■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2012年10月29日

10月27日観戦ツアー/10月28日ピクニックレポート

◆10月27日(土)試合観戦ツアー〜皆さん、ご声援ありがとうございました
 27日(土)の京都大学戦では、多くの皆さんに西京極陸上競技場へ足を運んで頂き、ありがとうございました。現役も随分心強かったのではないでしょうか。まずは、京都大学に勝利した事を喜びましょう。
 第6節は、立命館大学に敗れた関西大学との試合です。関西大学は素晴らしい選手を揃えていますし、後がなくなりましたから、捨て身で関学戦に臨んでくるでしょう。私達もより多くの応援団を結成し、神戸の試合会場へ向かいたいと思います。11月11日(日)、練習後にバスを用意しています。お時間がある方は皆さん一緒に試合会場へ乗り込みましょう。

◆10月28日(日)ピクニック〜皆さん、お疲れ様でした
 28日(日)は朝から雨模様。松尾代表には晴天と雨天の場合のイベントコースを用意して頂き感謝しております。また、事前に下見へ行って頂いた各代表の皆さんにもこの場を借りてお礼申し上げます。今回は神戸市は須磨山系の散策でした。
 しかし、晴れ男達が16人(女性1名、女の子1名も参加頂きました)も揃いますと、さすがに天候の神様も雨を止めざるを得なかったのでしょう。すっかり、登山途中には雨も止み、心地よい日差しが雲の合間から注してくる程の天候に。西須磨、多井畑の中間点にある扇キ山山頂から眺めた360度大パノラマは、皆さん感動されたのではないでしょうか。山頂にある「おらが茶屋」での昼食は、展望とともに爽快な時間でした。その前に山頂にある唯一の茶店の入口に「本日、貸切の為使用できません」の張り紙を見た約2名の男達は、我々の為に用意されていた事も知らず、呆然と張り紙を眺めていました。きっと滑稽な姿たったでしょう(笑)。下山してからは源平ゆかりの寺「須磨寺」と平清盛が出家した寺と言われている「能福寺」を訪れました。少し歴史にも触れる事が出来た精鋭達は約11キロの散策を十分に堪能し、待ちに待った乾いた喉を潤す儀式へと。ここでは、さすがに平谷さんのお嬢さん(小4)がお疲れもあり、残念ながらお別れに。残った16名は、4人テーブルを4ヶ所占領し、中央卸市場から直送されている魚を楽しみ、愉快な時間を過ごしました。

 こうして、楽しい2日間のイベントも無事終了し、解散となりました。多くの仲間と楽しく過ごせる事は、S☆FIGHTERSと言う集りがあっての事と思います。グランドを提供して貰っている学校及びファイターズの関係者の皆さん、本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

 現役諸君は、今年こそ真の日本一目指し、頑張ってだくさい。我々も応援しています。

#35 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:00| Comment(5) | 2012 AUTUMN

2012年10月26日

10月28日ピクニックについて

 みなさんこんにちは。
 10月28日(日)のピクニックは、雨天決行で実施します。皆さん奮ってご参加ください!

 事務局より
posted by S. FIGHTERS at 20:11| Comment(0) | 事務局からのお知らせ

2012年10月22日

10月27日(土)、28日(日)のご案内

 皆さん、こんにちは。朝夕は随分と肌寒く感じられるようになりましたが、体調の方は如何でしょうか。
 いよいよ現役FIGHTERSも3強(京大、関大、立大)を迎え撃つ大切な試合に挑戦する時期となりました。日頃の感謝を込めて、我々も応援へ行きたいと思います。
 また、翌日はグラウンドが使用できない為、恒例のピクニックへ出かけたいと思います。
 次の要領で2日間を楽しみたいと思いますので、皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。

◆10月27日(土)現役応援ツアー(対京都大学 at西京極陸上競技場)

・14時に関学テント前集合
・S☆FIGHTERSのブルーのユニフォーム、もしくは、青系統の服をご着用ください。


◆10月28日(日)恒例ピクニック(at須磨山系)

・11時にJR須磨駅改札口前集合
・お弁当、水筒、ビニールシート、双眼鏡、少々のお小遣い、等々


代表 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 18:35| Comment(0) | 2012 AUTUMN

10月21日練習レポート

 皆さん こんにちは。
 10月21日の練習レポートを担当させて戴きます堀端です。宜しくお願い致します。これまでのレポートを読めば読む程、皆さんの充実したレポートにただただ脱帽するばかりです。今後レポート戴く方々の為にも、今回から少しハードルを下げて行きたいと勝手な事を考えつつ、レポートします。

 快晴で汗ばむ程の陽気の下、約50名の皆さんが第3フィールドに集まりフットボールを楽しみました。
 今回は準備運動の前に三浦代表から、S☆Fightersではフットボールフィールドを横に使用し、縦54yard×横30yardのエリア(※)で試合形式の練習を通じて、フットボールを楽しんで行きましょうというお話がありました。また、今期取り組んでいるアウディ(ウィークサイドX、ストロングサイドの外側からZ、Yとその後方3yardにRBがセット)のフォーメーションについて、再度説明戴きました。
(※):ゴールライン、30yardラインとサイドラインで囲まれたエリア。10yardと20yardがハッシュ。
 次に、石井晃さんのコラムから言葉を引用させて戴くと“アメフットの伝道師”こと小野コーチから現役Fightersの戦況報告があり、「次週からリーグ戦もいよいよ後半戦に入り、上位4校の直接対決が始まります。今年は上位4校のレベルが均衡しており、近年で最も激しいリーグ戦になる事が想像されます。皆さん応援宜しくお願いします。」とのこと。Fightersの皆さん、2年連続の学生日本一、そして今年こそはライスボウルを制覇し、日本一になられることをお祈り申し上げます。

 いよいよ、練習開始です。すっかり恒例になりました松村夫人のご指導による、エアロビクス。V字ステップまでは何とかなりましたが、手と逆側の足を同時に前に出し、更に手を前に出した時はグーで、戻した時はパー(?)の辺りから、完全に自己崩壊し、壊れたロボット状態でした。
 次に、片山さんのご指導によるランニングストレッチ。ラストは、ビーチフラッグ的な両手を広げ・うつ伏せの状態から立ち上がって、5yardダッシュ。
 ブレイクを挟み、パスアップ(ワンハンドキャッチ、10yardブレイクで両手キャッチ、15yardで取りあがり)の後、本日のメインの練習へ。
 1チーム5人のチームを合計10チームを作り、ディフェンス5チーム、オフェンス5チームに別れ、試合形式の練習を行いました。
 ディフェンスは、ゾーンディフェンスでカバー2(LB3名、CB2名)のみ。基本、LBは5、15、25yardライン上にセット、CBは10、20yardの位置にセット。
 オフェンスは、ツインのアウディのみ。但し、X・Y・Z・Rのルートは石田代表から個別に秘策が授けられる。ここでお詫びです。自分チームの秘策はメモしておりましたが、他の方々のチームの秘策まではメモできませんでした。お許し下さい。我々のチームはこんな秘策を与えられ、まんまんと成功しましたという方々、是非コメントをお願いします。
 私の属していたチームは、ディフェンスからプレーを開始。オフェンスは左右どちらのストロング体系を採るので、ディフェンスの3人並んだ真ん中のLBのポジション取りが難しく感じました。例えば、ディフェンスから見て、オフェンスが右ストロングの体系をとった場合、真ん中のLBが少し右寄りにポジショニングすると、左側にスペースが出来てしまい、そこを意識していないと、そこを突かれてしまう等の失敗ありました。
 また、ストロングサイドのCBとなった際、オフェンスのZがコーナー、Yがストリークのルートで来た場合、どうポジション取りして良いやらアタフタとしてしまい、更にはXがポストのルートで入ってくるともう混乱の極み・・・。今ひとつ、ポジション取りが理解出来ず、もやもやしながらディフェンス終了、ブレイクへ(唯一の慰めは、QBによっては、最初からパスターゲットの方しか見ない方がおられ、その時だけは、迷う事なく突っ込みパスカット出来たことでしょうか)。
 ブレイク明け、心機一転オフェンスへ。我々のチームが授けられた秘策は、以下の通り。皆さんならどうディフェンスしますか?

@右ツイン R:ヒッチバック X:ポスト Y:ストリーク Z:コーナー
A石田代表にお願いし、再度@と同じルートで。
B左ツイン R:ヒッチバック X:ポスト Y:ストリーク Z:コーナー
C左ツイン R:10yardイン X:ポスト Y:ストリーク Z:コーナー

 練習の最後に、三浦代表から『フットボールは、学ぶことが多いスポーツです。』というお言葉がありました。どうやら私は、オフェンスやディフェンスの動きが分かり、戦略の意図するところが想像出来る様になるまで、茨の道を歩まねばならないようです・・・。
 以上が練習レポートになります。

 今後10/27(土)は、“伝統の関京戦@西京極”観戦ツアー、そして10/28(日)は、これまた恒例のピクニックと、イベント盛り沢山です。詳細は別途ブログにアップされると思いますので、そちらを参考にして下さい。
 最後に次回の練習は、11/4(日)です。皆さんと楽しくフットボールができるのを楽しみにしています。

posted by S. FIGHTERS at 18:11| Comment(5) | 2012 AUTUMN

2012年10月16日

10月14日フットサルレポート

 みなさんこんにちは。
 今回はいつもの第3フィールドを離れて秋のお楽しみ企画、寺田コーチによるフットサルを岩田がレポートさせて頂きます。
 爽やかな風の吹く甲武体育館には約30名のメンバーが集まりました。冒頭で寺田コーチからサッカー経験者の確認がありましたが、シニアの方々には経験者がいない事が判明し、今回はフットサル教室風に進行する事が決まりホッとしました。
 最初にメンバーをA〜Dの4チームに分けて練習を開始。寺田コーチの解りやすくマイルドな説明で、足の内側でボールを蹴るインサイドキックからスタート。4人でのパス回し、続いて離れた所で2人向き合ってのパス交換。この時点で私の息はすでに上がっていました。ブレイクを挟んでドリブル練習。コーンを使ってのスラロームドリルは、先ほど習った足のインサイド、そして習っていないアウトサイドまで駆使して、私にとっては非常に高度な練習。最後にシュート練習をしました。この時点で1時間が経過したため、ヘディング練習は残念ながらお預けとなりました。
 残りの1時間はお待ちかねのゲームをしました。ゲーム時間は6分ハーフの12分ですが、全員がゲームに出場するため、交代なしで休む暇のないハードな内容となりました。ゲーム中に寺田主審から「ボールをもらうために声を出して!」と言われても、私自身はもう息が上がって全く声が出せません!!!
 ゲームは、じゃんけんで組合せを決めて1回戦を行い、それぞれ勝利チームと敗退チームが2回戦を戦いました。残念ながら私は敗退チームでしたが、勝利チーム同士の決勝は見応えのあるゲームでした。
 前半は、体育館のコートでめっぽう強い萬代パパのシュートが決まり、Aチームの1点リードで折り返しましたが、後半になると攻勢に出たCチームが、ワッキー(脇本)さんのシュートで同点に追いつき引き分けドローの内容で、観客も含めて皆んなで盛り上がりました。
 フットサル終了後には、「次は何に挑戦しようか」と話をしながら、皆さん満面の笑みでの解散となりました。
 来週は第3フィールドでの練習です。皆さんと楽しくフットボールができるのを楽しみにしています。

#14 岩田 淳
posted by S. FIGHTERS at 09:35| Comment(6) | 2012 AUTUMN

2012年10月10日

10月14日フットサルのご案内

 皆さん、こんにちは。
 次回10月14日(日)の練習は、寺田コーチによるフットサルに挑戦したいと思います。
 前回の萬代コーチによるバレーボールでは、普段の練習よりも激しかった思い出があります。今回はどの様な練習になるのでしょうか?楽しみです。我こそは!と思う方は次の場所へ集合です。

<集合場所>
阪急甲東園駅改札前「10:30」
※体育館ですので上履きが必要です。

<開催場所>
甲武体育館
西宮市上大市5-15-25
0798-52-5293
駐車場18台あり(無料)
シャワー、更衣室有り
甲東園駅より山陽新幹線沿いを東へ徒歩15分
※集合場所へ間に合わなかった方は直接会場へお越しください。

代表 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 10:17| Comment(0) | 2012 AUTUMN

2012年10月09日

10月7日練習レポート

 今回は、脇本がレポートさせていただきます。
 10月になり、秋風を感じる朝の第3フィールド。到着して着替えていると、北出さんから声をかけられ今日のレポート担当を告げられました。これまでの、皆さんの専門誌解説のような精緻なレポート。練習を離れてメモを片手の取材ぶりに感心していたのですが、自分の番になると、ついついメモよりも練習に参加したくなり、憶えれば何とかなるかと、楽観的にいつもの調子で走っていました。しかし、次のプレーに移行すると、ひとつ前のことを忘れていることに気づきました。昨日の晩御飯のおかずを忘れる日が迫っているのを実感。もはや人生にも秋風が吹きはじめたみたいです。しかしレポート担当。感傷に浸っている場合ではありません。そこで、練習後にメンバーの方々達と、この日の練習を反芻するように復習をさせていただき、大変助かった次第です。
 お天気も良く、約50名のメンバーが参加。久しぶりのエアロビックス。Bay city RollersのSaturday NightをBGMに松村夫人のご指導。70年代の甘く切ない思い出が蘇ります。続いて片山さんご指導のランニングストレッチ。5ヤードと10ヤードで地面にタッチする新種目も登場しました。
 それから、いつものようにパスアップ後、この日はフィールドを横に使用して4エリアでのパスコースの練習。12月のカウカウ杯に向けて、横サイズの距離感の体得も兼ねています。パスコースは大きく分けて4パターン(各エリアでは若干異なるようですが、ここは私がいたエリアでの練習を中心に書かせていただきます)。

1.ツイン、アウディからRのスラント。
2.ツイン、アウディからRヒッチバックからXへのチェック。
3.ツイン、アウディからRコーナー、Zフック、Yフラット。
4.ツイン、アウディからYコーナー、Zフック、Rアウト。

 特に感じたところは、2.のRが投げるタイミングに合わせたXの動きと、3.のYのディレイ気味のスタートでRのコースを開けることの必要性です。それとさらに、ディフェンスの動きをどれほどイメージできているかということです。つい、自分が走るコースをキープすることで頭がいっぱいになりがちですが、ディフェンスをひきつけ、味方をフリーにさせるプレーの大切さを実感しました。ディフェンスがついた練習もそろそろ始まるとのこと。さらにフットボールの醍醐味が味わえそうです。
 この日は、クールダウンのストレッチをしている時、フィールドの南エリアではブルーナイツ、クラブハウス前では中学生チームがキャッチボール。帰路では大学生チームとすれ違い、礼儀正しく挨拶をしてくれます。まさに、日本版ボールパークの実現。この環境に参加できることに感謝!
 次週はフットサル。楽しみです。

#8 脇本 忍
posted by S. FIGHTERS at 22:54| Comment(8) | 2012 AUTUMN

2012年10月03日

9月29日練習レポート

 今回の練習レポート担当の上村です。
 お待たせいたしました!遅くなり申し訳ございません。

 やはりいつもの日曜開催とは異なる為か、総勢40名強のみなさんのご参加のもと、台風襲来直前の土曜日、心地よい涼しさの第三フィールドで練習を行いました。
 今回の練習は、人数の少なさにも関わらずフィールド全面使用!果たしてどんなに激しく走り回らねばならない練習になるのか、、、と思いきや、三浦さんから一声、「今日はフィールド内に2面、試合用のエリアを作りゲーム形式の一日にしましょう!」そう、シーズン序盤にも関わらず、ゲームDay となりました。

 6〜7名ずつ計6チームに分かれ、一つのコートに3チームずつ属し、それぞれのコート内で総当たり戦を行いました。もちろん、ウォーミングアップからチーム毎で行いました。

 ルール制限は下記。
 @ディフェンスは、カバー2のみ。
 (おぉぉ、ゴール前は苦しい(>_<)!)
 Aランプレーは、「サイドラインから5yd迄のエリア」を駆け抜けること。
 (ボールONの位置から5ydではありません。例えば、ボールONが右寄りの場合、左のオープンサイドを駆け上がろうと思うと、とーーっても長い距離、横に走らねばならない、、、ということです。)
 BQBのボールキープは約3秒
 Cその他は、三浦審判員、石田審判員の明朗独断!
でした。

 また、総当たり戦後、それぞれのコート内で、
 ・最下位チームを2分割し、それぞれ1位、2位チームに編入
 ・その上で各コート内で新チーム同士対戦する
というボーナスマッチも行われました(実際、私のチームはこの時2分割される、という悲しい運命となりました)。

 それぞれのコート内での勝敗詳細は割愛しますが、シーズン序盤ながら整然としたプレーが多く、なんだかゲーム形式も慣れてきたなぁ、かっこいいなぁという印象を受けました!ただ、ランプレーが許可された割には、パス中心のゲームプランが大半を占めていたようでしたね。ロングパス1発でタッチダウンを決めている場面も多くみられました。

 これがシーズンの深まりとともに、たとえ即席チームであったとしても戦術に深みが出てくるんだろうなー、と思うと、今からシーズン最終日が楽しみでなりません!
 次回からは、また通常の練習に戻ります。
 10/7(日)、私は残念ながら私用で参加できませんが、第三フィールドが皆様のお越しを待っています!好天を祈りましょう!!

#86 上村 眞康
posted by S. FIGHTERS at 21:12| Comment(6) | 2012 AUTUMN