■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019春シーズン−

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E 9:30開始【NEW!!】
6月 9日(日) サバイバル登山【NEW!!】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合 9:30開始【NEW!!】
※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。

2019年06月30日

6月30日 練習中止のお知らせ

本日は雨天のため練習を中止いたします。
ブログへの掲載が遅くなり申し訳ございません。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 09:27| Comment(0) | 2019 SPRING

2019年06月19日

6月16日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は事前の天気予報が直前に雨になり、心配されたメンバーも多かったと思いますが、無事開催されました。
 最初のパスアップで背面キャッチに取り組んだ後にストレッチ〜ランニングストレッチ〜アジリティと進んだ後は9種類のメニューに取り組みました。
@ 4人1組になって、真ん中の人を中心としたトス。
A Qがセンター(C)からスナップを受けた後、Cの横5ヤードにセットしたコーンめがけてアタックして、コーンの外側を通って前進するランプレイの練習(コーンの外側を通るのは今シーズンのルールではQのランプレイはボールのセットされた5ヤード外側のみとなっているため)。
B AのプレイからRにトスするオプションピッチの練習、Rはあらかじめピッチを受ける位置(Qの横10ヤード、スクリメージラインから3ヤードくらいの位置)にセットしておく。
C Rが本来セットする位置(Qの横で、Qとの距離はお互いに手を伸ばして触れるか触れないくらいの位置)にセットして、Qがスナップを受けたくらいのタイミングでスタートしてABのメニューでQがアタックする位置からRにトスする。もちろんQはトスせずにそのままキープするのもOK、Rへのトスが前パスにならないようにRがタイミングをコントロールする事が肝心。
D 前々回やったスネイクとRへのトスのオプションプレイ。レシーバーはXの位置にセットしてスネイクのコースを走り、Qはアタックする位置でXにトスする。Qのランプレイと思ったMikeはQに向かっていかざるを得ないので、QはXがMikeとすれ違う前のタイミングでトスする。
E オフェンスはC、Q、R、Xの4人、ディフェンスはWillyのみを付けて、ZのスネイクとRへのトスのオプションプレイ、WillyがXについて中に入ればRへトス、Willyがじっとしているか、Rについて外にいったらXにトスする。
 A〜Eのメニューは途中左右を変えて取り組みました。いずれのメニューもタイミングが難しく、Rへのトスが前パスになったり、Qがあせってトスしたりで、キャッチするのが難しかったようです。またEのメニューではQの素早い判断が必要ですが、それも難しかったようです。
 三浦代表は前回、前々回同様メインのプレイが展開される(今回ならスネイクとRのオプション)サイドと逆サイドのプレイも用意されていたようでしたが、今回のスネイクとRのオプションがかなり高度なタイミングが必要なため、皆さんのテンションが下がりがちだったために、逆サイドのプレイも含めた練習を断念されたようで、今まで取り組んだ、
F ワンハンドキャッチ
G 10ヤード離れたレシーバーの胸に投げ込むプレイ
H Yのアウト&ゴー
に取り組みました。前回同様アウト&ゴーはあくまでもアウトが前提ですので、Yはアウトの段階ではしっかりとQの方を見る事が肝心です。その後ゴーする時はサイドラインぎりぎりになりますので、キャッチする時はサイドラインを意識して割らないようにするのが肝心です。アウト&ゴーはかなり盛り上がりましたね。
 以上で今回の練習も無事終了、三浦代表のご発声によるエールで練習を締めくくりました。
 ではまた来週、第3フィールドでお会いしましょう。なお、7月6日(土)、7日(日)は合宿を予定しております。すでにらくらく連絡網でご案内しておりますので、参加を予定されている方はその旨らくらく連絡網で連絡いただきますようお願いいたします。またまだらくらく連絡網の登録がすんでいない等の理由で連絡できない方は直接代表までお申し出いただくか、ブログのコメント欄に書きこんでいただきますようお願いいたします。

(今回は見学でした)北出 敏之

20190619_01.jpg

★★ ↓↓ 6月9日サバイバル登山開始前の写真です ↓↓ ★★
20190619_02.jpg

posted by S. FIGHTERS at 10:36| Comment(2) | 2019 SPRING

2019年06月04日

6月2日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は前回とは打って変わった大変涼しい気候の中で開催されました。グラウンドの都合でいつもより30分早い9時30分開始でしたが、大勢のメンバーが参加されました。
 パスアップ(背面キャッチ)、ストレッチ、ランニングストレッチの後はいよいよ今回取り組む内容が三浦代表から発表されました。それは35年前に三浦代表が現役だった頃にライスボウルでタッチダウンを取った「POP」というパスコースという事でした。
 「POP」に取り組む前のキャッチングの練習として、@レシーバーがQBの横5ヤードにセットAレシーバーは外側斜め45度で外側に膨らむBQBの横10ヤードラインで今度は内側に斜め45度に膨らむCQBのセットしているライン上でパスキャッチ(距離はQBから12〜15ヤード位)というメニューに取り組みました。
 上記のメニューを途中で左右入れ替えて取り組んだ後はいよいよ「POP」(※ポップコーン、プレーのデザイン、はじけるイメージで覚えておきましょう。)です。
 ディフェンスはカバー2にセットして、QBはデュースの位置から、隊形は右プロ、バック左にセットします。ストロングサイドの外レシーバーのZは3ヤードでインのコースを、ストロングサイドの内レシーバーのYはコーナーを、ウィークサイドのレシーバーXも同じくコーナーを、そしてRは先ほど練習したように外側斜め45度に膨らんでから内側斜め45度に膨らみます。ストロングセーフティーはYに、ウィークセーフティーはXについていくはずなので、RがMikeの担当するゾーンを越えてディープゾーンに入る頃には必ずフリーになっているはずというのが「POP」です。
 もちろんRにディフェンスが付いているという場合はYかXが空いているはずなので、そちらに投げたり、Mikeが自分のゾーンエリアを忘れて後ろに下がりすぎるとY、X、Rの3人ともがカバーされるので、その場合はZに投げればゲインは少ないですが、パスは通るはずです。
 最初はオフェンスとディフェンスが3対3で始めましたが、イメージがつかみにくいせいか、早い段階で5対5に切り替えました。実際にやってみると本当にRがフリーになる事がほとんどでした。ただしRがフリーになってもQBが投げそこなったり、Rが落としてしまってなかなか通らないのもお約束です。またへそまがり(?)なメンバーが多いS☆FIGHTERSのこと、無理にカバーされているXやYに投げて三浦代表に指摘されている場面もかなりあったようです。この「POP」も途中で左右を入れ替えて練習しました。
 ブレイクした後は前回も行った「OUT&GO」に取り組みました。前回のおさらいになりますが、「OUT&GO」のポイントは@あくまでも最初はOUTなので、QBの方をきっちりと見るAブレイクした後はボールの落下点まで腕を振りぬく(ボールキャッチのために手を早く出してしまうとスピードが落ちて落下点に追いつかない)の2点です。
 前回同様なかなかQBとレシーバーのタイミングが合わない事も多かったのですが、それでもタイミングが合ってキャッチした時の気持ちは最高です。私個人も小野ディレクターが投げられたボールをキャッチする事ができました。
 来週はグラウンドが使用できないため次回の練習は6月16日です。ホームページやらくらく連絡網でもご案内しているように、来週6月9日はサバイバル登山を企画していますので、参加される方は午前11時に関学正門前に集合してください。できればらくらく連絡網等で参加の連絡をお願いいたします。
 ではまた6月16日に第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之 

20190604_01.jpg
posted by S. FIGHTERS at 23:34| Comment(2) | 2019 SPRING