■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2014年10月30日

プレーブック(小野ディレクター作製)

 小野ディレクターが作製したプレーブックを掲出します。

Play Book for 5on5(PDFファイル/2014.10.19)

S☆FIGHTERS事務局

posted by S. FIGHTERS at 01:18| Comment(0) | 2014 AUTUMN

10月26日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習も10月とは思えないほどの陽気の下開催されました。先週に引き続きキックアップの後は久しぶりに合流されたブルークィーンズのエリックさん指導のキツ目のストレッチから開始です。フィールドのあちこちにうめき声が響いていました。
 その後松尾さん指導のランニングストレッチ、アジリティと続いていよいよ練習本番開始です。先週は小野ディレクターお手製のプレーブックにより、カバー2のアンダーゾーンのコーナーバック(CB)とラインバッカー(LB)を攻めるために、7ヤードでブレイクする@オールフックAオールアウトBカールフックCアクロスの4つのパターンのオフェンスに取り組みましたが、今週はそれに加えてディープゾーンのセーフティー(S)を攻略するDオールストリークに取り組みました。基本的な考え方は同じで、ディフェンス1人に対して2人のオフェンスを同じゾーンに投入してディフェンスの付かなかった方のレシーバーに投げるという事です。オールストリークはレシーバー3人がすべて縦に上がります。この時の注意点としては我々のフィールドは横30ヤードと本物のフットボールに比べて狭いのでレシーバーがセットした位置からそのまままっすぐ上がってしまうと違うほうのレシーバーに付いたはずのSがパスを投げられてから反応しても間に合ってしまうため、両サイドのレシーバーは外側にふくらみながら上がって左右にストレッチする事です(インサイドのレシーバーは逆にポスト気味に中に入ります)。
 先週と同じようにQB4人がそれぞれのレシーバーに同時に投げます。指導いただいた小野ディレクターからは投げるタイミングをもっと早くするようにとの指示が多く出ていたように思います。またQBはどうしてもターゲットのレシーバーを最初から見てしまいがちなので、最初はまんべんなくディフェンスを見渡してから投げる練習にも取り組みました。
 その後はおさらいとして先週取り組んだ@〜CのコースもQB4人、左右にそれぞれQB1人ずつでディフェンスの付かない方に投げる、QB1人でLBの動きを見てからLBの付かなかった方のサイドに、ディフェンスの動きを見て投げる、という練習にも取り組みました。さすがにLBをみてから逆のサイドのディフェンスを見てから投げるのは難しかったように思いましたが、皆さんはどうだったでしょうか?
 いったんブレイクした後は全体を4つのチームに分けて2チームずつが海側、山側で15分ハーフの練習試合を行いました。小野ディレクター曰く「あれこれややこしい事をしなくてもアンダーゾーンを攻める@〜Cとディープゾーンを攻めるDの組み合わせで絶対にオフェンスは通るはず。」との事でしたが、ブレイクポイントのばらつきだったり、QBの判断ミス(空いているレシーバーに投げずにカバーされているレシーバーに投げたりする)もあり、なかなか通らない事も多かったように見えましたが、さすがに後半あたりになるときれいに通ったプレーが見受けられたように思いました。
 次回の練習はご案内しているように当初予定の11月2日から11月3日に変更となっています。皆さんと第3フィールドでお目にかかれるのを楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 01:11| Comment(2) | 2014 AUTUMN

2014年10月25日

【FIGHTERSより】プリンストン大学招聘事業の募金について(お願い)

※関西学院大学体育会アメリカンフットボール部FIGHTERSより、以下のお願いをさせていただきたく存じます。なにとぞ趣旨ご理解ご賛同いただき、ご寄付のご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

S☆FIGHTERS事務局

20150321dreammatch_01.jpg

 このたび関西学院創立125周年記念として、米国・プリンストン大学TIGERSを招聘して日米交流戦を2015年3月に開催することとなりました。
 世界の大学ランキングで常に最上位に位置する名門プリンストン大学は、アメリカンフットボールにおいても米国史上初めて現在の競技の原型となるゲームを1869年にラトガース大学と行った「ルーツ校」です。2013シーズンは8勝2敗(アイビーリーグ内6勝1敗:同率1位)の好成績を収めています。
 FIGHTERSは、2001年3月にも学院創立111周年記念としてプリンストン大学との交流戦を開催しており、その際は終盤に逆転しながら試合終了直前にFGを決められ、大接戦の末に25-27で敗れました。
 今回は本場米国の伝統校への再挑戦になりますが、創立125周年記念行事の最後を飾るビッグイベントとして盛り上げるとともに、本場米国に全力で挑戦することで更なるレベルアップを図り、ひいては日本フットボール界の発展につなげていきたいと考えます。
 つきましては、今回の招聘事業についてご支援をたまわりたく、寄付金の募集をさせていただく運びとなりました。誠に恐縮ではございますが、何卒趣旨ご理解ご賛同の上、ご協力たまわりますようお願い申し上げます。

※当募金については、「関西学院大学スポーツ活動支援募金」として学校法人関西学院に寄付していただきます。学校法人関西学院から発行される領収証により所得税の控除などが受けられます(詳細コチラ⇒「寄付金に対する減免税措置について(PDFファイル)」)。

インターネットによってご寄付をいただける方はこちら
http://kgfighters125princeton01.peatix.com

寄付金の振込用紙の送付をご希望の方はこちら
http://www.kgfighters.com/survey_answer/id=25
posted by S. FIGHTERS at 09:34| Comment(0) | 事務局からのお知らせ

2014年10月20日

練習日程変更のお知らせ(11月2日⇒11月3日)

 みなさん、こんにちは。
 10月19日の練習レポートでも触れられておりますとおり、11月2日(日)の練習はグラウンド使用の関係で11月3日(月・祝)に変更となりました。
 なお、この日は上ヶ原キャンパスでは大学祭期間中となっており、周辺の駐車場は混雑することが予想されます。お越しの際は公共交通機関をご利用されることをおススメします。

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 22:39| Comment(0) | 事務局からのお知らせ

10月19日練習レポート

こんにちは。今回の練習レポートは、いつもレポートを書いてくださっている北出さんからのご指名により、私、進戸が担当させていただきます。どうかよろしくお願いいたします。
さて、今週は悪天候による中止の心配も無く、暖かい陽気の中での練習となりました。
まず、いつもどおりならばストレッチ前にパスアップ、というところですが、今回、初の試みとしてキック練習も兼ねたキックアップを行いました。カバーチームは無しで、キッカーはプレースキックかパントキックを選択、いつもはリターンチームがキャッチできなければそこでボールデッドですが、今回は綺麗にキャッチできなかった場合でも、ボールを確保して最後までリターンすることとしました。キッカー1人に対してリターン5人ですので、結構リターンチームの回転が早かったですね。リターンチームの皆さん、お疲れ様でした。
 ストレッチ、ランニングストレッチは、いつもは三浦代表が指導してくださっているのですが、今回は三浦代表が足を痛められたとのことで、替わりに私がやらせてもらいました。三浦代表はスタンドから練習をしっかりと見守っておられましたね。
 今回はパスコースの練習も一味違っていました。小野ディレクターの指導のもと、通常のオフェンスフォーメーションから、QBを4人配置し、X、Y、Z、Rの各レシーバーに同時にパスを投げる、という試みです。今シーズンのテーマとして、誰でもQBが出来るようにしよう、ということがありますが、さすがにこの練習ではQB担当者を立候補制で8名に限定して行いました。そのためか、目立った混乱も無く消化できたように思います。今までの練習では、基本的にブレイクポイントは10ヤードでしたが、今回は7ヤードとしました。小野ディレクターの説明では、「10ヤードだとディープゾーンのディフェンスがカバーしてくるので、あくまで前のゾーンを崩すことを意識してもらう為にブレイクポイントを7ヤードとした」のだそうです。カバー2は浅いゾーンを3人で守るわけですが、そこに4人のレシーバーを投入するわけですから、必ずフリーのレシーバーが出来るので、そこにパスを投げよう、ということです。
 オフェンスのパターンは、
 @オールフック、A Aオールアウト、B Bカールフラット、C Cアクロスパターン
の4パターンで練習しました。
 QB4人同時投げの後は、QB2人で、それぞれ左右を担当し、ディフェンスがついていないほうのレシーバーに投げる練習をしました。
 最後に、5人一組でオフェンスユニットを組み、小野ディレクター、石田代表、波止代表の3人のディフェンス(出ずっぱりでお疲れ様でした)を相手に、上記4パターンのパス練習をしました。「真ん中のゾーンのディフェンスがどちらに動くかを見て、必然的に反対側はディフェンスが一人なのでどちらかのレシーバーはフリーになる」、「ディフェンスの動きを読むことも大事だが、QBの動きによって逆にディフェンスを動かしてフリーになるレシーバーを作ることも大事」など、小野ディレクターのご指導は理にかなっているのですが、いかんせん、なかなか我々のレベルでは簡単には実践できません。でも、そういう意識を持って練習することが大事ですね。練習日程はカウカウボウルまであと4回しかありません。少しでもレベルアップしてカウカウボウルを迎えたいです。
 今回は時間の都合で恒例の取り上がりはやりませんでした。
 毎度の事ながらの注意事項ですが、練習中の怪我にはくれぐれもご注意ください。8割ルールで自分が怪我しないことも大事ですが、仲間を怪我させないよう拝領した動きもお気遣いくださいますようお願いします。
 最後になりましたが、いつもレポートを書いてくださっている北出さんの有難さを改めて思い知りました。是非、来週は練習に来てください(笑)。
 そうそう、来週は練習の前日に西京極陸上競技場で京都大学戦の観戦企画があるのでした。ユニフォーム、または青色系の服装で是非スタジアムにお越しください。なお、11月2日(日)の練習は3日(月・祝)に変更となっています。ご注意くださいますようお願いいたします。

#不撓不屈封印中 進戸 大生
posted by S. FIGHTERS at 22:33| Comment(2) | 2014 AUTUMN

2014年10月15日

10月12日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今週の練習も先週に引き続き台風の接近により開催が危ぶまれましたが、皆さんの日頃のおこないがよっぽど良かったのか途中からは陽ざしにもめぐまれ、暑いくらいの天候のもと無事開催されました。
 まずはパスアップ、だんだんとQBに入られる方も増えてきました。ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後は4か所にポイントを設けてパスコースの練習です。今回も中央のQBのコールに合わせて4か所同時にスタートします。コースはレシーバーがセットした段階で三浦代表が都度コールされます。ヒッチ、フック、ポスト等は今シーズンから参加された皆さんもよくご存じですが、今日はヒッチアンドゴー、コーナー、ポストコーナー等久しぶり(数シーズンぶり?)に走るコースもあり戸惑われた方も多かったのではないでしょうか(でも小野さんからゲスト参加いただいた萬代ママの息子さんへのポストコーナーは凄かったですね!)?
 その後セットアップを行いましたが、まだ声の出ていない方もいらっしゃるようです。恥ずかしがらずに「パース!右(もしくは左)!」と声を出しましょう。そして、ボールを取ると同時に「ビンゴ!」と大きな声を出しましょう。
 セットアップの後は先週同様5対5のミニゲーム形式の練習です。ディフェンスはカバー2で今回はスクリメージラインから7ヤード以上後ろのディフェンスが1人だけブリッツできるようにしました。オフェンスのプレーは先週同様三浦代表考案の「紙の上では絶対通る」プレーを実行します。ところがその「絶対通るプレー」がなかなか通りません。ひとつにはブリッツを入れた事でQBにプレッシャーがかかったのと、先週も指摘されたようにブレイクポイントがずれてしまっていた事があるように思います。
 でも練習中盤以降はうまく通ったり、結果として通らなかったけれどもレシーバーがフリーになっていたりしていたプレーも多く見受けられたようです(これって途中からプレーコールを出すのが三浦代表から小野さんに交代されたからではないですよね、松尾さん)。
 5対5の練習が終わり、メンバーの方々も「今日の練習はこれで終わりかな?」と思っていらっしゃったところで三浦代表から本日の最終メニューが発表されました。それは「縦の取り上がり」です。
 2か所のポイントで同時にスタートします、5対5の場合と同様にフィールドを横に取り、ボールをキャッチしてもサイドラインを割ってしまったらダメという事にしました。いやー久しぶりの取り上がりは盛り上がりましたねぇ!三浦代表はしきりに「手を振って!」とおっしゃっていましたが、見ているとボールを取るのに夢中になって、ボールの落下地点より随分前から手を振らない人が多く、スピードが落ちているのがてきめんに良く解りました。
 では次回も皆さんと第3フィールドでお会いできるのを楽しみにしています(と言いながら、私は次回の練習はやむを得ず参加できませんので、進戸さんレポートよろしくお願いいたします)。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 19:57| Comment(1) | 2014 AUTUMN

2014年10月07日

10月5日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は台風の接近により開催が危ぶまれましたが、皆さんの行いが良かったせいか開始から終了まで雨が降ることなく無事開催されました。
 まずはパスアップ、前回からできるだけたくさんの方に投げていただくように案内しましたが、今回はその効果が出ていたように感じました。
 ストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティと続いた後はヒッチ、フック、5ヤードフックのパスコースのおさらいです。今回は4か所に分かれたのですが、すべて中央のQBのコールに合わせて一斉にスタートする事としました。その後はQBのコールに合わせてバックダッシュしながら左右どちらかのパスをインターセプトするセットアップに取り組みました。
 事前の予定では天気も悪いため、この後オフェンスのプレーについての講義をする予定でしたが、お天気も持ちそうでしたので、オフェンスとディフェンス5対5に分かれてのゲーム形式の練習に取り組みました。と言っても今回は特定のユニットを作るのではなく、ランダムに5人がフィールドに出る事にし、ディフェンスはカバー2でブリッツなし、オフェンスはあらかじめ三浦代表が考えたプレーを実行する事としました。三浦代表曰く「紙の上では絶対に通るプレー」ばかりです。
 ところが実際にやってみるとなかなかオフェンスのプレーが通りません。やはりQBが緊張して中々きっちり投げ込めなかった事も多かったようですが、練習後の三浦代表の講評ではレシーバーもブレイクポイントを守っていなかったり、コース取りがきっちりできていなかったりした事も多かったようです。三浦代表によれば関学の練習というのはまず個人の動きをきっちりと練習したあと、システムとして機能するようにされているようで、我々の練習もそのように組み立てていただいているとの事です。したがってシステムとして機能するためには個人の動きがきっちりとしている必要があるとの事です。本当にフットボールって奥が深いですね。
 ではまた来週第3フィールドでお会いしましょう。ところでここで放送部長の中島さんからのお知らせです。いつも練習の様子を撮影いただき、Youtubeにアップしていただいているのですが、Youtubeのアドレスはこの練習レポートのコメント欄にリンクしていただいております。その事をご存じない方もいらっしゃるようですので、ご案内させていただきます。また皆さんからのコメントもお待ちしております。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:30| Comment(2) | 2014 AUTUMN