■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2018年05月30日

5月27日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習もまるで真夏のような天候の下、無事開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後はまず7人のユニットを組む事から始まりました。前回の予告通り、今日は練習試合形式で、これまで取り組んできたカバー2のアンダーゾーン攻略のオールフック、カール・フラットおよびディープゾーン攻略のフェイドの3通りのコースでディフェンスを攻略します。
 7人ユニットにしたのは、センター、QB、レシーバー4人(もしくはレシーバー3人+RB)の6人に加えて、フィールドの外から自分のユニットの攻撃を見て、うまくいったところ、いかなかったところを指摘するコーディネーターを1人設けたからです。
 まずはディフェンスをつけずに、センター、QBがちょうど15ヤードの位置にセットするデュースの位置からフォーメーションダッシュを実施しました。三浦代表は各ユニットのレシーバーがきっちりディフェンスをストレッチできている位置につけているかをチェックされて、都度コメントされていました。
 フォーメーションダッシュを各ユニット3回位実施したところで、いよいよ練習試合形式に移行しました。
各ユニットには数字を割り振っていましたので、まずは奇数ユニットがオフェンス、偶数ユニットがディフェンスになり、途中でオフェンスとディフェンスを交代しました。こちらも各ユニット3回位で交代したようです。
 ルールは基本的に我々シニアファイターズのルールに則りますが、今回の特別ルールとして、フィールドは横30ヤードですが、縦は17ヤード+エンドゾーン10ヤードとし、オフェンスはデュースの位置にセットして、3rd down 7から始めます。2回の攻撃で7ヤード進めれば1st down獲得なので、もう4回攻撃できます。そして2回目のシリーズで10ヤード進めば(実際には1回目のシリーズが終了した時点から2回目のシリーズを開始する。)タッチダウンです。また2回目のシリーズ以降は1回目のシリーズが終了した位置により、ボールのセットする位置を変えました。コースは先ほど述べたようにオールフック、カール・フラット、フェイドのみで、片面がカール・フラット、片面がオールフックといった組み合わせは禁止です。またQBは1シリーズに1回だけ、パスフェイクをした後で最初にボールがセットした位置から5ヤード外側を走る事ができます。ただし1回パスフェイクをした後でパスを投げる事はできません。また、フェイドの場合は4人のレシーバーの内1人はフックのコースを走らないといけません。もちろんディフェンスの隊形はカバー2のみです。
 実際にこの形式でやってみると最初のうちはやはりディフェンスがつくとQBが緊張してしまうのか、1プレー目でインターセプトされたり、明らかに空いてないレシーバーに投げてしまうユニットが多かったようでしたが、徐々に慣れてくるときっちりとディフェンスにストレッチをかけてうまくパスを通してタッチダウンに結び付けているユニットが増えてきました(三浦代表はホリゾンタルストレッチと表現されていました。といいう事は当然ヴァーティカルストレッチもあるはずですが、今後そのようなコースの練習があるのでしょうか?)。個人的にはセーフティーに入った際に絶対に抜かれてはいけないのに、ボールに気をとられて抜かれてしまい、あわやタッチダウンパスを通されそうになったのが反省点です(幸いにレシーバーが落球されて事なきを得ましたが)。
 こうして今回の練習も無事終了、三浦代表からは来週はカバー2のディープゾーンを攻略するルートに取り組み、その次の練習ではまた今回のように練習試合形式でコースのおさらいをする予定である事が発表されました。
 なお、6月30日(土)、7月1日(日)の両日、現役のファイターズも合宿で使用している「東鉢伏高原ロッジかねいちや」でシニアファイターズとしては2回目となる合宿を予定しています。らくらく連絡網で出欠をとっていますので、出席を予定されている方はらくらく連絡網から回答願います。らくらく連絡網の登録ができてない方、登録はしているがうまく連絡できない方はこのブログのコメント欄に記入いただくか、練習の際に代表に直接連絡いただいても結構です。回答期限は6月16日(土)とさせていただいております。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。
                 
(ふくらはぎが肉離れしてしまった)北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 15:04| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年05月23日

5月20日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。5月13日の練習は残念ながら雨で中止になってしまいましたが、今回は打って変わって晴天の第3フィールドで無事開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後に6人1組のユニットになってユニット毎にハンドオフのチェイン〜真ん中の人を中心としたトス〜背面キャッチ〜QBから5ヤード離れたレシーバーに早めのパスを出すメニューまでは前回と同様です。
 その後、前回まではカバー2のアンダーゾーンを攻略するためのオールフック、カール・フラットに取り組んでいましたが、今回はカバー2のディープゾーンを攻略するフェイドに取り組みました。フェイドというコースは基本まっすぐですが、ディフェンスにストレッチをかけるために、外側のレシーバーはサイドライン側に3〜4ヤードふくらんだコース取りをします。
 まずセンターとQBがサイドラインから10ヤードにセット、レシーバーがサイドラインから5ヤードにセットしたプロ、もしくはツインのウィークサイドの設定で、オフェンスはセンター、QB、Z(フランカー、ウィークサイドのレシーバー)の3人、ディフェンスはW(ウィリー、ウィークサイド側のラインバッカー)とFS(フリーセーフティー、ウィークサイド側のセーフティー)の2人をつけてオフェンスはZがフェイドのコースを走るメニューに取り組みました。あくまでもゾーンディフェンスなので、Wは5歩位下がったらそれ以上レシーバーを追いかけてはいけません。QBはFSがZに追いつくまでにスクリメージラインから15〜20ヤード位のふわっとした山なりのボールを投げます。
 実際にやってみるQBとレシーバーのタイミングが合わなかったり、Wがレシーバーについて行ってしまったりする場面もありましたが、次第にうまく決まる事が多くなっていったように感じました。
 続いてオフェンスは、センターが真ん中にセットするデュースの位置からレシーバーを4人セットし、ディフェンスはセーフティー2人を付けて、レシーバーがフェイドのコースを走るメニューに取り組みました。レシーバーが4人ともフェイドを走ってしまうとディフェンスが不利になってしまうので、事前にオフェンスは打合せして、4人のうち1人だけはスタートせず、3人がフェイドのコースを走る事にしました。この場合でも2人がカバーするディープゾーンを3人で攻略するので、QBのボールが悪かったり、レシーバーがキャッチミスをしなければ理論的には必ずパスが通るはずなのですが、実際に取り組んでみるとうまくパスが通るユニットと通らないユニットに分かれました。三浦代表の解説によるとうまくパスが通るユニットはレシーバー3人が固まらずにうまくディフェンスをストレッチしていたのに対して、うまくパスが通らないユニットはレシーバー同志が同じところに行ってしまい、ディフェンスをストレッチできていなかったとの事でした。
 最後はフェイドと言えば恒例のパスの取り上がりに取り組みました。やはり取り上がりは盛り上がりましたね。私も5回目くらいで何とかキャッチできてほっとしました。
 最後は三浦代表の発声によるエールで今回の練習を締めくくりました。来週の練習はオールフック、カール・フラット、フェイドを組み合わせた試合形式の練習を行うとの事です。今から楽しみですね。ではまた来週 第3フィールドでお会いしましょう。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:26| Comment(1) | 2018 SPRING

2018年05月13日

5月13日 雨天中止のお知らせ

 おはようございます。
 本日5月13日の練習は雨天のため中止いたします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 07:40| Comment(0) | 2018 SPRING

2018年05月07日

5月6日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も前回と同様に夏を思わせる天候の下で開催されました。
 パスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は前回同様に6人1組のユニットになって、ユニット毎にメニューに取り組みました。
 前回同様、ハンドオフのチェイン〜真ん中の人を中心としたトス〜背面キャッチ〜QBから5ヤード離れたレシーバーに早めのパスを出すメニューに取り組みました、背面キャッチは難しいですね。
 その後は前回の予告通り、試合形式での練習です。6人1組のユニットを2つに分けて時間で区切って(約30分)、オフェンスはオフェンスばかり、ディフェンスはディフェンスばかりを行います。フィールドは横30ヤードですが、縦はハッシュマークとハッシュマークの間の13と1/3ヤードを4回の攻撃で進めばタッチダウンです、またエンドゾーンは10ヤードとしました。
 オフェンスの隊形はオールフックとカール・フラットのみ、ディフェンスの隊形はカバー2のみとし、ランニングプレイとブリッツは無しです。ただしオールフックとカール・フラットのみではディフェンスの後ろ2人がどうしても前よりになってしまってカバー2のアンダーゾーンの攻略という大前提が崩れてしまいますので、4回の攻撃のうち1回に限り、1人だけがフックアンドゴーやフラットアンドゴー、カールと見せかけてのポストに出られるようにしました。
 やはり試合形式は楽しかったですね。個人的にはQBに入った攻撃で、フラットアンドゴーへのタッチダウンパスが成功したかと思いきや、アウトオブバウンズとなったプレーが残念でした。そうです、13と1/3ヤード+エンドゾーン10ヤードですので、意外と奥行きが無いのです。
 順調に進んでタッチダウンを量産するユニット、なかなか攻撃が進まなかったユニットとさまざまでしたが、練習後の三浦代表による総括では、うまく進んだユニットはきっちりとコース取りができているためにストレッチがきっちりかかっている一方で、進まなかったユニットはコース取りがうまくできていない。たとえばカール、フックが7ヤードではなく5ヤードでブレイクしたり、カールがディフェンスの後ろでなく前を通ってしまい、結局レシーバーが重なってしまったりしてうまくディフェンスをストレッチできていないとの事でした。
 来週以降はまた違うコースにも取り組むとの事です。いまから楽しみですね。
 それではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 22:02| Comment(3) | 2018 SPRING

2018年05月02日

4月29日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は雲一つない快晴の下で、大型連休中にもかかわらず、大勢のメンバーが集合されて開催されました。
 パスアップの後、練習の冒頭に三浦代表から角井理嘉子さんがシニアファイターズのマネージャーに就任された事が発表されました、角井さん、これからもよろしくお願いいたします。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットになって、まずはオフハンドオフのチェインの練習です、ボールを渡すのはQBの責任なので、RBはボールを見ずにまっすぐ前方を見ます。チェインの後は1人が真ん中になり、真ん中の人を中心にトスを繰り返す練習を行いました。トスを出すときは胸の位置から片足を踏み出しながら出しましょう。その後は背面キャッチ、QBから5ヤード離れた位置からスタートするレシーバーに早めのパスを出す練習を行いました。やはり背面キャッチは難しいですね。私は結局1回もキャッチできませんでした。
 ブレイクの後は先週行ったフォーメーションダッシュを今回はカール・フラットで行いました。ストロングサイドの外側のレシーバーがカール、内側のレシーバーがフラットをウィークサイドはレシーバーがカール、RBがフラットを走ります。
 前回の練習では横30ヤードのフィールドに4人のレシーバー、RBがかたまらないように散らばる事を意識しましたが、今回も同様にカールを走るレシーバーがQBを振り向いた時にフラットを走るレシーバーがサイドライン際に来ているように意識します。具体的にはストロングサイドの内側レシーバーはプロ隊形の場合は2歩でブレイクしますが、ツイン隊形の場合は2歩だと早くなるので4歩ぐらいでブレイクします。ウィークサイドの場合、RBがレシーバーと反対側にセットするとレシーバーがQBを振り向いたときにまだサイドライン際まで来ていない場合があるので、レシーバー側にセットするようにします。
 このフォーメーションダッシュはセンターのセットする位置を右、真ん中(デュースの位置ですね)、左と交換しながら行いました。途中から小野さんの意図を忖度した三浦代表がディフェンスを付けようと提案され、小野さん、三浦代表他固定メンバーで3人のラインバッカーを付けて行いました。QBはまず真ん中のラインバッカーであるマイク(M)がストロングサイドに行くか、ウィークサイドに行くかを見て、Mが行ったのと逆のサイドを見ます。Mがウィークサイドに行けばストロングサイドのラインバッカーであるサム(S)が付いたのと逆のレシーバーにパスを投げます。Mがストロングサイドに行けば、ウィークサイドのラインバッカーであるウィリー(W)を見てWが付いたのと逆のレシーバーにパスを投げます。こうして3人しかいないラインバッカーに対して4人のレシーバーを出しているので、理論上は必ずパスが通るのですが、なかなかうまくいかないユニットがあったのも事実です、理由はいくつかあるのですが、カールを走るレシーバーが本来はラインバッカーの後ろを通らないといけないのに、前を通ってしまって、うまくストレッチできていなかったり、フラットを走るレシーバーがサイドライン際まで行けてなかったり、またQBがMのストロングサイドへ動いているにも関わらす、ストロングサイドに投げてしまったりといったケースが多かったようです。それでも何度かディフェンスを付けた練習を続けているうちにきっちりとストレッチがかかったユニットが増えていったように思います。
 三浦代表のエールで今回の練習も締めくくりました、来週は前回練習したオールフックと、今回練習したカール・フラットにプレーを限定しての試合形式の練習です。ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 07:21| Comment(2) | 2018 SPRING