■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2018年11月30日

11月25日 練習レポート

 みなさん、こんにちは。今回の練習も好天の第3フィールドに多くのメンバーが参加されて実施されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は前回の予告通り対戦形式の練習に取り組みました。
 まずは6人1組のユニットに分かれて、ユニット毎にセンター(C)から5ヤード横にセットしたレシーバーへパスする練習から始めました。これは各ユニット内のメンバーのスピード等を確認するためです。
 続いていよいよ対戦形式の練習です、今回は特別ルールとして、
@ オフェンスは12ヤードの距離を4回攻撃する(12ヤード以上進むとタッチダウン、ただしエンドゾーンを10ヤード設けたので、エンドゾーンを越えてしまうとロスオブダウンとする)
A 攻撃はオフェンスのキックオフ(プレイスキック)から始めるが、あくまでもキックの練習として行うため、キックオフの後はオフェンスがファーストダウンの攻撃を始める
B 1回で12ヤード以上進んだ場合はその時点で次のユニットが攻撃する
C インターセプトされた場合はその時点で攻撃終了
D 攻撃を終えたユニットはディフェンスに回る
E ディフェンスを終えたユニットは攻撃に回る
F Cのセットする位置はフィールドの中心(サイドラインから15ヤード)とし、隊形はデュース(レシーバー4人を5ヤード毎にセット、ただしそのうち1名はランニングバック(R)扱いなので必ず両手をひざにおく)もしくはRをQの横に置くプロのいずれかとする
G プレーは基本的に今シーズン練習した ■オールフック(フックはクロスフックとしても良い) ■カール・フラット(カール・アウト) ■オプション ■オプションフェイクからのポスト・コーナー(三浦さんはフェイドも想定されていたようですが、発表されなかったのでフェイドは無しになりました)の4パターンとする
H ディフェンスは5人でカバー2、カバー3に加えてミドルラインバッカーのマイク(M)が前後どちらにもセットして良いカバーフリーもOKとするIオフェンスは3回の攻撃で12ヤード以上進めなかった場合は4回目の攻撃は必ずパントを蹴らないといけない
としました。
 やはり対戦形式の練習は盛り上がりましたね。今回はグラウンドを全面使えたので、海側と山側に2つのフィールドを作り、半分のユニットは途中で海側と山側を交代しました。
 練習の後の三浦代表からは「対戦形式になるとブレイクのタイミングが短くなってしまう方が多くなり、そうなるときっちりとディフェンスをストレッチできないので、きちんと3歩、5歩、7歩といったブレイクのタイミングを守る事。」「Qの投げるタイミングだが、多くの方はレシーバーが空いてから投げているが、それだとディフェンスが寄ってきてしまい失敗する事が多くなる。レシーバーが空くと思われるタイミングで投げ込んだ方が良い。現に現役のファイターズでも同じようなタイミングで投げている。」との指摘がありました。
 さていよいよ来週は甲子園ボウル出場をかけてもう一度立命館大学との対戦があります。我々も練習を11時頃に切り上げて応援に行く予定です。
 すでにらくらく連絡網やブログでお知らせしている通り、来週12月2日の練習および12月9日のカウカウボウルは午前9時30分からの開始としますので、お間違えの無いように集合ください。
 また12月9日のカウカウボウルの後は午後1時30分から「鳥居 甲東園店」で打上げを予定しております。まだ申込されていない方は12月3日が申込期限ですので、らくらく連絡網やこのブログのコメント欄にて参加申し込みをお願いいたします。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 22:06| Comment(1) | 2018 AUTUMN

2018年11月24日

12月2日 全日本大学選手権西日本代表校決定戦(ウェスタンジャパンボウル)観戦のお誘い

 12月2日に万博記念競技場において西日本代表校決定戦(WJB)が開催されます。 すでに関西学院大学FIGHTERSは出場を決めており、準決勝(立命館大学vs名城大学)勝者と甲子園ボウル出場を賭けて戦います。
 先般ご案内のとおり、12月2日の練習はいつもより30分早い9時30分からの開始です。それに伴いまして、11時過ぎには練習を終了する予定です。S☆FIGHTERSも練習終了後、万博記念競技場に駆けつけ、声援を送りたいと思います。 なお、試合開始は14時5分の予定です。
 出来ましたら観戦にはユニフォーム、または青色系統の服装でお越し下さいますようお願いいたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 12:40| Comment(0) | 2018 AUTUMN

2018年11月22日

12月9日 打ち上げ開催のご案内

 12月9日のカウカウボウル終了後、恒例の打ち上げを行います。皆さん、奮ってご参加下さいますようお願いします。

日時:12月9日 13時30分開始
場所: 鳥居 甲東園店 (上大市1-11-14 0798-51-1314)
会費:5000円

 なお、参加人数把握の為、出欠の回答を12月3日までに、らくらく連絡網にてお伝えしている方法で登録をお願いします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 20:57| Comment(0) | 2018 AUTUMN

12月2日/9日 練習開始時間変更のお知らせ

 12月2日の練習、12月9日のカウカウボウルは開始時刻を通常より30分早めて、9時30分開始といたします。
 11月25日は通常通り10時開始です。
 なお、予告どおり25日より実戦形式の練習を行う予定です。

S☆FIGHTERS事務局

posted by S. FIGHTERS at 20:55| Comment(0) | 2018 AUTUMN

2018年11月20日

11月18日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も快晴の第3フィールドで開催されました。
 いつものようにパスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後、今回はパスコースの練習を何種類か実施したあと、キッキングの練習に取り組む事が三浦代表から発表されました。
 まずは背面キャッチです。QB(Q)と一直線上に、Qの前3〜5ヤードにセットしたレシーバーがQのコールと同時にまっすぐスタートし、Qはレシーバーに対してふわっと浮かせたボールを投げます。レシーバーは途中でボールの位置を確認しながら両手で背面キャッチをします。というと割と簡単そうなのですが、Qとレシーバーの呼吸が合わない事も多く、なかなか難しかったですね。
 続いてはセンター(C)の横5ヤードにセットしたレシーバーにパスをする練習と10ヤードにセットしたレシーバーにパスをする練習に取り組みました。いずれの練習も途中で左右を入れ替えて行ないました。
 その次は先週も取り組んだデュースの片翼から2人のレシーバーがクロスするフックに取り組みました。2人のレシーバーが交錯しないようにしないといけないのですが、私は何度か交錯してしまいました。
 三浦代表によると、2人ともまっすぐ斜めにいってもよいが、外側のレシーバーは内側に弧を描くように進んだ方が良いとの事でした。
 続いては6人1組のユニットに分かれてキッキングの練習に取り組みました。まずはパントからです。パントチームはセンター(C)を付けて、パントした後のカバーにはCは参加しない事にしました。リターンチームは5人でリターンをする事にしました。リターンチームはパントをキャッチする際に、「ユー」、「ミー」というユーミーコールを忘れないようにします。三浦代表からはパントを蹴るさいによくボールを上に放りあげてから蹴る人がいるが、ボールはそのまま落として蹴るようにしましょうとの指示がありました。
 パントのつぎはキックティーを使ってのキックオフの練習に取り組みました。キックカバーチーム、リターンチームとも5人ずつとしました。パントリターンの時も同じなのですが、リターンチームはボールをキャッチした後、キャッチしたリターナー以外はリターナーの前に集まって壁を作る事が肝心です。パント、キックオフともナイスパント、ナイスキックをするユニットもあれば、蹴りそこなってしまうユニットもあり、つくづくキッキングの奥深さを知らされました。
 今日は15:00から大学の立命戦があるので、キッキングの練習で終わりかなと思ったところで、三浦代表から「さあ、取り上がりで終わりますよ!」とのお声掛けが、最後はフェイドの取り上がりでしめくくりです。やはり取り上がりは盛り上がりましたね。
 取り上がりの後は簡単に体操をした後、三浦代表のご発声によるエールで本日の練習を締めくくりました。これでキッキングも含めて一通りのメニューをこなしたので、12月9日のカウカウボウルに向けて来週と再来週の練習は対戦形式を中心に行なうとの事です。楽しみですね。
 最後になりましたが、ご存知の通り11月18日の立命戦で、現役のファイターズが見事立命館を31-7で撃破して、2年ぶりのリーグ優勝を決めました。12月2日に甲子園ボウル出場をかけて立命館と名城の勝者と対戦する事になりましたので、我々も応援に駆け付けたいと思います。ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 15:55| Comment(2) | 2018 AUTUMN

「“Sports for All”の理想をめざして」(『10年史』より)

 「S☆FIGHTERS 10年史」の巻頭コラムをPDFにて掲載します。

 「“Sports for All”の理想をめざして――シニアファイターズ創設の由来」

 (S☆FIGHTERSファウンダー・小野宏)
posted by S. FIGHTERS at 12:56| Comment(0) | S☆FIGHTERS基本情報

2018年11月13日

11月11日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。先週がグラウンドの都合で練習できなかったため、2週間振りとなった今回の練習にも数多くのメンバーが参加されました。
 練習に先だって三浦代表からあらためてパスの取り方の基本のお話がありました。
@上半身でのパスキャッチは両手の親指と人差し指で三角形をつくり、そこでキャッチする。
A下半身でのパスキャッチは両手の親指と小指で三角形をつくり、そこでキャッチする。
Bオーバースローのパスをキャッチする場合、自分の左から飛んできたパスは右手をのばして、自分の右から飛んできたパスは左手をのばしてキャッチする(逆にするとボールに届かない場合がある)。
との事です。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットにわかれて本日の練習テーマである「フック」に取り組みました。
 まずはセンター(C)、QB(Q)、レシーバーの3人で基本のフックです。Cの横5ヤードにセットしたレシーバーがQのコールと同時にスタートし、7歩進んだところでQにカムバックします。Qはレシーバーがカムバックした事を確認してからレシーバーの胸元にボールを投げ込みます。これまでの練習で三浦代表が何度もおっしゃっていたように、キャッチボールと同じようにしっかりと胸元に投げ込む事が肝心です。
 続いてはデュースの片翼を想定して、C、Q、インサイドレシーバー(Y)、アウトサイドレシーバー(Z)の4人でのフックです。デュースですので、YはCの横5ヤードに、ZはYの横5ヤードにセットします。QのコールでスタートしたY、Zはそれぞれ7歩でQにカムバックしますが、Zはラインバッカーにストレッチをかけるために外側に膨らんで、カムバックする時点ではほぼサイドラインに位置するようなイメージです。今回ディフェンスは付けませんが、Qはディフェンスの付いていない(という想定の)レシーバーにパスを投げます。ここまでは今までやっていたメニューですので、特に混乱する事もなく進んで行きました。
 次のメニューが今回の目玉である「クロスのフック」です。これはYとZが途中で交差(クロス)して、7歩でQにカムバックするコースです。最初に三浦代表と寺田さんのデモンストレーションがありましたが、同じタイミングでクロスしようとすると当然YとZが途中でぶつかってしまうため、どちらか一方のレシーバーが2歩(Yの場合)まっすぐすすんでからクロスするコース取りをします。今回はアウトサイドのZがそのコース取りをするクロスに取り組みました。クロスを取り入れる意図はいままでのオールフックではミドルラインバッカー(M)がどちらに動くかをキーにしてMの付かなかった方のラインバッカーがどう動くかでパスターゲットを決めていましたが、あらかじめMの方にレシーバーを寄せてMをそのレシーバーに付けておいて残りのラインバッカー(サム/Sもしくはウィリー/W)がどう動くかをキーにしてパスターゲットを決めるというものです(このあたりうまく説明できていないようですので、後日中島さんがUPいただける動画で確認してください)。
クロスのフックも心配されていたようにレシーバー同志がぶつかる事もなく練習が進んで行きました。なおこれまでの練習はすべて途中で左右をいれかえて行ないました。
 最後のメニューはディフェンスを付けてミニゲーム形式のメニューに取り組みました。オフェンスはCも含めて6人で、デュースの隊形から今回取り組んだクロスのフックを含めたオールフックのみとしました。もちろん左右ともクロスのフックとしても、片翼のみクロスのフックとしても、左右とも今までのフックとしても良い事としました。
レシーバー4人がスクリメージライン上に並びますが、我々のルールでは1人はランニングバック(R)が前に出ているという設定ですので、Rに相当するインサイドレシーバーのどちらか1人は必ず両手をひざに付けるようにします。
 ディフェンスはカバー3のみで、コートをスタンド側と逆側の2面としたのですが、スタンド側はセーフティーを付けずにラインバッカー3人のみとし、逆側はセーフティーも付けた5人としたのですが、後から話を聞くとプレイがオールフックに限定したため、セーフティーが上がってしまったとの事でしたので、練習としてはセーフティーを付けない方が良かったようです。
 実際にプレイしてみるとオフェンスの思惑とおりラインバッカーをうまくストレッチしてパスを通したユニット、事前のコース取り通りに動けなくてストレッチがきかなくてビンゴされたユニット等さまざまでしたが、相対的にパス成功の確率が高かったように思います。最後は三浦代表のご発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。
小野ディレクターのお話では、小野さんの時代から今にいたるまで、サードダウンで6〜7ヤード欲しいシチュエーションでのプレイ選択はまずはオールフックとの事ですので、皆さんもしっかりとオールフックでファーストダウンを取れるようにしましょう。
 来週は練習の後に現役の立命戦を観戦する予定にしています。詳細についてはまたこのブログおよびらくらく連絡網で連絡させていただく予定ですので、我々の声援を現役のファイターズに届けましょう!ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:56| Comment(3) | 2018 AUTUMN