■S☆FIGHTERS流ルール■
第5版:2015.09.30

−2018秋シーズン−

 9月23日(日)10:00〜クリニック
        ※11:30〜決起集会
 9月30日(日)10:00〜練習@
10月 7日(日)10:00〜練習A
10月14日(日)10:00〜練習B ⇒中止
10月21日(日)10:00〜練習C
10月28日(日)10:00〜練習D
11月 4日(日)15:00〜観戦@
11月11日(日)10:00〜練習E
11月18日(日)10:00〜練習F及び観戦A
11月25日(日)10:00〜練習G
12月 2日(日) 9:30〜練習H及び観戦B NEW!!
12月 9日(日) 9:30〜カウカウボウル&打ち上げ NEW!!

2010年10月24日

10月30日立命館大学戦

 皆さん、こんにちは。
 いよいよ10月30日(土曜日)、現役ファイターズが、立命館大学と対戦します。
 我々も12人目の戦士のごとく、青いジャージを身にまとい、精一杯の声援を届けに行きたいと思います。当日、関学が入口付近に設置するテント前へ13時に集合しましょう。S☆FIGHTERSのユニフォームをご持参ください。
 では、長居陸上競技場(14時30分キックオフ)でお会いできることを楽しみにしています。

代表 : 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 11:17| Comment(6) | 2010 AUTUMN

2010年10月13日

10月10日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 10月10日の練習は、心配されていたお天気も回復し、まずまずのコンディションの下、60名強の方々が参加されました。今回はいつもと少し違って、三浦代表による体育棟の二階でのオプション・プレーやディフェンスの解説、そして7月11日の練習試合のDVD映像を見ながらの解説から始まりました。
 まずは、我々のチームでの練習試合の形式(5対5、オフェンスはセンターなし)に基づいて、ゾーンディフェンスのおさらいです。カバー1からカバー4までの解説がありました。我々のチームのゾーンディフェンスはスクリメージラインからエンドゾーンに向かって手前10ヤードと奥10〜20ヤードの2つのゾーンに分けて、奥のゾーンを何人が担当するかで呼び方を変えています。(カバー2なら奥のゾーンを2人で担当)三浦代表からは来シーズンには、「カバー0」からブリッツを入れる事も検討したいとの発表がありました。
 続いては、オプション・プレーを実際に我々のチームで練習試合する際にどうやって導入していくのか、について説明がありました。というのも実際のフットボールの試合では、ディフェンスがランニング・プレーかパス・プレーかを判断するのにはディフェンスにカバーされていないライン(アンカバードライン)の動きを見て判断します。また、オフェンス側でもオプションでQBがキープするか否かの判断は、基本的にディフェンス・エンドの動きで判断するのです。ですので、我々のチームにはラインが存在しないので、三浦代表、石田代表はかなり悩まれたようですが、下記の要領で導入する事となりました。

@オフェンスは必ず「プロ体系」とする。スクリメージライン上にTE(タイトエンド)、SE(スプリットエンド)、スクリメージラインから一歩下がったライン上にFL(フランカー)の3人のレシーバーを配置。スクリメージラインから5ヤード位下がった位置にクォーターバック(QB)、QBの横にランニングバック(RB)を配置。
Aディフェンスは必ず「カバー3」とする。
Bオプション・プレーを展開する場合は必ず「TEのいるサイド」(ストロングサイド)に展開し、その際TEはフィールド中央を向いてそのままステイする。
CTEがステイするのを確認したラインバッカー(LB)はQB及びRBをカバーする。
DQBはLBの動きでキープかピッチかを判断する。
Eプレーが展開しているサイドのコーナーバック(CB)はオープンサイドを意識する。(インサイドに入りすぎてボールキャリアーに抜かれるとロングゲインとなってしまうため。)

 その後は、お待ちかねのDVD鑑賞、ゾーンの受け渡しがうまくできているユニット、うまくできずにディフェンスが重なってしまったユニット等、実際の試合時には夢中でわからなかった事が良く理解できました。(撮影いただいた西嶋さん、ありがとうございました。)
 ここまでで約1時間、続いてはフィールドで実際にオプション・プレーを練習しました。フィールド内でブルーナイツがキックカバーの練習をしていた関係で、本日のウォーミングアップは三浦代表主導によるブラジル体操(もどき?)でした。メニューは先週同様、4人1組での走りながらのトスの受け渡しから始まり、センター(C)からスナップを受けたQBがRBにピッチする練習、ディフェンスを付けてその動きによりQBがキープするか否か判断する練習と進んだ後、三浦代表曰く「少し遊び心を取り入れた」実戦形式の練習を行いました。オフェンスはQB、RB、TEの3人でチームを組み、チームとは別に置いたCからのスナップを受けてプレー開始です。(スクリメージライン上、ディフェンス・エンドのいる辺りにはコーンを置いてあります。QBはキープする場合必ずコーンの外側を通らないといけません。)ディフェンスも同じく3人1組でインサイド側から順にウィーク・ラインバッカー(WLB)、ストロング・ラインバッカー(SLB)、コーナーバック(CB)でスクリメージラインから5ヤード位に横1列にセットします。攻撃側はオプション・プレーかパス・プレーを選択。オプション・プレーの場合、TEはインサイドを向いてステイします。QBはコーンめがけて走り、RBはタイミングを合わせるために2歩ほど下がって少し後ろに膨らみながら走り出します。TEがステイしているのを確認したSLBは前に出てQBに向います。(WLBはQBがカットバックして走ってこないよう意識しながら内側からRBを追いかけます。)QBはそのSLBの動きを見てキープするか否かを判断します。パス・プレーの場合、タイトエンドはステイせずにコースに出ますので、ディフェンスは下がってパスに備えます。こうして書いていても思い出すのですが、やはり実戦形式になるととたんに難しくなりましたね。TEの動きを瞬時に判断するのは至難の業でした。
 また、なかなかオプションのタイミングが合いませんでした。ここで三浦代表からQBの判断は、SLBが自分に向かってくるのか、RBに向かっていくのかを見極めるワンポイントアドバイスがありました。それは「SLBのアウトサイドの肩がどちらを向いているかにより判断すると良い」との事でした。SLBのオープンサイドの肩が自分の方に向いていれば、QBはRBにトスをしても、SLBはそこから後ろを振り返ってRBを追いかけにくい、との事でした。三浦代表によれば、いやらしいSLBは、QBにアタックされる直前まで肩をスクリメージラインと平行に保ったまま向かってくるので、判断しづらいとの事でした。
 以上で本日の練習は無事終了。次回は10月31日(日)と少し間が開きます。前回のレポートでも書きましたが、その間大学のFIGHTERSは京大、立命と強豪チームとの対戦が続きます。まずは次節京大戦に全力を尽くして貰いたいと思います、三浦代表によるミニFM中継も実施予定ですので、ぜひFMラジオ持参(88.8MHZ)で観戦しましょう!西京極陸上競技場、10月17日(日)14:00キックオフです。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 14:52| Comment(4) | 2010 AUTUMN

2010年10月09日

10月10日雨天決行

 皆さん、こんにちは。
 朝夜は随分と涼しくなりましたが、日中は相変わらず暑いですね。皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。
 さて、10日(日)の練習は雨天決行です。と書くと、雨の中の練習?と思われるかもしれませんが、雨が降りましたら、昨年あの暑いグランドで実施しました練習試合を皆さんとご一緒に講義室で分析したいと思います。練習試合に参加されていない方でも、今後のディフェンスの練習に大変役に立つこと間違いなし。DVDには沢山の情報が隠れていますので、是非ともご参加頂ければと思っています。また、オプションをどのように守るかのディフェンスの解説も入れたいと思っていますので、楽しみにしておいてください。
 それでは、10日(日)、晴れることを祈りながら、また、雨が降れば降ったで、レッツゴー第3フィールドでお会いしましょう。

代表 : 三浦 智
posted by S. FIGHTERS at 01:39| Comment(0) | 2010 AUTUMN

2010年10月04日

10月3日練習レポート

 皆さん、こんにちは。
 前日までの天気予報では曇りのち雨、午前中も降水確率がかなり高かったため練習開催が危ぶまれましたが、皆さんの熱意が雨雲の接近を遅らせたのか薄曇でときおり晴れ間も除くコンディションで本日の練習は無事開催されました。
 お子さんの運動会と重なった方が多かったせいかいつもより少し少なめの50名程の皆さんが第3フィールドに集合されました。
 いつものように10時の練習開始前に各自ウォーミングアップ、キャッチボール、パスアップと済ませた後全体練習が開始されます。まずは、今シーズン初参加となった山田さんのストレッチから、いつもの元気な声を聞きながら「やはりストレッチはこうじゃなきゃ。」と思った方も多かったのではないでしょうか?続いては片山さんによるランニングストレッチとアジリティ。本日のアジリティは左右どちらかに振られたら、次の合図があるまでそのまま横に走り続けるといったいままでにないものでした。
 いったんブレイクした後いよいよオプションの練習です。
 まずは4人1組になってオプションピッチ(トス)の練習です。4人が正方形の形になって、右回り、左回りにトスを回していきます。ボールはパスを投げる時と同じように持って、反対の手を同じように添えた後、胸元に引き付けた位置からバスケットボールのチェストパスの要領で押し出します。その際、親指に力を入れてボールを縦方向に回転させます。
 一通り回した後、自分より右方向にトスする際は右足を左方向にトスする際は左足を踏み出してトスする練習に取り組みました。
 次のメニューは、同じ4人が横に一列になって走りながらトスをつないでいく練習です。タイミングが難しいのか最初はキャッチミスが多かったようですが、次第に皆さんも慣れてこられたようでした。
 引き続いてはいよいよ少し実戦的なメニューです、センター(C)、クォーターバック(Q)、ランニングバック(R)の3人でオプションピッチに取り組みます。Cから5ヤード下がった位置にQ、その横にRが位置します。(QとRの距離は二人同時に両手を広げてちょうど手の先が触れ合うくらいの位置です。)スクリメージライン上、ディフェンスエンド(DE)が位置する辺りの位置にコーンを置いて、Cからスナップを受けたQはコーン(DE)めがけて走ります。Rはタイミングを合わせるためにQがスナップを受けた際にいったん1〜2歩下がってふくらみながら前に進みます。Qはコーン近くに来たらRめがけてピッチします。Rはピッチを受ける際にはトップスピードになっている事が理想です。
 実際にやってみるとなかなかタイミングが難しかったですね。ピッチする事に気を取られてRを見ないでピッチしてしまったり、Rとの呼吸が合わずに前パスになってしまったりしてしまいましたが、皆さんはどうでしたでしょうか?
 次は同じ体系から、DEを付けてDEがQに来るか、Rに行くかによってキープするかピッチするかを判断するメニューに取り組みました。やはり決め打ちで必ずピッチするのとは違って、DEが付いて判断するようになるとあわててしまってDEがRに行っているのにピッチしてしまったり、ピッチするシチュエーションでもピッチをミスしてしまったりといったシーンも見受けられましたが、後半になるとなかなか良いタイミングでプレーを展開されておられたようです。
 ブレイクの後はパス練習、今日はカールに挑戦です。レシーバーはまっすぐ走って10ヤードの地点でインサイド(QB側)に斜め45度にブレイク、そのまま走り続けるとポストですが、15ヤードの地点で今度はQBの方にまっすぐ戻ってくるコースです。(ちなみに同じカールという名称でも各チームによってコース取りは若干違うようです。このポストフェイクのコースは関学の行っているカールとの事です。)
 本日最後のメニューは恒例の取り上がり。前回はポストでしたが、今回はコーナー(まっすぐ走って10ヤードの地点でアウトサイドに斜め45度にブレイクするコース)です。コーナーはボールが背後から来る関係で、ボールが見えにくかったりボールを見る事に気を取られて足が止まってしまったりと個人的には非常に苦手としているコースでしたが、皆さん果敢に挑戦されていました。ほとんどの皆さんが無事パスをキャッチされて本日の練習が無事終了しました。
 なお、練習終了近くになって天気予報通り雨が降り出して来たため前回告知させていただいた酒蔵ルネサンス見学は残念ながら中止とさせていただきました。
 いよいよ10月に入り現役のFIGHTERSの戦いも山場を迎えてきました、次節10月17日(日)は京大、次々節10月30日(土)は立命と強豪チームとの対戦が続きます。我々S☆FIGHTERSも現役のFIGHTERSの皆さんに熱い声援を送るべく応援ツアー等も随時企画していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

#3 北出 敏之
posted by S. FIGHTERS at 11:26| Comment(5) | 2010 AUTUMN