■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2010年11月29日

12月5日の練習について

 皆さん、こんにちは。
 昨日はいつもお世話になっているファイターズがリーグ優勝を果たし、本当に良かったですね。応援に駆け付けてくれた皆さん、ありがとうございました。現役諸君は、甲子園ボウル出場へ向けて大変な戦いが待ち受けていますが、昨日と同様全力で戦って貰いたいと思います。女神が微笑むことを信じております。
 さて、我々も12月5日(日)、今シーズン最後の練習を行いたいと思います。当日は9時30分〜ストレッチ等を開始する予定です。今まで練習してきたことの総決算として、練習試合を行いたいと思います。また、我々もこの練習試合を盛り上げるために、「カウカウボウル」と名付けました。チームも4チームに分けて総当たり戦を考えています。楽しみにしておいてくださいね。
 更に練習試合終了後には、恒例の打ち上げを予定しております。場所は関学会館内「ポプラ」、12時〜開始予定で、会費の方が5千円です。こちらの方も、お誘い合わせのうえ、多数ご参加ください(おそらく、2次会は「KAU-KAU」さんで開催されると思います)。練習試合に参加できない方、打ち上げの方だけの参加も問題ありませんのでご遠慮せずお越しください。詳細については、松尾宴会部長までお問い合わせください。
 では、12月5日、関学第3フィールドでお待ちしております。

 練習開始時間変更:9時30〜(関学第3フィールド「第1回、カウカウボウル」)
          ※雨天決行です。
 打ち上げ開始時間:12時00〜(関学会館内「ポプラ」:会費5千円)

代表:三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 21:48| Comment(4) | 2010 AUTUMN

11月27日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 第3フィールドから見上げる甲山もすっかり紅葉に彩られ、体を動かすと少し汗ばむ位の絶好のコンディションの中、40名ほどのメンバーが参加されて今回の練習は実施されました。
 全体練習前のキャッチボール、パスアップの後、片山さん指導のストレッチ、ランニングストレッチの後、今日は来週に予定されている第1回カウカウボウルに向けての最終調整という事で、練習メニューが組立てられていました。
 まずはQBとWRのオフェンス2名対ディフェンス1名での練習です、ディフェンスはカバー3のコーナーバック(CB)という設定です。WRはあらかじめQBと打ち合わせした任意のパスルートを走ります。そのWRに対してディフェンスは前述の通り、カバー3のCBですので、WRが自分のゾーンにいる間はしっかりとマークしないといけませんが、自分のゾーンから出ていった場合はついていかないようにします。具体的にはフック、フェード、コーナー等のコースにはしっかりついて抜かれないようにします。逆にイン、ポスト等のコースの場合は(このメニューの時点では存在していませんが)そのゾーンを担当するセーフティー(S)に「入った!」等の声をかけてゾーンの受け渡しをしないといけません。
 しばらくこのメニューを続けて、CBが自分のゾーンを意識した後でディフェンスにSをつけてオフェンス2名対ディフェンス2名としたメニュー。オフェンスにタイトエンド(TE)をつけてオフェンス3名対ディフェンス2名としたメニュー。ディフェンスにラインバッカー(LB)をつけてオフェンス3名対ディフェンス3名としたメニューへと進んでいきました。しっかりと声をかけて、きっちりゾーンの受け渡しをされているユニットがある一方で、やはりオフェンス、ディフェンスの人数が増えていくに従ってついつい自分の目の前のレシーバーにつられて自分のゾーンががら空きになってしまうというユニットも多々見受けられた。三浦代表からは「LBは目の前のTEがまっすぐ進んできたからといって、それにつられてまっすぐ下がってしまうと自分の担当するゾーンの前方アウトサイド寄りに大きなスペースができてしまうためにややアウトサイドななめ後方にさがるように。」とのアドバイスをいただきました。この2対1から始まったメニューでゾーンディフェンスにおける自分のゾーンを意識するという事の大切さと難しさをあらためて実感する事ができたと思います(以上のメニューはグラウンド片翼、ポイント2か所で実施しました)。
 最後のメニューはグラウンド両翼を使用して、恒例5対5の試合形式です。今回もオフェンス5人とは別にセンターを設けました(センターを担当していただいた児玉さんありがとうございました)。皆さんこのメニューにもだいぶ慣れてこられたようで、いろいろと工夫したプレーを出されていたようです(中にはQB→RB→QBとボールを渡して最終的にQBからパスを投じるフリーフリッカーを披露して、三浦代表から「プレーの展開が遅くなるだけで意味なし!」と一刀両断されていたチームもあったようですが)。
 そうこうしているうちにあっというまに練習終了の時間となりました。
 いよいよ2010年秋シーズンの練習もあと1回、「カウカウボウル」(12月5日)を残すのみとなりました。皆さん、お誘い合わせのうえご参加ください。「カウカウボウル」終了後、打ち上げも行いますので楽しみにしておいてください。
 ファイターズファミリーの秋シーズンもいよいよ大詰めを迎えています、本日王子スタジアムでは中学部、高等部がそれぞれ試合を行いました。中学部は残念ながら高槻中学に惜敗しましたが、高等部は見事関大一校を撃破し、クリスマスボウルの出場が決定しました。このレポートを作成している時点ではまだ結果が出ていませんが、レポートがアップされた時点で大学の4年生の2010年シーズンがまだ終わっていない事を信じつつ、今回のレポートを終了させていただきます、さあ!ユニバ記念競技場にいかなくちゃ。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 21:43| Comment(2) | 2010 AUTUMN

2010年11月16日

11月14日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 今回の練習は久しぶりにブルーナイツとグラウンドを共有して実施されましたが、大学の同志社戦と同時刻開催のせいもあったのか、参加人数はいつもより少なめの40名強ほどでした。
 メニューはいつもと同じく全体練習開始前のキャッチボール、パスアップの後、山田さんのストレッチ、三浦代表によるランニングストレッチと進んでいきました。
 ブレイクの後は初めて実施するメニュー、ハンドオフドリルです。前回取り入れたスイーププレーでは皆さん初めて取り組むハンドオフにとまどっていらっしゃった方が多かったのではないでしょうか? このメニューはハンドオフをスムーズにできるようになるためのメニューです。 まずは4人1組になって、そのうちの2人が10ヤード離れて相対します、1人はQB役でボールを持って前進します。もう1人はRB役でQBと同時にスタートして中間点でQBからハンドオフを受けます。ボールをもらったRBはそのまま前進し、次の人にボールを渡して同じ事を繰り返します。 三浦代表からは、「RBはボールを見ないでまっすぐ前進、QBはRBのお腹にやさしくボールを入れる事(ボールを卵のように大事に扱う)!」とのアドバイスをいただきました。また、途中からはQB役がボールを入れた後すぐにハンドオフせずに、RBの動きに合わせてしばらくボールを動かしてからハンドオフする(ライドする)事にしました。
 続いては同じ4人でセンター、QB、RBでスイープの練習に取り組みました(余っている1人は動きをチェックします)。 やはりハンドオフの際にRBの手が逆になっている方もまだまだいらっしゃったのではないでしょうか?
 その後同じ4人でセンター、QB、RB、ディフェンスを交代しながらオプションピッチの練習です。相変わらずピッチするタイミングを合わせるのには苦労しました。 ブレイクの後はその4人組を基本として4対4の対戦形式の練習です、センターは4人とは別に設けてオフェンスはQB、RB、TE、FL(レシーバー)の4人、 ディフェンスはLB2名、CB、SFの4人です。今回初めて取り組んだのはいったんハンドオフを受けたRBがパスをするスイープパスです。やってみるとなかなかレシーバーとのタイミングを合わせるのが難しかったのですが、三浦代表の解説では「スイープパスは通常のパスプレーと比べるといったんRBがハンドオフを受けてオープンを走ってから投げるのでどうしてもパスを投げるタイミングが遅くなるので、レシーバーはタイミングを遅くしないとQBから遠くにいってしまうのでそれを避けるためにはポスト・コーナー等のコースを選択すると良い。」との事でした。
 最後のメニューは恒例となった5対5の試合形式の練習です(オフェンスはチームとは別にセンターを設けました)前回、前々回に比べて皆さん多彩なプレーを繰り出されていましたが、S☆FIGHTERSのローカルルールとして、ランニングプレー(オプション、スイープ)を展開する際はTEがインサイドを向いてステイしないといけないのですが、今回の練習では何チームかが、TEのステイの際にスナップと同時にステイせずにしばらく前を向いたままで相手にパスと思わせておいてからステイしていましたが、三浦代表からは反則とする(練習試合の際は5ヤード罰退、ひどい場合は10ヤード罰退)旨告知がありました。
 また、「スイープパスを行なう際には、RBが走った方向にディフェンスも流れるので、オフェンス、ディフェンスが密集した地点に強引にパスを投げるチームが多々見受けられたが、レシーバーが外から中に動くようなコースを取って、常にスペースを意識してプレーを展開すると良い。」とのアドバイスをいただきました。
 さて、いよいよ秋シーズンの練習もあと2回、最終日12月5日は練習試合を実施する予定ですが、三浦代表から12月5日の練習試合は「第1回カウカウボウル」とする事が発表されました。この名前は我々がいつも練習の後にお世話になっている関学正門前のスパゲティハウス「カウカウ」にちなんだものです、今日は久しぶりにカウカウの寺本マスターも練習に参加され、トロフィーおよび景品等もご用意いただけるとのご挨拶をいただきました。この場で改めて御礼を述べさせていただきます。
 さて、冒頭にも少し触れましたが同日に実施された大学の試合の結果、現役の皆さんには自力優勝の可能性が復活しました、まずは最終節、関大戦に勝利される事を我々も祈りたいと思います。
 なお、次回練習は1週間おいて11月27日土曜日開催ですのでご注意ください。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 15:42| Comment(10) | 2010 AUTUMN

2010年11月08日

11月7日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 今回の練習はブルーナイツのジュニアが試合という事もあり、前回同様の40名弱でグラウンド全面使用という贅沢な環境で実施されました。各自でのウォーミングアップ、キャッチボール、パスアップと続く中で今回は残念ながらパスアップの段階でお一人足を痛められた方がいらっしゃいました。これから寒くなっていく中で各自ウォーミングアップは念入りに実施するようにしましょう(パスアップは皆さんだんだんと熱くなってロングパスを投じられるQBの方もいらっしゃいましたが、あくまでもウォーミングアップである事をお忘れなく!)。
 その後はストレッチとランニングストレッチ、今回は山田さん、片山さんの指導の下にきっちりと実施できました(けっして三浦代表のブラジル体操がきっちりしていないという訳ではないので皆さん誤解のないように)。
 ブレイクのあとはセットアップ、QBの正面5ヤード後方に位置したディフェンスがバックダッシュしながらQBの合図で左右どちらかに動いてパスをキャッチ(インターセプト)する練習です。今日はポイントを4箇所とったので、回ってくるのが結構早かったですね。続いてはカムトゥー、QBの正面20ヤード後方に位置したディフェンスが今度はQBにまっすぐ向かってきて、5ヤード位進んだ段階でQBの合図で左右どちらかに動いてパスをキャッチする練習です。自分自身のスピードとボールのスピードが加算されるので結構キャッチするのが難しかったのではないでしょうか?
 その後は前回に引き続いてオプションの練習です。三浦代表からは前回の練習ではQBがまっすぐLBにアタックしないで、どんどんオープンサイドを走ってからRBにピッチしてしまい、結果としてRBの走るスペースがなくなってしまう事があったので、注意するようにとのアドバイスをいただきました。今日の練習はディフェンスを1人つけましたが、まずディフェンスは動かずに必ずRBにピッチする練習、その後ディフェンスの動きによりピッチするかQBがキープするか選択(=オプション)する練習へと進みました。その間三浦代表からは「QBはピッチする相手をしっかり見てピッチするように」との声が飛んでいましたね。私もそうですが、特にディフェンスが動くようになってからはピッチする事にだけ気をとられてRBの位置を確認するのがついおろそかになってしまいがちでした。
 続いては、新しいメニューのスィーププレー(ハンドオフ)に取り組みました。センターの5ヤード後方にQB、その横にRBがセットし、センターのスナップと同時にRBはQB側の足を一歩踏み出し、二歩目でQBの方へ方向転換しQB側の手(RBがQBの右側に位置している場合は左手)を上にしてQBからハンドオフされたボールを持ってオープンサイドを駆け抜けます(手が逆になってしまうとQBの差し出す手と当たってしまうため)。QBは視線を前にし、RBの方を見ないでまっすぐボールを差し出します。大学の試合を見ていると実に簡単そうにハンドオフしていますが、実際にやってみるとなかなか難しかったですね。私も最初にRBに入ったときに逆の手を上にしてしまい、数名の方から同時に「北出さん、手が逆!」との暖かいご指摘をいただきました。また、QBに入った際もボールを差し出す位置が上すぎたり、下すぎたりしてなかなかうまくハンドオフできない場合もありました。後で聞いてみるとやはり頭で考えずに自然と体が動くようになるくらい練習しないと実際の試合で使えるようにはならないとの事でした。
 さて今回の最後のメニューは前回に引き続き、5対5での試合形式での練習です(今回は三浦代表がセンターを勤めていただきました)。今回は前回と違ってウィークサイド(タイトエンドのいないサイド)のRBへのオプションも可能、もちろん今回練習したスィーププレーもOKですがランニングプレーの場合はタイトエンドがインサイドを向いてステイするのは前回と同じです。やはり試合形式は盛り上がりますし、楽しかったですね。後から冷静になって振り返ると分かるのですが、私も含めて皆さんロングゲインを狙って奥へのパスが多かったのではないでしょうか?三浦代表からはカバー3の場合、コーナーバックは目の前のレシーバーに抜かれないようにしないといけないのと、担当するゾーンが前後に広いのでコーナーバックの担当するゾーンの浅めのところに早いタイミングのプレーを展開すると確立が高いというアドバイスをいただきました。最後にカバー3のディフェンスのセットする位置の再確認(コーナーバックはワイドレシーバーの正面7〜8ヤード後方、ストロングラインバッカーはタイトエンドの3〜5ヤード後方、ウィークラインバッカーはストロングラインバッカーとウィークサイドのコーナーバックの中間あたり、セーフティーはQB正面後方10〜12ヤードあたり)を行い今回の練習は終了しました。
 いよいよ今シーズンの練習も残すところあと3回、最終日の12月5日は練習試合を実施する予定との事ですので今から楽しみです。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 09:13| Comment(4) | 2010 AUTUMN

2010年11月04日

11月3日練習レポート

 皆さん、こんにちは。今回の練習は絶好の秋晴れの下実施されました。
 上ヶ原キャンパスは学園祭に合わせて同窓会のホームカミングデイも開催されており、たくさんの人で賑わっていましたが、祝日とはいえ週のまん中水曜日という事やブルーナイツの皆さんが王子公園でのミゼットデイに参加された関係で、第3フィールドにはいつもより少な目の40名ほどの皆さんが集合されました(参加できなかった皆さん方には申し訳ないのですが、その分密度の濃い練習ができたように思います)。
 さて、練習内容ですがいつも通り全体練習開始前のキャッチボール、パスアップの後は、本日欠席の山田さん、片山さんに代わって三浦代表による体操、ブラジル体操でウォーミングアップ、続いてワンハンドキャッチから両手キャッチへと移りました。三浦代表からは利き手が右の人がQBの左側にセットしてパスをキャッチする際は、左手を伸ばして右手を添えるようにしないといけないが、どうしても右手をかぶせてキャッチする人が多いので気をつけるようにとのアドバイスをいただきました(そうしないと手が伸びないのでキャッチの範囲が狭くなってしまうため)。その後はフック、アウトと2種類のパスコースをおさらいしました。
 ブレイクの後はオフェンス、ディフェンスとも3人1組になって、カバー3のゾーンディフェンスの練習です。オフェンスはQB、タイトエンド(TE)、レシーバー(WR)、ディフェンスはスクリメージラインからQBの正面後方12ヤードくらいにセーフティ(S)、TEの正面後方3〜5ヤードくらいにラインバッカー(LB)、WRの正面後方5〜7ヤードくらいにコーナーバック(CB)がセットします(グラウンドは片面を使用)。オフェンスはTEとWRのパスコースの組み合わせでディフェンスの弱点をつくようにします。ディフェンスはマンツーマンではないので、各々の受け持つゾーンを意識して、他の人のゾーンにオフェンスのプレーヤーが入った場合は声をかけてゾーンの受け渡しをするようにします。頭ではわかっていてもいざプレーが開始されるとどうしても目の前のオフェンスにつられてしまう方々が多かったのではないでしょうか?フィールド真ん中奥深く走りこんだWRへのパスをCBがナイスカットというプレーもありましたが、本来CBではなくSが処理しないといけないプレーです。
 続いてはオフェンス、ディフェンスとも4人1組になってオプションの練習に取り組みました。オフェンスはQB、TE、WR、ランニングバック(RB)、ディフェンスはS、LB2人、CBです(この練習もグラウンドは片面を使用)。TEのセットする位置の目安としてディフェンスエンドの位置するあたりにコーンを設置、QBキープの際もコーンの外側を通るようにします。前回同様オプションプレーを展開する際はTEがキーマンとなり、スクリメージライン上でインサイドを向いてステイします。ストロングサイドのLB(SLB)はTEがステイするのを確認した段階でQBもしくはRBにアタックします。QBはSLBの動きによりキープするかピッチするかを判断します。この練習もなかなかQBとRBのタイミングを合わせるのが難しかったように思います。また、SLBに入った方もQBかRBかどちらにアタックするかを意識しないとQBの方も判断が難しかったのではなかったでしょうか?
 最後はグラウンド両面を使用してオフェンス、ディフェンスとも5対5で試合形式の練習に取り組みました。オフェンスはショットガン・プロ体系でQB、TE、WR2人(スプリットエンド/SEとフランカー/FL)、RB。ディフェンスはS、CB2人、LB2人です。オフェンスがオプションプレーを展開する際は必ずストロングサイド(TEのいるサイド)にRBを配置しないといけません。(逆に言うとウィークサイド(TEのいないサイド)にRBを配置した段階でこのチームはパスプレーだと判断できる訳です。
 この練習、とても面白かったと同時にとても難しかったですね。特にディフェンスは目の前のプレーヤーに気をとられて極端な位置にセットして三浦代表に注意されたり、3対3の練習の時と同じくゾーンディフェンスであるにもかかわらず自分のゾーン以外のところまで追いかけていったりしていました。でもオフェンスで見事にディフェンスをストレッチしてパスが決まったり、ディフェンスでオフェンスの動きを読んでうまく止めたりされたチームの皆さんは本当にうれしそうでした。ますますフットボールの魅力に魅せられてしまいそうです。
 今シーズンの練習もあと4回、最終日の練習試合に向けて三浦代表、石田代表はいろいろとメニューを考えておられるようですので、皆さん期待してください(最後に、本日の最後のメニューでセンターとしてスナップを出していただいた児玉さん、どうもありがとうございました)。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 18:35| Comment(6) | 2010 AUTUMN

2010年11月01日

10月31日練習レポート

 上ヶ原キャンパスでの学園祭の初日、3週間ぶりの練習はいつも通り約60名の方々が参加されました。
 冒頭に三浦代表もお話されたように、前日の立命戦は残念な結果となってしまいましたが、一番悔しい想いをされている現役の皆さん方のためにも、レギュラーシーズン残り2試合も今までと同様、いや今まで以上に声援を送りたいと思います。
 さて、今回の練習のテーマはマンツーマンディフェンスでした。メニューはウォーミングアップ後のキャッチボール、パスアップ、恒例の山田さんによるストレッチの後、本日はお休みの片山さんに代わって三浦代表によるランニングストレッチと進んで行きました。
 ランニングストレッチは久しぶりであるという事とディフェンス中心の練習という事もあり、バックダッシュ中心の組み立てでした。
 いったんブレイクした後はディフェンス練習にはオフェンス役も必要という事でディフェンスをつけずにパスルートのおさらいを行いました。QBとレシーバーが相談して、事前に決めたパスルートを走りました。皆さんブランクを感じさせないナイスプレーを連発されていました。
 続いてのメニューはセットアップ、QBから5ヤード後方にセットしたディフェンスがまず5ヤード位バックダッシュした時点でQBは左右どちらかに合図してパスを投げ、ディフェンスがそのパスをキャッチする練習です。引き続き同じセットアップですが、ディフェンスをもう一人付け(QBから見て縦に2人ディフェンスが並ぶ)QBから投げられたパスを前の人がわざとはじいて後ろの人がキャッチする練習へと進みました。この練習はこれまでも何度かやりましたが、なかなかタイミングが難しかったですね。
 最後は本日のメインメニュー、マンツーマンディフェンスの練習です。オフェンス、ディフェンスとも2人1組になり、オフェンスはQBとレシーバー、ディフェンスはコーナーバック(CB)とセイフティー(S)、マンツーマンですのでCBはレシーバーに、SはQBの正面にセットします、パスルートは各々自由に設定しました。CBはバックダッシュしながらレシーバーに抜かれないようにします。ポイントはレシーバーの腰の向きでレシーバーの動く方向を判断する事です。見事にディフェンスを抜き去ってパスを決めるチーム、逆にパスをインターセプトするチームとかなり盛り上がりました。個人的にはQBの正面にはSがいるので、インサイドに展開するルート(ポスト、イン等)はCBとSが重なって通りにくいなと思ったのですが、メニューが終わった後、三浦代表からレシーバーのセットする位置をもっと活用すると良かったとのアドバイスがありました。具体的にはマンツーマンなので、SはQBに、CBはレシーバーに付いているのでレシーバーがQBから遠い位置にセットするとインサイド側にスペースができる。逆にQBに近い位置にセットするとアウトサイド側にスペースができるので、そのスペースにパスを投げるようなプレーにすると確率が上がるという事でした。言われてみるとなるほどと思うのですが、レシーバーのセットする位置を意識しているチームはあまりなかったようでした。今さらながらフットボールというのは奥深いスポーツだなと思いました。
 本日の練習は以上で無事終了、次回は11月3日(水・祝日)となります。当日は大学の学園祭も実施されていますが、中学部でも学校祭が実施されており、バザーも開催されているので、時間のある皆さんはそちらの方ものぞいてみてはいかがでしょうか?(以上、中学部 バザー委員の中さんよりのお知らせでした。)

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 07:57| Comment(4) | 2010 AUTUMN