■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2015年10月31日

10月25日練習レポート

 みなさん、こんにちは。今回の練習も快晴の第3フィールドに大勢のメンバーが集まって開催されました。
 パスアップ〜ハンドオフ〜ストレッチ〜ランニングストレッチ〜アジリティ〜全体練習〜チーム練習〜チーム対抗練習という流れは先週と同じでしたが、今回はランニングストレッチに新しいメニューが登場しました。ダッシュしながら「右」「左」「右上」「左上」の掛け声に合わせて顔をそちらに向けるというメニューです。これはレシーバーは走りながらキャッチングポイントでQBおよびボールの方向に顔を向ける事のシミュレーションです。三浦代表によれば、練習開始前のグラウンド2周のアップの際も意識して顔の方向を変えるのも良いとの事です。
 全体練習は3つのパスコースです。今回はすべてアンダーゾーンに一人ラインバッカーをつけました。それだけでもかなり投げる方も受ける方も影響があったようです。
 最初はYのカール、いったんポストに向かってからしっかりとQBにカムバックするのがポイントです。続いてはXのアウト、セットする位置がサイドラインから5ヤードの位置ですので、投げるタイミングが遅くなるとすぐにサイドラインの外に出てしまうので、そうならないようにQBは早めに投げないといけません。最後はXのポストアウト、キャッチングポイントが遠いのと今回は風が強かったのでなかなかタイミングが合わなかったようですが、キャッチされた方はみんなうれしそうにされていました。
 チーム練習は、前回各チームでプレーを考えましたが、今回は三浦代表が考えられた8つのプレーの中から選択します(実際にはRへのフェイクの裏でそのままランニングプレーを展開する場合もあるので裏プレーも数えると11プレーになりますが)。
 今回も図がなくて申し訳ありませんが、そのプレーは以下の通りです(最初はセットする隊形、Rのフェイク以外は名前の出てきたプレーヤーがメインターゲットです。それ以外のプレーヤーの動きはかっこの中に記載しています)。
@ 右プロ R右 Zカール Y5ヤードアウト(Rはアウト、Xはポストコーナー)
A 右プロ R左 Xポストコーナー R5ヤード90°イン(Yは5ヤードアウト、Zはポスト) 裏プレーはRドロー
B 右ツイン R右 右へRトスフェイク(Rはその後右へ行ってからヒッチのコースへ)Z90°イン Yポストコーナー(Xはアウト)
C 右プロ R右 右へRトスフェイク(Rはその後右へ走る) X5ヤードアウト Yヒッチ(Zはヒッチ) 裏プレーはR右へスィープ(トス)
D 右プロ R右 Y90°イン Xカール(Rはアウト、Zはポスト)
E 右プロ R右 ZカールR5ヤードアウト(Xはカール、Yはアウト)
F 右ツイン R左 右へRスィープフェイク(Rはその後右へ行ってからヒッチのコースへ)Y5ヤード90°イン Xカール(Zはポスト)
G 右プロ R右 左へRドローフェイク Zポストクロス Zポスト(Yは5ヤードアウト) 裏プレーはR左へドロー
 対するディフェンスはカバー3、カバー2を自由に選択します。ゾーンディフェンスの練習ですので、各々のゾーンを意識するのと、他のゾーンにオフェンスのプレーヤーが入った時はしっかりと声を掛け合ってゾーンの受け渡しをするのがポイントです(といっても実際の練習になるとついつられて他のゾーンまで深追いしたり、声がかけられなかったりしましたが)。
 チーム練習の後はスタンド側でエンジョイファイターズ対日本ハムファイターズ、奥側でI LOVEファイターズ対甲山ファイターズの対戦形式での練習です。どちらの側でも白熱したプレーが繰り広げられ、第3フィールドには歓声がこだましていました。
 最後に三浦代表からは、
□カールはいったんポストに行ってからしっかりとQBにカムバックする事、見ていると戻りきれずにポストになってしまっている人が多い。
□今回のルールではファーストダウンが10ヤード(1ブロックだけ13と1/3ヤードですが)になっているので、(1回で10ヤード取るのではなく)5ヤードをきっちり取りに行くプレーが大切、まだまだ奥に投げたがるQBが多い。
との指摘をいただきました、また来週からいよいよブリッツも取り入れるとの事です。楽しみですね。
 最後に恒例のエールで締めくくり、今回の練習も無事終了しました。来週もみなさんと第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています。

#4 北出 敏之

20151025pattern.jpg
posted by S. FIGHTERS at 21:44| Comment(2) | 事務局からのお知らせ

2015年10月20日

10月18日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習はまるで夏に逆戻りしたかのような雲一つない(と思ったら三つ位ありましたが)快晴の第3フィールドで実施されました。
 まずパスアップ、ストレッチ、ランニングストレッチの後はレシーバーがQBから10ヤードの位置にセットしてフックのコースのパス練習です。レシーバーはきっちりQBの方へカムバックする事を意識します。その後はレシーバーがQBから10ヤードの位置にセットしての5ヤードアウトのコースのパス練習です。パスのヒットゾーンがQBから遠いのでQBはきっちりと投げ込む事が肝心です。アウトの後はレシーバーがQBから15ヤードの位置にセットしてのポストの練習です、最初三浦さんからは「レシーバーはZの位置にセットして」という指示が出ていたのですが、咄嗟の事でしたので10ヤードのままにセットしているところが多かったようです。浦さんからはQBに対して早めに投げるように指示が出ていました。
 その後は各チームに分かれてのチーム練習です、先週は三浦さんが用意された10種類のプレーからオフェンスのプレーを選択しましたが、今回は三浦さんから各チームに対して独自のプレーを8つ(うち1つは必ずランプレー)作成するように指示がありました。基本的に三浦さんのプレーから数種類と縦系のプレーを独自に作成したチームが多かったように思います。
 チーム練習は先週と同じように最初は浅いゾーンにだけディフェンスをセットし、続いて深いゾーンにだけセットしてゾーンを意識するようにします。
 チーム練習の後は違うチームと対戦形式での練習です、こちらも最初は浅いゾーンにだけディフェンスをセットし、続いて深いゾーンにだけセット、最後は5人でセットして練習しました。オフェンスは大体3ユニット位で回しているチームが多かったようですが、あらかじめプレーを決めていたせいもあって結構速く回ってきて結構きつかったですね。
 練習の最後に三浦さんから「プレーが崩れた時に、レシーバーがどんどん奥に行くのと、かつ奥に投げたがるQBが多いのでどんどんゾーンが下がっていく傾向にあるが、レシーバーはフックのようにカムバックするともっとプレーが通る。」との講評をいただきました。
 そしていつものようにエールで締めくくり、今回の練習も無事終了しました。
 来週は練習後に現役のファイターズの近畿大学との試合がエキスポフラッシュフィールドであります。ぜひ応援にもかけつけましょう。
 では来週も第3フィールドでお会いしましょう!

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:25| Comment(3) | 事務局からのお知らせ

2015年10月13日

10月11日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は夜半に降った雨の影響が心配されましたが、その後お天気が持ち直したため無事開催されました。
 パスアップ、三浦代表による(ゆるめの)ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後はQBからレシーバーが5ヤードの位置にセットしてのワンハンドキャッチ、10ヤードの位置にセットしてライナー性のボールを投げ込む練習を行いました、いずれの場合もレシーバーはボールの先端から目を離さないのが肝心です。
 ブレイクの後は各チームに分かれてのチーム練習です。メニューに関してはあらかじめ各チームの代表・キャプテンに三浦代表から伝えていただいています。今回は前回と同じくディフェンスが各々のゾーンを意識するために、浅いゾーンのラインバッカーのみをセットする、もしくは深いゾーンのディフェンスバックのみをセットして、2人もしくは3人のみのディフェンスに対してセンターを除く5人でオフェンスを展開します。今回オフェンスはあらかじめ三浦代表が用意された10種類(左右逆がありますから合計20種類)のプレーから選択します。
 プレーは以下の通りです(図がなくて申し訳ありません)。最初に記載されているレシーバーがメインターゲットです。
 @ プロからのYZダブルポスト(Xは90°イン)
 A プロからのYXダブルポスト(Zは90°イン)
 B プロからのZカール(Xはポスト、Yは5ヤードアウト)
 C ツインからのYポストコーナー(Xは5ヤードアウト、Zは90°イン)
 D ツインからのALLフック
 E プロからのRドロー(Xは90°イン、YZはポスト)
 F プロからのRスイープ(Xは90°イン、YZはポスト)
 G ツインからのYカール(Xはアウト、Zはポスト)
 H ツインからのRドロー(Xは5ヤードイン、Yはポストクロス、Zは90°イン)
 I Z(Y・X)ポスト(メインターゲット1人だけがポストで他の2人はフック)

 チーム練習の後は山側で甲山対エンジョイ、海側でI LOVE対日本ハムの各チームで対戦する形式で練習しました。オフェンスはゴール前20ヤードからスタートし、ディフェンスは最初は自陣10〜20ヤードの浅いゾーンに2人もしくは3人のみセット、続いて自陣0~10ヤードの深いゾーンに2人もしくは3人のみセット、最後は5人でセットしました。
 前回に引き続き今回も練習の目的はディフェンスが各々のゾーンを意識して、決して他のゾーンまで深追いする事の無い様にする事ですが、やはりオフェンスが通るとうれしかったですね(私も最後にYZダブルポストのYの位置でパスキャッチできました)。
 三浦代表からはゾーンを意識する事によって、ディフェンスがだいぶ形になってきたとのお言葉をいただきました。対するオフェンスはディフェンスをストレッチする事が大切ですので、各々のブレイクポイントをきっちり守る事が肝心です。ディフェンスがつくとどうしても本来10ヤードでブレイクするべきところを7ヤードでブレイクしたりしてしまったりしますが、そうすると他のレシーバーとの連携が崩れてしまってプレーが通らなくなってしまうとの事です。また、ブレイクポイントでディフェンスと交錯しそうになった場合はプレーの展開する側、(例えばアウトなら外側)によけてからブレイクして、QBが最初に想定したヒットポイントに到達するようにしてくださいとの事です。
 その後ストレッチとエールで締めくくり、今回の練習も無事終了しました。
 では来週も皆さんと第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 12:50| Comment(1) | 2015 AUTUMN

2015年10月07日

10月4日練習レポート

 皆さん、こんにちは。3週間ぶりの練習となった快晴の第3フィールドにはたくさんのメンバーが参加されました。
 パスアップはまずレシーバーがQBから5ヤード離れた位置にセットしてのワンハンドキャッチ、続いて10ヤード離れた位置にセットしてライナー性のボールを投げ込む事を実施しました。その後今回発表されたルールではランニングプレイはドローとスイープのみで、スイープの場合はハンドオフの他にピッチしても良い事になっていますが、今までピッチの練習はしていなかったので、5人1組くらいでピッチの練習をしました。RBはQBより後ろでピッチを受けるのが基本ですが、前に出た位置でのピッチ(前パスになりますが)も良い事としました、RBのスピードもまちまちなので最初はQBとのタイミングが合わない事も多かったですが、次第にうまくボールを受け渡しできていたと思います。
 そして今回はブルークィーンズの皆さんも第3フィールドにいらっしゃったので、恒例のエリックさんによるストレッチです。三浦代表を筆頭に皆さんのうめき声が秋空にこだましていました。
 ランニングストレッチ、アジリティの後は今回初めての試みとして最初から各チームに分かれての練習です。あらかじめ各チームの代表とキャプテンには今回の練習の趣旨が伝えられていました。それは「ディフェンスの各々のメンバーが担当するゾーンを意識する。」というものです。
ボールを追うのに夢中になって一列目のLBがどんどん後ろに下がってカバー5のようになったり、マンツーマンに近いディフェンスになるのを避けるために、今回はカバー2もしくはカバー3の一列目もしくは二列目のどちらかのみをディフェンスにセットして、センターを除く5人のオフェンスがプレーを展開してディフェンスを攻略する練習を実施しました。
 例えばカバー2であれば一列目だけをセットする場合はSam、Mike、Willyの3人だけがセットします。例え奥のゾーンへの長いパスがきても3人のLBは自分のゾーンを超えて奥へ行ってはいけません。逆にカバー2の二列目をセットする場合はS/S、F/Sだけがセットし、浅いゾーンでプレーが展開されても自分のゾーンを離れてはいけません。
 チーム練習の後は松尾代表/平田キャプテンのI LOVE ファイターズと進戸代表/細川キャプテンのエンジョイファイターズ、波止代表/橋本キャプテンの甲山ファイターズと北出代表/脇本キャプテンの日本ハムファイターズがそれぞれ対戦形式で練習しました。
 ディフェンスはエンドゾーン手前10ヤードに2人もしくは3人だけがセットします。実際には3人をセットした場合がほとんどのようでした。
 チーム練習の最初の頃はディフェンスが2人もしくは3人だけなので、オフェンスが少しとまどうような場合も見受けられましたが、途中からはなかなか白熱した攻防が繰り広げられました。
 最後に三浦代表からゾーンを意識する事の大切さをお話いただいた後にストレッチとエールで今回の練習を締めくくりました。
 ホームページにルールが掲載されていますのでまだご覧になっておられない方は次回の練習までにご覧になっておいてください。
では来週も多くの皆さんと第3フィールドでお目にかかれる事を楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 13:16| Comment(2) | 2015 AUTUMN