■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2016年05月30日

5月29日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習にもたくさんのメンバーが参加されました。
 今回の練習も三浦代表はお仕事の都合で欠席です(今シーズンから参加された皆さんはご存じないかもしれませんが、これまではずっと三浦代表と石田代表が相談されて練習メニューを決めておられたのです。どんな方か楽しみにしておいてくださいね。)。
 パスアップの後は松尾代表によるストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティです、最初の頃は「すぐ終わる松尾さんのストレッチ」と評されていましたが最近はきっちり指導されています。
 その後はワンハンドキャッチ、両手キャッチと進んでいったんブレイク、今回は暑かったので、水分補給はかかせません。ブレイクの後は紫牟田さんにカバー2、カバー3のディフェンスの特徴とそれぞれのディフェンスに対する攻略法をホワイトボードで説明いただきました。詳細についてはおそらく放送部長の中島さんが動画をUPしていただけると思いますのでそちらを楽しみにしていてください。中でも我々が採用していないマンツーマンディフェンスの解説のあたりは必見です!その後実際にオフェンスとディフェンス1チームずつ我々のローカルルールにのっとって横30ヤード、縦53と1/3ヤードのフィールドでセットして、その他の皆さんはスタンドに上がってそれぞれの隊形を確認していただきました。
 その後4チームに分かれてハンドオフ、パスの練習を実施した後、山側、浜側それぞれ2チームずつが5対5のミニゲーム形式の練習を実施しました。
 山側ではI LOVE対エンジョイ、浜側では甲山対日本ハムがそれぞれ対戦しました、時間で区切ってオフェンス、ディフェンスを交代しました。浜側ではオフェンスは1プレー、ディフェンスは2プレーでユニットを交代しました。
 ディフェンスは最初カバー2、その後カバー3とし、QBのセットの位置も途中で左右を入れ替えました。先ほども書いたように我々はフットボールごっこを楽しむために、通常のフラッグフットボールやタッチフットボールと違った(かなり特殊な)ローカルルールを採用しています。オフェンスのセットの位置をおさらいするとQBおよびセンターのセット位置は必ずサイドラインから10ヤードにセットします(という事は反対側のサイドラインからは20ヤードです)。QB と10ヤードのサイドラインの間のレシーバーが1人しかいないウィークサイドのレシーバーは必ずサイドラインから5ヤードにセットします。QBと20ヤードの間のレシーバーが2人以上いるストロングサイドは外側のレシーバーは必ずサイドラインから5ヤードにセットし、内側のレシーバーがサイドラインから15ヤードにセットすれば「プロ」隊形、サイドラインから10ヤードにセットすれば「ツイン」隊形となります。これに通常はランニングバックがQBの横もしくはななめ後ろにセットしますが、ストロングサイドにサイドラインから5ヤードおきに3人レシーバーをセットすると「トリプル」もしくは「スーパー」隊形となります(その際は当然ランニングバックはいない事になります)。
 やはりゲーム形式の練習は盛り上がりましたね。今シーズンから参加の方々はいきなりディフェンスに入られた時は戸惑っておられたようでしたが、徐々に慣れていかれて楽しんでいただいたように感じました。
 最後に私の発声によるエールで今回の練習は無事終了しました。それではまた来週も第3フィールドでお会いしましょう!

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 08:37| Comment(2) | 2016 SPRING

2016年05月25日

S☆FIGHTERS 10周年記念誌 について

※らくらく連絡網での案内の一部を抜粋しています。詳細はらくらく連絡網をご確認ください。

 今シーズン初めに広報いたしておりました『S☆F10周年記念誌』につきまして、メンバーの皆さんに改めまして広報&お願いです。
 「メンバーみんなで創る記念誌を!」ということで、様々なコンテンツを編集委員および代表の方々で考案中ですが、メインになるのは「メンバーそれぞれが語るS☆Fへの思い」です。
 このメール(らくらく連絡網)に返信というかたちで投稿をお願いします。「いきなり言われても・・・」「そんなに書くことないし・・・」とおっしゃられる方にも、書いていただく糸口・テーマ・ヒント等を例示させていただいておりますので、それをご参考に筆を進めていただければと思います。
 また、今シーズン参加できてないけど、記念誌には登場したいという方も大歓迎です。個人写真につきましては別途相談させていただきます。より多くの方の記念誌参加をお待ち申し上げております。
その他、ご質問・疑問等ございましたら、このメールへの返信もしくは、代表または編集委員(小野、中島、片岡、平田)へご遠慮なくお問合せください。よろしくお願いします。
posted by S. FIGHTERS at 06:27| Comment(2) | 事務局からのお知らせ

5月22日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も多くの皆さんが参加されました。
 パスアップ、松尾さん指導のストレッチ(カンニングペーパーを見ながらなので以前に比べると時間が長くなってきましたね)、ランニングストレッチ、アジリティの後、小野さんからスペシャルゲストの紹介がありました。その方は小野さんの1年後輩のスーパーレシーバー、#88K野さんです(って皆さんならどなたかお分かりですよね)。今後も参加いただけるとの事でこれからが非常に楽しみです。
 今年から参加された方々のチーム分けの後はワンハンドキャッチ、両手キャッチ、10ヤードフックと進んだ後にランニングプレイの練習を行いました。
まずは5、6人一組になって先週も行ったハンドオフの練習(チェーン)です。RBはボールを見ずに走路を見ます、ボールを渡すのはQBの責任です。RBはボールを感じた後にしっかりと両手を閉じてボールをホールドします。
 続いては4か所のポイントでセンターがスナップしたボールをQBがRBにハンドオフする練習を行いました。その後は4人一組のユニット(センター、QB、RB、レシーバー)になってセンターのスナップを受けたQBがRBにハンドオフするフェイクからレシーバー(TE/QBから5ヤード離れたレシーバー)にパスを投げる練習に取り組みました。RBは実際にはボールを持たないのですが、ディフェンス(今回の練習ではつけませんでしたが)をだませるようにしっかりと演技をする事が肝心です。レシーバーのコースは最初は5ヤードのフック、続いて5ヤードアウトとしました。なかなかタイミングを合わせる事が難しかったようです。このメニューではユニットの中でセンター⇒QB⇒RB⇒レシーバーとポジションを固定せずに回しておられたユニットが多かったようです。通常のメニューでも石田代表から「QBも回って行きましょうね!」というお声掛けをしていただいているのですが、どうしても皆さん遠慮なさっているのかQBは同じメンバーが多いようですが、遠慮は無用です。どんどんQBに入りましょう!
 6月に入るとディフェンスにも取り組んで行く予定との事ですのでよろしくお願いいたします。
 それではまた来週も第3フィールドでお会いしましょう!

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 06:24| Comment(2) | 2016 SPRING

2016年05月15日

5月15日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。5月半ばだというのに、まるで夏の陽気の第3フィールドには今日もたくさんのメンバーが集合されました。
 パスアップ、松尾さん指導のストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は今シーズンから参加された皆さんにトランプを引いていただいて昨年からの4つのチーム(エンジョイ、アイラブ、甲山、日本ハム/順不同)のいずれかに入っていただきました。このチーム分けは来週からも実施しますので、今シーズンから参加もしくは昨シーズンも参加されていて、まだチームに参加されていない方は楽しみにしておいてください。
 今日の練習は基本的に4つのチーム単位で実施しました。
 ブレイクの後はランニングプレイの練習です。小野さんからランニングプレイの基本である、
■ランニングバック(RB)はボールを見ない、取りに行かない(ボールを安全に渡すのはQBの役目)
■RBはボールを取りに行く側(QB側)の腕を上げる
■QBはボールの端でなく、中央をしっかりと持ってハンドオフする
■フェイク(ハンドオフするとみせかけてボールを抜く)場合はディフェンスをしっかりだませるように演技する、RBもしっかりと演技する。といった事を練習の最初と合間に都度ご指導いただきました。
 最初は5~10人位が一つのユニットとなり、ハンドオフするチェーンというメニューに取り組みました。ハンドオフも最初は両手で、その後片手でやってみました。次にセンター、QB、RBに分かれてセンターがスナップしたボールをハンドオフするメニューに取り組みました。今シーズンから参加された方々はランニングプレイの練習は初めてでとまどわれたかもしれませんが、ランニングプレイを織り交ぜる事によって、パスプレイの幅も広がるので来週以降もがんばって練習していきましょう。
 ランニングプレイの後は再度パスコースの確認です。4つのチーム毎にポイントを設けて5ヤードでブレイクするイン、アウト、10ヤードでブレイクするフック、イン、アウトのコースをおさらいしました。特に10ヤードアウトはレシーバーとの距離が離れているため、QBはしっかりと投げ込む事が肝心です。
 最後はポイントを2か所にして長めのコースであるポストとコーナーに取り組みました。やはり長めのコースの練習は盛り上がりましたね。特にコーナーはレシーバーが振り返りながらキャッチするので難しいコースですが、それだけにQBとレシーバーのタイミングが合ってナイスボール、ナイスキャッチとなった場合は大きな歓声が上がっていました。
 最後に西本さんに発声いただいたエールで今回の練習を締めくくりました。来週からも暑い中での練習が続くと予想されますので、しっかりと水分を補給して、適宜メニューの途中でも水分補給、休憩を取っていただくようお願いします。
 ではまた来週も第3フィールドでお会いしましょう。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 23:39| Comment(2) | 2016 SPRING

2016年05月12日

5月8日 練習レポート

 どういう理由で書く事になったのでしょうか?グランドに行く途中に、石田代表から「今日はお願いしますね。」と声掛けられ、グランドに到着すると北出さんから念押しされる状態でした。仕組まれていた事なのか(笑)。『グズ』で『のろま』な私が着替えるのに手間取り、大見得を切って「書く」といったみたいです。
 黄金週間最終日、母の日にも関わらず、好天に恵まれ、心地よい風が吹く『フットボール日和』の中、大勢の方々が参加されました。
 今回も事情により短縮時間でしたが、新しい参加者の紹介後、今年度から参加された方々も「特別講座」から合流。適宜喉を潤すようにという諸注意がある中で始まりました。
 入念すぎる準備体操とランニングストレッチ、久々のアジリティドリルが松尾さんの指導の下で行われました。
 ワンハンドキャッチとパスキャッチをいつも通り行ったのち、グランドを縦方向で、パスコース周知徹底集中強化反復練習を今日も行いました。
 パスコースは新たに10ヤードアウト・イン・コーナーを追加し、これまでのカールとポストで行われました。練習中には、ブレイクポイントをきっちりすることとボールを捕ることだけに満足せずに、アフターキャッチのことも考えるの2点を厳しく言われていました。
 今年は、QB経験者の参加も増え、きれいにスピンした速いボールが飛んでくることが多く、それを「平然と」「楽に」長い距離を捕っていかれる方もいる中で、ボールに触れることがやっとという私でした。順番がくるまでの列で自然とボールを捕ると『拍手』が起こり、ボールに触れて、捕れなくても『惜しい』という声がかかりました。
 11時30分ごろには、整理体操をして終わりました。十分にアフターケアをしているのですが、なぜかここ数回の練習終了後「アキレス腱」辺りに痛みを感じる私です。(2、3日後には痛みは消えますが・・・)無理せず、80%で練習に参加しましょう。

 最後に連絡事項です。
 今年度シニアファイターズは10周年を迎え。いくつかの記念行事を企画しています。
 7月9日10日に行われる合宿の簡単な参加状況については『らくらく連絡網』のサイトで、また、練習前後に『記念誌』の個人プロフィールの写真撮影を行っていますので、まだ撮影していない方がいらっしゃれば、『らくらく連絡網』の加入方法も含めてスタッフに声をかけてください。後、今年度のユニフォームの受付も行っています。

最後に楽しみにされている方々へ、遅くなってすいません。

かたおか
posted by S. FIGHTERS at 14:51| Comment(3) | 2016 SPRING

2016年05月02日

5月1日 練習レポート

 皆さん、こんにちは。ゴールデンウィーク中にもかかわらず、本当にたくさんのメンバーが参加され、快晴の第3フィールドで今回の練習が開催されました。
 パスアップの後は進戸代表によるストレッチとランニングストレッチです、進戸代表らしい理屈に裏付けられたメニューでしたね。その後はこれまでと同様今シーズンから参加された皆さんは小野さんにご指導いただく別メニューの練習です。
 通常メニュー組はワンハンドキャッチ〜両手キャッチ〜長めの両手キャッチの後、パスコースのおさらいをしました、今回は10ヤードブレイクのアウトとインに取り組みました、アウトとインはブレイクポイントで直角に進路を変更するのですが、どうしてもブレイクポイントでふくらみがちになるので、そのあたりを石田代表がかなりお声掛けされていました。その後はストリーク(縦)に取り組みました、他のコースもそうなのですが、QBはリードボール(レシーバーの進む方向に向かったボール)をしっかり投げ込む事が肝心です、最初はなかなか呼吸が合わない場面も見受けられましたが、最後の方はナイスボール、ナイスキャッチを連発されていましたね。長い距離のパスをキャッチされたレシーバーの皆さんは本当に良い表情をされていました。
 その後は先週と同様に5対5の実戦形式の練習です。ディフェンスは代表+有志の皆さんで、基本カバー3でされていました。オフェンスはランプレーなし、ベーシックなプレーの組み合わせでトリッキーなプレーはなしとしました。やはり実戦形式の練習は盛り上がりましたが、怪我のリスクも高まりますので、皆さん八割ルールをお忘れなく。また、我々独自のルールに慣れていらっしゃらない方はこのブログの過去ログを一度読んでいただく事をお勧めします、直近では2015年9月6日のミーティングレポートに我々のルールが記載されています。
 それではまた来週第3フィールドで皆さんと楽しい時間を過ごせるのを楽しみにしています。

北出 敏之(今週は見学でした)
posted by S. FIGHTERS at 11:51| Comment(2) | 2016 SPRING

2016年05月01日

夏合宿について

 7月9〜10日にかけて東鉢伏高原で夏合宿を開催予定です。詳細を「らくらく連絡網」で流しています。皆さまご確認ください。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 07:37| Comment(0) | 2016 SPRING