■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2011年04月25日

4月24日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 本日の練習はいつもの第3フィールドではなく、午後からKGボウル 日大戦が開催される王子スタジアムで、初等部キッズファイターズ、上ヶ原ブルーナイツと我々S☆FIGHTERSでグラウンドを分け合って実施されました。
 片山さん指導のストレッチ、ランニングストレッチ、アジリティの後、ワンハンドキャッチ、両手キャッチ、ライナー性のボールキャッチは前回と同様ですが、その後は今回のテーマを意識して、少し長めのコースのパスをキャッチするメニューに取り組みました。
 ブレイクの後は本日のメインメニューです。今回のテーマは「ポストとフェイドに取り組む」でした。ポストはレシーバーが10ヤードでインサイドに斜め45度にブレイクしてパスをキャッチするコース。フェイドは10ヤード地点でいったんスピードを落としてディフェンスに「フックかな?」と思わせてから一気にスピードを上げてディフェンスを抜き去ってまっすぐ進んでパスをキャッチするコースです。いずれの場合もQBにはしっかりとリードボールを投げ込む事が要求されます。いずれのコースも最初はなかなかQBとレシーバーのタイミングが合わない場面も見受けられましたが、次第にタイミングが合ってくると皆さんナイスキャッチを連発されていました。
 その次には、この春シーズンに取り組んだパスコースのおさらいとして、QBとレシーバーがあらかじめ打ち合わせしたフック、カール、アウト、ポスト、フェイドのいずれかのコースを走ってキャッチするメニューに取り組みました。このメニューでは昨年までの経験者の方がマンツーマンでディフェンスに付きました。やはりディフェンスがつくと本格的なフットボールという感じがしますね。
 本日の王子スタジアムの練習の最後は初等部、ブルーナイツ、シニアが1チーム10名の混成チームを結成して、リレーを行いました。我々シニアのメンバーは初等部やブルーナイツの足をひっぱらないように必死でした。
 こうして王子スタジアムの練習は無事終了。午後からのKGボウルも大勢の方が現役FIGHTERSに熱い声援を送られていました。
 次回は5月15日と少し間隔が空きますが、三浦代表によればいよいよディフェンスの練習にも取り組むとの事ですので、体調管理に気をつけて次回の練習に臨みたいと思います。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 07:36| Comment(5) | 2011 SPRING

2011年04月22日

4月17日練習レポート

 皆さん、こんにちは。2011年春シーズン3回目の練習には好天に恵まれた第3フィールドに約60名のメンバーが参加されました。今日は千里ファイティングビーの皆さんと中学部およびブルーナイツの合同練習が実施された関係で山側30ヤードから手前のゾーンでの練習となりましたが、その分内容の濃い練習ができたように感じました。
 まず、宗安さんの「ハドル!」の発声による集合。基本のフットボールスタンスからコールの確認の後は、片山さん指導のランニング、ストレッチ、アジリティで練習が開始されました(本日は山田さんがお休みのため、エアロビクスは中止です。実は直前まで三浦代表指導によるエアロビクスの予定だったのですが、片山さんの姿を見つけた三浦代表はほっとした様子で、「では片山さん、ストレッチお願いします。」とおっしゃってました)。
 その後のワンハンドキャッチ〜ワンハンドでの背面キャッチ、両手での背面キャッチ、ライナー性のボールのキャッチの練習は前回と同様です。
 ブレイクした後は、いよいよ今日のテーマである「アウトの精度を上げる」練習に取り組みました。アウトコースのパスはレシーバーが5ヤードもしくは10ヤードでアウトサイドに直角にブレイクしてパスをキャッチするコースです。前回まで取り組んだフック、カールと違ってQBと直角の方向に走りながらのレシーブとなります。三浦代表からは「右利きのレシーバーの場合、左に向かってブレイクする場合はアウトサイド側の手が利き手である右手になるので問題ないが、逆の場合は利き手ではない左手がアウトサイド側になるのでボールをキャッチする際にどうしても利き手である右手をかぶせてキャッチしてしまいがちになるが、その癖がついてしまうとボールが遠くにきた場合に届かなくなってしまうので、左手を伸ばしてキャッチするように。」とのアドバイスをいただきました。
 最初は「メリー」というメニューに取り組みました。QBから10ヤードの位置にセットしたレシーバーが右から左に、その後は左から右に走ってパスをキャッチするメニューです。
 その後はいよいアウトコースのパスに挑戦です。まずは、5ヤード、その後10ヤードでブレイクするコースに挑みましたがいずれの場合も最初はQBをつけずにコースを走ってブレイクのタイミング(アウトサイドの足を一歩ひいて5ヤードの場合は4歩で、10ヤードの場合は8歩でブレイクしてQBを見る)を実感してからQBをつけてのパスキャッチに進みました。このメニューでは私はQBに入って投げる方を中心に取り組んだのですが、投げるタイミングが難しかったですね。最初はタイミングがわからずにレシーバーを走らせすぎたり、逆にブレイクするかしないかのタイミングで投げてしまったりしてしまいました。三浦代表からは「QBはレシーバーがブレイクしたくらいでしっかりとリードボールを投げ込む事!」とのアドバイスをいただきました。途中からはレシーバーがブレイクしたあたりで「ナウ!」と投げるタイミングに合わせて声をかけていただきました。練習の終盤にはようやくQBとレシーバーのタイミングも合ってきたようで、ナイスコースのパスをばっちりキャッチするシーンが多く見られるようになりました。
 次回の練習は既に事務局からご案内があったようにKGボウル。日大戦の開催に合わせて憧れの王子スタジアムで実施されます。学生リーグの熱戦が繰り広げられるスタジアムで練習できる機会はなかなかありません。皆さんぜひご参加いただいて、その後の14:00キックオフの日大戦でも我々の熱い声援を現役FIGHTERSの皆さんに届けましょう!

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 14:13| Comment(3) | 2011 SPRING

2011年04月12日

【重要】4月24日練習場所&時間変更のお知らせ

 4月24日(日)はFIGHTERSのKGボウルが王子スタジアムにて行われますが、試合前のフィールドで練習を行うことが可能になりました。
 ついては、以下のとおり練習場所と時間を変更いたしますので、ご注意ください。

■第4回練習会
日  程 4月24日(日)
集合時間 9:00
集合場所 王子スタジアム関係者入口(学生MGRの案内まではスタジアム内には入らないでください)
練習時間 9:45スタート

 なお、ブルーナイツや初等部FIGHTERSも同時間・同場所で練習予定です。もちろん、練習終了後は皆さんで大学FIGHTERSの応援をしましょう!

S☆FIGHTERS事務局
posted by S. FIGHTERS at 20:10| Comment(0) | 事務局からのお知らせ

4月10日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 正門前の桜並木も満開となり、春真っ盛りの第3フィールドには初参加の方々も含めて70名ほどの皆さんが集合されました。
 まずは前回に引き続き、基本のフットボールスタンス及びプレー開始のコール(ダウン、セット、ハット)を確認した後、いまや恒例となった山田さん指導のエアロビクス、片山さんが欠席のため今日は三浦代表指導のアジリティと進んで、初級者組(今回も小野コーチにご指導いただきました)と通常メニュー組に分かれて練習開始です。
 通常メニュー組の今回のテーマは「カールの精度を上げる。」でした。ご存じとは思いますが、カールのコースはQBの外側にセットしたレシーバーがまっすぐ10ヤードまで進んだ時点で内側(QB側)に斜め45度にブレイク、さらに5ヤード進んだ後今度はQBに向かってカムバックしてパスをキャッチするコースです(チームによって同じカールといっても若干コース取りやブレイクのタイミングが違うようですが、S☆FIGHTERSでは上記のコースで練習に取り組んでいます)。
 練習メニューはまず「ワンハンドキャッチ」、「レシーバーがQB側にセットしてワンハンドでの背面キャッチ」、「両手での背面キャッチ」、「レシーバーの位置を元に戻して10ヤード地点あたりでQBが投げたライナー性のボールをキャッチするメニュー」、「前回同様QBから見て10ヤードにレシーバーが前を向いて、15ヤードにディフェンスがセットし、QBのコールと同時にレシーバーが振り向いてキャッチ、同時にディフェンスの来る方向と逆にステップを切って前進するメニュー」と進んだ後、いよいよカールに挑戦です。
 レシーバーはブレイクポイントが2回あるので、しっかりコース取りをする事と、ボールは必ずハンドキャッチする事、QBはレシーバーがカムバックしたあたりにしっかりとレシーバーの上半身にボールを投げ込む事がポイントです。最初はなかなかQBとレシーバーの呼吸が合わない場面も見受けられましたが、最後の方は皆さんしっかりとしたコース取りでナイスキャッチを連発されていたようです。三浦代表からは1回毎に「ブレイク、カムバック、ハンドキャッチ!」とポイントで声を掛けていただきました。
 今年から参加された皆さん、S☆FIGHTERSの練習はいかがですか?感想やご要望等あればどんどんコメント欄にコメントいただければ幸いです。また以前から参加されているけれどもまだコメントされた事のない皆さんも多数いらっしゃると思いますが、お気軽にコメントください。では、また次回第3フィールドでお会いしましょう。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 20:00| Comment(5) | 2011 SPRING

2011年04月04日

4月3日練習レポート

 皆さん、こんにちは。待ちに待った春シーズンがいよいよ始まりました。
 あいにくの肌寒い天候でしたが、第3フィールドには初参加の方々も含めて70名ほどの皆さんが集合されました。三浦代表から初参加の皆さん方へのS☆FIGHTERSの活動方針、趣旨等の説明の後、全体練習の開始です。
 まずは、プレー開始のコール「ダウン、セット、ハット」を確認し、ハットのコールがされた瞬間に右足を一歩踏み出して手を叩く事から始めて、山田さんによるエアロビクス(今回の選曲は一部おじさんのハートを鷲掴みしたようでした。山田さんがそのあたりも考えて選曲されているとしたらすごい事ですが、山田さんってベイシティローラーズをご存じだったのでしようか?)、片山さん指導のランニングストレッチ、アジリティと進んだ後は、小野コーチ指導の初級者組と通常メニュー組に分かれました(いつもながら小野コーチに指導いただける初級者組の皆さん方がうらやましいのは私だけではないはずです)。
 通常メニュー組の今日のテーマは「フックパスの精度を上げる」でした。ワンハンドキャッチ、両手キャッチの後は@QBの10ヤード前方に前を向いてセットしたレシーバーがコールとともにQBの方に振り向いてパスをキャッチする、A10ヤードにセットしたレシーバーの5ヤード前方(QBからは15ヤード)にディフェンスがセットし、パスをキャッチしたレシーバーはディフェンスの向かってくる方向と逆にステップを踏んで前に進む、BQBの15ヤード前方に前を向いてセットしたレシーバーがコールとともに振り向いて、QBに向かって戻った後パスをキャッチする、CQBとレシーバーはスクリメージライン上にセットし、5ヤードドロップバックしたQBからのパスをフックのコースを走ったレシーバーがキャッチする、といったメニューに取り組みました。さすがに5年目を迎えた今シーズン、皆さんのレベルも確実に上がってきているようでした。
 三浦代表からは「基本はハンドキャッチ、胸でキャッチしようとすると体の中心がボールを取りに行った方に傾いてしまうために、そちらにディフェンスがきていてもすぐに逆の方向には動けないが、体の中心でハンドキャッチしていればどちらの方向にもすぐに動き出せる。」とのアドバイスをいただきました。
 今シーズンからの参加を検討されている皆さん、春シーズンでの参加受付は次回4月10日(日)の練習が締切となります。迷っておられる方は、ぜひ第3フィールドにお越しください、経験の有無、運動能力等は一切関係ありません、必要なのはフットボールに興味がある事だけです。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 08:26| Comment(6) | 2011 SPRING