■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019春シーズン−

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E 9:30開始【NEW!!】
6月 9日(日) サバイバル登山【NEW!!】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合 9:30開始【NEW!!】
※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。

2018年04月27日

4月22日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回は先週とは違って快晴の夏のような天候の下で開催されました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は6人1組のユニットを結成してまずはオフェンスのフォーメーションの確認です。プロ、ツイン、トリプル(スーパー)といった今まで実施していた隊形に加えて、今シーズンからはセンターの位置を今までのようにどちらかのサイドラインから10ヤードに置くのではなく、中央(サイドラインから15ヤード)に置く隊形もOKという事になりました。今まではQBのランプレイはサイドラインから10ヤード以内のみOKでしたので、必然的にオープンサイドにしか走れませんでしたが、この隊形からなら左右どちらのサイドにも走れる事になります。この隊形を「デュース」と呼ぶ事にしました。
 隊形の確認の後は6人組のユニットで、2人ずつ10ヤード離れた位置からラインに沿ってトスしながらフィールドの端から端まで(53と1/3ヤード)走る練習を行いました。トスはしっかりと両手で胸の位置から繰り出すのが肝心です。
 その後は2人ずつ5ヤード離れた位置でボールを持っていない方が7ヤード前まで進んでボールを持っている方を振り返り、そこにパスをしてキャッチした後で、投げた方がボールを持っている方の7ヤード前まで進んで同じ事を繰り返すフックの練習に取り組みました。
 ブレイクの後は6人1組のユニットで、オールフックのフォーメーションダッシュに取り組みました。オフェンスはできるだけディフェンスにストレッチをかけるために、外側のレシーバーはまっすぐ走るのではなく、外側に膨らんで走ります。内側のレシーバーもまっすぐ走るのではなく、外側に膨らんで走ったり、逆に内側に膨らんで走ったりします。ランニングバックは内側のレシーバーが走っていった位置と逆の位置に走ります。QBはレシーバーもしくはランニングバックのいずれか1人にパスを投げ込みます。フックですので、レシーバーはしっかりQBの方にカムバックする事が肝心です。
 こうしたフォーメーションダッシュを繰り返して、最後にはフォーメーションダッシュの取り上がりで練習を締めくくりました。
 練習の最後に三浦代表から4月29日の練習はカール・フラットのフォーメーションダッシュを行う事、5月6日の練習はオールフックとカール・フラットにプレイを限定して練習試合を行う事が発表されました。今から楽しみですね。
 皆さんにお知らせが2つあります。今シーズンの入会記念品としてポロシャツを作りましたので、まだ受け取られていない方は次回以降の受付で申し出てください。サイズはLL、L、Mです(残念ながらSはなくなってしまいました)。
 もうひとつのお知らせは進戸代表かららくらく連絡網でも連絡されていましたが、受付時に必ず名簿に記入してください。名簿に記入されなかった場合、練習で怪我をされても保険の適用ができなくなりますので、ご注意ください。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:46| Comment(2) | 2018 SPRING

2018年04月24日

4月15日 FIGHTERS DAY レポート

 皆さんこんにちは。今回は4月15日に開催されたファイターズデイのレポートをお届けいたします。
 ファイターズデイというのは毎年1回この時期に、初等部から大学までのファイターズと、ブルーナイツ、我々シニアファイターズ、OBの方々、ファイターズがフラッグフットボールの出前授業を行っている近隣の小学生が第3フィールドに一同に会して一日フットボールを楽しむという行事です。
 当日は朝からあいにくの雨で、紅白戦のキックオフの11:00近くになってもなかなかやまずにどうなる事かと気をもみましたが、紅白戦が始まる頃にはなんとかやみ、午後からはときどき薄日もさすようになり、無事ファイターズデイが実施されました。
 光藤キャプテンの挨拶の後は、前述したように、まずは大学のファイターズの紅白戦からスタートです、青のユニフォームが攻撃、白のユニフォームが防御に専念して、前半、後半各25分ずつのランニングタイムで試合を行います。何といってもファイターズデイの紅白戦のすごいところは、希望者はグラウンドに降りて観戦できるだけでなく、ハドルの様子もすぐ近くで見学できる事です。また昨年まで試合にでていなかったメンバーの活躍する様子から、今年のVメンバーを予想される方もいらっしゃった事でしょう。
 正門前のスパゲティハウス・カウカウによる美味しいケータリングをいただいた後は、小学生たちはフットボールの要素を取り入れたゲームでポイントを競うファイターズチャレンジに挑戦、中学部、高等部、大学、シニアファイターズ、OBチームはタッチフットボール大会に挑戦しました。
 我々が普段絶対対戦する事のない相手と同じフィールド、同じルールで戦う年に1度の恒例行事です、我々はシニア1〜4までの4チームで参加しました。
 ルールは1チーム6人制、センターもスナップ後にパスコースに出る事ができます。フィールドは縦25ヤード、横20ヤードで攻撃はまず自陣エンドゾーンから攻撃を開始し、4回の攻撃で15ヤード進めればゴール前10ヤードから攻撃をします。攻撃の方向は常に一定で、攻守交代すればフィールドを交代します。ブリッツはスクリメージライン7ヤード以上後方からであれば何人入ってもかまいません。対する攻撃はQBランは禁止、QBはスナップ後7秒をめどにプレーを開始しないといけません。ゴール前7ヤードからはブリッツおよびランプレーは禁止、1試合は15分のランニングタイムでタイムアウトはありません。こうして始まったタッチフットボール大会、とても楽しかったですね。元気な中学生が3人もブリッツに入ってきておろおろしたり、あっと言う間にエンドゾーンに入られてワンプレーでタッチダウンをとられたりした場面もありましたが、我々もなかなか検討して、大学のチームに勝ったり、中学部やOBチームと引き分けたり(トーナメントの都合上、代表者のじゃんけんで勝ち負けはきめましたが)して、我々のこれまでの練習の成果が表れていたように思います。
 優勝チームは中学部Aでしたが、我々のチームではシニア1が準決勝まで勝ち残り、見事ベスト4になりました。というより3位決定戦が行われなかったので、堂々の同率3位という事にしておきましょう。また、全体を通じてのMVPにはシニア3チームの竹本さんが選出されました。竹本さん、おめでとうございます。
 記念撮影で今年のファイターズデイは無事終了しました。本当に楽しい一日でした。このような催しを企画いただきました大学のファイターズおよび関係者の皆さんに感謝をささげてこのレポートを終了したいと思います。

(張り切りすぎて筋肉痛がひどい)#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 06:28| Comment(2) | 2018 SPRING