■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019秋シーズン−

 9月 8日(日) 練習@
 9月15日(日) 練習A
 9月22日(日) 練習B
 9月29日(日) 練習C
10月13日(日) 練習D
10月20日(日) 練習E
10月27日(日) 練習F
11月10日(日) 観戦@
11月17日(日) 練習G
11月24日(日) 練習H
12月 8日(日) カウカウボウル
※ 練習開始は10:00〜の予定です

2019年07月28日

7月14日 練習試合&打上げレポート

 皆さん、こんにちは。7月14日に実施された練習試合と打上げのレポートをお送りいたします。
 事前の天気予報では雨が予想されたため、どうなる事かと思われましたが、一時小雨が降る場面もありましたが、全体を通じては曇りで暑くない絶好のコンディションのもと、春シーズンを締めくくる練習試合が行われました。
 9:30分に集合した後、まずはA、B、C、Dの4チームにチーム分けを行ないました。その後各チームでストレッチ、チーム練習を行ない、10:05から練習試合開始です。まずは各チーム総当たりで1チームあたり3試合を行なった後、1位と4位の合同チーム対2位と3位の合同チームで1試合を行ないました。
 ルールは基本的に先週の合宿と同じルールで、1試合25分のランニングタイムで、ボールをセットする位置は常に中央で、オフェンスはプロもしくはデュースの隊形から、この春に練習したルートの組み合わせのみでプレイを開始します。ディフェンスはカバー2の隊形で、ブリッツはありません。さすがに合宿のようにポジションを固定することはできませんので、都度ハドルでプレイを選択するようにしましたが、合宿に参加されたメンバーがリードされたせいか、これまでの練習試合に比べてハドルの時間が短くなっていたように思います。
 審判は今までと同じく三浦代表と石田代表にお願いしましたが、今回はレシーバーのセットする位置(必ず5ヤード間隔で、ライン上にセットする)、ランニングバックは必ず両手をひざに付く、各レシーバーのコース取り(特にスネイク、ポップは各々のレシーバーが決められたコースを走る)を厳しく見ておられ、最初は警告のみで、次からは5ヤード罰退の反則を取っておられました。私の所属したBチームは3試合目で、ポップのプレイでタッチダウンを成功したのですが、YとZのコース取りがおかしいとの指摘があり、幻のタッチダウンに終わってしまいました(あれが認められていれば1位だったのですが…)。
 さて、試合の内容ですが、非常に皆さんもプレイを理解されてきたようでちゃんと「フットボールごっこ」ができていたと思います。詳細は中島さんの動画をご覧いただくとして、簡単に結果だけを述べると、1位:Aチーム(2勝1敗)、2位:Bチーム、Dチーム(ともに1勝1敗1分け)、4位:Cチーム(0勝1敗2分け)となり、当初の予定通り総当たりの試合の後、A+Cチーム対B+Dチームの試合を1試合20分のランニングタイムで行いました。その試合の終了後、これで春シーズンも終了か?と思った時点で、三浦代表から「さあ、最後はピーポン取り上がりですよ!」とのお声がかかりました。
 さて、早く打上げでビールが飲みたいのに終われるのか?と皆さんに戦慄が走りましたが、なんとか4巡目くらいで無事終了する事ができ、三浦代表ご発声のエールと記念写真撮影で、シニアファイターズ13年目の春シーズンが終了しました。
 13:00から関学会館に場所を移して打上げです。恒例の石田代表による乾杯のご発声の後、三浦代表のご挨拶、今回は都合により参加いただけなかった三浦マネージャー、小野マネージャーからのメッセージ発表、各チームMVPの発表と豪華賞品の授与、打上げに参加された方々の来シーズンへの要望の発表等、盛りだくさんな内容であっという間に時間が過ぎて行きました。
 これで本当にシニアファイターズの春シーズンは終了しました。秋シーズンは9月第2週頃のスタートを予定しております。決定次第ホームページおよびらくらく連絡網で告知させていただきますので、お楽しみにしておいてください。
 それではまた秋シーズンも第3フィールドでフットボールごっこを楽しみましょう。

北出 敏之

20190728_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 15:16| Comment(2) | 2019 SPRING