■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2017年04月26日

4月23日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も好天にめぐまれた第3フィールドで実施されました。
パスアップの後、三浦代表からあらためて自分の体調は自分で管理して決して無理しない事とのお声掛けがありました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティのあと三浦代表から、本日の練習は「カール・フラット」をメインに実施する旨発表されました。「カール・フラット」はカバー3のディフェンスのアンダーゾーンを攻略するのに非常に有効なコンビネーションコースで、プロ隊形にセットしたアウトサイドレシーバーがポストに行くと見せかけてQBにカムバックする「カール」と、インサイドレシーバーが斜め45度で外側に走る「フラット」の組み合わせで、QBはディフェンスがどちらについていくかを見極めてから、ディフェンスのいない方のレシーバーに投げ込みます。
 4人1組のユニットに分かれて(1人はセンター)、最初はボールを投げずに、そしてボールを投げてみましたが、カールは以前やった事があったものの、フラットは今までやった事のないコースでしたので、なかなか組合せがうまくいかず、軌道修正を繰り返しながら練習に取り組みました。
 最終的にはレシーバーが10歩ずつ進んだあたりでQBがボールを投げるようにしました。インサイドレシーバーはまずまっすぐ2歩進んでから外側にブレイクして8歩進みます。アウトサイドレシーバーはまっすぐ7歩進んでから内側に45度3歩進んでQBの方を振り返ります。QBは最初フラットのコースのインサイドレシーバーにのみ投げる事に、続いてカールのコースのアウトサイドレシーバーにのみ投げる事にしました。途中左右を入れ替えて同じ練習をしました。
 だんだんと慣れてきたところで、QBの判断でどちらかに投げる練習をしました。その後1人ディフェンスをつけてディフェンスのついていないレシーバーに投げる練習をしましたが、最初はQBが判断に迷ったり、焦って失敗したりしたケースが多かったようでしたが、次第にコツがつかめてきたのか、見事にパスを決めるユニットが多くなったようでした。三浦代表からは、「決して焦らない事、特にカールに投げる時はカムバックしているのだから焦らなくてもしっかり投げ込めば必ずパスは通る、また失敗したQBを見ているとレシーバーの方をきっちり向いて投げていない場合が多い。」とのアドバイスをいただきました。
 ブレイクの後は恒例の取り上がりメニュー、今回はパントリターンの「P−PON」です!
1巡目、2巡目と順調(?)に失敗していき、6巡目でも成功ならず、残り時間の関係で、7巡目からは成功したユニットは上がって、失敗したユニットのみがもう一度チャレンジする方式に変更し、何とかP−PONを終える事ができました。
 ストレッチの後は三浦代表の発声によるエールで練習を締めくくりました。
 さて、次回の練習は5月7日です。そろそろ陽ざしも強くなるので、帽子等の用意をお願いいたします。ではまた次回、第3フィールドでお会いしましょう!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 16:12| Comment(2) | 2017 SPRING

2017年04月20日

4月16日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。3月のクリニックを終え、本格的に春シーズンが始まりました。先週のファイターズデイから打って変わった好陽気の中、今回の練習にも60名を越えるメンバーが第3フィールドに集合されました。
 始めに、三浦代表より自己責任において各自が健康管理に留意いただきながら参加いただくことを改めてお話しされました。ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティと進み、ブレイクの後、まずは、QBのコールに合わせてプレイを開始する為に、三浦代表の「ダウン、セット」のあとの「ハット」に合わせて全員で一歩踏み出しながら同時に手をたたく練習です。テンポをずらしたコールでフライング気味だった方々も徐々にタイミングが合い、最後には全員が見事に同じタイミングでの足音と拍手の音がフィールドに鳴り響いていました。
 いよいよボールを使った練習です。最初は4人一組になってトスを順番に回します。一歩踏み出しながらしっかりと縦回転をかけながら相手の胸を目掛けてトスします。次には一人が扇の中心となって、残りの人とトスの往復を順番に行っていきます。この時も踏み出しを意識しておりましたが、コーチングで回ってこられた小野ディレクター曰く、踏み出す足をフェイクに違う方向にトスすることもあり、実際にその練習もするとのことでした。トスひとつとってもまだまだ我々の知らない奥深いものがあることを実感した次第です。
 その4人のまま、オプション=QBからRBへのトスの練習です。センターから4yds後方にQB、その横に両手間隔(QB・RBがそれぞれ相手方向に片手を広げて指先が触れる状態)でRBが並びます。センターからのスナップを受けたと同時にQBはRB側斜め前方へ2歩、RBは横にスタートを切ります。その後先程練習した要領でQBからRBへトスを行います。あくまでオプションですから、QBは場合によっては自分が持ったまま行くよという雰囲気を出しながらの2歩です。
 次はパスです。一直線上にセンターから後方4ydsの位置にQB、センターから前方10ydsの位置にレシーバーがセットし(一人はQBのそばで見学)、センターからのスナップを受けたQBが、直線に沿ってまっすぐレシーバーにパスを投げる練習です。これも回数をこなすうちに待ち受けるレシーバーの胸元に上手く納まることが増えてきていたように思います。次に、センター・QBはそのままレシーバーがQBの横(スクリメージライン上)10ydsにセット。QBのコールに合わせたスナップとともにレシーバーは3歩前進しストップ、その位置にとどまりQBの方に振り向き、QBからのパスをキャッチ。ヒッチパス&キャッチの練習です。こちらも徐々に待っているレシーバーにきっちりパスが納まることが徐々に増えていきました。
 続きまして、4人チームが3チームずつ集まって(実際には10人前後のチーム編成)6箇所に別れました。センター・QB・レシーバーの位置は先程のヒッチパスの練習の時と同じで、RBがオプションの練習時のようにレシーバーと同じ側のQB横にセットします。ヒッチパスの練習と同じようにプレイスタート。RBはオプションの練習と同じく横に走りながら途中から斜め前に方向を変えて、ヒッチパスを受けたレシーバーの更に外側に走りこみます。レシーバーは走りこんでくるRBに向かって本日はじめの方で練習したトスを行います。RBがトップスピードに乗った状況でトスをキャッチできることが肝心です。「ヒッチラテラル」というプレイの完成です!いよいよフットボールらしくなってきました。
 初めの内はパスを落としてしまったり、トスのタイミングが合わなかったりで中々うまく決まりませんでしたが、決まったときの皆さんの歓声・拍手がどんどん増えていっていたように感じました。
 さあ、最後のブレイクです。三浦代表がニヤリと不敵な笑みを浮かべながら、パイロンを動かし始めました。周りで「何かありそう」というささやきが溢れ出したころ、「とり上がりをします」というご発声がありました。ルートはストリーク=出だしは若干外に膨らむもののほぼまっすぐに走っていくパスルート。QBの右横10ydsからレシーバーはスタート、3箇所からの実施です。とり上がりですからパスキャッチ成功者が徐々に列から減って行き、最後はパスを投げていただいていたQBの方もレシーバーに回り、終了と思いきや・・・次は逆サイドでやりますのお言葉。悲鳴に近い声が漏れる中、本日2度目のとりあがりです。こちらも粛々と(いや嬉々と、かもしれません)進み、全員が成功した後に、ストレッチと三浦代表発声のエールで本日の練習が終了しました。
 新規入会および昨年まで参加されていたが、今年の登録がまだできていない方の申込み受付は次回の23日で受付終了とさせていただく予定ですが、お知り合いの方等でお申し込みが来月以降になりそうな方がいらっしゃれば対応させていただきますので、お声がけよろしくお願いいたします、ではまた第3フィールドでお会いしましょう!

平田 安彦
posted by S. FIGHTERS at 18:26| Comment(3) | 2017 SPRING

2017年04月13日

4月9日 FIGHTERS DAYレポート

 皆さん、こんにちは。今回は4月9日に実施されたFIGHTERS DAYに参加してきましたので、そのレポートをお届けいたします。
 FIGHTERS DAYというのは初等部から大学までのFIGHTERS FAMILYと、後援会、ファンクラブ、OB会、上ヶ原ブルーナイツ、シニアファイターズとFIGHTERSにゆかりのある皆さんが第3フィールドに一同に会して一日フットボールを楽しむという恒例のイベントです。事前の天気予報では雨が予想され、毎日天気予報ばかり見ていた方も多かったと存じますが、当日は何とかお天気も持ち直し、午後からは薄日もさす状況で今年のFIGHTERS DAYは無事開催されました。
 井若キャプテンの挨拶の後、恒例の紅白戦が午前11:00にキックオフされました。この紅白戦はグラウンドに降りて観戦できるめったにない機会です。また希望者にはすぐ近くでハドルの様子を聞けるサービスもありました。グラウンドレベルで見るフットボールはやはり迫力が違いましたね。
 カウカウのマスターによる美味しいケータリングの昼食をいただいた後、我々はタッチフットボールに参加しました、シニアA、B、C、D、OBチーム、中学部A、B、C、Dの合計9チームが4つのフィールドでタッチフットボールの試合を行いました、中学部はそれぞれのフィールドに固定し、最初は中学部A~DとシニアA~Dがまず対戦し、中学部Dと対戦したチームが休憩し、その他のチームは時計回りにフィールドを移動していきます。
休憩したチームは次、中学部Aと対戦といったように以後も時計回りに移動して中学部と対戦しました。
 ルールは縦横それぞれ20ヤードのフィールドをオフェンスは常に同じ方向を攻撃します、攻撃開始地点は自陣0ヤードからで、4回の攻撃で10ヤード進めなければ攻守交代、インターセプトした場合はその場で攻守交代です。1チームは6人でセンターもレシーバーとなる事ができます。キッキングおよびQBのランはなし、ブリッツはスクリメージライン7ヤード後方から1名だけがブリッツする事が可能です。タッチダウンは6点、トライフォーポイントはゴール前3ヤードから攻撃を行い、成功すると2点が与えられます。試合時間は前後半それぞれ10分間のランニングタイムで前半と後半の間は4分間のインターバルを置きました。
 シニアおよびOBチームの大人げない?プレーと中学部の若さをいかしたプレーのぶつかりあいで各フィールドとも熱戦が繰り広げられました。
 中学部は4試合、シニアとOBチームはそれぞれ3試合を戦い、勝利数で優勝チームを決定したのですが、平田代表率いるシニアBチームとOBチームがそれぞれ3勝0敗で並んだため、キャプテン同志のじゃんけんによって決着をつけた結果、見事シニアBチームが優勝となり、豪華賞品をゲットされました。
 主務の三木さんの挨拶で締めくくった後、記念撮影をして今年のFIGHTERS DAYは無事終了しました、このような楽しい場を提供いただいた体育会アメリカンフットボール部の方々、その他関係者の方々にあらためてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。
 さて来週は通常の練習の1回目です、今シーズンまだ申込されていない方の受付も行いますので、入会申込書に必要事項を記入して持参願います。
 それではまた第3フィールドでお会いしましょう!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 17:46| Comment(2) | 2017 SPRING