チームできました)、先週同様に各々のチームがまず自分の担当するゾーンを確認します。そして、@QBがパスを投げ込む、ARBを1人付けてパスかランを選択する練習をした後で、チーム毎の対戦練習に移りました。まずチーム1〜6がディフェンス、チーム7〜12がオフェンスにまわりました(その後オフェンスとディフェンスを交代)。
 オフェンスはセンター、QB、RB、WR2人でセンターはスナップのみでレシーブできない、WR2人は左右にそれぞれ1人ずつセットする事にしました。
 前回同様三浦代表はスポッター用のやぐらの上でディフェンスの動きをチェックされています。その横では進戸代表がビデオ撮影をされています。
 先週の練習で感覚をつかまれたのかスムーズに練習でいきていたように思います。ポジションもチーム内でローテーションされていろいろなポジションを経験されているチームが多かったようですね。三浦代表からは「今日は実際の試合と違って場所が移動しないので、しっかりつけていたようですが、実際の試合は前後に移動していくので今後はそのあたりを意識してみてください。」とアドバイスいただきました。
 来週はグラウンドの都合で、先週と今週撮影したビデオを使ってミーティングを実施する予定です。自分ではできているつもりでもビデオを見ると全然できていなかったりするのがよくわかるのでそれもまた勉強になりますね。
 7月1日の練習の後7月7日(土)〜8日(日)は有志による東京遠征です。参加枠に5名程の空きができましたので、参加をご希望される方はコメント欄にその旨明記いただくか、我々代表までお申し付けください。往復貸切のバスで7日(土)は7:45梅田集合、18:00〜レセプション、8日(日)は8:30〜12:00まで交流試合を実施した後、14:00頃出発し22:00頃梅田帰着予定です。参加費用は25,000円程度を予定しています。
 ではまた第3フィールドでお会いしましょう。

(今日は久しぶりに小野コーチの「三浦に怒られるかもしれないけど…」が聞けてうれしかった)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 17:42| Comment(3) | 2012 SPRING

2012年06月11日

6月10日練習レポート

 皆さん、こんにちは。3週間ぶりとなった今回の練習には60名弱のメンバーが参加されました。
 パスアップ、片山さん指導のストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティと進んだ後、セットアップを2種目こなしました。
 最初は通常のセットアップ。QBの5ヤード前方に正対したディフェンスがQBのコールによりスタート、バックダッシュしながら「パス!」「右(もしくは左)!」と声を出しながらQBの投げたボールを一番高い地点でキャッチ(インターセプト)する練習です。
 続いて昨シーズンもやったのですが、ディフェンスを縦に2人ならべて(距離は前の人がQBから5ヤード、後ろの人が10ヤード)まず前の人がわざとボールを弾いて、そのボールを後ろの人がキャッチする練習です。先々週のバレーボールの影響かトスどころかアンダーハンドでレシーブされていた方もいらっしゃったようです(その前にそんな低いボールを投げたQBが悪いという話もありますが…)。
 その後はいよいよ本格的にディフェンスの練習、今日は「カバー3」に取り組みました。
 今シーズンもカバー2およびカバー3の練習をした事がありましたが、その際はグラウンドの片翼だけ使用したためカバー2といっても後ろのゾーンを担当するのは1人だけだったので、どうしても自分の担当するゾーンを意識するのが難しかったのではないでしょうか。
 そこで今日はグラウンドを両翼使用して、マーカーで各ポジションの担当すべきゾーンをあらかじめマーキングしてみました。
 まず1チーム5人にチーム分けし(11チームできました)、各チームがそれぞれゾーンを確認しました。今日はカバー3ですのでスクリメージラインから5ヤードの地点にラインバッカー2人が左右のハッシュマークのあたりにセットします、10ヤードの地点にはコーナーバックとセーフティーが3人ならびます。
 各々のゾーンを確認した後はQBが1人だけでディフェンスチームにパスを投げ込みディフェンスのメンバーは各々の担当するゾーンを意識して動きます。続いて@ランニングバックを1人付けてオープンのランニングプレーもしくはパスを展開、Aランニングバック1人+レシーバー2人(今日は左右に1人ずつとし、片側2人のツインセットはなし)で練習を続けていきました。
 その間三浦代表はスポッター用のやぐらの上からディフェンスの動きをチェックし、おかしなところがあればメガホンで指摘されていました。
 1人の担当するゾーンは結構広かったですね、皆さんとまどいながらも楽しそうに練習に取り組んでおられたように思います。三浦代表からは「ディフェンスが下がる場合、2列目(コーナーバックとセーフティー)はまっすぐ下がって良いが、1列目(ラインバッカー)は担当するゾーンが左右に広いため斜め後ろに下がるように」「QBが右を向くと一斉に右の方に動く場合が見受けられたが、QBがボールをリリースするまでは自分のゾーンを離れないように」といったアドバイスをいただきました。
 そして「これで終了してしまうと皆さん物足りないでしょうから…」と最後はパスの取り上がり(コースはレシーバーが好きなコースを選択)で本日の練習は終了しました。皆さん結構ポストやストリークの長いコースを選択されていたようでしたね。
 さて、三浦代表によれば来週は「カバー2」に取り組むとの事です。今から楽しみですね。

(神戸ボウルではここでキックオフリターンタッチダウンしかないなぁという場面でその通りになって少し驚いた) 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:09| Comment(5) | 2012 SPRING

2012年06月07日

6月3日ピクニックレポート

 みなさん、こんにちは。
 先週に引き続き今週も第3フィールドが使用できないため、恒例となったピクニックを実施しました。
 行先は池田の五月山。当日の朝は少し雨も降りお天気が心配されましたが、集合時間の午前11時には持ち直し無事出発する事ができました。
 参加人数はお子さん3名を含む総勢20名。まずは日本一小さい五月山動物園を見学しました。アルパカやウォンバット、ワラビー等にすっかり癒された後はいよいよ山道に突入です。最初はいろいろとにぎやかだったメンバーも次第に無口になっていきましたが、それでもときおり通過する絶景のスポットや吹き渡る風にだんだんと心が洗われていくように感じました。
 出発から1時間30分ほどたってようやくお楽しみのお弁当タイムです。手作りのお弁当自慢をされる方々も多かったようです。
 昼食後は下り坂が続きます。顔は笑っていないのになぜかひざが笑ってしまいます。
池田城跡で鯉にえさをやった後は池田駅近くの落語ミュージアムを見学して午後3時30分頃に無事ピクニックは終了しました。
 先週のバレーボール、今回のピクニック等、S☆FIGHTERSでは今後もフットボール以外の催しを開催する予定ですので、「こんな事がしてみたい」「あそこにいったらどうか」というご希望・ご提案のある方はコメントいただくなり、直接我々代表にお申し出ください。

(レポートの作成が遅くなったのは決して反省会のせいでないと思いたい)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 02:11| Comment(1) | 2012 SPRING

2012年05月29日

6月3日ピクニックのお知らせ

 皆さん、こんにちは。
 今回は来る6月3日(日)のご案内です。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、前回と同様、関学第3フィールドが使用できないため、次の内容でピクニック(五月山散策)を楽しみに行きたいと思います。

※ピクニックの実績:甲山登山、関学〜香枦園浜散策及び酒蔵巡り、JR宝塚線廃線跡散策

 皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加頂きます様、よろしくお願い致します。
 なお、今回は雨天中止とさせて頂きますので、中止の場合は当日8時迄にブログをご確認ください。

日時:6月3日(日)11時集合
場所:阪急宝塚線、「池田駅」改札口前(1箇所しかありません)
持物:お弁当、飲み物、おやつ、ビニールシート、(双眼鏡)等々

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 00:04| Comment(0) | 2012 SPRING

2012年05月28日

5月27日バレーボール・デイ

 皆さん、こんにちは。今回の練習は第3フィールドが使用できないため、北夙川体育館にて「バレーボール・デイ」と称してS☆FIGHTERS初めての試みとしてフットボール以外のスポーツに挑戦しました。
 今回のバレーボールは、バレーボールの経験者かつ指導者である萬代パパを総監督として、萬代ママ以下のS☆FIGHTERSでのバレーボール経験者の皆様方に練習をご指導いただきました。
 まずは体育館に入る前にストレッチした後チーム分けです。萬代総監督を除いてちょうど7人ずつの4チームができました。
 練習メニューは、@レシーブ練習 A2段レシーブ(最初の人がレシーブしたボールを次の人がトスする) Bアタック練習(なんとAクイックなるものも練習しました) Cサーブレシーブを、第3フィールドでの練習以上に濃い密度でこなした後(だって1チーム7名で経験者の方が指導側に回る場合もあるのですぐに回ってくるんですよ!)、1試合15点先取のラリーポイント制で、試合を行いました。
 本日の特別ルールは、@1チーム7人制でセッター(経験者の方に務めていただきました)を除く6人はローテーションする Aサーブは任意の位置から、通常のサーブでなくとも投げ入れても良い Bレシーブはワンタッチ、ツータッチのいずれかは通常のレシーブでなく、キャッチして次のプレーヤーにパスしても良いとしました。
 まず、1班と4班が対戦し15対7で4班が勝利、続いて2班と3班が対戦し15対7で2班が勝利しました。その後の3位決定戦は15対12で3班が、決勝戦は15対10で4班が勝利。優勝した4班には豪華賞品が…渡されることもなく本日のバレーボール・デイは無事終了しました。
 いやー、バレーボールも実に楽しかったですねぇ。私自身高校以来30年以上ぶりにバレーボールをさせていただいたのですが、この楽しさは何だったのでしょうか?
 やはりS☆FIGHTERSの基本姿勢の「無理をしない」「できない事を責めるのではなく、できた事をほめる」の上に萬代総監督の熱血指導とご協力いただいた経験者の皆さんの熱意があったからこそこの楽しさがあったのではないかと思いました。
 すごくシステマチックだった練習メニューの詳細等については、萬代総監督がコメントいただけるのではないかと勝手に思っています。

(打ち上げ以外であんなに雄弁な萬代パパを初めて見た) 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 23:59| Comment(7) | 2012 SPRING

2012年05月22日

5月27日バレーボールデーのご案内

 既にお伝えしておりますように、来週27日は第3フィールドが使用できませんので、下記要領でバレーボールをして遊びたいと思います。
 当日の飛び入り参加も大歓迎ですので、お時間の合う方は是非ご参加ください。

・集合 12:15 苦楽園口駅西口改札
   (直接行かれる方は12:30に体育館へお越し下さい。)
・場所 北夙川体育館(西宮市樋之池町11番33号)
・持参物 体育館シューズ等の上履き

※終了後に懇親会を予定しておりますので、こちらの方も奮ってご参加ください。

 尚、5月8日付けでお知らせしたスケジュールと、時間・場所とも変更になっておりますのでご注意ください。
posted by S. FIGHTERS at 09:01| Comment(0) | 2012 SPRING

5月20日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は薄曇りながらも気持ちの良い天候の下、50名強のメンバーが参加されました。
 パスアップ、三浦代表によるストレッチ、ランニングストレッチ、ワンハンドキャッチ、10ヤード以内のライナー性のボールのキャッチと続いた後、今シーズン初めてのセットアップというメニューに取り組みました。
 昨シーズンまで参加されていた皆さんはご存じの通り、QBの5ヤード後方に正対して、QBの合図とともにバックダッシュし、QBが右か左か指示した方向に斜めに下がりながらQBの投げたボールをキャッチ(ディフェンスという設定ですのでインターセプト)するというメニューです、QBの合図とともに「パス!」「右(もしくは左)!」(キャッチすると)「ビンゴ!」と大きな声を出す事にしていましたが、皆さん声は出ていましたか?
 ブレイクの後は先週の予告通り「3対3の鬼ごっこ」をしました。まず3人1組となり、オフェンスとディフェンスに分かれます。オフェンスはQBとRB(ランニングバック)とWR(ワイドレシーバー)で前回同様にパスもしくはオープンサイドへのランニングプレーを選択します。
 ディフェンスはQBの前に1人、WRの前に1人、その中間に1人で仮にQBの前の人をディフェンスA、中間の人をディフェンスB、WRの前の人をディフェンスCとした場合、AとCがスクリメージラインの5ヤード後方、Bが10ヤード後方にセットするパターンと、AとCがスクリメージラインの10ヤード後方、Bが5ヤード後方にセットするパターンの2種類としました(前者がカバー2で、Aがラインバッカー、Bがセーフティー、Cがコーナーバック、後者がカバー3で、Aがセーフティー、Bがラインバッカー、Cがコーナーバックに相当しますが、今日の時点ではそのあたりは詳しく説明をしませんでした)。
 オフェンスも本来なら相手の体系を見て攻め方を考えるべきなのでしょうが、今日はあくまでも「鬼ごっこ」なのでそのあたりは深く考えずにオフェンスとディフェンスのやりとりを楽しみました。
 とはいえフットボール好きが集まった我々S☆FIGHTERSの事、オープンのランニングプレーと言われているのに真ん中のドロープレーを選択して三浦代表に注意されたり、ピッチを受けたランニングバックからのパスを繰り出したりといろいろなプレーを工夫されていたようです。
 対戦形式となるとアドレナリンの分泌量が増えるのか、8割ルールをつい忘れがちになってしまいますが皆さん体は大丈夫でしたか?
 さて、来週と再来週は第3フィールドが使用できないので、来週5月27日は13時から北夙川体育館でバレーボール、再来週6月3日は池田山でピクニックの予定です。集合時間、持ち物等はまたこのブログでご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。そして6月からはいよいよ本格的にディフェンスの練習に取り組む予定ですのでお楽しみに。

最近マダム山田のストレッチ&エアロビクスがないので少し寂しい #4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 08:59| Comment(5) | 2012 SPRING

2012年05月14日

5月13日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今このレポートを筋肉痛と格闘しながら作成しています。
 今回の練習は好天の下、60名ほどのメンバーが参加されました。高木さんプロデュースによる新ユニフォームも申込みされた方々に届いたようで、着用率が高かったですね(着用されていた方々は皆さんとても嬉しそうでした)。
 練習内容は今回初めてランニングプレーに取り組みました。
 パスアップ、三浦代表によるストレッチ、ランニングストレッチ、背面キャッチ、10ヤード以内でのライナー性のボールのキャッチと進んだ後、三浦代表から「鬼ごっこをしましょう!」との発表がありました。
 まず、オフェンスはクォータバック(QB)がフィールド中央にショットガンの位置(スクリメージラインから5ヤード後方)にセットし、ランニングバック(RB)がQBの斜め後ろ1〜2ヤードにセット、ワイドレシーバー(WR)のセットするハッシュマークの手前あたりにはコーンを置きます。ディフェンスはラインバッカー(LB)がQBに正対してスクリメージライン後方5ヤードにセットします。
 QBからピッチもしくはハンドオフを受けたRBは好きなようにワイドオープンを走ります。ディフェンスは実際のフットボールでは最初はパスかランかがわからないので、パスにも対応できるように最初は2ヤードくらいさがってからRBを追いかけます(実際のフットボールでは、ディフェンスラインにカバーされていないラインメン=アンカバードラインメンの動きをキーとしてランかパスかを判断するのですが、そのあたりを説明すると長くなるので、どなたか詳しい方がコメントくださるのを期待しましょう)。
 次にディフェンスをLBに加えてコーナーバック(CB)をWRの前方5ヤード位にセットして同様の鬼ごっこをしました。
 最後はオフェンスにWRを追加して、あらかじめQB、RB、WRでプレーを決めてパスを選択しても良いようにしました。いやーこの練習も楽しかったですね。RBとディフェンスの攻防、コース取りと追いかけ方の駆け引き等、やっていても見ていても楽しい練習でした。
 三浦代表からは、「LBの基本は内側を抜かれないようにRBを外に追い出すようにする事。その際真横に移動してしまうとそこに大きなゾーンが空いてしまうので注意する。」「CBは外側を抜かれないようにする。」「LBはRBを外側に追い出しながらCBとLBでクサビを打ち込むように挟み撃ちにする。」等のアドバイスをいただきました。
 次回5月20日の通常練習では、更にディフェンスを3人にして、「3人対3人の鬼ごっこ」をするそうです。楽しみにしておきましょう。
 また、5月27日は別の体育館でバレーボール、6月3日はピクニックと通常練習とは違う形式で行いますので、集合場所、時間、必要な持ち物等、随時このブログ上でご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。「ブログ大賞」もスタートしましたので、これまで書き込みされた事のある方もない方もどしどし書き込みをお願いいたします。

実は新ユニフォームを嬉しそうに着ていた #4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:38| Comment(4) | 2012 SPRING

2012年05月07日

4月29日練習レポート

(事務局よりお詫び)レポートは早々にいただいておりましたが、掲載が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

====================
 皆さん、こんにちは。先週がお休みだったので2週間ぶりとなった今回の練習は天候にも恵まれ(少し暑すぎる位でしたが)、60名強のメンバーが参加されました。
 パスアップ〜ストレッチ〜ランニングストレッチ〜アジリティの後は、10ヤード位の距離の両手キャッチ、QBがレシーバーの真後ろから浮かせたボールを投げてレシーバーがそのままキャッチする背面キャッチ、20ヤード位の距離の両手キャッチに取り組みました。特に背面キャッチは皆さん苦労されていたようですが、三浦代表からは「ボールの先を見るように」「手を出すのが早すぎるとスピードが落ちる」とのアドバイスをいただきました。
 ブレイクの後は「カール」「フラット」という2種類のコースに取り組みました。
まずは「カール」。これは先週やった「ポスト(10ヤードで斜め45度内側にブレイクする)」に行くと見せかけて15ヤードくらいの時点でQBに向ってカムバックするというコースです。ディフェンスバックはレシーバーに抜かれない事を意識しているために途中でQBに向ってカムバックされるとなかなかつく事が難しいからです。
 つづいて「フラット」。これは5ヤードアウトが5ヤードまでまっすぐ走ってその後直角に外側にブレイクするのに対して、最初から斜め外側に走って最終的に5ヤード位の距離を確保するコースです。
「カール」「フラット」とも最初はボールを投げずに走ってコース取りを確認しました。
三浦代表からは「カールはレシーバーがカムバックした時点でQBがレシーバーに向ってキャッチボールするのと同じ感覚で投げ込むように」、「フラットは5ヤードの時点でQBを振り返り、QBはそこにリードボールを投げ込むように」とのアドバイスをいただきました。
 最後は先週に引き続きコンビネーションパスに取り組みました。もちろん今日取り組んだ「カール」と「フラット」のコンビネーションである「カール・フラット」です。
片山さん他有志の方々にアウトラインバッカーを想定したディフェンスについていただき、QBはディフェンスのついていない方のレシーバーに投げます。
やはりコンビネーションパスの練習は「フットボールしている感」がいっぱいで楽しかったですね。片山さんあたりはどちらにつくかわからないような「いやらしい」ディフェンスでQBを惑わされていらっしゃいました。
 そして無事練習が終了、最後のストレッチの際に片山さんから「今日も一人腰を痛めて早退された方がいらっしゃったようですが、腰を痛めないためには腹筋と背筋のバランスが大切。背筋は日常生活でも立っているだけである程度使いますが、腹筋は意識して使わないとどんどん衰えます、1日10回でも良いので腹筋をすると腰を痛めにくくなります。」とご自身の体験をもとにしたアドバイスをいただきました。
 さて、来週は練習がまたお休みとなりますので次回の練習は5月13日となります、ご注意ください。

腰を痛められた特に名を秘すメンバーの方が気になった、#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 23:07| Comment(3) | 2012 SPRING

2012年04月18日

4月14日ファイターズデー/15日練習レポート

 みなさん、こんにちは。
 今回は通常の練習の前日に、ファイターズデーという催しが開催されましたので、合わせてレポートさせていただきます。

【4月14日ファイターズデー】
 まずは14日の土曜日、午前中は若干雨も残り肌寒い天気でしたが、午後からは天気も回復した第3フィールドでファイターズデーが開催されました。
 午前中は若手メンバーを中心とした現役ファイターズの紅白戦です。
 通常見る事ができないファイターズVSファイターズの試合ですが、今回は何とグラウンドに降りて、しかもスクリメージラインから20ヤード後方のフィールド内での観戦が可能でした。目の前(本当にすぐ目の前)でのハドルや激しいぶつかり合いにもう大興奮でした。
 「KAU KAUさん」によるケータリングの昼食を取った後は3つのディビジョンに分かれてのタッチ&フラッグフットボール大会です。
 ディビジョン1がファイターズOBと高等部・大学フレッシュマン、ディビジョン2が中学部と我々S☆FIGHTERS、ディビジョン3が初等部とブルーナイツで、ディビジョン1と2がタッチフットボール、ディビジョン3がフラッグフットボールでそれぞれ対戦しました。
 我々は中学部と対戦する前に、何と現役ファイターズ選抜と対戦する機会を設けてもらいました。さすが現役諸君のスピードとキレは凄いものがありましたが、我々も何とか1本タッチダウンを決める事ができて面目躍如です(現役の諸君が花を持たせてくれたという説もありましたが…)。
 その後はいよいよ中学部との対戦です。我々は松尾、上村、北出の3チームに分かれて中学部の4つのチームの合計7チームによる総当たり戦(実際には時間の関係で途中までとなりましたが)により優勝を競います。
 ルールはセンターをつけた6人制でパスラッシュはなし、一試合ランニングタイム6分(くらいだったとおもいます)で大体一試合3シリーズ(したがって先攻有利)でした。
 戦前の予想では中学部のスピードとテクニックに太刀打ちできないという意見が大半でしたが、ふたを開けてみると意外とおじさんたちが善戦というか大健闘。結局対中学部では1回引き分けたものの他はすべて勝利し、全体でも3勝0敗だった松尾さんチームが見事ディビジョン優勝を勝ち取りました。そしてMVPにはファーストプレイでのスナップキャッチミスからのセイフティをものともせずに古川さんへのロングタッチダウンパスを決めた細川さんが選ばれました(松尾さんチームの優勝は事実ですが、MVP云々は私の頭の中だけでの事です)。
 この日は朝から一日中ファイターズを中心として、小学生から我々シニアまでが和気あいあいとフットボールに取り組み、第3フィールドは小野コーチがおっしゃるようにまさに「フットボールパーク」となっていました。

【4月15日 通常練習】
 前日に引き続き好天に恵まれた第3フィールドには60名強の皆さんが参加されました。
 前日も参加されたメンバーの中には反省会で反省しすぎた方や、筋肉痛で歩行もおぼつかない方もいらっしゃったようですが、練習に先立ち三浦代表や今回も参加いただいた小野コーチから「体調管理にはくれぐれも気を付けて無理しない」「気分が悪くなったり、体調がおかしいと思った際は、まわりのメンバーに声をかけてからすぐに練習から抜ける」といった事項を徹底するように連絡がありました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、ワンハンドキャッチ、両手キャッチと進んだ後、10ヤードフックと5ヤードアウトでブレイクポイントを確認しました。特に5ヤードアウトはブレイクした時点でスピードが落ちる事が多いので注意するようにとの指導をいただきました。
 その後は今シーズン初めてのコンビネーションパスに取り組みました、QBはフィールド中央に位置し、インサイドレシーバーがハッシュマークあたり、アウトサイドレシーバーがハッシュとヤード表示の数字の中間あたりにセットし、インサイドレシーバーが10ヤードフック、アウトサイドレシーバーが5ヤードアウトを走ります。そしてQBはアウトラインバッカーを想定したディフェンス(今回は小野コーチや上村代表他にディフェンス役を務めていただきました)のつかない方のレシーバーにボールを投げます。
 一気にフットボールらしくなり、とても楽しい練習でしたが、QBはタイミングが難しく、特に5ヤードアウトのレシーバーに投げる時はどうしてもタイミングが遅くなってしまうケースが見られました。
 そして最後のメニューは今シーズン初めてポストというコースに取り組みました。これはレシーバーが10ヤードでブレイクして45度内側に走りこむコースです。QBはレシーバーがブレイクした時点でレシーバーが走りこむであろう地点に高いボールを投げ込みます。ロングパスのキャッチというフットボールの醍醐味を体験できるメニューですが、レシーバーはパスをキャッチしようとするとどうしてもそちらの方に意識がいってしまいスピードが落ちてしまいがちなので、最後までしっかりと腕を振るように指導いただきました。最初はなかなかQBとレシーバーの呼吸が合わない場面もあったようですが、皆さんだんだんとコツをつかまれたようで、最後にはナイスパス、ナイスキャッチを連発されていました。
 こうして今回の練習も無事終了、来週はグラウンド使用の都合でお休みですので、次回の練習は4月29日となりますのでご注意ください。
 ではまた皆さんと第3フィールドでお会いできる事を楽しみにしています。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:23| Comment(3) | 2012 SPRING

2012年04月09日

4月8日練習レポート

 皆さん、こんにちは。2012年春シーズン2回目の練習はお天気にも恵まれ、60名弱のメンバーが参加されました(正門前の桜は開花していましたが、まだ見頃ではなかったのが残念でした)。
 三浦代表ご指導の体操(さる事情による肉離れは完治されたようでした)、マダム山田によるストレッチ、再び三浦代表によるランニングストレッチ、アジリティの後はワンハンドキャッチ、両手キャッチ(両手キャッチの最後は取り上がりも行いました)と進んだ後はヒッチというパスコースに取り組みました。
 これはレシーバーが5ヤードでQBの方に振り返ってその場にステイし、QBはレシーバーの胸に投げ込むというコースです、ディフェンスは通常レシーバーとある程度(5〜7ヤード位)の距離を置いてセットするので、レシーバーがまっすぐいくと見せかけて5ヤードで振り向いてステイしてパスをキャッチする事により確実にゲインする事をねらうプレーです。最初はなかなかタイミングが合わない事もあったようですが、次第に皆さんナイスキャッチを連発されていました(このヒッチからは今年から参加された方々も一緒に練習しました)。
 続いて三浦代表から「少し遊びをとりいれましょう!」という事で、レシーバーのほかにランニングバックをつけて、ヒッチでパスをキャッチしたレシーバーが走ってきたランニングバックにボールをピッチするヒッチラトラルというプレーに取り組みました。
 これはなかなかレシーバーとランニングバックの呼吸を合わせるのが難しかったのですが、複数の動きを組み合わせる事により、一気に「フットボールをしている」感が高まり、面白かったですね、三浦代表はそのあたりの面白さを感じてもらいたかったようで、あまり細かい指導をなされなかったようですが、経験者の和田さんによれば「ランニングバックはどうしてもレシーバーからのピッチを受けるタイミングを調整するためにピッチを受ける前にスピードを落としがちだが、そうではなく最初にゆっくりめからスタートしてピッチを受けた後にトップスピードで走れるように」というアドバイスをいただきました。
 そして最後は10ヤードフックのおさらいをして今回の練習は終了しました。
 4月中はこのようなメニューの練習を実施し、5月からは今シーズンのテーマであるランニングバックのスイープに取り組む予定ですのでお楽しみに。
 なお、今シーズンの参加申し込みは次週4月15日で締切とさせていただきますので、検討中の方はぜひ第3フィールドにお越しください。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:34| Comment(2) | 2012 SPRING

2012年04月06日

4月1日練習レポート

 皆さん、こんにちは。2012年春シーズン第1回目の練習は数日前の陽気に比べれば少し肌寒い天候ではありましたが、初参加の方を含めて80名程のメンバーが参加されて実施されました。
 三浦代表は左太もも裏肉離れのため、今日はサイドラインからのご指導です(肉離れにいたった事情についてはここで述べることは控えさせていただきます、どうしてもお聞きになりたい方は事務局までご一報願います)。
 マダム山田が欠席されたので、片山さんにストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティをご指導いただきました、今日は現役FIGHTERSがグラウンドの半分で練習されているため、皆さん自然と気合が入っているようです。
 ブレイクの後は初心者組(今日も小野コーチにご指導いただきました!)と通常メニュー組に分かれて練習開始。通常メニュー組はワンハンドキャッチ、両手キャッチと進んだあとは5ヤードアウトに取り組みました。まずボールを使わずにQBのコールでスタートして5ヤードできっちりブレイクして90度外側にコース変更するメニューです。片山さんからは自分ではちゃんとブレイクしているつもりでもどうしても外側にふくらみがちですが、そうするとディフェンスに前に入られてインターセプトされてしまうので内側に戻るくらいのつもりでブレイクするようにアドバイスをいただきました。
 その後実際にQBがボールを投げての5ヤードアウトに挑戦です。皆さんナイスキャッチを連発されていましたね。
 そうしているうちに今日の練習は無事終了しました。今シーズンからの参加を検討されている方は来週および再来週まで新規入会を受け付けていますので、入会申し込み書を当ブログからダウンロードされご記入いただきご持参願います。またイヤーブックの登録がお済みでない皆さんは当ブログにある登録用紙にご記入いただいたものをUSBメモリ等の記録媒体に保存いただきご持参ください。
 ではまた来週も第3フィールドでお目にかかれる事を楽しみにしています(きっと来週は正門前の桜も咲いているでしょうね)。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:35| Comment(3) | 2012 SPRING

2012年03月22日

春季シーズン日程のお知らせ

みなさん、こんにちは。
本日現在の春季日程をお知らせいたします。是非奮ってご参加ください。

4月 1日(日)練習@ → 申込み受付
4月 8日(日)練習A → 申込み受付
4月15日(日)練習B → 申込み受付
4月29日(日)練習C
5月13日(日)練習D 及び 高等部兵庫県決勝観戦
5月20日(日)練習E<訂正>
5月27日(日)ピクニック OR 他グランド練習<訂正>

6月 3日(日)ピクニック OR 他グランド練習
6月10日(日)練習F
6月17日(日)練習G
6月24日(日)練習H
7月 1日(日)練習I
7月 7日(土)〜8日(日)東京遠征(有志)
7月15日(日)練習試合
7月22日(日)予備日

新規申し込みの方は、第3回目まで受付をしております。どなたでもご参加いただけますが、必ず当クラブに関する基本情報(趣意書、活動方針、申込手続き、ルール、アクセス)についてご確認いただき、ご理解の上お越しください。
↓↓S☆FIGHTERS基本情報↓↓
http://seniorfighters.sblo.jp/category/687807-1.html

それでは第3フィールドでお待ちしています。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 23:26| Comment(0) | 2012 SPRING