■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2015年09月30日

ルール

「シニア流、試合ルール」(基本理念:皆で楽しく、ノーコンタクトフットボール)

(第5版:2015.09.30)
(第4版:2013.07.07)
(第3版:2012.12.09)
(第2版:2008.04.13)
(第1版:2007.10.21)

<定義>
フィールド:正式のフットボールグランドを横に使用し、縦53+1/3ヤード、横30ヤード内でプレーを行う。エンドゾーンは、縦53+1/3ヤード外の両端に10ヤードのスペースを設ける。ハッシュマークは、横30ヤードを3分割し、サイドラインから内10ヤードラインとする。【図1】
名称の略:オフェンス「O」、ディフェンス「D」、キックオフ「K」、キックカバー「KC」、キックオフリターン「KR」、パント「P」、パントカバー「PC」、パントリターン「PR」
ポジション名称及び略:【図2及び3】
「O」の場合:Quarterback「Q」、Wide-receiver「Z」「Y」と「X」、Runnig-back「R」、Center「C」、Kicker「K」、Punter「P」の種類とする。
「D」の場合:
<Cover-2>1線目のLinebackerは、ストロングサイドから「Sam、Mike、Willy」、2線目のSecondaryは、ストロングサイドから「S/S、F/S」 とする。
<Cover-3>1線目のLinebackerは、ストロングサイドから「Sam、Mike」2線目のSecondaryは、ストロングサイドから「S/C、S、W/C」とする。
その他の名称の略:タッチダウン「TD」、トライフォーポイント「TFP」、ファーストダウン〜フォースダウン「1DN」〜「4DN」、タッチバック「TB」、セーフティ「ST」
チーム構成:1チーム、5人で構成する【図1】。ただし、「O」の時「C」はボールを出すだけとし、プレーには参加できない。※「C」がボールを出す時、守備側から見て、背を向けボールを出す。
フォーメーション:「プロ」「ツイン」「スーパー」の3種類とする。この場合「R」は、「Q」の側にセットする【図2】。※ただし、「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。
ポジショニング:
「O」の場合【図2】
 「Z」:オープンサイドのサイドラインから内5ヤードにセット。
 「X」:ショートサイドのサイドラインから内5ヤードにセット。
 「Y」:オープンサイドの「Z」から内5ヤード、もしくは、10ヤードにセット。
 「Q」:各ダウンのスタート位置はサイドラインから内10ヤード地点のハッシュ右端、または、左端なので、その位置に「C」がセット。
 「Q」はその後方約5ヤードの位置にセット。
 「R」:「Q」の側(右、左、後ろ)、もしくは、「Z」や「Y」の内側にセット。※「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。
「D」の場合【図3】
  Linebacker:1線目の場合、スクリメージラインから約5ヤード離れてセット。
  Secondary:2線目の場合、スクリメージラインから約10ヤード離れてセット。
 ※ただし、ゴール前に攻め込まれた場合はこの間隔を詰めても構わない。
パスパターン:「Z」「X」「Y」「R」は、基本12種類とする。【図4】
ランニングプレー:「R」は、基本2種類(スィープはピッチもあり)とする。【図4】

【図1】
20150930rule_01.jpg
【図2】
20150930rule_02.jpg
【図3】
20150930rule_03.jpg
【図4】
20150930pattern.jpg

<運用ルール>
(1)練習試合の時間は、15分 or 20分/前後半、ランニングタイムとする。
(2)ハドルは25秒間とし(目安)、タイムアウトは「無」とする。
(3)フィールドを5分割し、10ヤードのブロックを5つ作り、ゲームを行う。
 ※ただし、真ん中のブロックだけ、13+1/3ヤードとする。
(4)1DN更新は、1ブロックを4回の攻撃で獲得し、次のブロックの攻撃権を得る。
 ※4回の攻撃で2〜4のブロックを獲得した場合も引き続き攻撃権を獲得できる。
 ※次の攻撃権を獲得した場合、1DNは必ずそのブロックの最初の地点とする。
 ※4回の攻撃でブロックを攻略できなかった場合はその地点で攻守交替。
 ※4回目の攻撃では、「P」を選択できるが、申告しなければならない。
(5)試合の開始・再開は、キックオフとする(オンサイドキックは無)。
 ※「K」のポジションは、自陣10ヤードから敵陣へ蹴りこむ。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手が「KR」を放棄した場合は、「TB」(相手自陣10ヤード)となる。
 ※ボールがサイドラインを割った場合は、その場所からの相手側攻撃とする。
 ※ただし、「O」がエンドゾーンで押さえるような事があれば「ST」となり、次の「K」(「ST」を取られたチーム)は、自陣0ヤードから蹴る。
(6)Pは4DNに選択することが出来、自陣を取り戻すことができる(申告する)。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手がボールに触れ(落とす含む)、エンドゾーンから出ることが出来なければ、「ST」と見なる。
 ※エンドゾーン内にボールが入り、相手も全くボールに触れる事もなかった場合、「TB」(相手自陣10ヤード)となる。
(7)PRがボールを放置、静止した場合は、その地点から「O」の継続攻撃となる。
 ※この場合、PRの選手全員でボールを囲み、ボールが静止した場合は攻守交代。
(8)Pのボールがサイドラインを割った時は、その地点から攻守交替。
 ※PRのキャリアがダイレクトキャッチで落とした場合、もしくは、ワンバウンドしたボールをキャッチ出来なかった場合も同様にその地点から攻守交代。
 ※PRのキャリアはフェアーキャッチ、もしくは、 ブロッカーを使ってリターンできる。

(9)PCはPRのキャリア、3ヤード迄迫りプレッシャーを掛ける事ができる。
(10)ハッシュマークの右・左は、プレーが終了した近いサイドとなる(審判の判断による)。
(11)「O」の攻撃方向は前半・後半で変わる。

(12)TDすると自動的にエンドゾーン手前3ヤードからTFPを行うことができる。
(13)この場合、TFPのハッシュマークは「O」が右・左を選択権できる。
(14)TD:「6点」、TFP:「2点」、SF:「2点」が与えられる。
(15)プレーは審判の判断によって終了する。相手の体に触れることが無い様判断する。
(16)審判の判断は絶対で、判断に対して決して文句は言わない様にする。

<「O」>
(1)「Q」は必ずショットガンの位置にセットする。
(2)レシーバーは必ず5ヤード線上に位置する(中間点に立つと反則対象)。
(3)パスは約3秒以内(目安)に投げないと失敗とみなされる(審判の判断)。
(4)「O」は必ずハッシュマークの右・左からスタートする(中間は無)。
(5)プレースタートは「Q」のコールで一斉にプレーヤーがスタートし開始される。
(6)ハッシュの広いサイドをオープンサイド、狭いサイドをショートサイドとする。
 ※オープンサイド=ストロングサイド、ショートサイド=ウィークサイドと呼ぶこともある。
(7)「O」は必ずオープンサイドに「Z」と「Y」をおく(ショートサイドは「X」)。
(8)「R」は「Q」の側、もしくは、スーパーの場合は「Z」や「Y」の内側におく。
 ※スーパー場合でも「R」は必ず両手を両膝の上に置いてセットする。

(9)「R」のランは2種類しかない(ドロー、スウィープ)。
 ※フェイクは良い。その他のラン、特にダイブの様な早いランは反則とみする。
(10)「R」のランから「Q」へ戻すパスは認めない。
(11)ランニングプレー時には、他の選手が「D」をブロックする行為は反則とする。


<「D」>
(1)カバー「2」及び「3」のゾーンで守らなければならない(M to Mは禁止)。
(2)「O」の選手と衝突しそうな場合は、できるだけ「O」を優先する。
(3)「D」はスクリメージラインから7ヤード離れたLinebacker1人を「Q」に向かってブリッツさせることが出来る。
(4)「D」がインターセプトし、独走の場合でも審判がプレーを終了させる場合がある。

<プレーの終了>
(1)レシーバーがパスを受けることができなかった場合
(2)「Q」がパスを投げきれなかった場合(目安は3秒程度=ギブアップ)
(3)ボールキャリアが、ボールをファンブルした場合(その地点でボールデッド)
(4)プレー中に審判が笛を吹いた場合(その地点でボールデッド)

<罰則>
・5ヤード
 オフサイド(コールより早く「X」「Y」「Z」「R」がスタートした場合)
 オーバーハドル(ハドルに25秒以上を費やした場合)
 不正な前パス(スクリメージラインを越えてパスをする、指定無コースを走る等)
・10ヤード
 ホールディング(相手をつかんだ場合)
 インターフェアー(「Q」が投げる前に「Z」「Y」「X」「R」に当たった場合等)
 インテンショナル グランディング(ボールを投げたが味方が側にいない場合)
 ハードコンタクト(コンタクトの度合いにより、5,10ヤードの罰則あり)
 PCの時、PRのキャリア以外のブロッカーに触れた場合
posted by S. FIGHTERS at 10:10| Comment(3) | S☆FIGHTERS基本情報

2015年09月29日

9月13日練習&京都大学戦観戦レポート

<練習レポート>
 皆さん、こんにちは。
 今日の練習は、オフェンスの復習です。前回の練習が雨だってので、この秋シーズンで使用するルールやオフェンス(「O」)・ディフェンス(「D」)を説明させて貰いました。「O」ではフォーメーションやポジション・ルート等、「D」ではカバー2・3を混合で使用するルールを説明をさせて貰いました。そのうち覚えることの多い「O」のポジションとルートを練習したと言う訳です。皆さん、大体覚えてらっしゃいましたね。次回からは「D」が付いても正確なポジションとルートが走ることができるかが課題になってきます。また、「D」は種類が増えますので「O」との駆け引きが出てきます。益々、レベルが上がりますので、しっかりと復習をしておいてください。後先になりましたが、雨の日の講習レポートを北出さんが詳細に書かれていますので、これからの練習の参考にして頂ければと思います。更には、ルール等も改訂版を作成しましたので、合わせて見て貰えればと思います。最後には、皆さんのキック力を把握したかったので、プレスキックを蹴って頂きました。その成果は、ルールに反映しておりますのでご確認ください。

<京都大学戦観戦記>
 現役の京都大学戦の観戦では、多くの方々に応援へ来て頂きました。ありがとうございました。
 2戦目に京都大学と対戦する事もあり、また、関学ファンにとっては、毎年闘志剥き出しに戦ってくるチームでもあり、多くのOBも観戦していました。私は33年前、大学1年時に京都大学に甲子園出場34連覇を阻止されたメンバーです。今日の試合は、その時を思い起こさせる様な雰囲気がありました。
 しかし、その当時と大きく違ったところは、京都大学が非常に反則多く、約90ヤードも失った、と言うことです。おそらくゲームプラン上では、京都大学は想定以上に上手く試合を運べたと思います。しかし、チームワークと言う面ではまだまだだったと言う事でしょう。反則は個人に課せられる内容が多く、個々の感情だけが前に出てしまうとこの様な結果になってしまいます。33年前の京都大学のチームワークが再現されていたら、きっと関学は負けていたかもしれません。
 運よく勝てた関学。この教訓を糧にまずは甲子園ボウル出場5連覇を達成して欲しいと思います。厳しい試合が続きますが、今後も皆さんの声援よろしくお願いいたします。

代表 #35 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 00:20| Comment(2) | 事務局からのお知らせ

9月6日ミーティングレポート

 皆さん、こんにちは。8月30日の2015年秋シーズン初回の練習が雨で中止となり、今回も雨でしたが、部屋が準備できたので2015年秋シーズンのルール等の説明のためのミーティングを実施しました。
 まずは三浦代表からルール説明です。ご存じのように我々はフィールドを横方向に使用し、横30ヤード、縦53と1/3ヤード(160フィート、1ヤード=3フィート)のフィールドでプレイします(エンドゾーンは53と1/3ヤードとはべつに10ヤードずつ設けます)。
 53と1/3ヤードを5つのブロック(10ヤード、10ヤード、13と1/3ヤード、10ヤード、10ヤード)に分けて、各ブロックを4回の攻撃で進むことができればファーストダウンとなり、次の攻撃は進んだブロックの最初から始めます(自陣0ヤードから最初の攻撃で15ヤード進んでファーストダウンになっても次の攻撃は次のブロックの起点である10ヤード地点から始めます)。
 試合は自陣10ヤードからのキックオフでスタート。敵陣のエンドゾーン内でキックチームがボールを押さえるとセーフティーとなり、セーフティー後のキックオフはキックチームの自陣0ヤード(←変更しました。)からとなります。エンドゾーン内でリターンチームがボールデッドとなるとリターンチームの攻撃は自陣10ヤード(←変更しました。)からとなります。
 オフェンスの隊形はセンターなしの5人で(センターを置いた場合もプレーには参加しないものとし、スナップは攻める方向と逆に向いて出します)、QBはサイドラインから左右どちらか10ヤードにショットガンの位置にセット、レシーバーは必ず5ヤードおきのライン上にセットし、広いサイド(ストロングサイド)に2人、狭いサイド(ウィークサイド)に1人セットします。ストロングサイドのレシーバーの位置が10ヤード離れた隊形をプロ、5ヤード離れた隊形をツインといいますが、ストロングサイドの外側のレシーバーはサイドラインから5ヤードにセットします。RBは必ず両膝に手をつきます。RBはスクリメージラインのストロングサイドにレシーバーとしてセットしてもOKでこの隊形をスーパーと言いますが、スーパーの場合もRBは必ず両膝に手をつきます。
 レシーバーはストロングサイドの内側をY、外側をZ、ウィークサイドをXと呼びます。
パスルートは5ヤードブレイクのヒッチ、アウト、90度イン、10ヤードブレイクのフック、90度イン、ポスト、コーナー、アウト、ストリーク(縦)、ポストクロス、カール、ポストコーナーの12種類を組み合わせて攻撃を組み立てます。
 ランニングプレイは春シーズンに実施したスィープとドローのみとし、スィープの場合はピッチ(トス)もOKです。いったんボールを受けたRBからのパスはできませんが、RBへのパスは先に述べた12種類のパスならばOKです。またショベルパスもできません。
 ディフェンスの隊形は春シーズンはカバー3のみでしたが、カバー2も併用し、ブリッツはスクリメージラインから7ヤード後方で、1線目のラインバッカーから1人だけがブリッツできます(セーフティーブリッツは禁止)。
 秋シーズンからはオフェンスと同様にディフェンスのポジションにも略称をつけます。
カバー2の場合、1線目のラインバッカーのうち、ストロングサイドのラインバッカーをS(サム)、中央のミドルラインバッカーをM(マイク)、ウィークサイドのラインバッカーをW(ウィリー)、2線目のディフェンスバックはストロングサイドがSS(ストロングセーフティー)、ウィークサイドがFS(フリーセーフティー)と呼びます。
 カバー3の場合は1線目のラインバッカーのうち、ストロングサイドのラインバッカーをS(サム)、ウィークサイドのラインバッカーをW(ウィリー)(←M(マイク)に変更しました。)、2線目のディフェンスバックのうち、ストロングサイドをS/C(ストロングコーナー)、中央をS(セーフティー)、ウィークサイドをW/C(ウィークコーナー)と呼びます。
 我々のディフェンスは安全のために必ずカバー2もしくはカバー3のゾーンディフェンスですが、ゾーンディフェンスの攻略の基本は1つのゾーンに2人のオフェンスを入れるとどちらかがフリーになるというものですが、ここで三浦代表から小野ディレクターにバトンタッチしていただき、ゾーンディフェンスの攻略方法について講義していただきました。
 先ほども述べたように、1つのゾーンに2人のオフェンスを入れるのが基本ですが、それは隣のゾーンのディフェンスをそのゾーンに入れないようにする(スティック=のり付け)のが肝心です。例えばカバー3のディフェンスのWが担当するゾーンにZとYでカールアウトをしかける場合MがWの担当するゾーンにいかないようにRBがヒッチのコースに出てMを自分のゾーンにとどめておくといった事です。
 秋シーズンはカバー2とカバー3の併用ですので、X、Y、Zのオールストリークをコールした場合にディフェンスがカバー2なら必ず1人はフリーになりますが、カバー3ではフリーにならないといった事も想定されますが、その場合はあきらめて投げ捨てるのか、それとももしカバー3だった場合はストリークからフックに変更するといったように臨機応変にプレーを変更するのかも今後チームで話し合いをして決めていけば面白くなるだろうとの事でした。いずれにせよフットボールはプレーの組み合わせでディフェンスをだますのが醍醐味なので、そのあたりをきちんとデザインされたプレーが通った快感を多くの方に味わっていただきたいとの事でした。
 小野さんのお話はご自分が現役の頃からコーチされていた時代のディフェンス隊形とそれを攻略するためのオフェンスの変遷や、1試合を通じてのゾーンとマンツーマンの割合をどうするかといったリスクマネジメントのお話等非常に興味深いお話でしたが、私のつたない筆力ではとてもお伝えできないので、省略させていただく事をお詫び申し上げます。
 最後に小野さんから、来年でいよいよシニアファイターズが2007年に活動を開始して10年になるのを記念して、10年間の活動を残すためにも小野さんを編集長とした記念誌を発行する事が発表され、メンバーの中で小野さんや各代表を補佐できる方(特に編集等に携わった事のある方)はぜひ協力していただきたいとのお願いがありました。こちらの詳細については別途連絡網等で連絡させていただきますので、ぜひご協力をお願いいたします。来週こそ好天の第3フィールドで皆さんにお目にかかれる事を祈っています。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 00:13| Comment(0) | 2015 AUTUMN

2015年09月06日

9月6日ミーティング実施のお知らせ

皆さん、おはようございます。
本日は雨天ですが、室内で戦術的な話やチームミーティングを行う予定です。
よろしくお願いします。
posted by S. FIGHTERS at 08:54| Comment(1) | 2015 AUTUMN