■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2013年07月22日

7月20〜21日シニアフレンドシップ2013 in EXPO

 皆さん、こんにちは。
 昨年我々の有志が東京に遠征して実施した東西のシニアチームの交流が今年も実施されました。今年は、昨年お世話になった江戸川区のチームの方々に関西までお越しいただき、「シニアフレンドシップボウル2013 in Expo」として開催されました。
 まず、7月20日(土)に小林の鳥居で歓迎レセプションが開催されました。参加されたメンバーの紹介が終わる頃には東西のチームの皆さんも打ち解けてあちこちで熱いフットボール談義が行われていました。続いて会場を江戸川のチームの皆さんが宿泊される宝塚ホテルのビアケラーへ移し、更に交流を深めたのですが、次の日の試合に備えて早めに切り上げました(実際はそうでもなかったと聞いています(笑))。
 7月21日(日)は昨年と違って好天の下、エキスポフラッシュフィールドで東西のチームの交流試合が実施されました。
 チーム編成は全部で8チーム、江戸川区の皆さんがライン中心の重量チーム(仮にAチームと記載します)、バックス中心のスピードチーム(Bチームと記載します)の2チーム、そして我々と合同練習されているアルバトロスさんが1チーム、シニアファイターズが進戸、松尾、上村、波止、北出の各代表5チーム(どのチームも大体10名〜12名程度)でした。
 コートは先日の練習試合と同様に横30ヤード×縦54ヤードのコートを2面つくり、奥のコートは江戸川区A、進戸、松尾、上村の4チーム、手前のコートは江戸川区B、アルバトロス、波止、北出の4チームでそれぞれ交流試合を実施しました。
 トーナメント実施の有無等それぞれのコートで若干進行方法は異なりましたが、どのチームもそれぞれ単独で2試合、最後に混成チームで1試合の交流試合を実施し、どちらのコートでも白熱した試合が展開されていました。
 試合終了後は近くのホテル阪急エキスポパークで昼食会を実施し、2日間にわたる交流は終了しました。
 今後の実施方法は未定ですが、東西の交流は続けていく予定ですのでその際はまた皆さんの参加とご協力をお願い致します。小野ディレクターがおっしゃっていらしたように将来的に全国にシニアフットボールの輪が広がっていけば良いですね。
 それでは皆さん、秋のシーズンに第3フィールドでお会いできること、楽しみにしております。

#4 北出 敏之

20130722_EXPO.JPG
posted by S. FIGHTERS at 21:46| Comment(6) | 2013 SPRING

2013年07月16日

7月14日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 シニアファイターズの2013年春シーズンは先週で終了となりましたが、今年は昨年東京遠征でお世話になった江戸川区のチームの方々がこちらにお越しになり、「シニアフレンドシップボウル2013 in エキスポ」を来週7月21日に開催する事となったため、その事前練習が第3フィールドで開催されました。
 ルールは基本的に先週の練習試合と同様に、
「1チーム5人で、攻撃はプレーに参加しないセンターを1人設ける」
「コートは横30ヤード、縦54ヤードとし、縦を18ヤードの3ブロックに分割し4回の攻撃で1ブロックを攻略できれば攻撃権が更新される」
「オープンサイドに必ずレシーバーを2人、ショートサイドにレシーバーを1人、クォータバックの近くにランニングバックを配置」
としましたが、
「レシーバーのブレイクポイントは10ヤード以外でもOK」
「ディフェンスはカバー1〜4でマンツーマンは禁止」
「パントはなし」
としました。
 今回の練習には来週のフレンドシップボウルにも参加いただくアルバトロスさんにも合流いただきました。我々シニアファイターズは全体を4つのチームに分け、アルバトロスさんを加えた5チーム(1チームを2つのユニットに分けておられたチームが多かったように思います)で各チーム2プレイずつで交代しながらプレイの確認を行いました。
 各チームとも工夫をこらしたプレイの連続でサイドラインから見ていても楽しかったですね、来週も暑くなる事が予想されますが、熱中症や怪我に注意して江戸川区のチームの方々との交流を楽しみたいと思います。

北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:03| Comment(3) | 2013 SPRING

2013年07月10日

7月7日練習試合レポート

 7月7日、春シーズン最後という事で恒例の練習試合を行われました。練習試合とはいえ、いよいよ待ちに待った実戦です。当日は、大勢の方が第3フィールドに集結しました。
 当日、9時過ぎに第3フィールドに到着。眼下には、既に54×30のフィールドが2つ用意されており、フットボールを心から愛するものには、心躍るシチュエーションが目に飛び込んできました。
 まずはフィールド中央にて、ファイターズのイヤーブックに掲載いただくための集合写真を撮影、その後、全体でのウォームアップは行わず、A~Fの6チームに分かれ、即席のチームが構成されました。
 各チームに分かれ、ストレッチから始まり、その後、これまで通りパスアップからウォームアップを開始するチームがある一方、実戦形式のフォーメーションでプレーを確認するチームあり、入念に用意されたプレーを確認するチームあり、早くもそれぞれのチームの個性が垣間見れました。
 10時20分、いよいよ試合開始となりました。1試合20分のランニングタイムにて、各フィールド3チームの総当たりでの試合です(ルール詳細についてはこちらをご参照ください)。
 2つのフィールドでキックオフならぬセンターからのスナップにより試合が開始。ファーストプレーより両フィールドでは、熱い男(女)たちの戦いが始まりました。しかしながら、気持ちと足は空回り、当初は、思うようにダウンを更新できず得点に結びつきません。一進一退のこう着状態が続く中、徐々にオフェンスのパスが通りだし、ゲインを重ねるようになる。同時に、ディフェンスも素早い動きでゲイン阻止、プレーを読み切ったか、それとも偶然なのか、インターセプトにより攻撃権を奪取するなど、当日の暑さを忘れてしまうほど白熱したゲームが展開されました。勝ち負けに拘りつつも、これまでの練習の成果を確認しながらプレーを楽しみました。しかし、試合の中で2名の方が怪我をされてしまいました(その後、いかがでしょうか?)。
 両フィールドでの総当たりの試合終了後、フィールドを40(縦)×54(横)に拡げ、チーム編成を変え試合を再開しました。ワンプレー毎に攻撃・守備側のユニットが交替しエンドゾーンを目指しまた。フィールド幅が広がることで得点機会が増えるかと思われましたが、ゲインを重ねること、そして得点することの難しさを痛感しました。
 春の練習でのテーマの一つ「ブレイクポイント」。実戦では、出来ていませんね(反省)。
 2013年春シーズン最終日という事でその後関西学院会館に場所を移して打ち上げを実施しました。再度、私を含め、今シーズンより新たにS☆FIGHTERSの一員となった方々より自己紹介を頂き、協賛頂いたキリンTシャツ、タオルをジャンケンで争奪するなど楽しい2時間を過ごしました。
 懇親会の最後に、三浦代表より総括を頂きました。総括の中で、発足以来7年を経て、アメリカンフットボールの経験の有無を問わず約150名もの愛好者が集うチームとなったことに感謝されておりました。
 長くなってしまいましたが、今年は、梅雨明けも例年より2週間早く、猛暑が予想されています。くれぐれも、体調管理に気をつけてください。
 秋シーズンが開始される9月まではしばらく間お別れとなります。秋シーズンもまた第3フィールドでお会いできる日を楽しみにしております。同時に、スタジアムでのFIGTERSの応援で皆さんと楽しい時間を過ごせることが、今から待ち遠しくてなりません。

2013年度新人:筒井 康二

20130707_02.JPG
posted by S. FIGHTERS at 18:59| Comment(2) | 2013 SPRING

2013年07月03日

7月7日の練習試合ルール

 皆さん、こんにちは。
 次回の練習は、春の集大成と言う事で、練習試合を行います。パントがルールに入りましたので、少し複雑になっています。時間のある方は、熟読頂き、ご参加して頂けると助かります。

 春の練習では、オフェンスは10ヤードのパスを中心にブレイクポイントを重点的に練習しましたので、レシーバーは10ヤードのブレイクポイントのプレーのみ。ランニングバックは、ハッシュより外側を走れる事とします。
 ディフェンスは練習をしておりませんので、「カバー2」だけで守りきる事としたいと思います。
 チームは、10人/1チームで編成したいと思っています。

 詳細についてはこちらをご参照ください。

 それでは、第3フィールドで皆さんとお会いできる事、楽しみにしています。

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:22| Comment(0) | 2013 SPRING

2013年07月01日

6月30日関西学院高等部vs慶応義塾高校定期戦観戦記

 皆さん、こんにちは。
 先日はお暑い中、第60回対慶應義塾高校定期をご観戦頂きありがとうございました。試合の方は、なんとか30−17で勝つことができました。
 少し試合を振り返りますと、慶応のディフェンスは、我々が練習試合で取り入れる「カバー2」が中心で、4−3の体型が多かったです。中でも、4メンラインのタックルがセンターの正面に付き、オフタックルがかなり空いているディフェンスが特徴的でした。一方、関学はキッキングが非常に不味く、パントやフィールドゴールをブロックされる場面がありました。キッカーの蹴るタイミングが少し遅く感じたのは私だけでしょうか。
 高校のフットボールは、近年も相当レベルが高くなって来ています。しかし、我々が参考にするのには丁度良く、選手の動きも大学程複雑ではありませんので、プレーを理解しやすいと思います。是非その様な機会がありましら、観戦に行かれては如何でしょうか。
 いよいよ私達の練習も最後になりました。怪我の無い様、楽しくフィールドで汗を流せたらと思います。もう少ししましたら、練習試合のルールを掲載しますので、熟読頂きたいと思います。
 では、皆さんと第3フィールドでお会いできる事楽しみにしております。

#35 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 12:50| Comment(0) | 2013 SPRING