■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2018年11月13日

11月11日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。先週がグラウンドの都合で練習できなかったため、2週間振りとなった今回の練習にも数多くのメンバーが参加されました。
 練習に先だって三浦代表からあらためてパスの取り方の基本のお話がありました。
@上半身でのパスキャッチは両手の親指と人差し指で三角形をつくり、そこでキャッチする。
A下半身でのパスキャッチは両手の親指と小指で三角形をつくり、そこでキャッチする。
Bオーバースローのパスをキャッチする場合、自分の左から飛んできたパスは右手をのばして、自分の右から飛んできたパスは左手をのばしてキャッチする(逆にするとボールに届かない場合がある)。
との事です。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットにわかれて本日の練習テーマである「フック」に取り組みました。
 まずはセンター(C)、QB(Q)、レシーバーの3人で基本のフックです。Cの横5ヤードにセットしたレシーバーがQのコールと同時にスタートし、7歩進んだところでQにカムバックします。Qはレシーバーがカムバックした事を確認してからレシーバーの胸元にボールを投げ込みます。これまでの練習で三浦代表が何度もおっしゃっていたように、キャッチボールと同じようにしっかりと胸元に投げ込む事が肝心です。
 続いてはデュースの片翼を想定して、C、Q、インサイドレシーバー(Y)、アウトサイドレシーバー(Z)の4人でのフックです。デュースですので、YはCの横5ヤードに、ZはYの横5ヤードにセットします。QのコールでスタートしたY、Zはそれぞれ7歩でQにカムバックしますが、Zはラインバッカーにストレッチをかけるために外側に膨らんで、カムバックする時点ではほぼサイドラインに位置するようなイメージです。今回ディフェンスは付けませんが、Qはディフェンスの付いていない(という想定の)レシーバーにパスを投げます。ここまでは今までやっていたメニューですので、特に混乱する事もなく進んで行きました。
 次のメニューが今回の目玉である「クロスのフック」です。これはYとZが途中で交差(クロス)して、7歩でQにカムバックするコースです。最初に三浦代表と寺田さんのデモンストレーションがありましたが、同じタイミングでクロスしようとすると当然YとZが途中でぶつかってしまうため、どちらか一方のレシーバーが2歩(Yの場合)まっすぐすすんでからクロスするコース取りをします。今回はアウトサイドのZがそのコース取りをするクロスに取り組みました。クロスを取り入れる意図はいままでのオールフックではミドルラインバッカー(M)がどちらに動くかをキーにしてMの付かなかった方のラインバッカーがどう動くかでパスターゲットを決めていましたが、あらかじめMの方にレシーバーを寄せてMをそのレシーバーに付けておいて残りのラインバッカー(サム/Sもしくはウィリー/W)がどう動くかをキーにしてパスターゲットを決めるというものです(このあたりうまく説明できていないようですので、後日中島さんがUPいただける動画で確認してください)。
クロスのフックも心配されていたようにレシーバー同志がぶつかる事もなく練習が進んで行きました。なおこれまでの練習はすべて途中で左右をいれかえて行ないました。
 最後のメニューはディフェンスを付けてミニゲーム形式のメニューに取り組みました。オフェンスはCも含めて6人で、デュースの隊形から今回取り組んだクロスのフックを含めたオールフックのみとしました。もちろん左右ともクロスのフックとしても、片翼のみクロスのフックとしても、左右とも今までのフックとしても良い事としました。
レシーバー4人がスクリメージライン上に並びますが、我々のルールでは1人はランニングバック(R)が前に出ているという設定ですので、Rに相当するインサイドレシーバーのどちらか1人は必ず両手をひざに付けるようにします。
 ディフェンスはカバー3のみで、コートをスタンド側と逆側の2面としたのですが、スタンド側はセーフティーを付けずにラインバッカー3人のみとし、逆側はセーフティーも付けた5人としたのですが、後から話を聞くとプレイがオールフックに限定したため、セーフティーが上がってしまったとの事でしたので、練習としてはセーフティーを付けない方が良かったようです。
 実際にプレイしてみるとオフェンスの思惑とおりラインバッカーをうまくストレッチしてパスを通したユニット、事前のコース取り通りに動けなくてストレッチがきかなくてビンゴされたユニット等さまざまでしたが、相対的にパス成功の確率が高かったように思います。最後は三浦代表のご発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。
小野ディレクターのお話では、小野さんの時代から今にいたるまで、サードダウンで6〜7ヤード欲しいシチュエーションでのプレイ選択はまずはオールフックとの事ですので、皆さんもしっかりとオールフックでファーストダウンを取れるようにしましょう。
 来週は練習の後に現役の立命戦を観戦する予定にしています。詳細についてはまたこのブログおよびらくらく連絡網で連絡させていただく予定ですので、我々の声援を現役のファイターズに届けましょう!ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:56| Comment(3) | 2018 AUTUMN
この記事へのコメント

北出さん、速攻レポートお疲れ様です。

またまた、面白いプレーが加わりました。

そのへんのところは、動画を見ていただければわかりますが、随所に「小野ディレクターの視線」カメラの映像が入っておりますので、楽しんでいただければ幸いです。

アクションカムで、こんなん撮ったらおもろいで、みたいなのがあったら、フィールドでお声をかけていただくか、もしくは、ここに「書き込み」して頂ければ参考にさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

では動画です。

【秋シーズン練習E】
https://youtu.be/Ul31rronTOA


Posted by 毎度おなじみ放送部の中島です。 at 2018年11月14日 13:08
皆さんお元気ですか。アメリカはサウスカロライナ支部の上村です。
今季からインカムが導入されたのですね。
あー、松尾さんは走っている時もこんなにしゃべっておられるのだー、とか、小野さんは必ず投げる方と逆を一旦チラ見されているのだー等、こちらからも楽しく拝見しています。
こちらも徐々にフットボールのシーズンが深まって参りました。
近くのチームといえば、カロライナ「パンサーズ」、や、クレムソン大学のタイガース(チームのトレードマークはどこかで見慣れた足跡?肉球?の形・・・)ということで、青い血が流れている身としては共に若干微妙な気持ち、です。

とはいえ、こちらの会社のメンバーは皆熱烈に応援していますので、輪に溶け込む為にも現地で調達した「足跡マーク満載」のノートを日々使っています・・・。

Anyway, ファイターズの必勝・応援・シニアの練習、今後も皆さまのご健勝を、時差−14時間の地から祈念致しております!
Posted by #86 上村 at 2018年11月15日 10:55
北出さんレポートありがとうございます。
練習を休んでいた身としては大変ありがたいです。
新しいプレーも面白そうですが、基本を押さえる事が大事、まずはボールの取り方から、ですね。

中島さんの動画も大変参考になります。
小野さんのアクションカム、いいですね。
今度は逆にディフェンスの方に着けていただくというのもどうでしょうか。

上村さん、お元気そうで何よりです。
やはりパンサーズに染まっておられましたか。
リーグ最終戦はそちらでは真夜中ですね。
楽しみにされていることと思いますが夜更かしにはご注意下さい。
Posted by #不撓不屈 進戸大生 at 2018年11月15日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。