■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2010年12月13日

12月23日クリスマスボウル観戦ツアー

 皆さん、こんにちは。寒い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか。
 さて、先般ブログへ投稿させて頂きましたように、今年最後のお楽しみ全国高校選手権決勝「クリスマスボウル」をS☆Fightersの仲間で一緒に観戦へ行きませんか。もちろん、Fightersの応援と同様、我等のブルーのジャージを身にまとい、High Fightersの選手達を精一杯サポートしたいと思います。
 High Fightersは、6年ぶり17回目の「日本一」を目指します。日時等は下記のとおりですので、どうぞお誘い合わせのうえご来場ください。
 王子スタジアムでお会いできることを楽しみにしております。

第41回全国高等学校アメリカンフットボール選手権決勝
「クリスマスボウル」
関西学院高等部 FIGHTERS 対 早稲田大学高等学院 BEARS
日時:12月23日(木・祝)11:30集合(13:00キックオフ)
場所:王子スタジアム
※入口前「後援会ブース」付近に集合(チケットもご用意しております)

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 14:45| Comment(1) | 2010 AUTUMN

2010年12月07日

12月5日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 2010年秋シーズン最終日の練習は絶好のお天気の下、第1回カウカウボウルとして実施されました。全体練習前のキャッチボール、パスアップの後、まず三浦代表から本日のルールが発表されました。

@参加者全員を4チームに分けて総当たりで優勝を争う。
A1試合は1クォーター、ランニングタイム10分とする。
Bタイムアウトは1チーム1試合に1回。
Cハドルは25秒間。
Dオフェンス、ディフェンスとも5人、オフェンスにはチームと別にセンターを設ける(今回も児玉さんがセンターを務めていただきました)。
Eオフェンスのランニングプレーはスィープおよびオプションのみ、ランニングプレーを展開する場合は必ずタイトエンドはインサイドを向いてステイする。
FランニングプレーのフェイクパスはOKだが、その際は必ずランニングバックがパスを投げる事(タイトエCンドがステイしたらQBはパスを投げてはいけない)。
Gディフェンス体系はカバー3のゾーンディフェンスのみとする。
H最初の攻撃は自陣5ヤードから開始する。
Iフィールドは縦40ヤード(エンドゾーン10ヤードは除く)、横は160フィート(フルサイズ)とする。

チーム分けの後、山田さん指導のストレッチを行い、15分ほどチーム練習を実施した後、いよいよ試合開始です。チーム分けは三浦代表から指名された4名(石田さん、紫牟田さん、和田さん、上村さん)がキャプテンとなり、ほかの参加者を4チームに割り振りました。1チームだいたい11〜12名程となりました。
以下、簡単に試合の模様をレポートさせていただきますが、記憶違いもあるかと存じますのでご容赦願います(あそこは違う、あのパスをキャッチしたのは私だ!なぜ私のあのプレーがレポートされていないのだという皆さんからのコメントをお待ちしております)。
 第一試合はAチーム(石田キャプテン)対Bチーム(紫牟田キャプテン)です。
 先攻Bチームの攻撃はパス、オプションからのQBキープでファーストダウンを更新するも次のプレーでQB(実は私です)の投じたパスをインターセプトされて攻守交代、次のAチームの攻撃はロングパスが通り見事タッチダウン、結局このまま試合終了となり6−0でAチームが勝利しました。
 第二試合はCチーム(和田キャプテン)対Dチーム(上村キャプテン)です。
 先攻Cチームの攻撃はファーストダウンを更新できず攻守交代。変わったDチームはエースランナー平田さんのランで大きくゲインするも次のパスをCチーム寺田さんが見事にインターセプト!変わった攻撃をタッチダウンにつなげたCチームが6−0で勝利しました。
 第三試合はAチーム対Cチームです。
 先攻Aチームの最初の攻撃は反則もあり、ファーストダウンを更新できず。次のCチームの攻撃でQB松尾さんからWR西嶋さんへのタッチダウンパスが見事に決まって6−0、その後のAチームのパスをCチームの竹村さんがインターセプトして勝負あり。そのまま試合終了となりました。
 第四試合はBチーム対Dチームです。
 両チームとも最初のシリーズはファーストダウンを更新できませんでしたが、2シリーズ目の攻撃でQB小林さんのロングパスが決まって、タッチダウンにつなげたBチームが6−0で勝利しました。
 第五試合はAチーム対Dチームです。
 Aチームはアスリート西川さんへのロングパスがタッチダウンにつながり、先制しますが、これまで勝ち星のないDチームも必死の反撃を見せ、ランでのロングゲインから波止さんへのパスが見事通りタッチダウン。両者ゆずらず6−6の引き分けとなりました。
 最終第六試合はBチーム対Cチームです。
 先攻BチームのQB(北出)が乱調で2回のインターセプトを喫するも変わったQB小林さん率いるオフェンスが見事にタッチダウン。しかしその後のCチームの攻撃はパスをつないでゴール前まで迫ります。そこでQB竹村さんのコールしたプレーはオプション、ピッチのタイミングもばっちりで見事タッチダウン。この試合は6−6で引き分けとなりました。
 この結果、1位Cチーム(2勝0敗1分)、2位Aチーム(1勝1敗1分)、3位Bチーム(1勝1敗1分)、4位Dチーム(0勝2敗1分)となり、第1回カウカウボウル優勝チームはCチームとなりました(2位3位は当該チームの直接対決の結果による)。
 その後、関学会館のポプラに場所を移して打ち上げおよび表彰式を実施しました。
 そして2次会カウカウ、3次会鳥居と我々S☆FIGHTERSの夜は更けていったのですが、そのあたりのレポートは宴会部長の松尾さんにおまかせするとして、最後に協賛いただきましたカウカウの寺本マスター、こんなに楽しい場を提供いただいている体育会アメリカンフットボール部の皆様、そして関係者の方々にあらためてお礼を述べたいと思います。 
 本当にありがとうございました。そして来シーズンも皆さんがたと第3フィールドでお会いできる日を楽しみにしています。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 19:03| Comment(4) | 2010 AUTUMN