■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2011年02月28日

2月27日クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。
 先週に続いて2回目のクリニックには、数日前までの天気予報を覆す好天の下で初参加の方々も含めて60名弱のメンバーが参加されました(今回の受付には赤い不死鳥のTシャツと緑の不撓不屈のTシャツを着た方が並んで座っておられて驚かれた方もいらしたかと思いますが、我々はオープンなクラブですのでお気になされずに)。
 本日は、グラウンドを共有しているブルーナイツが6年生の送別試合で昼からという事で、グラウンドが全面使用できました、という事で100ヤードのジョグから始まってストレッチ開始です。ストレッチ後は、初参加の方々および基礎からやりたいという初級者組と通常メニュー組に分かれて練習開始です(初級者組の指導は先週に引き続き忙しい中特別参加いただいた小野コーチです。小野コーチの指導を受けたいがために初級者組に参加された方もいらっしゃったようです)。
 通常組のメニューはまず10ヤードのキャッチボールです。肩慣らしをした後は、今回も腰の回転を意識するために足を肩幅に広げて正面を向いたまま投げるメニューに取り組みました。今回はその後正面を向いたまま、@両膝をついて投げる、A利き手と反対側の足だけ片膝立てて投げる、B利き手と同じ側の足だけ片膝立てて投げるメニューと進んでいきました。このメニューは各自のリリースポイントをつかむためのメニューとの事です。ブレイクをはさんで今度は横を向いて投げる前に利き手と逆の足を一歩踏み込んで投げるメニューです。投げる方と反対側の肩が早く開きすぎない事を意識して投げるようにするためのメニューとの事です。そして先週と同様5ヤードドロップバックしてのキャッチボールで前半のメニューは終了しました。
 その後はまっすぐ10ヤード位走った地点でワンハンドキャッチするメニューから両手キャッチのメニュー、最後は10ヤードフックのパスキャッチ(QBに入った人は5ヤードドロップバックして投げる)で終了となったのですが、ふと小野コーチ指導の初級者組を見ると、何とアウトのコースでパスキャッチに取り組んでおられるではありませんか!
 思わず負けていられないと思ったのは私だけではなかったはずです。あと2回のクリニックできっちり修正するところは修正して4月からのシーズンに臨みたいと思います。
 なお、春練習のシーズンインは4月3日(日)から開始予定ですが、練習終了後夙川で「大花見大会」を実施予定ですのでふるってご参加ください(参加希望の方は大体の人数を把握する必要がありますので、次回以降のクリニックの受付時に宴会部長の波止さんまで申し出てください)。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 14:17| Comment(6) | 2011 WINTER

2011年02月22日

2月20日クリニックレポート

 皆さん、こんにちは。
 2月20日の第1回クリニックで、待ちに待った2011年の活動が始まりました。数日前までの寒さも一段落した第3フィールドには初参加の6名の方々を含めた60名弱の方々が集まりました。
 まずは、三浦代表から改めて活動趣意書に沿って我々S☆FIGHTERSの理念が説明されました。続いて今年の活動にあたって、昨年までの三浦さん、石田さん、上村さんに松尾さん、進戸さんを加えた5名が代表としてチーム運営にあたられる事などが発表されました(広報、企画、ストレッチ担当は昨年に引き続き私北出、高木さん、片山さん/山田さんが担当、救護関係ほか諸々のお手伝いは並さん、宗安さんを中心としたパパナイツの皆さんが担当、そして松尾さんが代表となられた後の宴会部長には以前からこのポストを虎視眈々と狙っておられた波止さんが就任されました)。
 その後いよいよ片山さんの指導によるジョグ、ストレッチ、ランニングストレッチ等で練習が開始されました。一段落したとはいえまだまだ気温が低いという事と皆さん久しぶりの練習という事を考慮されたようで、今回のストレッチはかなり時間をかけ念入りに実施されました(一部メンバーからはこのストレッチが一番きつかったという声が上がっていました)。
 いったんブレイクをはさんだ後は、初めての方およびもう一度基礎からやりたいという10数名の方々とその他の方々の2チームに分かれてメニューに取り組みました(初級者の方々の指導は小野コーチが担当されました、そちらに参加しようかと悩まれた方々も多かったのではないでしょうか?)。
 小野コーチの指導を横目に見ながら我々はまず4人1組になって10ヤードの距離でのキャッチボールから開始です。受ける方の基本は、腰から上のボールは両手の親指と人差し指どうしをつけた三角形の中で、腰から下のボールは手の小指どうしをつけてキャッチする事です。今回はキャッチした後どちらかの脇にしっかりとボールをホールドするまで目を離さない事を意識するように指導されました。
 その後、投げる方は足を肩幅の位置で正面を向いたまま腰の回転で投げるメニュー、利き手と反対側の足(右利きの人は左足)を一歩前に出したままで投げるメニュー、利き手と同じ側の足(右利きの人は右足)を一歩前に出したままで投げるメニューに取り組んだ後は、距離を15ヤードに伸ばしてのキャッチボール、皆さんなかなかナイスボールを連発されていました。
 次のメニューはいったん距離を10ヤードに戻した後、投げる方が5ヤードドロップバックしてから投げるメニューに挑戦しました。距離は先ほどまでの15ヤードのキャッチボールと同じなのですが、ドロップバックしてから投げる分体勢がくずれるせいか私を含めてコントロールを乱される方が多かったようです。キャッチボールもこうやって段階を踏んで行うとなかなか奥が深いものだと気づかされました。
 ブレイクの後は4か所にポイントを作ってまっすぐ走って10ヤードくらいでパスをキャッチするメニューに取り組みました。
 そうこうしている間に練習終了の時間です。片山さん指導のストレッチで第1回目のクリニックは無事終了しました。
 今シーズンからの参加を検討されている皆さんは、あと3回のクリニックおよび4月から始まる春シーズンの1回目と2回目まで参加を受け付けていますので、ぜひお気軽に第3フィールドまでお越しください。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 22:33| Comment(3) | 2011 WINTER

2011年02月09日

活動方針等

(2011.2.9.改訂)

(別紙)

T 活動方針

 中高年のスポーツにおいては、傷害予防がもっとも重要であり、日常の生活に支障をきたすような怪我を避ける必要があります。このため、「S☆FIGHTERS」では、健康維持や増進を目的とし(対外試合を目的とはしません)、受付期間を設け、1年を通じて参加者の皆さんが、ある程度レベルが合うようなメニューを組み立て、練習できるよう心掛けます。また、春・秋シーズンの最終練習には、練習試合を設け、独自の試合ルールで簡易なフットボールを身近に体感して貰う工夫も行います。更には、体力的に練習量が多いと思った参加者の方には、途中休憩を適切に取りながら練習できる雰囲気作りにも心掛けます。
練習段階は、次のようなレベルのイメージで反復練習を行っていきます。

目安としては、

Aレベル:キャッチボールができる。
 基本的なボールの投げ方や受け方を勉強し、実際にグランドでキャッチボールができるようになる。また、真っ直ぐ走りながら、投げてきたボールを取れるよう目指します(期間的にはクリニックの4回が目安)。

Bレベル:簡易なパスコースを走れ、ボールがキャッチできる。
 上記のレベルも反復しながら、フットボールの基本的なパスコースを体で覚え、ボールが飛んできたらパスキャッチができるよう目指します(期間的には初回から4回が目安)。

Cレベル:複雑なパスコースも走れ、ディフェンスが付いてもパスキャッチができる。
 簡易なパスコースも反復しながら、複雑なパスコースも走ることができるよう目指します。また、ボールが飛んできたらパスキャッチができるレベルも目指します。更には、ディフェンスが付いても、パスコースが乱れない程度に走ることができ、パスキャッチができるよう目指します(期間的には5,6回目が目安)。

Dレベル:ユニットを組んでパスコースが走れ、ディフェンスの弱点も覚える。
 ユニットを組んでディフェンスの弱点スペースへパスコースが取れ、パスキャッチができるよう目指します。また、簡易なディフェンスの動きも知り、ユニットを組んでオフェンスのパスコースをきちんとカバーできることを目指します(期間的には7〜10回目が目安)。

Eレベル:オフェンス、ディフェンスともにユニットを組んで適切な動きが取れ、簡易なフッとボールの練習試合を楽しめる
 シーズン毎に独自のルールのもと、簡易なフットボールの練習試合ができるよう目指します。基本的なフットボールのルールも勉強して、試合観戦に行っても、だいたいの動きが見られるよう目指します(期間的には11,12回目が目安)。
春・秋のシーズンを通じて、上記のような目安で反復練習を行います。秋のシーズンはクリニックを設けていないので、秋シーズンから参加される方には、約12回の練習の中で、A、Bレベルから習得できる工夫を行います。

※ ユニット練習や練習試合のチームの編成は、長年参加されている方やフットボールを経験されていた方と本シーズン初参加されている方とを上手く振り分けて、運営できるよう心掛けます。

U 独自ルールの緩和措置等(例示)

(1)ボールを持って走っているプレーヤーにディフェンスが2ヤード以内に接近すれば、直接タッチしなくてもプレーが止まったものと見なす。
(2)ボールを持った人が独走態勢に入った場合は、その時点から最大で10ヤード迄しか走ることができない。

活動方針等(印刷用:PDFファイル)
posted by S. FIGHTERS at 17:58| Comment(0) | S☆FIGHTERS基本情報

2011年02月08日

2011冬・クリニックのお知らせ

 皆さん、こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか。今年もS☆FIGHTERSをよろしくお願い致します。
 S☆FIGHTERSは今年で創部5年を迎えることができました。この間、皆さんには、随分ご協力・ご指導を頂きました。ここに改めてお礼申し上げます。
 さて、今年の活動は、昨年の反省を踏まえ、皆さんと健康維持や増進が適度に出来るようにと考えております。また、今年はフットボールだけでなく、違ったスポーツにもチャレンジしたいと思っています。恒例になりつつあるピクニックもその一つですが、皆さんと一緒に、休日を楽しく、豊かに過ごしていける企画を検討していきます。
 今日は、春シーズンに入る前の「クリニックのご案内」をしたいと思います。この期間はフットボールの練習が主となります。基本的なボールの取り方や投げ方を4回の練習(予定)で習得できる期間と致します。この時期は、突然ファイターズコーチや現役選手が参加する事もありますよ(笑)。
 ご興味のある方は是非一度関学第3フィールドに足をお運びください。なお、ご参加の際には、趣意書を良くお読みの上、同意書(押印要)と入会金を合わせてご持参ください。
 それでは、関学第3フィールドで、お目にかかれる事を楽しみにしております。

クリニック日程:
2月20日(日)、27日(日)、3月6日(日)、13日(日)の計4回
いずれも練習開始は10時〜
※春のシーズンは4月上旬〜で検討しております。

代表 : 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 17:10| Comment(7) | 2011 WINTER