■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2019春シーズン−

4月14日(日) 練習@
4月21日(日) FIGHTERS DAY
4月28日(日) 練習A
5月12日(日) 練習B
5月19日(日) 練習C
5月26日(日) 練習D
6月 2日(日) 練習E 9:30開始【NEW!!】
6月 9日(日) サバイバル登山【NEW!!】
6月16日(日) 練習F
6月23日(日) 練習G
6月30日(日) 練習H
7月6日(土)〜7日(日) 合宿
7月14日(日) 練習試合 9:30開始【NEW!!】
※1.練習開始は10:00〜の予定です
※2.入会手続きは5月26日(日)まで受け付けます。

2010年11月08日

11月7日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 今回の練習はブルーナイツのジュニアが試合という事もあり、前回同様の40名弱でグラウンド全面使用という贅沢な環境で実施されました。各自でのウォーミングアップ、キャッチボール、パスアップと続く中で今回は残念ながらパスアップの段階でお一人足を痛められた方がいらっしゃいました。これから寒くなっていく中で各自ウォーミングアップは念入りに実施するようにしましょう(パスアップは皆さんだんだんと熱くなってロングパスを投じられるQBの方もいらっしゃいましたが、あくまでもウォーミングアップである事をお忘れなく!)。
 その後はストレッチとランニングストレッチ、今回は山田さん、片山さんの指導の下にきっちりと実施できました(けっして三浦代表のブラジル体操がきっちりしていないという訳ではないので皆さん誤解のないように)。
 ブレイクのあとはセットアップ、QBの正面5ヤード後方に位置したディフェンスがバックダッシュしながらQBの合図で左右どちらかに動いてパスをキャッチ(インターセプト)する練習です。今日はポイントを4箇所とったので、回ってくるのが結構早かったですね。続いてはカムトゥー、QBの正面20ヤード後方に位置したディフェンスが今度はQBにまっすぐ向かってきて、5ヤード位進んだ段階でQBの合図で左右どちらかに動いてパスをキャッチする練習です。自分自身のスピードとボールのスピードが加算されるので結構キャッチするのが難しかったのではないでしょうか?
 その後は前回に引き続いてオプションの練習です。三浦代表からは前回の練習ではQBがまっすぐLBにアタックしないで、どんどんオープンサイドを走ってからRBにピッチしてしまい、結果としてRBの走るスペースがなくなってしまう事があったので、注意するようにとのアドバイスをいただきました。今日の練習はディフェンスを1人つけましたが、まずディフェンスは動かずに必ずRBにピッチする練習、その後ディフェンスの動きによりピッチするかQBがキープするか選択(=オプション)する練習へと進みました。その間三浦代表からは「QBはピッチする相手をしっかり見てピッチするように」との声が飛んでいましたね。私もそうですが、特にディフェンスが動くようになってからはピッチする事にだけ気をとられてRBの位置を確認するのがついおろそかになってしまいがちでした。
 続いては、新しいメニューのスィーププレー(ハンドオフ)に取り組みました。センターの5ヤード後方にQB、その横にRBがセットし、センターのスナップと同時にRBはQB側の足を一歩踏み出し、二歩目でQBの方へ方向転換しQB側の手(RBがQBの右側に位置している場合は左手)を上にしてQBからハンドオフされたボールを持ってオープンサイドを駆け抜けます(手が逆になってしまうとQBの差し出す手と当たってしまうため)。QBは視線を前にし、RBの方を見ないでまっすぐボールを差し出します。大学の試合を見ていると実に簡単そうにハンドオフしていますが、実際にやってみるとなかなか難しかったですね。私も最初にRBに入ったときに逆の手を上にしてしまい、数名の方から同時に「北出さん、手が逆!」との暖かいご指摘をいただきました。また、QBに入った際もボールを差し出す位置が上すぎたり、下すぎたりしてなかなかうまくハンドオフできない場合もありました。後で聞いてみるとやはり頭で考えずに自然と体が動くようになるくらい練習しないと実際の試合で使えるようにはならないとの事でした。
 さて今回の最後のメニューは前回に引き続き、5対5での試合形式での練習です(今回は三浦代表がセンターを勤めていただきました)。今回は前回と違ってウィークサイド(タイトエンドのいないサイド)のRBへのオプションも可能、もちろん今回練習したスィーププレーもOKですがランニングプレーの場合はタイトエンドがインサイドを向いてステイするのは前回と同じです。やはり試合形式は盛り上がりますし、楽しかったですね。後から冷静になって振り返ると分かるのですが、私も含めて皆さんロングゲインを狙って奥へのパスが多かったのではないでしょうか?三浦代表からはカバー3の場合、コーナーバックは目の前のレシーバーに抜かれないようにしないといけないのと、担当するゾーンが前後に広いのでコーナーバックの担当するゾーンの浅めのところに早いタイミングのプレーを展開すると確立が高いというアドバイスをいただきました。最後にカバー3のディフェンスのセットする位置の再確認(コーナーバックはワイドレシーバーの正面7〜8ヤード後方、ストロングラインバッカーはタイトエンドの3〜5ヤード後方、ウィークラインバッカーはストロングラインバッカーとウィークサイドのコーナーバックの中間あたり、セーフティーはQB正面後方10〜12ヤードあたり)を行い今回の練習は終了しました。
 いよいよ今シーズンの練習も残すところあと3回、最終日の12月5日は練習試合を実施する予定との事ですので今から楽しみです。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:13| Comment(4) | 2010 AUTUMN