■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2012年07月17日

7月15日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は春シーズン最後という事で恒例の練習試合を行いました。
 まずファイターズのイヤーブックに掲載いただくための集合写真を撮影した後、チーム分けを行いました、6チームに分けたのですが今日は三浦代表と石田代表が審判を務められるので残りの松尾、進戸、上村、波止、北出の各代表に加えて三浦代表からの指名を受けた細川さんをチームキャプテンとしました(1チーム12〜14人程度)。
 Aチーム(細川)、Bチーム(松尾)、Cチーム(北出)、Dチーム(上村)、Eチーム(波止)、Fチーム(進戸)としA・D・EチームをAブロック、B・C・FをBブロックに割り振りそれぞれのブロック内で総当たりで試合をし、各々のブロックの勝者による決勝戦を行う事にしました。
 ルールは下記の通りとしました。

 ・フィールドを横にとり縦54ヤード、横30ヤードのフィールドでゲームを行う。
 ・ハッシュは10ヤード間隔とし、その間でボールを移動させる。
 ・キックオフ、パントはせず、攻撃はハッシュマークから始める。
 ・1試合20分のランニングタイムで1試合に1回だけタイムアウト(1分間)が取れる(その間時計は止まる)。
 ・タッチダウンは6点、タッチダウンした後はエンドゾーン3ヤード手前からTFPを行い、成功すれば2点が与えられる。
 ・タッチは基本的に行わず、ボールデッドは審判が判断する。
 ・ハドルは正式に25秒の計時は行わないが、あまりにも遅い場合は審判の判断でディレイオブゲームを取る(罰退5ヤード)。
 ・オフェンスはQB、WR3人、RBの5人で別に攻撃に参加しないセンターを付ける(今回Aブロックは児玉さん、Bブロックは鳥谷さんに務めていただきました)。
 ・WRの配置は必ず広いサイドに2人、狭いサイドに1人とし、ボールオンが中央の場合はWRが2人のサイドを広いサイドと判断する。
 ・RBはQBの近くにセットし、ランニングプレーを展開する場合は必ずサイドラインから5ヤード以内のオープンサイドにしか展開できない(ただしスクリメージラインを越えた場合はカットバックできる)。
 ・RBがボールを持って走り、パスを投げても構わない。
 ・WRのモーションは禁止。
 ・QBのスクランブルは禁止、プレーが崩れて投げられないと審判が判断した場合はそこでプレーが終了する。
 ・WRはLBやSをブロックしてはいけない。
 ・ディフェンスは5人でカバー1〜カバー3の隊形で守る。
 ・ディフェンスは最初にセットした隊形からシフトしてはいけない。
 ・カバー1のみマンツーマン、カバー2、カバー3は必ずゾーンで守る。
 ・ディフェンスのスクリメージラインを越えてのブリッツは禁止。

ルール説明の後は各チームに分かれてストレッチや練習を行いました、そしていよいよ
試合開始です。
AブロックはAチーム対Dチームが0−16、Aチーム対Eチームが6−8、Dチーム対Eチームが8−6で2勝0敗のEチームが決勝に進出しました。
BブロックはBチーム対Cチームが6−6、Bチーム対Fチームが14−0、Cチーム対
Fチームが0−6で1勝1分けのBチームが決勝に進出しました。

 決勝戦はじゃんけんに勝ったDチームの先攻で始まりました。
 4thダウンでQB紫牟田さんから上村さんへのロングパスが成功し一気にゴール前まで進みましたが、続くシリーズはエンドゾーン内でのタッチダウンパスが失敗。パス成功と思われるもエンドゾーンを越えてしましアウトオブバウンズでパス失敗。3rdダウンのパスも失敗し4thダウンとなりますが、ハドルが解けるのが遅くディレイオブゲームを取られてしまい5ヤード罰退。QB紫牟田さんが放ったパスは成功しましたが1stダウンには届かず攻守交代となりました(この時点で試合時間は残り14分)。
 Bチームの攻撃はまずQB田中さんからのパス成功で8ヤード前進した後、QB松尾さんから高橋さんへのロングパスが成功しゴール前」10ヤードまで進みます。続くプレーでQB田中さんから鷺野さんへのコーナーのパスが決まりタッチダウン。TFPのパスは失敗しましたが、Bチームが6−0と先制します(この時点で残り10分)。
 返しのDチームの攻撃はQB吉田さんのアウトのパスが成功し7ヤード前進しますがその後の攻撃が続かず攻守交代となります。
 Bチームの攻撃はQB田中さんから鷺野さんへのロングパスはオーバースローとなり失敗、続くQB松尾さんから高橋さんへのパスを大岡さんが見事にインターセプト!攻撃権は再びDチームに移ります(この時点で残り5分)。
 自陣3ヤードからの1stダウンの攻撃はQB紫牟田さんから西岡さんへのロングパスが成功し一気にゴール前20ヤードまで迫ります。QB吉田さんのパスは失敗しましたが、2ndダウンのQB小林さんから山本さんへのフックパス、QB紫牟田さんのパスが立て続けに成功し1stダウンを獲得します(この時点で残り3分)。次のプレーでQB吉田さんの選択したプレーはランニングプレー。このプレーコールが的中し見事タッチダウン!スコアはこの時点で6−6の同点となりました。TFPでQB吉田さんが投げたパスは成功するかに思えましたが、鷺野さんがこのパスをカットしDチームがリードを奪う事はできませんでした。
 返しの攻撃でタッチダウンを奪って勝利に結び付けたいBチームですが、この時点で残り時間はあと1分。あまり時間をかけていられません。QB松尾さんの選択したプレーは高橋さんへのロングパスですが、これは成功せず残り30秒となった時点でBチームがタイムアウトを要求します。
タイムアウト後の2ndダウンの攻撃はQB田中さんがまたロングパスを投げますが惜しくも失敗。ここで審判から次のプレーがラストプレーである旨コールされました。
 QB松尾さんの選択したプレーは当然エンドゾーンめがけてのロングパスです。フィールドのみんなが固唾を飲んで見守るなかきれいな放物線を描いたパスは惜しくも失敗。決勝戦は6−6の引き分けに終わりました。

 2012年春シーズン最終日という事でその後関西学院会館のポプラに場所を移して打ち上げを実施しました。
 お忙しい中出席いただいた小野コーチからは先週の東京遠征の報告や、今後シニアチームの交流を全国に広げていきたいといったお話をいただきました。
 今シーズンから参加いただいた方々に自己紹介いただいた後、ブログ大賞の発表を行いました。これはブログを盛り上げるためにブログにコメントいただいた方の中から投稿回数、内容等を考慮し選定させていただきました。
 まず特別賞をYOU TUBEに練習風景をUPしていただいた放送部 中島さんと、バレーボール練習の爆笑コメントを投稿いただいたワイルドな萬代パパに進呈させていただきました。
 そして第1回ブログ大賞は投稿回数の多さと一部読者からは判読が難しかったと評判だった内容から元杉さんに進呈させていただきました。副賞は「正しい日本語の書き方」です(というわけはなく、大賞、特別賞とも豪華ファイターズグッズを贈らせていただきました)。また来シーズンからは練習レポートに関しては以前のように指名されたメンバーによる持ち回り制にさせていただく事も合わせて発表させていただきました、指名された方はご協力お願いいたします。
 最後に三浦代表に総括をいただきました。総括で三浦代表もお話されていらっしゃいましたが、この5年間でS☆FIHTERSが本当に素晴らしいチームになった事は皆さんも実感されていると思います。そして今後もますますフットボールの輪を地域、年代を越え広げていくために皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。
 長くなってしまいましたがこの秋にまた皆さんと第3フィールドでお目にかかれるのを楽しみにしています。

#4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:38| Comment(8) | 2012 SPRING

2012年07月10日

7月7日〜8日東京遠征レポート

 皆さんこんにちは。
 7月7日(土)8日(日)の2日間は、有志による東京遠征が「シニアフレンドシップボウル2012 in EDOGAWA」として実施されましたので、以下簡単にレポートさせていただきます。
 この東京遠征は、我々S☆FIGHTERSの生みの親である小野コーチが、同期の日本大学OB石井様(江戸川区アメリカンフットボール連盟副会長)を中心に色々と交流されるなかで、東京にもシニアのチームがある事、ただしそのチームはフルスタイルのアメリカンフットボールをされている事、等々のお話が出て、東西のシニアチームの交流を図りたいという事がきっかけで実施されました。
 7日(土)午前7時45分に梅田のハービスエントバス乗り場に集合した三浦代表以下20名のメンバーは、一路東京めざして特別手配の阪神バス(3列シート29名乗り、ほぼ新車)に乗り込みます。途中伊勢湾岸道刈谷PAで1名ピックアップし、宿泊場所であるホテルシーサイド江戸川に到着したのは午後4時30分頃でした。
 小野コーチや上村代表他も合流されて午後6時から同ホテルにて歓迎レセプションを開催していただきました。レセプションには、江戸川区副区長の山ア様や江戸川区アメリカンフットボール連盟会長の川瀬様、理事長の逆井様をはじめ、今回交流させていただくUNDER59ers、OVER39ers の方々にもご出席いただきました。会場内では1981年の甲子園ボウルの映像も流され、小野コーチの現役時代の雄姿に歓声が上がっていました。
 大変盛り上がったレセプションの後は宿泊する部屋に戻ってミーティングを実施しましたが、明日に備えて早めに就寝しました。
 翌日は生憎の雨でしたが、会場の江戸川区臨海球技場に着くころには小降りになり、途中からはすっかり良い天気になりました。
 午前9時の開会式の後は、先ほどご紹介したUNDER59ers、OVER39ersの方々によるスクリメージのデモンストレーションです。スタイルされているととてもシニアと思えない若々しさでしたね。
 そして今回実施するS☆FIGHTERS流ルールによるタッチフットボールの競技説明の後は交流試合の開始です。
 グラウンド(最新式の人工芝の立派なグラウンドでアメリカンフットボールのラインも引かれていました)を横に使用し、縦54ヤード、横30ヤードのフィールドでゲームを行いました。
 UNDER59ers、OVER39ers、S☆FIGHTERSをそれぞれ2チームに分けて、まずAブロック、Bブロックそれぞれ3チームによる総当たりでブロック優勝を決めて、ブロック優勝のチーム同士で決勝戦を行いました。
 1チームは5名でオフェンスはQB、WR3人、RB1人(これと別に攻撃参加できないCを1人つけました)。WRは必ず広いサイドに2人配置し、QBのランはできない事、RBが走る場合は目安として置かれたコーンの外側しか走れない事としました。
 試合時間はランニングタイムの20分間です。
 ディフェンスはカバー1〜カバー3とし、スクリメージラインを越えてのブリッツはできない事としました。我々S☆FIGHTERSは当日参加されたメンバーも含めて31名(+数名のゲスト参加)でしたのでAブロック、Bブロックとも3ユニットずつで回していきました。
 Aブロックは3チームとも1勝1敗ずつとなりましたが、得失点差で見事我々S☆FIGHTERSがブロック優勝を飾る事ができました。
 Bブロックは残念ながらS☆FIGHTERSは0勝2敗で、2勝0敗のOVER39ersがブロック優勝となり、決勝に駒を進められました。
 決勝戦はコイントスに勝ち先攻のOVER39ersに最初のシリーズでタッチダウンを奪われ、その後のTFPも決められ8−0とリードされましたが、返しのシリーズで小野コーチからゲスト参加いただいた萬代亮さんへのタッチダウンパスが見事成功。TFPも決まって8−8の同点に追いつきました。
 次のシリーズはOVER39ersのパスを見事インターセプトし、ゴール前まで迫るものの逆にインターセプトされてしまい攻守交代。そのシリーズでタッチダウン、TFPを決められ16−8とリードされてしまいました。
 返しのシリーズではパス2本を続けて成功した後、QB大倉さんからのピッチを受けた平谷さんのランニングプレイで大きく前進。その後のプレイで見事タッチダウンパスが決まって16−14としますが、同点を狙ったTFPは残念ながら失敗して追いつく事ができません。
 ここで試合時間は残り1分程度となり逆転するにはOVER39ersからインターセプトを奪って早めに攻撃を取り戻すしかありませんが残り時間は刻一刻と少なくなっていき試合終了となりました。
 表彰式の後は全員で記念撮影をして2日間にわたった東京遠征は無事終了しました。
 今回の遠征では江戸川区アメリカンフットボール連盟および関係者、UNDER59ers、OVER39ersの方々、協賛いただいた企業の方々やその他大勢の方々に大変お世話になりました。この場を借りてお礼を述べさせていただきます。本当にありがとうございました。
 また、どのような形になるかは具体化されていませんが、このような交流は今後も続けていきたいと思いますので、その際はS☆FIGHTERSの皆さんもぜひ参加とご協力をお願いいたします。
 もちろん往復のバスの中では愉快なエピソードやちょっと泣ける話などいろいろあったのですが、それはまたの機会とさせていただきます。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:42| Comment(5) | 2012 SPRING

2012年07月05日

7月1日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は晴れ男の松尾代表の神通力もおよばなかったようで、残念ながら雨となりましたが、事前にご案内していたように雨天決行としていたため50名弱のメンバーが参加されて実施されました(前回のレポートに松尾代表がコメントされていたように雨が降ったので三浦代表と松尾代表は頭を丸めておられました、お二人の責任感の強さには頭が下がりますね(笑))。
 グラウンドの状態が良くなかったので、最初は講義棟で三浦代表による講義です。
 まずは三浦代表の現役時代のFIGHTERSの練習メニューを解説いただき、現在S☆FIGHTERSでやっている練習メニューは基本的にはFIGHTERSの練習メニューをもとに我々に合わせてフットボールの基本的な事を理解できるように構成いただいている事を説明していただきました、したがってその時々の練習の目的を理解するように意識してくださいとの事でした(練習メニューのお話のウエイトトレーニングのメニューの「自衛隊」「人間団扇」のくだりはとてもおもしろかったですね)。
 続いては今回のメインメニューである「プレーのナンバリング」の解説です。
 フットボールでは25秒のハドルの間に次のプレーを決める必要があるのですが、それを可能にするのがこのナンバリングなのです。チームによって独自な呼び方をしているようですが、関学のシステムをもとにしている我々はブレイクポイントを10ヤードとし、パスコースにそれぞれ数字を割り振ります。その法則はQBから見て内側は奇数、外側は偶数として、QBから見て右側のレシーバーの場合フックは1、インは3、ポストは5、外側のフックは2、アウトは4、コーナーは6、そしてまっすぐのストリーク(もしくはフェイド)は8とします(QBからみて左側のレシーバーの場合は逆になるのでフックが2、インが4、ポストが6、外側のフックが1、アウトが3、コーナーが5となります)。そしてそれに各々の隊形と組み合わせたコールをする事により、複雑な打ち合わせを一瞬にすませる事ができるのです。例えば、右サイドにレシーバーを2人、左サイドに1人配置し、ランニングバックは右サイドに配置。レシーバーのコースは右からポスト、アウト、コーナーといった事を「右プロ、(ランニングバック)右、5、4、5」といえばすむのです(もちろんすべてナンバリングでやっているではないようですが、そのあたりの詳細についてはまたの機会という事にさせていただきます。)。
 プレーコールのナンバリングの解説の後は、実際に三浦代表がコールされたプレーを指名されたメンバーがホワイトボードに書いてみる事をやってみました、最初は同じ数字でもQBから見て内側、外側が違うと逆のプレーになる事がわかりにくかったようですが、2〜3回続けると皆さんしっかり理解されたようですね。
 こういった講義を一時間ほどやった後で雨もおちついたようなので、グラウンドに出て、実際にナンバリングによるプレーコールを体験してみました。
 5人1組のチーム(QB、WR3人、RB1人)に分かれて最初は三浦代表がコールされる通りにセットしてからレシーバーがそれぞれのコースをちゃんと走れているかをチェックします。その後は各々のチームでプレーを決めてレシーバーがちゃんと走れているかをチェックしました。途中雨が強くなる事もありましたが、本格的なフットボールごっこをやっている我々はそんな事もおかまいなしでプレーの打ち合わせに夢中になっていました。
 早いものでS☆FIGHTERSの2012年春シーズンも残りわずか。来週の有志による東京遠征、そして7月15日の練習試合と打ち上げで終了となります!すでにご案内していますが、打ち上げ参加ご希望でまだ申込みされていない方は当ブログのコメント欄にご記入いただきますようお願いたします。

#3/4 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 06:58| Comment(5) | 2012 SPRING